ペルチェ 式 除湿 機。 ペルチェ式除湿機とは?特徴や口コミ

ペルチェ素子による除湿について

ペルチェ 式 除湿 機

ペルチェ式除湿機とは? コンプレッサーを利用した「コンプレッサー式除湿機」、乾燥剤を利用した「デシカント式除湿機」、一体型の「ハイブリッド式除湿機」のように除湿機にはいくつかの種類に分けることができます。 ペルチェ式除湿機とは、パソコンCPUの冷却や小型冷温庫などにも利用されている「ペルチェ素子」を用いた除湿機です。 電子部品であるペルチェ素子は 小型化が容易な上、騒音や振動がないので、ペルチェ式除湿機にはコンパクトはタイプのものが多いです。 仕組み 原理はコンプレッサー式除湿機と同じです。 ペルチェ素子によって湿気を含んだ空気を冷却し、結露させて水滴にする仕組みになっています。 コンプレッサー式除湿機と同様、 高温時に除湿能力を発揮できますが、低温時は除湿能力が落ちます。 ペルチェ素子とは? 電子部品のひとつであり、異なる金属の接合部分に電流を流すと片方からもう片方の金属へ熱が移動する「ペルチェ効果」を利用しています。 冷却装備してして様々なものに利用されており、冷却性能は低いものの、 小型化しやすく騒音・振動がないので、パソコンのCPU冷却や医療用冷却装置など、様々な分野で活用されています。 ペルチェ式除湿機の特徴 ペルチェ式除湿機は コンパクトで置きやすい商品が多いです。 しかし、メリットがあればデメリットもあります。 購入して失敗しない為にもメリット・デメリットを確認して、用途に合うかどうか確認してください。 メリット• コンパクトで置きやすい• 運転時の音が静か• 本体価格がリーズナブル ペルチェ式除湿機のメリットは、なんといってもコンパクトで静かなことです。 湿気が気になるクローゼットや浴室、靴箱などの 狭いスペースで活用しやすいのが大きなメリットであると言えます。 それに加えて価格も安価な商品が多いので、ご家庭の サブ除湿機として非常に使いやすいのが特徴となっています。 デメリット• 除湿能力が低い• 寒い時期の使用には不向き• メインの除湿器としては使用しずらい ペルチェ式除湿機は 除湿能力が低いため、一般的なリビングなどの部屋での使用、特に衣類乾燥には不向きです。 それに加え、除湿の仕組み上、冬のような 寒い時期では除湿能力がさらに低下してしまうので、夏のような暑い時期の使用に向いています。 また、除湿能力が低いが故に、メインの除湿器としては導入しづらいです。 あくまでも狭いスペースでの使用など、サブ除湿機として活用することをおすすめします。 ペルチェ式除湿機の口コミ・評判 ペルチェ式除湿機はコンパクトなので、狭めの部屋やクローゼットでの使い勝手がいいという口コミが非常に多いです。 加えて 運転時の音が静かなので、寝室に設置しても問題なかったという事もあります。 逆にデメリットである除湿能力の低さについては、使う場所や商品ごとの除湿性能によるのか、一概に除湿能力が低いというわけでもないようです。 ただ、やはりコンプレッサー式除湿機やデシカント式除湿機よりも除湿能力は低いので、 サブ除湿機として使用することを念頭に購入した方が失敗は少ないかと思います。 どんな人におすすめ? 狭いスペースの湿気・カビ対策をしたい人におすすめです。 クローゼットや浴室は特にカビ対策が必要な場所なので、手軽に購入し設置することができるペルチェ式除湿機は、まさに最適であると言えます。 価格もリーズナブルな商品が多く導入しやすいので、湿気対策が物足りないと思っている人はぜひ活用してみてください。

次の

押し入れのカビを撃滅せよ!――ミニ除湿器 (1/2)

ペルチェ 式 除湿 機

Q水タンクは大きいほうがいいのでしょうか? Aはい、大きいほうが便利です。 とはいえ、1日中稼働させた時の水を貯めておける製品はほとんどないので、こまめに捨てる必要があります。 タンクが満タンになってしまうと、除湿機の動作が止まるので注意しましょう。 Qコンプレッサー式とゼオライト式で、消費電力が大きく変わるのはなぜですか? Aゼオライト式はヒーターを利用して水を集めるので、電気をたくさん使うからです。 コンプレッサー式と比べると、2倍から3倍の消費電力になります。 Q運転音はうるさいですか? A運転モードによります。 当然、洗濯物を乾かすために強風モードにすれば50dB前後の動作音は発生します。 また、除湿方式で比べると、コンプレッサー式のほうがゼオライト式よりも騒音が大きくなる傾向にあります。 Qコンプレッサー式なら涼しくなりますか? Aコンプレッサー式も冷却して除湿するのですが、その分熱も発生します。 クーラーの場合は熱風を室外機経由で外に出しますが、除湿機は室内に戻すので変わりません。 機械の動作熱が出る分、室温はわずかに上がると考えたほうがよいでしょう。 Qペルチェ方式ってなんですか? AパソコンのCPUの冷却に使われるペルチェ素子で空気を冷やし、除湿する方式です。 ゼオライト式やコンプレッサー式と比べると格段に除湿能力が低く、部屋全体の除湿などは難しいでしょう。 押し入れや下駄箱などの狭い空間向けに、コンパクトで安価な製品が発売されています。

次の

押し入れのカビを撃滅せよ!――ミニ除湿器 (1/2)

ペルチェ 式 除湿 機

選び方の最大のポイントは「使うシチュエーション」をしっかりと想定することになります。 除湿機には1日に除湿できる水分量をあらわす「除湿能力」という数値があります。 この数値が高いほどパワフル。 除湿能力は除湿面積の目安である「~20畳 木造 」などの部屋の広さで表示されるのが一般的です。 たとえば、1日に6L前後除湿できる製品は「~7畳 木造 」、10Lなら「~11畳 木造 」などと表示されます。 除湿能力は数値が大きいほど早く除湿できるため、素早く除湿したい場合は6畳の部屋で使用する場合でも「~23畳 木造 」などの数値の大きい製品を使うのがよいでしょう。 ただし除湿能力が高い製品は、その分重く大きく、さらに価格も高価なことが多いので注意が必要です。 大きい製品は部屋に置いても目立ちますし、置き場所も選びます。 ちなみに最近は10kg以上ある高機能除湿機は部屋干し乾燥も移動することを想定してキャスターがついて軽い力で移動できるものも増えています。 一般的に除湿機は「大きさ・重さ・価格」が「除湿能力」とトレードオフになっていることが多いので、自分が使用するシチュエーションにあわせてバランスを考えて製品を選ぶとよいでしょう。 もう1つ、意外と見落としがちなのが「水タンク容量」です。 いくら除湿能力が高くても、水タンクが小さければ「2時間でタンクがいっぱいになって運転がとまってしまう」など、頻繁にメンテナンスをしないといけないというデメリットがあります。 外出中にずっと湿気をとってほしいなら、タンク容量が大きいものを選択しましょう。 また、除湿機によっては「連続排水」ができる製品もあります。 これはタンクに水をためず、除湿機にホースなどをとりつけてそこから除湿した水を延々と垂れ流す機能です(製品によっては一定時間で電源が切れるものもあります)。 連続排水機能を使用すると、タンク容量を気にせず長時間運転ができるので風呂場などで部屋干しをする場合に便利です。 2週間から1ヶ月に一度程度はしっかりタンクやフタを洗いましょう。 除湿機によっては内部乾燥機能を搭載したタイプもあります。 内部のカビが気になる人はこのタイプの製品購入がおすすめ。 とくに使用期間が終わった際はしっかり洗って内部が乾燥してから収納するのが基本です。 フィルター搭載タイプはフィルターの定期的なフィルター掃除が必要。 フィルターによって水洗い可能なもの、掃除機などでホコリを吸い取るだけのものなどあるので説明書に沿ってメンテナンスしてください。 防カビ対策に使いたい場合、どこに置くのが効果的? リビング 吸気口と排気口をふさがない位置に置くこと。 湿気は下のほうに溜まるので低い位置に置くこと。 いちばん湿気を取りたい位置に置くこと。 部屋全体を除湿したい場合は、閉め切った部屋の中央に置くのがよい。 ただし、この場合部屋の端が除湿しにくい場合があるので、部屋全体の空気を動かすためにサーキュレーターなどを併用するのが効率的。 クローゼット 衣類 押し入れ 布団 ナノイーやプラズマクラスター、イオン発生タイプの製品がおすすめ。 クローゼットや押し入れを開き、押し入れ内部に向かって風を送るように設置します。 製品によってはクローゼットモードなどがあります。

次の