メッソン 進化。 【ネタバレ注意】サルノリ・メッソン進化形、ガラルニャース、大量リーク画像

【ポケモン剣盾】メッソンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

メッソン 進化

5倍になる。 5倍ではなく2. 25倍になる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 交代しても効果は続く。 また、威力が150になる。 この技は、特性『よびみず』の攻撃対象を変更する効果の影響を受けずに攻撃できる。

次の

冷静沈着で紳士的な戦略家。メッソンが進化したジメレオンとインテレオンを紹介【ポケモン剣盾】

メッソン 進化

ポケモンソード・シールド(剣盾)で御三家である 「メッソン・ジメレオン・インテレオン」(水タイプ)の進化先・進化レベルや技、オススメの性格、夢特性(隠れ特性)、色違いといった詳細について記載していきます。 (全シリーズの水御三家共通特性) 夢特性(隠れ特性):スナイパー(急所に当たると威力1. 25倍に増加する) 現在、夢特性入手は不可能です。 7世代と同じであれば後に配布される予想です。 メッソンの最終進化・進化レベル メッソン・ジメレオン・インテレオン 進化レベルについて、 「ジメレオン」への2段階進化はレベル16・ 最終進化はレベル35で「インテレオン」に進化します。 中盤までなら進化させずにメッソンのままでも勝てます!(可愛いので) 種族値(メッソン・ジメレオン・インテレオン) メッソン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 50 40 40 70 40 70 310 ジメレオン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 65 60 55 95 55 90 420 インテレオン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 70 85 65 125 65 120 530 特攻・素早さが御三家で一番高いのが特徴です。 オススメ技 技 タイプ 分類 威力 命中 みずのはどう 水 特殊 60 100 エアスラッシュ 飛行 特殊 75 95 ねらいうち 水 特殊 80 100 ハイドロポンプ 水 特殊 110 80 れいとうビーム 氷 特殊 90 100 みずのはどう(Lv12)はストーリー上の序盤レベルで覚えるため大活躍します。 ねらいうちはインテレオン進化時に覚えます(急所に当たりやすい)。 ハイドロポンプ、れいとうビームはWショップ(ランダム日替わり)で購入可能です。 タイプ・相性について 倍率 タイプ ばつぐん(2倍) 炎、地面、岩 いまひとつ(0. 5倍) 水、草、ドラゴン 色違い メッソン・ジメレオン・インテレオンの色違いになります。 序盤から大活躍メッソン 可哀想で可愛いという今までのシリーズにはない水タイプの御三家ポケモン。 序盤から 「みずのはどう(威力60)」を覚えるため無双できる。 臆病な点はメタモンに似ている感じもあります。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

#27 第27話 ジメレオンに進化。

メッソン 進化

私はこれからラビフットと戦う最中で、メッソンの技をどうやってラビフットに命中させるのか様子を伺っていた。 間違いなくゲージ制によってあちらが先に攻撃される。 何故なら、ラビフットの方が素早さが早いからゲージ溜まる速度が速いと予測できるからだ。 故に、私はラビフットの攻撃が出るのか伺っていた。 「ラビフット。 ローキック。 」 「ラビィ。 」 ラビフットがいきなりメッソンに向かって攻撃を仕掛けてきたので間違いなく素早さを下げる行動に出てきたのだと改めて感じた。 ローキックは単なる攻撃技でなく、相手の素早さを下げるから素早さゲージがこれで下げられる可能性が間違いなく高いのは明白だと実感したからだ。 なので、私はこの攻撃に対して非常に警戒した。 このソベリア地方では素早さはゲージが溜まる速度につながるので素早さが下がるとゲージが溜まる速度も遅くなり、不利になりやすい。 だから私はこれに警戒しながら次の攻撃に対して非常に警戒した。 「メッソン。 大丈夫。 」 「メソメソ。 」 どうやらメッソンは大丈夫だと思ったのでそういう問題を考えて、攻撃した。 しかし、動きを見ると素早さが遅くなっていると判ったので…、 …どうやら、凄く動きが非常に遅くなっている。 これは拙い。 と不安に感じた。 何故なら、ローキックによるダメージは大した事がなくても素早さが遅くなる事を加味するとゲージの溜まる速度の関係で相手は連続で攻撃される状況が来る。 そう考えながら、私はこの動きに対して非常に警戒しながら、次の攻撃する準備をだした。 「ラビフット。 ニトロチャージで速度をあげよ。 」 私はこのニトロチャージは非常に危険だと思いながら、メッソンにダメージを耐えさせた。 「メッソン。 」 メッソンは意外とダメージが少ない事に驚いた私だが、そのお陰で非常に動きが非常に機敏になっており、これなら間違いなくメッソンの動きを弱体化させる上でも非常に大事だと改めて実感した。 そしてメッソンの行動を見るとまるで非常に恐怖のような雰囲気がしてこれでは間違いなく、相性が良くてもラビフットには勝てないと実感した。 これがソベリアのゲージ制バトルか。 愛称が良ければ必ずしも良い訳でなく、素早さや戦略が非常に大事になるのだと改めて感じる状況で、非常に奥が深いとはっきり判った。 けど、ようやく、ゲージが溜まってきたので水の波動で攻撃する準備をした。 「メッソン。 水の波動。 」 「メッソン。 」 そう言いながら私はメッソンに水の波動を発動してこれからメッソンに大きなダメージを与えさせる行為をした。 そしてメッソンの一撃によりラビフットは大きなダメージを受けてラビフットは戦闘不能になった。 「戻れ。 ラビフット。 」 と、ミーラちゃんはラビフットを戻し、彼女は敗北した顔で凄く落ち込んでいた。 「流石。 あんたは強いよ。 」 「勿論。 私がチャンピョンになるから絶対に。 」 と彼女に私がチャンピョンになる覚悟を持とうと思った。 [newpage] すると、メッソンは倒した経験値から進化の予兆がしたので私は…、 「メッソン。 」 と私はそれを予知してメッソンの進化を見届けた。 そしてメッソンはジメレオンに進化して、改めてジメレオンになった状態で良い状況が来たのだと感じた。 当然、ミーラちゃんは戦闘に負けた影響で私は負けたのかこれで戦闘はおしまいになった。 「ふぅん。 ユウナちゃんは十分なポケモンバトルの戦術を持っているんだね。 」 「ミーラちゃん。 それを言うとは恥ずかしいけど、それでも私はイクスシティのジムを制覇したから私はこれでも大丈夫だからね。 」 「うん。 そうだね。 じゃぁ、これからポケモンセンターまで行って新しいボックスの使い方について説明しようか。 」 「だね。 ミーラちゃん。 」 私とミーラちゃんは凄く良い勉強になったのだと思うとそれだけで非常に良い勉強になったのでこれからシニヤシティのポケモンセンターのボックスを弄った。 で、ポケモンセンターに行くとボックスで預けられるし、ポケモントレーナーならこのパソコンを自由に弄っても問題ないといわれているからね。 「成程。 」 「じゃぁ、これからまずはパソコンを弄ってみようか。 」 「うん。 」 そう言いながら私はパソコンを弄り、これからボックスにソベリアマッスグマとパルスワンを預けてこれから新しいポケモンを捕まえる準備をしようと考えていた。 「で、手持ちが6匹以上だとパソコンの方に転送されるから捕まえた際にはここに送られることを忘れないで欲しいね。 」 「ありがとうございます。 ミーラちゃん。 」 ミーラちゃんの指導の影響で非常に分かりやすい状況がここまで来ている状況が来ていると思うとそれだけで非常に自分で考える方向にもって行けると改めて思った。 ポケモンセンターを出てこれからシニヤシティを巡った後、いよいよ55番道路に向かい、次のジムにあるテアトルシティのジムを挑む事にした。 「よし。 ダイチ。 一緒に行ってポケモン勝負をしようね。 」 「あぁ、テアトルシティに到着したら早速、バトルをしよう。 」 「本当にダイチとユウナちゃんは仲が良いね。 」 ミーラちゃんの言う通り私とダイチの仲の良さを生かしてこれから私達は3人で次のジムであるテアトルシティまで向かった。 そして55番道路を3人で歩きながら次のジム迄向かった。 55番道路は寒いながらも砂嵐が多く来ていると事を考えると地面や岩タイプのポケモンが多くいると考えられる。 だから、この砂嵐地獄を乗り越えてしっかりと次のジムがあるテアトルシティジム制覇しようと思った。 「ミーラちゃん。 ダイチ。 」 「ユウナ。 」 「ユウナちゃん。 テアトルシティで私は乗り越えて見せるから。 」 と2人は語り本気で行く準備をしていた。 当然、これから砂嵐地帯を超えて、テアトルシティジムを制覇してジムバッジをもらおうと思った。

次の