総理大臣 収入。 明治時代~戦前の給料は?軍人・官僚(公務員)・警察・総理大臣の比較!

安倍総理大臣の給料は? 世界の政治家の給料比較!

総理大臣 収入

旧制中学とは? 戦前においては、中学を出れば、高学歴者であり、将来高収入を得ることが、約束されていたのでした。 そうなると、当然中学校の教員というのも、現代の大学教授以上のステータスがあったと考えることができます。 卑近な例をしめすと、『坊っちゃん』は『3年B組金八先生』とはまるで違う世界である、と言えます。 庶民の給料との格差は? 一般的に戦前の日本においては、軍人・官僚・教員・サラリーマンといった職業の社会的地位が現代よりも格段に高かったのです。 お給料にも、それが表れています。 戦前の各職業の大まかな年収を紹介しましょう。 明治40年 1907年 のものです。 当時の貨幣価値を、現在のそれに換算すると、だいたい10000倍になります。 したがって「~円」の前に万とつければ、現代の貨幣価値に換算した金額になります。 当時は多くの人たちが、農業や漁業、商業などに従事していました。 サラリーマンが一般化するのは戦後になってからのことです。 戦前のサラリーマンは、官僚と同じくらい高給取りです。 一方で、庶民の代表的職業といえば、「小作人」でしたが、給料は年間で120円ほどです。 ちなみに、『坊っちゃん』は明治39年 1906年 に発表された小説ですが、坊っちゃんの中学校の月給は40円です。 坊っちゃんは、小説の最後で、街鉄 のちの都電 の技手になりますが、月給は25円でした。 比較的高収入だったと言えますね。 戦前期における先祖が、どのような職業をしているのか分かったら、どのような暮らしぶりだったのかを、調べてみましょう。 関連記事.

次の

安倍晋三首相の年収は?総理大臣の収入や給料に驚愕!自宅は高級M?

総理大臣 収入

安倍晋三首相の給料・年収は? 安倍晋三総理大臣の給料や年収についてですが、 あらかじめ一定額で、決まっています。 安倍晋三総理大臣の給料は、 月額205万円ですが、 そこに地域手当が18パーセント加算されて、 月の給料は、 合計241万9千円となっています。 また、 ボーナスが581万円ほどで、 これが年二回支給されるので、 合計すると、 総理大臣の年収は、約4000万円くらいになります。 日本の総理大臣の年収・給料は少ない?安い? 日本の総理大臣の給料や年収については、 ネット上では、 「安い、少ない」という意見が多く見られます。 年収4000万円というのは、 日本人の給与所得者の平均年収から見ると、 高いですが、 内閣総理大臣という 行政府のトップという地位を考えると、 意外に 「安い、少ない」という感想を持つ人は多いみたいです。 確かに、 芸能人やスポーツ選手には、 もっと年収の高い人がたくさんいますね。 世界各国の大統領・首相の年収・給料一覧 では、本当に日本の総理大臣の給料・年収が少ないのかどうかを、 客観的に見るために、 外国の大統領や首相の年収・給料がどれくらいなのか? というのを参考にしてみたいと思います。 一覧にすると、 このようになります。 シンガポール首相 1億3000万円 アイルランド大統領 3200万円 カナダ首相 3000万円 ケニア大統領 3000万円 ドイツ首相 3000万円 南アフリカ大統領 2400万円 フランス大統領 2300万円 イギリス首相 2200万円 韓国大統領 2100万円 ロシア大統領 1500万円 イタリア首相 1400万円 インドネシア大統領 1000万円 中国国家主席 300万円 為替レートの推移によって、 毎年いくらか変化があるのですが、 おおむねこれくらいです。 日本の総理大臣の給料・年収は、「安い」わけではない こうして世界各国の大統領や首相の年収と比較してみると、 日本の総理大臣の年収は、 約4000万円ですので、 「安い、少ない」と言われているわりには、 世界の大統領や首相の水準から見ると、 むしろ 比較的高い部類のようです。 世界一、年収・給料の安い大統領は誰? ちなみに、 世界で一番、 大統領・首相としての給料が少ないのは、 アメリカの トランプ大統領です。 トランプ大統領は、 「大統領としての給料を受け取らない」と公言していますので、 本来はアメリカ大統領の年収は4500万円くらいなのですが、 それを受け取らないそうです。 しかし、 1円も受け取らないというのは、 制度上無理なようで、 わずか1ドルだけ給料を受け取るとのことです。 総理大臣の給料と税金の関係 また、 総理大臣の給料には、 税金はそれくらいかかるのか? といったこともネット上で よく見られる質問なのですが、 一般のサラリーマンや公務員と同じように、 所得税や住民税が課税されます。 安倍晋三総理大臣の年収は、本来より「安い」 さて、 安倍晋三首相の年収に話題を戻します。 このように、 日本の総理大臣の年収は、 約4000万円ということで決まっているのですが、 現在、安倍晋三首相の年収は、 本来の総理大臣の年収額である、 4000万円ではありません。 日本の総理大臣の年収は、 2011年以降、 東北地方の復興の財源確保のために、 30パーセント減額しています。 なので、 安倍晋三総理大臣の年収は、 実際は、 2800万円くらいのようです。 一度、4000万円の給料を受け取ってから、 返納しているという形のようですので、 表向きには年収は4000万円となっているのだそうです。 小池百合子東京都知事の年収・給料は「安い」? ちなみに、 GDPではカナダに匹敵するという、 東京都の 「大統領」である、 都知事の年収ですが、 これまでは 約2900万円でした。 しかし、 小池百合子東京都知事は、 「都知事の給料を半減する」と公約でかかげ、 知事の給料を減額する条例案を通過させましたので、 今後、東京都知事の年収は、 約1450万円となります。 というわけで、 今回は、 「安倍晋三総理大臣の年収・給料は?日本の総理大臣の年収は安い?税金は?世界各国の大統領・首相の年収は?小池百合子都知事の年収・給料は?」 といった話題をお送りしました。

次の

総理大臣の給料・年収や仕事内容を解説!

総理大臣 収入

旧制中学とは? 戦前においては、中学を出れば、高学歴者であり、将来高収入を得ることが、約束されていたのでした。 そうなると、当然中学校の教員というのも、現代の大学教授以上のステータスがあったと考えることができます。 卑近な例をしめすと、『坊っちゃん』は『3年B組金八先生』とはまるで違う世界である、と言えます。 庶民の給料との格差は? 一般的に戦前の日本においては、軍人・官僚・教員・サラリーマンといった職業の社会的地位が現代よりも格段に高かったのです。 お給料にも、それが表れています。 戦前の各職業の大まかな年収を紹介しましょう。 明治40年 1907年 のものです。 当時の貨幣価値を、現在のそれに換算すると、だいたい10000倍になります。 したがって「~円」の前に万とつければ、現代の貨幣価値に換算した金額になります。 当時は多くの人たちが、農業や漁業、商業などに従事していました。 サラリーマンが一般化するのは戦後になってからのことです。 戦前のサラリーマンは、官僚と同じくらい高給取りです。 一方で、庶民の代表的職業といえば、「小作人」でしたが、給料は年間で120円ほどです。 ちなみに、『坊っちゃん』は明治39年 1906年 に発表された小説ですが、坊っちゃんの中学校の月給は40円です。 坊っちゃんは、小説の最後で、街鉄 のちの都電 の技手になりますが、月給は25円でした。 比較的高収入だったと言えますね。 戦前期における先祖が、どのような職業をしているのか分かったら、どのような暮らしぶりだったのかを、調べてみましょう。 関連記事.

次の