プロ ミル オイル。 プロミル

プロミル

プロ ミル オイル

こんにちは、美容師兼ブロガーのMUSUKEです。 当ブログは、紹介する全ての商品を僕が実際に購入、使用し、 なるべくわかりやすく簡単に解説しております。 【】 MUCOTA(ムコタ)の【プロミルオイル】を使ってみたいけど実際使った感じはどうですか?どう言った髪の人にあいますか? などと言った質問に答えていこうと思います。 MUCOTA(ムコタ)の【プロミルオイル】を気になってはいたけどまだ使ったことがない方や、購入を考えている方は是非最後までご覧ください。 商品紹介• 内容量と価格• ムコタ プロミルオイルの使用方法• 総合評価 上記を順に解説していきます。 商品紹介 MUCOTA(ムコタ)【プロミルオイル】 オイルはサイズが50gと150gの2サイズあるらしく、今回ご紹介するのは小さい50gのサイズになります。 小さく持ち運びに便利ですが 大きいサイズの方がお得なので購入の際は150gの方をオススメします。 出し口はこのようになっております。 このタイプは最近多いですが少し使いずらいので100均等でポンプを購入する事をオススメします。 さらっとした印象で手を少しでも傾けるとすぐに垂れてしまいそうでした。 馴染みが良く手のひらでサッと伸びます。 ムコタ プロミルオイル の使用方法 乾かす前に使用する場合、 2〜3滴程を手のひらに出します。 手でしっかりと伸ばしたら、根元はつけず中間から毛先に馴染ませていきます。 乾かすとこのような感じです。 ブリーチを1回している髪でもこのようにまとまりとツヤ感が出てくれました! プロミルオイルを購入する際は大きい方が1gあたり10円もお得なので大きい方を購入しましょう。 総合評価 セット力 軽さ ツヤ 香り コスパ 総合評価 セット力…オイルトリートメントなのでほとんどありません。 スタイリング剤としても使用出来ますがツヤだし程度になりセット力はほとんどありません。 セット力で言えば同シリーズのプラミルセラムの方が多少あるのでそちらをオススメします。 軽さ…オイルの中では比較的軽い方ではありますが、つけすぎるとべたついてしまうので使用の際は少量づつ使用するようにしましょう。 ツヤ…少量でもしっかりと出てくれます。 逆に言うと少しでもつけ過ぎた場合ベタつきやすいので注意が必要です。 香り…強すぎず弱すぎず程よい香りです。 今時のツヤ感のあるスタイルを作りたいときにぴったりだと思います。 また最近ではドン・キホーテでも販売されているところを見るので購入もしやすいと思うので気になる方はぜひ一度使用してみてはいかがでしょうか? 最後に いかがでしたでしょうか? 今回は【 MUCOTA(ムコタ)】から【プロミルオイル】とについて紹介していきたいと思います。 では最後に今回紹介した商品のポイントをまとめます。

次の

7/29発売のプロミルセラムがめちゃくちゃオススメなんです!!

プロ ミル オイル

こんにちは、美容師兼ブロガーのMUSUKEです。 当ブログは、紹介する全ての商品を僕が実際に購入、使用し、 なるべくわかりやすく簡単に解説しております。 【】 MUCOTA(ムコタ)の【プロミルオイル】を使ってみたいけど実際使った感じはどうですか?どう言った髪の人にあいますか? などと言った質問に答えていこうと思います。 MUCOTA(ムコタ)の【プロミルオイル】を気になってはいたけどまだ使ったことがない方や、購入を考えている方は是非最後までご覧ください。 商品紹介• 内容量と価格• ムコタ プロミルオイルの使用方法• 総合評価 上記を順に解説していきます。 商品紹介 MUCOTA(ムコタ)【プロミルオイル】 オイルはサイズが50gと150gの2サイズあるらしく、今回ご紹介するのは小さい50gのサイズになります。 小さく持ち運びに便利ですが 大きいサイズの方がお得なので購入の際は150gの方をオススメします。 出し口はこのようになっております。 このタイプは最近多いですが少し使いずらいので100均等でポンプを購入する事をオススメします。 さらっとした印象で手を少しでも傾けるとすぐに垂れてしまいそうでした。 馴染みが良く手のひらでサッと伸びます。 ムコタ プロミルオイル の使用方法 乾かす前に使用する場合、 2〜3滴程を手のひらに出します。 手でしっかりと伸ばしたら、根元はつけず中間から毛先に馴染ませていきます。 乾かすとこのような感じです。 ブリーチを1回している髪でもこのようにまとまりとツヤ感が出てくれました! プロミルオイルを購入する際は大きい方が1gあたり10円もお得なので大きい方を購入しましょう。 総合評価 セット力 軽さ ツヤ 香り コスパ 総合評価 セット力…オイルトリートメントなのでほとんどありません。 スタイリング剤としても使用出来ますがツヤだし程度になりセット力はほとんどありません。 セット力で言えば同シリーズのプラミルセラムの方が多少あるのでそちらをオススメします。 軽さ…オイルの中では比較的軽い方ではありますが、つけすぎるとべたついてしまうので使用の際は少量づつ使用するようにしましょう。 ツヤ…少量でもしっかりと出てくれます。 逆に言うと少しでもつけ過ぎた場合ベタつきやすいので注意が必要です。 香り…強すぎず弱すぎず程よい香りです。 今時のツヤ感のあるスタイルを作りたいときにぴったりだと思います。 また最近ではドン・キホーテでも販売されているところを見るので購入もしやすいと思うので気になる方はぜひ一度使用してみてはいかがでしょうか? 最後に いかがでしたでしょうか? 今回は【 MUCOTA(ムコタ)】から【プロミルオイル】とについて紹介していきたいと思います。 では最後に今回紹介した商品のポイントをまとめます。

次の

【これはオススメ!】ムコタ プロミルセラムを分かりやすくレビューします!|Mu's Hair

プロ ミル オイル

プロミルブランドのメーカーは、美容業界では知る人ぞ知る会社。 大きな宣伝はしませんが、多くのカリスマ美容師に愛されています。 (エヌドット )の違いを比較! パッケージの違い プロミオイルのパッケージデザインは、エヌドットと似ています。 店頭でみかけた方は見間違えてしまうようなデザインです。 最新のトレンドのデザインが「シンプルイズベスト」で「無機質」な感じなので偏ってしまったのでしょうか。 見た目がこんなにも似ているだけに果たして気になるその使用感はどうなのか気になるところ、「プロミルオイル」を徹底解析していきます。 気になる香りは? クラシックブーケの香りが女性に大人気!さっぱりとしたブーケの香りが物足りなくそしてきつすぎることなくリラックス効果を演出してくれます。 オイル独特のオーガニックの香りもなくまさに今の女性を虜にする香りなこと間違い無いです。 質感と髪質 数あるスタイリングオイルの中でもウェット感やしっとりとした感じは非常に強いですがスタイリングの邪魔をするような重たさがないのが特徴。 エヌドット のポリッシュオイルよりもウェット感は強くだせるでしょう、かなりさらっと仕上げたい方やマットな質感がお好みの方以外には非常にオススメです。 しっとりしているため軟毛の方より硬毛の方がオススメ、今までウェットヘアになりにくかった方は是非お試しください。 ちなみに上のスタイルがプロミルオイルで下のスタイルがエヌドットのみで仕上げたスタイルです。 このお写真からでも二つのオイルの質感の差は明らかに。 プロミルオイルの方がしっとりウェットに仕上がっております。 成分 主成分、「セサミンオイル」「ホホバオイル」「シアバター」をベースに16種類の天然由来オイルを配合。 スタイリングオイルに求められている保湿効果はもちろんのことセサミンオイルの抗酸化作用により髪の毛のエイジングケアにも良いと言われております。 プロミルオイルの使い心地はエヌドットに勝るとも劣りません。 大きな違いは価格、香りそしてエヌドット のポリッシュオイルよりもしっとりしている点。 よりウェットにしたい方、硬毛な方にはポリッシュオイルよりもプロミルオイルの方がオススメ!美容師が絶賛するプロミルオイルを是非使用してみてください。 プロミルオイルの上手な使い方をご紹介• まずはしっかりとドライしましょう。 手のひらに適量をだします。 スタイリング剤に混ぜて使用する際は使用するものにもよりますが目安、下記に記載の適量の半分を目安に、またウェットな質感に見せたい場合は思っているよりもしっかりとつけてあげましょう。 最後に満遍なく塗布できているか確認する。 最近は顔まわりの前髪、もみあげなどのうぶ毛のみ使用する量を増やしてよりウェット感を演出するスタイリングが今期は流行となっており可愛くスタイリングするポイントです。 ショートヘア ミディアムヘア ロングヘア セミウェット(質感) 小豆1個 小豆1. 5個分 1円玉一個 ウェット(質感) 小豆1. 5個分 1円玉一個 100円玉 そんな気になる口コミは?.

次の