ニトリ 敷き パッド。 uk.mylively.com

【徹底比較!】冷感敷きパッドおすすめ7選!今年の夏はこれで乗り切ろう!

ニトリ 敷き パッド

ひんやり冷感敷きパッドをおすすめしない理由 巷で売っているような安い冷感敷きパッドって布団に入った瞬間は冷たくて気持ちいいですが、すぐに暑くなってきませんか? 実際、そんな経験をしたことがある人も多いはず。 経験したことはあっても何故そうなるのかは知っている人ってあんまりいませんよね。 ここではひんやり冷感敷きパッドをおすすめしない理由について解説します。 冷感敷きパッドが冷たいのは最初だけ ひんやり冷感敷きパッドが冷たいのは最初だけ。 これがおすすめしない最大の理由です。 ずっと継続して冷たければいいですが、基本的には最初だけです。 これは冷感敷きパッドに使われている素材の特徴です。 冷感敷きパッドの多くはポリエチレンやナイロンが含まれていることが多いです。 この ポリエチレンやナイロンは熱伝導性が高く、触れている部分の熱を移す機能があります。 布団やベッドに入ったときは自分の体温の方が高く、敷きパッドの方が温度が低いので体の熱が敷きパッドの方に移るので冷たく感じます。 ただ、この吸収した熱は外気温で冷ますか他のものに熱を移さないと冷たく戻りません。 その敷きパッドの熱を冷ますためにまた自分の体に熱を移そうとしてきます。 これが最初だけ冷たく感じる理由です。 時間がたって外気に触れて冷まされればまた冷たくはなりますけどね。 あれ?お店で触った時は冷たかったのに、家だと全然冷たくない・・・ 寝室が暑い状況で冷感敷きパッドを使っても全然冷たく感じないという経験がある人もいますよね? これはお店はエアコンなどの空調が効いていて、敷きパッド自体が冷やされているため冷たく感じます。 家で冷たく感じないのも同じ理屈で、外気が暑く冷まされていないので冷たく感じないんですよね。 ぶっちゃけ、冷感敷きパッドはエアコンと併用して使わないとあんまり意味ないです。 安い冷感敷きパッドはかなりの確率で蒸れて不快 特に安い冷感系敷きパッドで多いですが、 寝ている間に蒸れてきて不快になります。 寝汗を吸わなくて蒸れてきて寝苦しいって経験はありませんか? これは安い冷感敷きパッドに多いですが、安いものはポリエステルが多く使われています。 ポリエステルは特殊な加工でもされていない限り、水分を吸いません。 人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくというのは聞いたことがある人も多いでしょう。 本来であれば敷きパッドや布団が吸ってくれて寝ていても快適に過ごせますが、ポリエステルの敷きパッドは汗を吸ってくれません。 水分を吸ってくれないので、布団の中に水分が溜まってきて蒸れを感じるようになります。 これが不快で寝苦しい原因になります。 ひんやり冷感敷きパッドを冷たく使う方法 そんなひんやり冷感敷きパッドですが、冷たく使える方法もあります。 先ほども少し書きましたが、 エアコンと併用する。 これで冷たく使うことができます。 極端な話、寒い部屋で使っていれば冷感敷きパッドは冷たいです。 熱が敷きパッドに移ったとしても外気が冷えていれば、敷きパッドをすぐに冷ましてくれますしね。 このような状況であれば寝返り打っている間に外気に触れて、どんどん冷めていくので比較的長い時間冷たく使うことができますよ。 ただ、 この方法って意味ありますかね? エアコンを使って部屋が涼しければ、別に冷感敷きパッドはいらないですよね? しかも冷感敷きパッドは基本的に吸湿性が低く、汗もあんまり吸ってくれないのでむしろデメリットの方が多いですし。 でも 夏の寝苦しい夜を快適にしてくれる素材もちゃんとあるんですよ。 次は夏におすすめの素材について解説していきます。 夏におすすめの敷きパッドの素材 基本的に夏に使う敷きパッドとしてひんやり冷感の敷きパッドはおすすめしない僕ですが、もちろんおすすめの素材もあります。 夏の寝苦しい夜におすすめなのは麻です。 昔から夏の寝具に使われ続けている麻ですが、暑くなっている現代でも快適にしてくれます。 麻は吸湿性が高く汗もよく吸ってくれますし、同時に吸った水分を発散する発散性も高いので寝汗をかきやすい夏にぴったりです。 麻の生地は洗えるので 洗濯性もバッチリですし、洗う度に柔らかくなってきて肌触りもよくなるのもおすすめポイント。 冷感と言えなくもないですが、どちらかというと涼感ですね。 さらっと快適に使えるので夏場は麻の敷きパッドがおすすめですよ。 麻の敷きパッドについてはという記事で詳しく解説しています。 値段が変わるとどこが変わるのかも記事に書いているので選ぶときの参考にしてみてください。

次の

寝室

ニトリ 敷き パッド

冷感敷きパッドのニトリ・イオン・しまむらの口コミは? まずは、ニトリ、イオン、しまむらの商品について、口コミを紹介します。 いずれも大手メーカーだけあって、良品ですね! 冷感敷きパッド ニトリの口コミ ニトリのNクールダブルスーパー マジで買うべき。 暑くてグズってた1歳児が秒で寝た。 旦那も秒で寝る。 私も暑くて目が覚めることが減った。 実物触ったらわかるけど全国の暑がりは高くても一番クールなやつを選んだ方がいい。 — 食べて痩せたい西田 zuyuumaru ニトリの冷感敷きパッドといえば、CMでもよく見かける「Nクール」です。 冷却の方法や素材の違いによっていくつか種類がありますが、一番高価な「Nクールダブルスーパー」が一番人気のようです。 最初に安い方を買ったものの、結局高価なものに買い替えたという人も多いです。 口コミを紹介します。 敷きパッドは「アイスコールド 敷きパッド」という名前です。 真夏を乗り切るクールな冷たさをうたっており、辛口批評雑誌「MONOQLO」の「布製パッド編」では、2回もベストバイ(最高評価)に選ばれています。 口コミも上々です。 寝心地が最高に気持ちいいです。 パッドもしっかりしていてズレないし、ベタつきもありません。 素材の表面がポリエステルでなくてナイロンなので、とてもサラッとしていて、通気性もとても良いです。 本当にひんやりしていて気持ちいいです。 しまむらの商品としては高価な、3000円前後で販売されています。 とはいえ、他のメーカーの商品に比べればはるかに安価ですね。 口コミでも評判は高いです。 冷感敷きパッドの素材による効果や使用感の違いは? 冷感敷きパッドは、素材によって使用感が異なります。 素材は、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維や、綿、リネン(麻)などがあります。 大まかな特徴は以下のようなものです。 ナイロン・ポリエステル 冷感敷きパッドによく使われている素材です。 触った瞬間のひんやり感はかなり高いです。 一方で 吸湿性はあまり高くなく、汗をあまり吸ってくれないため、肌にまとわりつく感じがあります。 肌触りもあまり良くないので、他の繊維と混ぜて使われることが多いです。 レーヨン 化学繊維ですが、吸湿性にも速乾性にも優れており、こちらもよく使われる素材です。 肌触りが良く、ひんやりしていて、快適に眠れます。 比較的高級な素材です。 綿・麻 天然素材なので安心感があり、人気の高い素材です。 綿は肌触りが良く、吸水性が高いです。 触ったときのひんやり感は少ないですが、快適な寝心地が得られます。 麻は通気性が高く、吸水性も高いです。 触ったときのひんやり感が高いので、冷感敷きパッドに最適です。 ただ、手触りが硬めなので、好みが分かれます。 綿と麻の混合素材のものも人気です。 冷感敷きパッドを選ぶ時の5つのポイント 冷感敷きパッドを実際に選ぶ際は、以下のような点に注目してみましょう。 また、 ナイロンなどの素材を使用していても、外側にタオル地などを使用して肌触りを良くしているものもあります。 可能であれば、自分で触ってみて、選ぶのが良いと思います。 こもってしまった熱気を外に出してくれる、通気性も欠かせないですね! 素材でいえば、天然素材やレーヨンなどが優れています。 また、メーカーが独自の技術でこうした性能を上げているものもあります。 数値が高いほど、冷感敷きパッドとしての性能は高いと言って良いでしょう。 2以上あれば涼しいと言われていますが、快適に眠るには0. 3以上あると安心です。 なお、この数値は、接触冷感を示すものなので、時間がたっても涼しさが持続するというわけではありません。 ポリエチレンやナイロンなどのQ-max値はかなり高いですが、上でも紹介したとおり、吸水性や通気性が低いです。 そのため、寝た瞬間は涼しいですが、夜中になると寝苦しくなって目が覚めてしまいます。 化学繊維だけでできているものは、メッシュ地にするなどの工夫がなされているかも併せて確認するようにしましょう。 匂いも気になるので、冷感敷きパッドは頻繁に洗濯して、清潔に保つことをおすすめします。 そのため、 洗濯機で丸洗いできるかどうかは必ず確認しましょう。 さらに、通気性が高ければ、乾くのが早いです。 これらは、 とにかく最初の寝心地が良いですが、そのひんやり感は長続きしません。 ジェルの温度は、一度上がるとなかなか下がらないので、長時間寝ていると、結局熱くなってしまうのです。 そのため、最近はあまり人気が高くないようです。

次の

ニトリ・無印・楽天のおすすめ敷きパッド比較!洗濯可能なおしゃれ素材13選

ニトリ 敷き パッド

ベッドパッド・敷きパッドの役割とは? 一部被っている役割こそありますが、メインの役割は異なります。 もちろん、高価な商品の中には、双方の役割を果たすものもあります。 ベッドパッドの役割 へたってきたマットレスの寝心地改善がベッドパッドの主な役割です。 それと同時に、マットレスの汚れを防ぐ役割も担います。 というのも、ヒトは眠っている間に、約200mlも汗を流しますし、皮膚が再生のために剥がれ落ちていきます。 しかし、マットレスは汚れても洗えないため、汚れ防止のためにベッドパッドが普及しました。 ウレタンやラテックス素材のベッドパッドでなければ、洗濯機で丸洗いできるものがほとんどです(ただ、厚みがある分、自宅での洗濯は大変です)。 敷きパッドにあるようなひんやり冷感、あったか加工といったものはありません。 が、羊毛 ウール やキャメル ラクダ などを詰め物に使用している高価なものは調湿効果があります。 敷きパッドの役割 ベッドパッドと異なり、敷きパッドは直に肌と触れます。 そのため、役割も異なり、大きく分けると以下の4つになります。 肌触り• 汗の吸収・発散(湿度調整)• 温度調節• マットレスの保護 「肌触り」と「汗の吸収・発散」は、年間を通して快眠に重要な要素です。 ムレにくくサラサラした、なめらかな肌触りはとても心地よいです。 眠るときの湿度環境は、快眠に重要な要素です。 「温度調節」は暑い夏や寒い冬の寝心地を大きく左右します。 そのため、夏用に接触冷感効果のあるものや、汗の吸収・発散に優れているものがあり、冬用に保温効果の高いものがあります。 もちろん、1番上に敷くので「マットレスの保護」としても機能します。 そのため、眠るときの汚れ(汗、皮膚、皮脂など)は全部、敷きパッドが受け止めることになるので、頻繁に洗濯のできるものを選びましょう。 ベッドシーツの役割 敷きパッドを使わない限りは、シーツ(カバー、ボックスシーツ)を1番上に敷きます。 そのため以下のように、役割は敷きパッドと似ています。 肌触り• 汗の吸収・発散• マットレスの保護 とはいってもシーツは布地で薄いので、汗の吸収量やマットレスの保護は敷きパッドほど期待はできません。 かさばらないので簡単に洗濯ができる強みはあります。 なので、洗濯がしやすいという観点から、シーツを一番上に敷くのも全然ありです。 ここは好みで決めてもらうと良いかと思います。 マットレスプロテクターの役割 マットレスプロテクターの役割は、マットレスの保護です。 マットレスを出来るだけ清潔に長く使うためのサスティナブル(持続可能性)な社会ムーブメントに推されて近年定着してきました。 また、マットレスを汚さないことで睡眠環境を清潔に保つことができるので、綺麗好きの人が多い日本では普及が早く進んだ感があります。 こういった役割から、マットレスのすぐ上に敷いて使う、もしくは、マットレスにトッパーを敷いているならそのすぐ上に敷くといった使い方になります。 全部要るの?最低限の使い方 ここまで読んで、「ベッドパッド、敷きパッド、シーツ、プロテクターを全部揃える必要あるの?」と思われているかもしれませんが、必ずしもそうではありません。 そこで次に「ベッドパッド、敷きパッド、シーツ、プロテクターが不要となるケース」についてご説明します。 あなたの持ち合わせている寝具と見合わせて、買い物の際のご参考にしてください。 ベッドパッドが不要なケース マットレスの寝心地が十分であれば、敢えてベッドパッドを購入する必要はありません。 とはいえ、マットレスの保護という観点から、少なくとも敷きパッドを使用することをオススメします。 シーツだけの使用では、汗がマットレスまで浸透するので若干不十分です。 敷きパッドが不要なケース 寝室の空調が整っており、眠るときに暑さ寒さにお困りでなければ、敷きパッドを使う必要はあまりありません。 しかし、ヒトは眠るときに200mlもの汗をかくので、マットレスの保護の観点から、汗をしっかり吸収するベッドパッドの使用を推奨します。 ベッドシーツが不要なケース 汗を吸収する機能に優れている敷きパッドを使用していれば、シーツは必ずしも必要ではありません。 理由は単純で、敷きパッドのみでマットレスを十分に保護でき、寝心地をアップできるからです。 さらに、マットレスの寝心地が良ければベッドパッドすら不必要なので、マットレスの上に直接敷きパッドを敷くだけでマットレスを保護しながら、快適に眠れます。 マットレスプロテクターが不要なケース 既にベッドパッド、敷きパッドのみならずトッパーなども使っておりマットレスの汚れが心配ないという場合、あえて購入するまでの大きな必要性はないかなと思います。 おすすめの組み合わせ 上記を読んで、あなたがお持ちの寝具に何が必要か分かれば良いですが、もしあなたが敷きパッドもマットレスもお持ちでなくゼロから組み合わせを考えているなら、おすすめの合わせ方をご紹介します。 敷きパッドをしていればマットレスを寝汗で汚すこともないと思いますが、マットレスプロテクターを着用しておくことでマットレスを清潔に保ち、より長く使えるようになれます。 ひんやり敷きパッドについては以下のページで解説しているので、購入予定の方はご一読ください。 関連記事 ・寝汗がベトついて寝心地が悪い・・。 ・ 体が火照って寝つきにくい・・。 ・エアコンなしで涼しく眠りたい・・。 ・サラッと気持ちよく起きれるようになりたい・・。 ・眠っても疲れが取れにくい・・。 ベッドの中の温湿度が高すぎるせいで睡眠の質を悪くし、日常生活に不満を感じてはいないでしょうか? 「ベッド内の湿度を適切にコントロールすることで、眠りの質を高める」このような理念の元、当敷きパッドを開発しました。 まるで電化製品のようにあなたの布団をカラッと除湿します。 布団がベタつかずカラッと快適!! ムレにくくてサラサラと涼やか!! 除湿機能が布団のダニやカビの発生を抑える!! などなど、あなたが快適な眠りをする一助となります。 詳しくは下のボタンの先のページをお読みください。

次の