いくよくるよ どやさ。 中川家と今くるよ、奇跡のコラボ漫才にネット上が感動の嵐 「泣ける」「いくよさんも天国で笑ってる」

「どやさ」の意味と使い方・方言・芸人|いくよくるよ

いくよくるよ どやさ

自慢をした後に「どやさ」と強調して使うことがあります。 人に対して「こんなにも凄いことをしてきたんだぞ」「凄いだろう」と大きく表現したいとき、態度を大きく見せますし、顔は威張ったような表情をします。 そして、「どやさ」と言ってもっと強く自慢したいと伝えます。 人に強く自慢したいことは、日常生活で起きたちょっと驚く出来事が多いのが特徴的です。 例えば、家の水道の水が止まらなかったけど、それを自分で修理して止めたとか、もう少しのところで車にお腹が当たりそうになったけど、へこめたから接触せずに済んだなどです。 話し終えてから大きな声で聞いている人に「どやさ」と言い、聞いていた人により衝撃的な感情を与えたいと使います。 人に共感してもらいたいときに使う 人に強く共感してもらいたいなと感じたときに使います。 グループで話し合いをしていて、どうも周りの人が共感しないので、どんなことを言えば共感してくれるかを真剣に考えました。 そして、「こうした方がいい」と提案をした後、共感して欲しい、興味を持って欲しいから「どやさ」と言って、みんなの顔を見ながら意見を求めます。 首を縦に振らなかった人達も、強く「どやさ」と言われますと、「ああ、そうだな」と感じ、「いいんじゃない」と答えます。 この言葉を使うのは、友達や家族、親戚など親しい人と話し合いをするときに使うことが多いです。 真剣に話し合いはしたけれど、最後に鶴の一声的な意味も含めて、「これでいいでしょ」と賛同を求めたいときに使います。 本音を聞きだしたいときに使う 友人や兄弟、親がトラブルに巻き込まれたとき、「どやさ」を使います。 友人が隣のクラスの人に嫌がらせをされたとき、どんなことをされたか聞きます。 その理由がとても理不尽であった、「なんか間違ってないか」と感じた時に使います。 なんでこんなことに巻き込まれなくてはならないのかと疑問を持てば、「おかしい」と感じます。 すると、「お前はどんなことをして復讐してやりたいのか」と聞きたいときに言います。 「泣き寝入りしないで、嫌がらせをした者に立ち向かって行こうよ」と言いたいときには強く言い、嫌がらせをされた友人の背中を押します。 「負けるな」との意味も含まれており、言われた人に勇気を与え、奮い立たせたいと感じたときに使います。 笑いをとりたいときに使う 親しい人と話していて、ちょっと会話が盛り上がらないなと感じたときに「どやさ」と言って会話をしている人を笑顔にします。 また、会話がマンネリ気味だなと感じたときは、大きな声で言ってその場の空気を変えます。 この言葉を使う人の特徴は芸人やセミナーで話をする人、学校の先生など、大勢の人の前で話をする人が多いです。 この「どやさ」を言う人は、人を笑わせたいと考える人が多く、ユーモアセンスに溢れています。 東北の方ではあまり使う人はいませんが、関西の方では日常的に言って人を笑わせます。 それは、テレビに出る芸人がよく使っているからで、子供の頃から自然と使うようになりました。 子供の間でも使いますし、子供が親に向かって笑わせたいときにも普通に使います。 口下手な人が使う 舞台上でよく「どやさ」を使う芸人は、今いくよくるよさんです。 この二人はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している女芸人です。 もう40年以上もの芸歴を持つ芸人です。 今風の若々しいファッションに身を包む細い方がいくよさん、大きなお腹をポンと叩くショートヘアの女性がくるよさんです。 変顔をしたり、奇妙な踊りを見せるくるよさんは、いきなり大きな声で「どやさっ」といくよさんに向かって言います。 そして、満足そうな顔を見せては笑いをとります。 口下手でツッコミができない不器用なくるよさんが、いきなりいくよさんに立ち向かって行く姿も笑えるところです。 このときの「どやさ」がウケにウケ、日本中にこの言葉が拡がりました。 どやさという言葉は、相手に凄いだろうと自慢をしてみたいときに使ったり、本心を聞きたいときに使うことが多いです。 他にも挨拶代わりに、親しい人に使ったりと、色々な場面で使える言葉です。 東北地方よりも関西地方の方で使うことが多く、ユーモアセンス溢れる大阪人や京都の人がよく日常生活の中に取り入れて、上手く人とコミュニケーションをとっています。 一言「どやさ」と言うだけでその場が和んだり、人との距離を縮めることもできるこの言葉を上手く使い、明るく、人が寄って来る人になってみるといいでしょう。 言うときには、声のトーンを変えてみるだけでも違う意味合いになるのも面白いところ。 幅広い年代に使える言葉ですから、気軽に日常生活に取り入れてみましょう。

次の

どやさ今くるよ(いくよくるよ)死去の原因は病気?現在は痩せた?結婚相手は誰?|消えた有名人今現在の画像管理システム

いくよくるよ どやさ

自慢をした後に「どやさ」と強調して使うことがあります。 人に対して「こんなにも凄いことをしてきたんだぞ」「凄いだろう」と大きく表現したいとき、態度を大きく見せますし、顔は威張ったような表情をします。 そして、「どやさ」と言ってもっと強く自慢したいと伝えます。 人に強く自慢したいことは、日常生活で起きたちょっと驚く出来事が多いのが特徴的です。 例えば、家の水道の水が止まらなかったけど、それを自分で修理して止めたとか、もう少しのところで車にお腹が当たりそうになったけど、へこめたから接触せずに済んだなどです。 話し終えてから大きな声で聞いている人に「どやさ」と言い、聞いていた人により衝撃的な感情を与えたいと使います。 人に共感してもらいたいときに使う 人に強く共感してもらいたいなと感じたときに使います。 グループで話し合いをしていて、どうも周りの人が共感しないので、どんなことを言えば共感してくれるかを真剣に考えました。 そして、「こうした方がいい」と提案をした後、共感して欲しい、興味を持って欲しいから「どやさ」と言って、みんなの顔を見ながら意見を求めます。 首を縦に振らなかった人達も、強く「どやさ」と言われますと、「ああ、そうだな」と感じ、「いいんじゃない」と答えます。 この言葉を使うのは、友達や家族、親戚など親しい人と話し合いをするときに使うことが多いです。 真剣に話し合いはしたけれど、最後に鶴の一声的な意味も含めて、「これでいいでしょ」と賛同を求めたいときに使います。 本音を聞きだしたいときに使う 友人や兄弟、親がトラブルに巻き込まれたとき、「どやさ」を使います。 友人が隣のクラスの人に嫌がらせをされたとき、どんなことをされたか聞きます。 その理由がとても理不尽であった、「なんか間違ってないか」と感じた時に使います。 なんでこんなことに巻き込まれなくてはならないのかと疑問を持てば、「おかしい」と感じます。 すると、「お前はどんなことをして復讐してやりたいのか」と聞きたいときに言います。 「泣き寝入りしないで、嫌がらせをした者に立ち向かって行こうよ」と言いたいときには強く言い、嫌がらせをされた友人の背中を押します。 「負けるな」との意味も含まれており、言われた人に勇気を与え、奮い立たせたいと感じたときに使います。 笑いをとりたいときに使う 親しい人と話していて、ちょっと会話が盛り上がらないなと感じたときに「どやさ」と言って会話をしている人を笑顔にします。 また、会話がマンネリ気味だなと感じたときは、大きな声で言ってその場の空気を変えます。 この言葉を使う人の特徴は芸人やセミナーで話をする人、学校の先生など、大勢の人の前で話をする人が多いです。 この「どやさ」を言う人は、人を笑わせたいと考える人が多く、ユーモアセンスに溢れています。 東北の方ではあまり使う人はいませんが、関西の方では日常的に言って人を笑わせます。 それは、テレビに出る芸人がよく使っているからで、子供の頃から自然と使うようになりました。 子供の間でも使いますし、子供が親に向かって笑わせたいときにも普通に使います。 口下手な人が使う 舞台上でよく「どやさ」を使う芸人は、今いくよくるよさんです。 この二人はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している女芸人です。 もう40年以上もの芸歴を持つ芸人です。 今風の若々しいファッションに身を包む細い方がいくよさん、大きなお腹をポンと叩くショートヘアの女性がくるよさんです。 変顔をしたり、奇妙な踊りを見せるくるよさんは、いきなり大きな声で「どやさっ」といくよさんに向かって言います。 そして、満足そうな顔を見せては笑いをとります。 口下手でツッコミができない不器用なくるよさんが、いきなりいくよさんに立ち向かって行く姿も笑えるところです。 このときの「どやさ」がウケにウケ、日本中にこの言葉が拡がりました。 どやさという言葉は、相手に凄いだろうと自慢をしてみたいときに使ったり、本心を聞きたいときに使うことが多いです。 他にも挨拶代わりに、親しい人に使ったりと、色々な場面で使える言葉です。 東北地方よりも関西地方の方で使うことが多く、ユーモアセンス溢れる大阪人や京都の人がよく日常生活の中に取り入れて、上手く人とコミュニケーションをとっています。 一言「どやさ」と言うだけでその場が和んだり、人との距離を縮めることもできるこの言葉を上手く使い、明るく、人が寄って来る人になってみるといいでしょう。 言うときには、声のトーンを変えてみるだけでも違う意味合いになるのも面白いところ。 幅広い年代に使える言葉ですから、気軽に日常生活に取り入れてみましょう。

次の

今いくよさん死去 漫才コンビ「今いくよ・くるよ」で人気

いくよくるよ どやさ

今いくよさんの通夜で会見した今くるよ。 相方でもあり親友でもあったいくよさんの死に、涙を流した=京都市(撮影・志儀駒貴) 関係者によると、昨年9月から胃がんと闘っていたいくよさんは、最後の舞台となった今月11日の大阪・なんばグランド花月での公演終了後、抗がん剤を変えるなど治療方針を話し合っていたが、容体が急変。 28日に相方のくるよ、弟ら親族に看取られて永眠した。 29日には京都市内で密葬形式の通夜が営まれ、西川きよし(68)ら芸人仲間など100人が弔問に訪れた。 コンビ結成から42年連れ添ったくるよも参列し、悲しみをこらえて会見。 くるよによると、20日前後に体調不良を訴えたいくよさんは大阪府内の病院に入院。 25日夜から容体が悪化した。 26日にはくるよの問いかけに返答できず、危篤に近い状態となったという。 そのくるよは20日前後から付きっきりで看病。 「『がんばりや』と足をさすったら、『ありがとう』っていう顔をしてくれたけど、(心電図の)モニターの数字がゼロになって…。 最期まで笑顔で『がんばるよ』っていうサインを送ってくれた」と号泣した。

次の