栄光 ゼミナール キャッツ アット ホーム。 栄光ゼミナール CATS@Home pc ダウンロード

‎「栄光授業配信アプリ」をApp Storeで

栄光 ゼミナール キャッツ アット ホーム

自分専用の復習プリントを作成できる• 各授業の導入映像授業が見られる• 復習プリント(カクプリ)の解説映像が見られる• アタックテスト・公中塾内模試の解説動画を試験当日配信• 定期テストの結果を入力し講師と共有できる• テスト範囲で絞りこんだテスト対策プリントが作成できる 栄光ゼミナール内で「キャッツ!」と言われているCATS Home(キャッツアットホーム)。 iPadやパソコンを使って勉強する学習教材がCATS Home(キャッツアットホーム)これは、家庭学習と教室での授業を効果的に連動させるシステム。 勉強した単元を動画視聴で復習できたり、専用の復習用プリントを作成。 本人が自分の力で勉強を進められる仕組みがいっぱいでしたが、使う使わないは個人によります。 1つの単元の勉強が終わると受け取る単元確認を印刷 カクプリと呼ばれています• カクプリの結果をCATS Homeに入力 先生が登録しれくれることが多いですね。 個別復習プリントを印刷 リタプリと呼ばれています) リタプリはカクプリで間違えた問題の類題だけを集めた復習プリント。 宿題が、リタプリとなることが多いですよ。 模試前などは、第3のプリントがある テスト範囲に合わせた総合の復習プリントを印刷 ボスプリと呼ばれています ボスプリの内容は、指定した期間のカクプリ・リタプリ両方で解けなかった問題、「苦手な問題ばかり」を選び出してしてくれるスーパーなプリントです。 プリントのラスボスを、倒すことができるでしょうか。 類似問題数は、なんと10万題以上。 Sponsored Link cats(キャッツ)は塾内模試解説動画を当日配信 栄光ゼミナール内の テストが行われた当日に、実施されたテスト問題を開設します。 自己採点からのズレ、解けなかった問題をそのままにしたりしませんよぉ。 早期解決がいちばんなので、模試・受験があった場合は帰りに栄光ゼミナールへ寄るように言われます。 実際に行く行かないは自由ですが、当日のできが悪いと感じたら塾長さんのところへ相談しに行っている姿を見かけます! catsの動画配信もいいのですが、信頼できる講師のところへ行き解き直しをするといいと思います。 受験生で栄光ゼミナールを使い倒すなら、夏期講習や校内模試は欠かせません。 そこでまとめた記事がありますのでどうぞご覧ください。 栄光ゼミナールキャッツのメリット テスト対策が簡単にできた 学校のテスト範囲を入力すると、教科書に合わせて テスト対策プリントを印刷することができるので効率よく勉強できますね! 答案返却があったら、塾の先生に「結果をキャッツに入れておいてね!」っと言われるので忘れずに入力していきましょう。 校内上位なら通路に張り紙がされるので、モチベーションアップになりますよ。 次は、栄光ゼミナールのバイト講師について。 親としては、少々不安なところですよねぇ。 栄光ゼミナールの学習システムには映像授業もありますが、我が家はスタディサプリを併用していました。 その理由は、講師の質が高くて面白かったからです! テスト結果は入力するだけで、塾と共有できる 定期テストの結果は、登録しておけば塾との共有ができました。 入力すれば把握してもらえるので、良くても悪くても的確なアドバイスがもらえます。 スケジュール管理ができる 学校の教科書に合わせた「定期テスト対策」を範囲やスケジュールを登録して進めることができます。 かんたんにいうと、 テスト対策プリント作成が個人で作成できる! タブレット教材でテスト対策ができるものは他社でもありましたが、プリントアウトして実際に書いて解くものはありません。 間違えた問題だけをやることができる 栄光ゼミナールキャッツは、つまずいた問題だけを選んで出題してくれました。 塾内でいうリタプリ(苦手克服プリント)で、本当に理解できているのか確認。 わかったつもりでいることって、意外と多いので弱点を見つけてくれました。 栄光ゼミナールキャッツのデメリット.

次の

高校受験対策(中学生)|高校受験に強い学習塾・栄光ゼミナール公式サイト

栄光 ゼミナール キャッツ アット ホーム

Contents• 塾に通う ・早稲田アカデミー・栄光ゼミナールなど 大手進学塾の公立一貫対策コース ・enaなどの 都立中高一貫専門塾 2. 通信教育(Z会・進研ゼミ)やオンライン学習 ・四谷大塚の公立中高一貫校対策コースなどオンライン学習 ・Z会の公立中高一貫校対策コースなど通信教育 ・教科書レベル(小学校の指導要領レベル)のオンライン学習 3. 参考書 ・ 公立中高一貫校向け 適性検査問題集 (別途、まとめて記事にします。 ) 4. 特に対策をしない... ここでは割愛します... 大手の強みで教材や学習法が整備されています。 適性検査の対策も体系だっています 基本は Z会の教材を推奨しつつ、独自に演習に力を入れています オンライン学習システム「CATS Home(キャッツアットホーム)」も利用できるのでわからないところは自宅でも復習ができます 一方、デメリットとしては... ただ 都立の受検対策で 最も費用がかかること(私立コースの費用とあまり変わりません)、(私立コースと)学習量に大きな差があること(のんびりしているとも言えます) また大手進学塾のターゲットは、最難関・難関の私立中学ですので、どうしても力を入れてないように見える場合があります(と言っても、都立に一番力を入れていなさそうなが... ) 都立中学受検対策の専門塾(ena:標準コース) 都立中学受検対策の専門塾、特には高い合格実績を出しています。 特に東京西部の都立中学には強さを発揮します <2017年都立中学 塾別合格実績> ena・栄光・Z会・四谷大塚が強い 2018年の合格者ランキングは 特徴としては... 都立の中等教育学校・高校附属中学校の受検に特化しており、 適性検査・作文共に必要十分な対策を期待できます 特に大手進学塾との違いを出すために 手間のかかる作文演習ににも力を入れています 一方、懸念点としては... 四谷大塚のテキストとして著名な「予習シリーズ」の公立中高一貫校版とWeb解説授業の「予習ナビ」を利用します。 予習ナビは何回でも利用できるので繰り返し学習が可能です。 また 週テスト・月例テストがあるので 理解度を確認できるのも特色です 懸念点としては... ただし、で確認できるのが「小石川」とあるだけで、詳細がわからないので効果はきちんと測定できないのが難です また、 費用は通塾に比べて安いのですが、 Web教育としては高価とも言えます 公立中高一貫校対策の通信教育(Z会) は 公立中高一貫校に力を入れており、 よく作られた適性問題対策と作文演習が特徴です また、独学前提だからか、 解説が他のテキストと比べて丁寧です。 その理由は以下の通り。 びっくりする程、高いです。 予算は150万は考えるべきで、 100万を下回ったら、安く済んだ方でしょう。 小学4年生で無料体験塾がありましたが、 今思うと罠だったと思います。 とにかく全ては、合宿等のオプションだらけだから。 行きたくない合宿さえも行かないと、ついてこれなくと 煽ります。 結局は、行かざるを得ない状態に追い込まれます。 (最近知って失笑したのは、卒業旅行まであります)。 私の子供の塾は、校長先生がいきなり退職したのですが 後任の校長先生も冴えなく状態でした。 (enaのチラシ、HPには堂々と校長先生として顔が 出るぐらいの方ですけど。 こんなレベルです)。 具体的には、物忘れが激しい(ena開催の講演会案内の チラシを期限切れで配付(配付翌日にena本部に 問合せしたら、既に期限が切れていた)、 その他、生徒に伝えるべき連絡をちょくちょく怠る)、 生徒の質問を聞かれても答えてくれない。 時間にルーズ。 あんまり酷いので、電話で抗議したことさえあります。 塾の先生に質問しても答えてくれない言うので、 相談したら、これまた個別塾のオプションを紹介の ロジックですよ。 また、合宿の場所は富士山近辺ですが、 食事が値段的にしょぼ過ぎます。 皆さんも 写真見たら、なにこれ???と思う可能性があります。 enaの教室は、駅近とは言えども、どこの校舎に 行っても劇狭いです。 自転車通学者は 駐輪スペースもない塾も多々あります。 自分で駐輪場を探し、駐輪料金を払うことも 考えなければなりません。 故に駐輪場代も軽視出来ません。 騙されてはいけません。 まず分母が無いのです。 何人受験したのかが 不明確なのです。 実はenaに一度でも来たことのある 生徒はena塾生とカウントしているようです。 すなわち、enaで一度でもお試し受験をしたら ena塾生にカウントされるのです。 それが サピ、大塚等の有名塾の生徒であっても。 凄いでしょ?誰も言わなかったけど。 最終的には、親御さんの判断ですけど 私はenaはもうコリゴリですね。

次の

塾長が切る?中学受験大手塾レビュー、栄光ゼミナール。

栄光 ゼミナール キャッツ アット ホーム

家庭学習の強力な武器が用意されている 中学受験の学習は塾に通って合格する力をつけるのが一般的ですが、家庭学習でなにをどのようにすればいいのかわからないというケースが多いものです。 栄光ゼミナールでは今すべきことをピンポイントでわかるシステム、CATS Home(キャッツアットホーム)が用意されています。 パソコンやタブレットで一人ひとりに合った効率的な取り組みができて塾で学んだことやポイントを自宅でしっかり復習するのにもってこいです。 栄光ゼミナールは中学受験に向けてまっしぐらという授業の受け方もあれば、習い事と両立したり、苦手科目にじっくり取り組んだり、学力を全体的に押し上げたり、いろいろなニーズに対応する塾ですから、通いやすいです。 塾では、グループ授業と個別授業を組み合わせて取り組むやり方で確実に前進していくのが実感しやすいですし、自宅学習で使うキャッツというコンピュータのサポートシステムで自宅で復習もでき、その時にやるべきことをしっかりこなすことで自然に力がついていきます。 今は中学受験をするかどうかわからないけれど、子どもにしっかりと力をつけさせたいなら栄光ゼミナールはおすすめの塾です。 中学受験は4年生(3年生の2月)からスタートするのが基本です。 ただ人それぞれ始めるタイミングがありますので、途中から始めることも可能です。 途中からということで習っていないところは個別指導で補うことで遅れを取り戻すことができます。 関東をはじめ全国的に公立中高一貫校が誕生しており、入学希望者も増加傾向にある中、栄光ゼミナールでは適性検査対策など中高一貫校の入試対策をしっかり行ないます。 私立中高一貫校とはひと味違った対策が必要になるため、6年生からは過去問の演習講座もあります。 また夏期集中講座や特訓、模試、ゼミなどもあります。 ここで力を発揮するのが少人数クラスの授業と個別指導、そしてパソコンやタブレットを使った自宅学習です。 一人ひとりに目が行き届いた方法で授業をおこなっていますので、志望校選びや合格に達するまでにやるべきこと、日々の授業の復習と合わせてしっかり志望校対策ができます。 また自習室i-cot(アイコット)で自学自習する環境も整っています。

次の