デリケート ゾーン 黒ずみ レーザー。 レーザー脱毛でVIOの色素沈着は改善する?デリケートゾーンの黒ずみの原因|脱毛の悩みに答えるwebマガジン

デリケートゾーンの黒ずみの色や度合いはどのくらいまでが普通なの?

デリケート ゾーン 黒ずみ レーザー

デリケートゾーンの黒ずみの悩みは女性にとって非常に切実で、普段見えない部分であるだけに周囲に相談できない方も多いのです。 しかし、デリケートゾーンの黒ずみは体質や時間の経過によって悪化していくこともあり、このまま放置していては悩みをより深くしてしまいます。 今回はデリケートな部分の黒ずみだからこそ、肌を熟知している皮膚科での治療を進めるという認識の下、デリケートゾーンの黒ずみの一般的な治療法やエリアごとの専門皮膚科及び関連の医療機関についても紹介します。 このページは、「」の情報を参考にしました。 デリケートゾーンの黒ずみ治療を皮膚科にて行うべき3つの理由 ・皮膚科はお肌の専門家である デリケートゾーンも皮膚の1つという認識を持っていれば、その黒ずみに対する治療もいかに慎重に進めなければならないかが理解できるはずです。 確かに民間療法を含めた黒ずみ解消に関する知恵や知識は数多く存在しているものの、それら解消法に対する有効性については明確に証明されている訳ではありません。 また、同じデリケートゾーンに発生する黒ずみであっても、その発生原因は人によって様々であり、原因の特定や対処療法に関しても個別に対応していくことが必要となります。 この点の確実な見極めを含めて、皮膚科にて治療を進めるということはごく自然な流れなのです。 ・医療的観点から黒ずみ治療が進められる 医療機関である皮膚科にて治療をするということは、デリケートゾーンの黒ずみを医療的観点から治療できることを意味します。 つまり、黒ずみの発生の原因が体質や年齢によるものかという点がたとえ間違っていなかったとしても、その背景には体内にある疾病やホルモンバランスの異常なども大きく関わっていることもあるからです。 このような医療的観点での治療は皮膚科のような専門医にしか進めることができず、黒ずみに悩むご自身が理解できることもあって結果的に治療効果もスムーズに進んでいきます。 ・デリケートゾーンの黒ずみの日常ケアにおける適切指導 一度でもデリケートゾーンの黒ずみに悩まれた方が心配する点と言えば、治療後に再度黒ずみが発生しないかという点ではないでしょうか。 既に触れたように、体質が変われば再発の可能性は十分ありますし、生活環境の変化によっても黒ずみが現れることもあります。 しかし、皮膚科などの医療機関であれば原因の特定から体質の見極めから始まって、個別の日常ケアのより良い進め方も指導してくれますので、再発のリスクもかなり低くしながら生活を送ることができるのです。 デリケートゾーンの黒ずみ治療を皮膚科にて適切に進める場合の費用は? 気になるのはデリケートゾーンの黒ずみ治療には具体的にどのようなものがあるのかという点、それに詳細な費用の部分ではないでしょうか? 一般的に美容施術における医療行為は保険適用外になりますので、ここではおおよその治療価格を項目ごとにご紹介します。 ・デリケートゾーンの黒ずみのレーザー治療 医療行為としての治療において、最もスピーディに効果が期待できる治療法としてレーザー施術がありますが、実のところ2つに種類に分類されます。 [] いわゆるホワイトニングとも呼ばれる一般的な脱色治療施術であり、デリケートゾーン以外にも体全体の黒ずみ改善に用いられます。 汎用性が高いことから比較的安く進められ、デリケートゾーンでの治療になると1回あたり安くて1万円~2万円(税抜)が最低料金の基準となります。 ただ、一般的なレーザーホワイトニング機器になると、デリケートゾーンの細部まで施術カバーができないこともあり、より美しく仕上げたい方にとってはこの点が治療上のデメリットになるのです。 [] デリケートゾーン専用の施術に開発されたのが、このインティマレーザーになります。 これは某有名医療機器製造会社により開発されたもので、デリケートゾーンの表面だけでなく、内部にも良い効果を与えてくれる総合的なレーザー施術法になります。 具体的に言うと、黒ずみ治療もデリケートゾーンのあらゆる部分を満遍なく進められるだけでなく、陰唇部全体のアクティブ化を進めてくれるのでより瑞々しく生まれ変わるのです。 インティマレーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ治療の価格ですが、デリケートゾーン全体になると最低でも1回あたり8万円(税抜)~というところが多くなります。 治療も2回~3回に渡ることもあり、合計で最低20万円以上の費用は準備しておくべきです。 ・外用薬(塗り薬)でのデリケートゾーンの黒ずみ治療 自宅ケアを含めて、デリケートゾーンの日常的な黒ずみ対策には皮膚科でも外用薬が処方されることも多く、一般的には下記の2つが処方されます。 [] ハイドロキノンは一般的に黒ずみやシミ取りに活用されており、市販されているクリームなどのケアアイテムにも含まれています。 期待される効能としてメラニンによる色素沈着を抑えることにあり、黒ずみの除去について大いに役立ってくれるのです。 しかし、高い即効性は持ちませんので、継続的に使用することで黒ずみを長期的に抑えられるようになります。 皮膚科における処方ケースは軽度の黒ずみ、またはレーザー施術後の自宅ケア用に提供されることが多いのです。 [トレチノイン] トレチノインですが、古い皮膚の角質を除去する働きを示し、角質の中にあるメラニンを同時に除去することでハイドロキノンの効果をより高めることができます。 よって、ハイドロキノンとの相性はとても良く、長期のケアには欠かせない外用薬成分となっています。 ただ、角質の除去により皮膚に刺激を感じることもあり、過度の使用では痛みを感じることすらあるほどです。 そのため、使用する量は処方医師の指導によってきちんと守らなければなりません。 デリケートゾーンの黒ずみ治療を進める皮膚科を紹介 黒ずみの治療できる皮膚科と言っても様々です。 ここでは、エリアごとにピックアップしていきます。 ・ [湘南美容クリニック] 全国各地にある湘南美容クリニックは、先進的なレーザー手術にて黒ずみを除去してくれます。 担当する医師も女性にて女性視点の治療を徹底しているので、初めての黒ずみ治療であっても術後ケアもしっかりとフォローしてくれます。 80を超える全国の拠点も魅力の1つであり、東京以外にお住まいの方でもより良い治療を享受できるのです。 [南青山スキンケアクリニック] 名前だけ見ると美容系の皮膚科ですが実際は形成外科や内科医なども在籍しており、症例に合った多様な治療が可能なクリニックになります。 デリケートゾーンの黒ずみ除去もレーザーホワイトニングは、医療脱毛とも一緒に進めることもできるので大変便利です。 [おさめスキンクリニック] 代官山にあるおさめスキンクリニックは、女性の総合的な美容治療にこだわった美容皮膚科です。 レーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ処理はもちろんですが、漢方を活用した皮膚対策も可能となっており、崩れにくいアンチエイジング効果が期待できます。 [ノエル銀座クリニック] 銀座という一等地にあるクリニックですが、日本には数少ない「美容外科認定指導医」としての資格も持つ院長が在籍医師を指導しています。 デリケートゾーンへのレーザー施術も、肌への負担もかなり少ないメドライトC6と呼ばれる機器を用いており、複数回の施術を経て長期的な黒ずみ解消が可能です。 [アベニューウイメンズクリニック] 港区六本木にあるアベニューウイメンズクリニックは、あらゆる年齢の女性の健康を表面的だけでなく内面から美しくすることができます。 女性院長が、主婦や働く女性はもちろん、妊娠中の女性など様々な日常を持つ女性の健康維持を想定しているから安心です。 デリケートゾーンの黒ずみも複数タイプのレーザー治療が選択でき、自宅でのケア法もキチンとカスタマイズしてくれます。 ・ [ダブリュークリニック] 形成外科の専門である院長による女性のためのクリニックですが、大きなポイントは治療法もセレクトも院長自身が経験している点にあります。 もちろん、婦人科や皮膚科だけでなく内科や歯科治療も行っており、まさにオールインワンにて女性の強い味方なのです。 デリケートゾーンの黒ずみ治療もレーザーと自宅ケア用のピーリング剤等を組み合わせているので効果も高くなります。 [クリニーク大阪] 心斎橋にあるクリニーク大阪は、デリケートゾーンの黒ずみに対するレーザー施術はちょっと怖いという女性におすすめです。 デリケートゾーンの黒ずみ治療の基本は医薬用美容液によって進められ、完全な形で色素沈着も落とすのは難しいですが、リーズナブルにかなり高い美白効果が得られます。 ・ [佐井泌尿器科・皮フ科クリニック] 天白区にある皮膚科と泌尿器科を兼ねており、女性にとって大変通いやすいクリニックになります。 デリケートゾーンの黒ずみ治療はインティマレーザーによる施術となりますが、お通じの問題も多い女性にとっては関連する症状の相談もできるので心強い存在なのです。 ・ [緑の森皮フ科クリニック] 中央区にあるこの美容皮膚科は、札幌ローカルのクリニックですがきめ細かい治療を行います。 デリケートゾーンの黒ずみ治療では、AHA(アルファハイドロキシ酸)を用いた角質除去という形で治療してくれます。 ・ [あんぬクリニック] 博多区にあるあんぬクリニックは、福岡でも珍しい女性医師による施術が人気です。 インティマレーザーも導入しており、デリケートゾーンの黒ずみ治療はもちろん、女性器全体のコンディション改善にも力を発揮してくれます。 ・ [ヘシキ形成外科クリニック] 沖縄市にある沖縄ローカルの美容系クリニックで最も有名で、カウンセリングも無料で行えます。 デリケートゾーンの黒ずみ治療に使用するレーザートーニング機器も備えており、形成外科専門医の院長がその技術をアンチエイジングにも生かしています。 デリケートゾーンの黒ずみ治療を進める皮膚科を選ぶポイント ・形成外科専門医の存在 デリケートゾーンは皮膚であっても普段あまりに見られることのない部分ですが、同性友人やパートナーなどには見られることも多くなります。 しかし、美容を専門とする皮膚科であっても、すべての医療機関にて満足のいく治療効果が得られるかと言えば決してそうではありません。 それは、皮膚科であっても外見的に少しでも美しくするという観点が欠けていることもあるのが大きな理由で、この点は患者である女性からすると大きな問題になるはずです。 そのため、患部を少しでも美しくできる「形成外科」としての治療も可能な皮膚科はとても頼りになる存在となります。 ただ、美容系の皮膚科と形成外科を標榜、若しくは形成外科専門医の在籍しているところは現状決して多くないので、治療前にお住まいのエリアにてじっくりと探してみましょう。 ・症例と改善について明確に紹介 皮膚科を選ぶ上で重要になってくるのが、症例の改善をしっかりと紹介していることです。 改善例は治療を担当する皮膚科にとって実績なので、選ぶ側からすると自分の症状をきちんと改善してもらえるのかという大きな判断基準となります。 また、症例改善を多く紹介できるということは、患者さんとの信頼関係が大きいとも推測できますので、数ある皮膚科の中から客観的に優秀なところを見つけやすくなるでしょう。 ・治療部位を明確にしてくれる デリケートゾーンの黒ずみ治療となると、患部の確認や治療方法の明確化を目的として事前ヒアリングが必ず行われます。 この際に見極めたいのが、自身の治療をどこまで進めてくれるかという部分をはっきりさせてくれる点です。 医療機関においてもトラブルになりがちなのが過度な治療であり、本来治療してほしい部分以外にも治療をして余計に費用を徴収されるというケースです。 保険治療であればまだしも、黒ずみの除去のような保険外治療では治療費が膨れ上がることも想定できます。 これにより、治療の明確な範囲と治療総額を事前にはっきり示してくれるところを選んでください。 まとめ 確実なデリケートゾーンの黒ずみ治療を始めること自体はとても簡単ですが、事前に良い効果を期待できる皮膚科を選ぶことが何よりも重要です。 同じ料金体系であっても、術後の日常ケアが良好に進められないなどは話になりませんし、まずは幾つかヒアリングに参加してみてトータルで自分に合った皮膚科を必ず見つけ出しましょう。

次の

【医師監修】デリケートゾーン(陰部)の黒ずみを解消したい!VIOを美白したい女子へ

デリケート ゾーン 黒ずみ レーザー

もくじ• デリケートゾーンとVIOラインは違う デリケートゾーンは、 女性器の粘膜部分を言います。 そして、 VIOラインは、ビキニを履いた時の脚の付け根のVラインや、性器に沿った部分のIライン、お尻の穴のまわりのOラインの箇所をいいます。 よく、すべてをまとめてデリケートゾーンと言われることが多いのですが、 デリケートゾーンとVIOラインは別物です。 つぎに、デリケートゾーンの黒ずみの 原因を探りましょう。 デリケートゾーンの黒ずみの原因は? Vラインや、性器に沿った部分のIライン、鼠径部からお尻のしたの箇所の黒ずみを、 デリケートゾーンの黒ずみといいます。 人によっては、 粘膜の部分が黒ずんでいるという悩みもあるのではないでしょうか? 黒ずみの原因は、以下のことがあげられます。 下着の締め付けや、自己処理による 摩擦• ホルモンバランスと ターンオーバーの乱れ• アトピーや 敏感肌 過度な性行為や自慰行為が黒ずみの原因となってしまうこともあるようです。 これらのことが原因で、肌が刺激され、 メラニン色素が沈着すると、結果として 肌の黒ずみとなります。 その他にも、デリケートゾーンの悩みは 痒みや、 ニオイがあります。 では、やっかいな 黒ずみは予防できるのでしょうか? 黒ずみを予防するためにできることは? 黒ずみの予防のために自分で出来る方法は、• 下着や服を工夫し、 ゆったりしたものを選ぶ• デリケートゾーンをゴシゴシ洗わず、 正しく洗う• アンダーヘアの手入れを正しくきちんとする• デリケートゾーンの保湿ケアをして 乾燥を防ぐ• 食事で肌の新陳代謝を整え、生活習慣を見直して ターンオーバーを整える• デリケートゾーンの脱毛などのムダ毛処理をして 摩擦を減らす• ナプキンやトイレットペーパーは 質の悪いものを使わない などがあります。 アンダヘアーは 光脱毛や、 レーザー脱毛で脱毛処理をするのも、黒ずみの原因である 摩擦を減らすことになるのでオススメです。 汚れやニオイ、ムレ対策にはデリケートゾーンに使える ウェットシートを使うことも大切です。 つぎに、 膣の保湿ケアは必要なのか解説します。 膣の保湿ケアは必要? 「VIOラインの他にも、 膣まわりのケアをすることも大切です。 膣の粘膜は潤ってなければいけないので、お風呂上りは真っ先に 膣のケアや マッサージをして萎縮と乾燥を防ぎましょう。 オイルは膣の粘液と、親和性のあるものを使えば、 オイルを使って膣をケアできます。 」 という ネットの情報もありますが、 実際はどうなのでしょう。 結論としては、膣の中に指を入れてケアすることは 感染症などのリスクがあるため、 オススメしません。 膣の中は、 自浄作用が働いているので、膣に細菌が入って、繁殖することを防ぎます。 膣の中に指を入れてオイルなどを塗ることで、 膣の自浄作用がうまく働いてくれない可能性が出てきてしまうのです。 では、膣以外のデリケートゾーンはどうケアすればいいのでしょう? まずは、市販のオイルを、 デリケートゾーンに塗るときの注意点をお話しします。 デリケートゾーンに市販のオイルは使えるの? デリケートゾーンのケア用品を買って後悔しないために、明確にすることは、 何を優先して解消したいのかということです。 市販のアルガンオイルやソンバーユなどの馬油、バイオイルは デリケートゾーンに向いているか疑問がある人もいると思います。 バイオイルの場合は、香料の他に着色料が入っていて、 さらに黒ずんでしまう可能性があるのです。 市販薬は、 ニキビや傷あとのケアは出来ますが、デリケートゾーンのケアには オススメできません。 黒ずみにはヨーグルトを塗るといいというネットの噂もありますが、 効果は望めません。 では、どんなグッズを使って ケアすればよいのか解説します。 乳液やクリームを使ってデリケートゾーンをケアする デリケートゾーンケアの乳液やクリームは、選ぶときに、毎日つけるものだから、 肌に優しく予算に合うものを第一に考えることが大切です。 ハーバルラビット• ヴィエルホワイト• ホワイトヴェールディープクリアジェル• ビーグレンQusomeホワイトクリーム1. アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110• ネットで検索すると、以上の物がデリケートゾーンケアが出来るグッズとして出てきます。 含有成分が多いから 良いわけでは無いので、 美容成分が配合されているものを優先的に選びましょう。 厚生労働省に認められた、 医薬部外品ならもっといいですね。 美白の即効性が高いものは、 医薬品の部類になってしまうので、処方箋が必要で、 医師から診察してもらわなくてはいけません。 デリケートゾーンだけでなく、 乳首の黒ずみケアにも使えるクリームもあり、価格は4,000円~のものが多いようです。 では、どんなクリームがいいのでしょうか? オススメのクリームを紹介します。 デリケートゾーンにはイビサクリームを デリケートゾーンケアのクリームは、 がおすすめです。 イビサクリームは、有効成分の グリチルリチン酸のほかに トラネキサム酸が配合されていて、メラニンの生成を抑え、 シミやそばかすを防ぐ効果があります。 デリケートゾーンの黒ずみを でケアするときに、 が塗れる場所を、詳しく知りたいですよね。 の 小陰唇への塗り方は、どうしたらいいのでしょうか? は デリケートゾーンの粘膜の部分に塗ることを、禁止しています。 電話で販売元に問いあわせたところ、 「粘膜部分は避けてお使いください」と回答をいただきました。 ネットには、粘膜部分でも、 注意して使えば使用できる。 沁みないので大丈夫。 という情報もありますが、 間違いのようです。 きちんと 使い方を守って、使用しましょう。 イビサクリームについてもっとよく知りたい人はこちらの記事も読んでみましょう。 html では次に、 デリケートゾーンを洗う時はどんなことに注意するかを解説します。 デリケートゾーンを洗う時は? デリケートゾーンを洗う石鹸は、Iラインの 粘膜にも使える石鹸やボディーゾープを選び、重曹、スクラブで洗うのは 止めておきましょう。 重曹は、黒ずみには効果は薄く、スクラブは 黒ずみを悪化させる可能性があります。 手でなでるようにやさしく洗い、洗い流すときはぬるま湯で 肌にダメージを与えないようにします。 ジャムウ石鹸なら、泡をデリケートゾーンに置いておく、 泡パックをして効果を高めましょう。 そして、石鹸は界面活性剤が入ったものは避けましょう。 弱アルカリ性がベストです。 では黒ずみは、皮膚科や美容クリニックでケアできるのでしょうか? 皮膚科やクリニックの ケアの仕方を紹介します。 黒ずみを皮膚科や美容クリニックでケアする 黒ずみは、皮膚科や美容クリニックでも ケアできます。 しかし、皮膚科で処方されるハイドロキノンや、トレチノインは、併用しないと効果が薄く、 副作用のリスクもあるので注意が必要です。 保険適用外の処方になり、軟膏などの薬の費用だけでなく、 診察の費用も掛かることを忘れないようにしましょう。 美容クリニックのレーザー治療は、治療するまでに 一連の流れがあります。 カウンセリングをした後に、レーザー照射、次にアフターケアという流れです。 希望したその日のうちにすぐ施術してもらえる、という可能性は とても低いということが分かりました。 黒ずみを除去する場所によってレーザーの種類や治療費が変わり、自由診療なので、 治療費の平均がうまく出せません。 クリニックがある地域によっても、 費用の平均が違いますしね。 黒ずみ解消の最終手段として、美容クリニックで治療することをオススメします。 では、かゆみなどが治まらなかった場合はどうしたらよいのか解説します。 痒みやにおいが収まらない場合は ケアをしても、赤みがあったり、痒みやにおいが収まらなかったら 医師に診てもらいましょう。 産婦人科は緊張するという意見もありますが、医師にも看護師さんにも 気を遣う必要はありません。 恥ずかしくても、 身体の異常を発見できるなら、我慢してでも見てもらうことをオススメします。 子宮頸がんの検診と一緒に診てもらえますので、痒みやにおいが気になる場合は婦人科に行ってみましょう。 まとめ デリケートゾーンの粘膜部分の黒ずみは、 肌のターンオーバーを整えることで、予防できることが分かりましたね。 出来てしまった黒ずみは、 すぐに消すとなると美容クリニックでの治療が現実的なようです。 黒ずみは 日頃のケアで予防することをオススメします。

次の

デリケートゾーン、ひどい黒ずみの原因は色素沈着!対策と気になるレーザー治療とは?

デリケート ゾーン 黒ずみ レーザー

婦人科形成:デリケートゾーンの形態の改善 小陰唇縮小手術 小陰唇の外見(大きさ、色素沈着・黒ずみ、左右差、形のいびつさ、など)が気になる。 外陰部に違和感、痛み、痒みがある。 汚れが溜まりやすく臭いが気になる。 尿が四方に飛散する。 これらのような症状がある方が治療の適応となります。 小陰唇縮小手術は、小陰唇を部分的に切除して美しく形を整える治療です。 料 金 120,000円 クリトリス包茎手術 クリトリス周囲に汚れが溜まりやすく、臭いが気になり、炎症を起こしやすい。 包皮が余剰にあるため性交時に刺激を受けにくく不感症。 これらのような症状がある方が治療の適応となります。 クリトリス包茎手術は、余分なクリトリス包皮を部分的に切除して、クリトリスを適度に露出させる治療です。 料 金 60,000円• VIO脱毛 VIO脱毛とは、デリケートゾーンの脱毛のことです。 V (ビキニライン)、I (性器周囲)、O (肛門周囲)の頭文字からきています。 尿や、生理の血液、おりもの、排泄物などがアンダーヘアに付着する事で、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しやすい状態になり、痒み、炎症、臭いの原因になることがあります。 むだ毛処理を済ませた女性はハイジニーナ(衛生的)と呼ばれますが、ファッションとしてのメリットだけではなく、衛生面からもデリケートゾーン脱毛のメリットは大きいです。 お着替え・施術は個室で行い、女性スタッフのみが施術を行っていますので、プライバシーに配慮した環境で施術を受けていただけます。 医療機関なので、衛生面や技術面も安心です。 肌質や毛の状態に合わせて複数のレーザーを使い分けておりますので、効果も万全です。

次の