日産 ノート モデル チェンジ。 日産ノート新型フルモデルチェンジで3列シートに?!e

2020年予定の日産ノートのフルモデルチェンジを解説:新型e

日産 ノート モデル チェンジ

~いよいよ新型「ノート」デビューまでカウントダウンと行きたいところだが?~ 日産の大人気コンパクトモデル「ノート Nissan Note 」が、いよいよ2020年10月にフルモデルチェンジ版として登場するとの噂が浮上しています。 自動車情報誌マガジンXさんによると、今回3代目として登場する新型「ノート」は、これまでのコンパクトワゴン風ではなく、プラットフォームの一新などにより、ホンダ新型「フィット4 Honda New FIT4 」のようなワンモーションスタイルを持ったハッチバックスタイルになる可能性があるとのこと。 ~デザインはかなりアグレッシブで新型「エクストレイル/ジューク」とはちょっと異なる方向性を持つ?~ 上の画像はカーメディアSpyder7さんの完成予想レンダリングとなりますが、実際にマガジンXさんがスクープした新型「ノート」のフロントマスクは、新型「エクストレイル X-Trail /ジューク Juke 」とは異なるアグレッシブなフロントマスクを採用し、しかし日産のアイデンティティでもあるVモーショングリルの採用と、メッシュグリルによるスポーティな印象が加味されています。 そういった意味では、ここ最近の日産の攻撃的なデザイン性は高く評価でき、今回の新型「ノート」も非常に期待値の高いものになるのではないかと思います。 っというのもスクープ画像を参考にすると、非常にワイド感のあるフロントマスクに加えて、フロント・リヤフェンダーの張り出しがかなり目立っているようにも見えますし、おまけに新型「キックス Kicks 」にも装着されるような17インチアルミホイールが採用されるようなので、ボディサイズが若干大きくなるのは致し方ないのかも?と思ったり。 そうなると気になるプラットフォームは何を採用するのか?という点ですが、これについては欧州市場にて市販化されている「マイクラ Micra 」と同じVプラットフォームが採用されるとの情報もあるそうで、全く新しい新世代モノではなく、あくまでも改良型 スポット溶接による増し打ちなどで剛性を向上する等… として流用するスタンスをとってくるのかもしれませんね。 ~時代の流れに合わせて電動パーキングブレーキはほぼ濃厚に~ あとインテリアにおいても、フット式や手引き式のサイドブレーキではなく電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドが標準装備化され、これに合わせてプロパイロット ProPilot システムも大幅に向上されることが期待されています。 パワートレインについては、現行モデルと同じ排気量1. 2L 直列3気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたe-POWERが流用され、しかしパワー不足などのデメリットを極力解消した改良型を採用してくることが期待されています おそらくは新型「キックス」と同じものになるかも…。 競合モデルはやっぱり新型「フィット4/ヤリス」? 最後に気になる競合モデルですが、今のところ最も濃厚なのはホンダ新型「フィット4」やトヨタ新型「ヤリス Toyota New Yaris 」で、これはあくまでも5ナンバーモデルとして登場した場合の話であり、仮に3ナンバーモデルとして登場するのであれば、新型「フィット4クロスター」や2020年8月30日に発売予定となっている新型「ヤリス・クロス」あたりになるのではないかと考えられます。

次の

【2020年10月】日産新型ノート フルモデルチェンジ最新情報まとめ!スライドドア化確定?3ナンバー化は?発売日,次期デザインは?

日産 ノート モデル チェンジ

(ベストカー2020年8月10日 講談社) そこで今回カーギークでは「 日産新型ノートのフルモデルチェンジ最新情報」を徹底解説していこうと思います。 果たして次期ノートはいつフルモデルチェンジするのか?もしかすると次期ノートはスライドドア化される? 発売日は2020年10月? まずは「発売時期」の最新情報。 日産新型ノートのフルモデルチェンジはいつ頃になりそうなのか? 日産新型ノートの 発売日は2020年10月頃になりそう。 発表そのものは同年7月頃となる可能性もありますが、既に次期ノートのテストカーは走行中。 現行ノートは2012年9月に発売してることから「約8年ぶり」のフルモデルチェンジになりそう。 人気コンパクトカーのモデル周期としてはかなり長いですが、そこは日産とルノーとの関係など、が反映されてるのか。 次期ノートの発売と前後してやなどが発売されており、2020年は日産車は頑張る年になりそう。 2016年発売のノートe-POWERの需要も一服してる感は否めず、2020年2月にはやが既にフルモデルチェンジを行ってる。 ここで新型ノートがテコ入れしなければますます販売台数は落ち込むこと必至。 一方、コロナの影響もあって新型ノートの発売日が遅れる可能性も高そう。 感染度合いで次期ノートの生産や開発に影響は与えるはず。 とはいえ、どれだけ遅れても2021年初頭頃までにはフルモデルチェンジされるんじゃないかと思います。 新型ノートはスライドドア化される? 続いてはフルモデルチェンジ情報の目玉。 次期ノートはe-POWER以外に一体何が売りになるのか? (ベストカー2020年1月28日 講談社) 新型ノートが「スライドドア化」されると報じるのはベストカーの最新情報。 確かにノートは車体サイズはもともと大きくて車内が広い。 スライドドアを採用してプチバン化する余地は十二分にある。 日産にはトヨタのシエンタやホンダのフリードといった車種が存在しない。 そこで次期ノートが日産の穴を埋めてくる模様。 シエンタもフリードも安定して月販5000~1万台前後販売してる。 新型ノートがスライドドア化すればまさに敵なしか。 海外では2017年にフルモデルチェンジしてるマーチ(マイクラ)は車体サイズが拡大し、見た目もノート風に仕上がってるのでさもありなん。 「スライドドア版ノート」は別モデルで発売か? ただし、ベストカーの最新情報では「別車種」だったとのこと。 要するに新型ノートはスライドドア化されません。 フルモデルチェンジ後も定番のヒンジドアタイプになります。 やはりベストカー以外の自動車雑誌で報じられてなかったことに加えて、フルモデルチェンジまでの時期が短い。 スライドドア化すれば、例えば車体全体のデザインにも影響を与える。 それにも関わらず、次期ノートのテストカーが走行してる段階においてベストカーしか言及してなかったのは不自然な話。 予想通り、日産新型ノートはスライドドア化しません。 それでも「次期ノートベースのプチバン車」はいずれ発売されそう。 ベストカーも何かしらのリーク情報を掴んだ上で報道していたらしく、ノートの車名が付くかどうかはさておき 「スライドドア対応の新モデル」が追加で発売されるはずです。 考えてみると、N-BOXやムーヴはスライドドア版とヒンジドア版の両方のモデルを発売してますが、新型ノートも似たような販売戦略を取ってくる可能性も高い。 新車販売ランキングで常に上位を占める売れ筋ジャンルのプチバン車は、日産ディーラーとしても喉から手が出るほど欲しい車のはず。 次期ノートのデザインはどうなる? 続いては「次期デザイン」の最新情報。 新型ノートの外観はいわゆるキープコンセプトなのか?はたまた今回のフルモデルチェンジで大胆に見た目が変わるのか? (日産新型ARIYA フロントマスク) だから新型ノートの顔付きは電気自動車のがベースになってそう。 フルモデルチェンジ後は鋭い薄型ヘッドライトを採用し、空力性能を高めるスリットも彫り込むことで新型ノートの清潭さが増しそう。 ヘッドライトと一体化した台形のフロントグリルは、さながらオデッセイやヴェゼルといったホンダ車も彷彿とさせます。 新型ノートのヘッドライト内部には4個のLEDを配置するなど、フルモデルチェンジ後は「アダプティブヘッドライト」が採用されそうな予感がします。 「リアにエンブレムが装着されない」「ピラーはブラックアウト化されない」といった情報も。 フォグランプ周辺にはメッキトリムがあしらわれたり、上級モデルにはポリッシュ仕上げの17インチアルミホイールがおごられるなど、新型ノートは清潔感と近未来感が両立されてる。 おそらく実車で目の当たりにした方がより良さが伝わりそう。 だから日産が誇っていたVモーショングリル以外にも、リア周りでは「ブーメラン型のテールランプ」も廃止されそう。 今回のフルモデルチェンジではトヨタ・ヤリスやレクサス・UXのような横一文字にデザインされます。 ルーフがやや後ろ下がりに傾斜し、Cピラーの傾斜角度も増すことで新型ノートのフォルムはハッチバック感が増します。 現行ノートは4メートルを超える全長もあってワゴン風でしたが、フルモデルチェンジ後はノートやヤリスの雰囲気に近づきそう。 フルモデルチェンジ後のシャシーはどうなる? 続いては「中身」の最新情報を解説。 日産新型ノートの シャシーはフルモデルチェンジ後も「Vプラットフォーム」が引き続き採用されそう。 ルノー日産が開発したコンパクトカー向けの「CMF-Bプラットフォーム」は既に存在しますが、新型ノートは足回りなどは一新されません。 ただし、次期ノートはVプラットフォームの改良版が使用されることで、フルモデルチェンジ前よりも前後のトレッド幅(左右のタイヤ同士の幅)が前1510mm、後1520mmと拡幅。 結果、次期ノートの全幅は1740mmを超えそう。 一方、フルモデルチェンジ後はCMF-Bプラットフォームに刷新され、新型ノートは引き続き5ナンバーサイズを維持するという情報もあります。 これまでフィットやヤリス、カローラなども3ナンバー化される情報が湧いては消えてましたが、日産新型ノートも同様に5ナンバーに留まる模様。 国産コンパクトカーの「常識」を破ってくれる新型車はなかなか登場しない。 【安全装備】第二世代e-POWERを搭載? 続いては「搭載エンジン」などの最新情報。 また新型ノートの パワートレインはやはり「e-POWER」が引き続きメインになります。 モーター出力やバッテリー容量など強化されるかは不明ですが、1. 2L直3エンジンで発電し、電気モーターで走行する仕組みは大きく進化しなさそう。 一方、一部の自動車メディアでは「第2世代のe-POWER」を搭載するという情報もあります。 電気モーターのトルクがアップし、バッテリー容量も強化して燃費と走行性能が格段にアップ。 でも、現状では次世代のe-POWERは「エクストレイルに先に投入される」可能性が高いとされます。 現行e-POWERはノートクラスであれば既に十分な加速性能と走行性能を体現してる。 確かに燃費性能で不満点もあるっちゃありますが、新型e-POWERを搭載するとしたらまずは車重が重いエクストレイルに投入するのが自然でしょう。 しかも、次世代e-POWERはエクストレイルのフルモデルチェンジから一年ほど遅れての投入と言われてる。 さすがに次期ノートには間に合わない気がしますし、ノートの価格帯も考慮するとまだまだ先の話でしょう。 また、自動ブレーキは「ミリ波レーダー」を新たに追加することで安全性能が高まります。 これは2020年1月の一部改良で追加されたエクストレイルに続いて二例目。 でも、さすがに新型スカイラインに搭載された「手放し運転」が可能なプロパイロット2. 0はやはり価格帯を考えると微妙か。 新型ノートの内装はフルデジタル化? (メルセデスベンツ新型Aクラス 内装インパネ) そして、日産新型ノートの注目は「内装」。 画像はメルセデスベンツ・Aクラスのものですが、メーターパネルには全面液晶ディスプレイパネルが採用され、速度表示以外にもメーターには様々な情報が表示可能。 さながら高級輸入車並のように完全にフルデジタル化されます。 ホンダ新型フィットもデジタルメーターを採用しましたが、新型ノートの内装はそれを更に上回る先進さ。 もちろんベンツほど質感は高くないものの、国産車の中では図抜けて大きそう。 少なくとも、新型ノートと同カテゴリに属する国産車をデジタルコクピット感では突き放す。 電動パーキングブレーキを採用するなど「ヤリスやフィットも霞んで見える」とはマガジンXの最新情報。 一方、シート素材はファブリックを採用し、インパネ周りの素材にはフェルト生地が用いられて「居心地の良さ」が演出されるとか。

次の

【新型日産ノート今年秋発売!!】首位奪還を目指しスライドドア仕様を用意!

日産 ノート モデル チェンジ

~新型「ノート」の細かな情報が少しずつ展開されているようだが…?~ さて、2020年夏ごろに登場する予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型「ノート Nissan Note 」ですが、このモデルに関してスライドドアが本格的に採用されることや、エンジン性能、更には予想価格帯が細かく公開されています。 自動車情報誌ベストカーによると、今回デザインが大きく一新する新型「ノート」では、従来のVモーショングリルは積極的に採用される一方で、2019年10月末の東京モーターショー2019にて発表された「アリヤ・コンセプト」のような引き締まった顔つきになる可能性が高いとのこと。 ちなみに上のレンダリング画像は、自動車ニュースサイトSpyder7が作成したオリジナルレンダリングですが、このデザインとは大きくかけ離れたものになるようですね。 ~そもそも「アリヤ・コンセプト」の量産版が大きくかけ離れたデザインになるとの情報も~ こちらが東京モーターショー2019にて世界初公開されたピュアEV仕様の新型「アリヤ・コンセプト」。 2020年夏ごろ以降に、量産版として市販化される予定となっていますが、元日産関係者の方の情報によれば、「このような引き締まった顔つきとは全く異なるデザインにて登場する」と聞いているので、新型「ノート」然り一体どのような顔つきで定めてくるのか全く予想がつかないのが正直なところです。 ~ボディスタイルはどうなる?エンジンは?価格帯は?~ 改めて新型「ノート」のレンダリングに戻りますが、今回のフルモデルチェンジにより、リヤドアが横開きからスライドドアへと変更されるそうですが、そうなってくるコンパクトモデルの立ち位置としては、トヨタ新型「ヤリス」やホンダ新型「フィット4」ではなく、トヨタ「シエンタ」やホンダ新型「フリード」といったコンパクトミニバン MPV? が競合になる?と考えたほうが良さそうな気がしますね。 一方でエンジングレードについても、従来通りe-POWERが採用されるそうですが、肝心のエンジンユニットは変わらずとなる排気量1. 2L 直列3気筒エンジン+電気モータを組み合わせることで、最大出力79ps+モータ出力150ps/最大トルク103Nmを発揮すると予想されています。 気になる価格帯についても、あくまでe-POWER 2WD グレードでの価格帯だと思いますが約200万円~250万円にて販売される可能性が高いとのことで、現行「ノートe-POWER」の約197万円~約247万円に比べてわずか3万円ほどのアップに抑えられていますね。 本当にこの価格帯にて発表してくるかは定かではないものの、本気で起死回生を狙っているのであれば、エンジン性能やデザイン性の向上、そして顧客のニーズに合わせた個体を提供してほしいところです。

次の