戦場 の ピアニスト。 【書評・特選人物評伝】クリストファー・W・A・シュピルマン 著「シュピルマンの時計」(週刊現代 2003年9月18日号)

おすすめ映画 戦場のピアニスト(The Pianist)

戦場 の ピアニスト

舞台は1939年のポーランド。 ナチスドイツ軍が進行中。 ユダヤ人のウワディスワフ・シュピルマン エイドリアン・ブロディ の職業はピアニスト。 ワルシャワのラジオ局でピアノを弾いていた。 しかし第二次世界大戦の最中、ウワディスワフ・シュピルマンが仕事をしていたラジオ局もドイツ軍の爆撃を受けて崩壊してしまう。 空爆を受けて崩壊してしまったその場から命からがら逃げ出したウワディスワフ・シュピルマン。 その途中で友人のユーレクの妹のドロータ エミリア・フォックス に会う。 後にシュピルマンに新しい隠れ家を提供してくれる事になる。 帰宅し フランスとイギリスがドイツに対し、宣戦布告をした事を知り、戦況が長引くことはないだろうと考え、家族と共にその事を喜ぶ。 しかし、そう思ったの束の間でワルシャワはナチスドイツに占拠てしまい、 ドイツ人による弾圧でユダヤ人達は苦しめられることになってしまう。 その後、ユダヤ人であるシュピルマン一家もゲットー ヨーロッパ諸都市内でユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区 に追いやられることに。 その後もシュピルマンはカフェでピアノを弾いたりして生活していた。 しかし、状況はどんどん悪化し、同時にユダヤ人に対する弾圧や暴力、迫害は増していった。 そしてとうとうシュピルマン一家は沢山のユダヤ人と共に収容所に送られることになる。 後にその収容所は『絶滅収容所』、『死の収容所』と呼ばれることになる。 その後一人ゲットーに取り残されたシュピルマン。 ゲットーに残ったユダヤ人による蜂起がナチスドイツに鎮圧され、シュピルマンはゲットーを脱出。 その後様々な人の助けを受け、匿ってもらう事で何とかその日、その日を生き延びていた。 彼を本当の意味で救ったのは、 生きる糧であった音楽なのかもしれない。 フランス• ドイツ• イギリス• ポーランド 映画戦場のピアニスト The Pianist のジャンル• 映画戦場のピアニスト The Pianist のキャッチコピー 音楽だけが生きる糧だった 映画戦場のピアニスト The Pianist を一言で例えるなら 喪失 映画戦場のピアニスト The Pianist の公開年 2002年 映画戦場のピアニスト The Pianist の監督 ロマン・ポランスキー 映画戦場のピアニスト The Pianist の主要キャスト• ショパン バラード第一番エイドリアン・ブロディ ウワディスワフ・シュピルマン• トーマス・クレッチマン ヴィルム・ホーゼンフェルト• ミハウ・ジェブロフスキー ユーレク• エド・ストッパード ヘンリク• ワーニャ・ミュエス ナチス親衛隊将校 戦場のピアニスト The Pianist を閲覧できる動画サービス• Netflix• Prime Video• hulu• 戦場のピアニスト The Pianist の関連キーワード• この映画へのコメント.

次の

【書評・特選人物評伝】クリストファー・W・A・シュピルマン 著「シュピルマンの時計」(週刊現代 2003年9月18日号)

戦場 の ピアニスト

廃虚(はいきょ)の中で残飯をあさっていたユダヤ人が、ドイツ国防軍将校に見つかる。 自分はピアニストだと言うと、将校は隣室のピアノを弾くことを命ずる。 何年かぶりのショパンの夜想曲第20番。 その日から、将校は極秘に食料を差し入れる。 ドイツ軍撤退日、食べ物などを持ち込んだ将校に、ピアニストは自分の名をシュピルマンと告げるが、将校は名を明かさず外套を手渡して、その場から立ち去る。 2002年公開のロマン・ポランスキー監督の名画「戦場のピアニスト」のクライマックスである。 映画の底本はシュピルマンの『ある都市の死』(1946年)だったが、ポーランド社会主義政府の検閲で、人道主義的なドイツ人将校など存在するはずがないと、オーストリア軍人に差し替えられた。 さらに政治的理由から同書はまもなく発禁処分に。 このドイツ国防軍将校はヴィルム・ホーゼンフェルト大尉。 本書によると、第2次大戦勃発時、4人の子持ちの44歳の教師だった。 それまでの彼は、33年の突撃隊入隊、35年のナチス党入党など熱烈なヒトラー信奉者だった。 だが、ワルシャワでドイツ軍の絶滅戦争の真実を目の当たりにしてナチスと決別、迫害されたユダヤ人らの「駆け込み先」となる。 発覚すれば即刻銃殺刑をも覚悟し、結局60人余りを救った。 不運にも彼はワルシャワから撤退中に赤軍の捕虜となり、以降、各地の捕虜収容所に拘置される。 49年、スターリンは捕虜を「戦犯」として起訴し、懲役25年の判決を下した。 軍服を着た博愛主義者も例外とされなかった。 52年8月、心臓病のため獄死する。 57歳だった。

次の

解説・あらすじ

戦場 の ピアニスト

タップして飛べる目次• アカデミー賞7部門ノミネート。 監督賞、脚色賞、主演男優賞の3部門受賞。 Amazonプライム ここから先は、ネタバレがあります。 事前知識なく、真っ白な状態で映画を楽しみたい方は、ご注意ください。 主人公シュピルマンの生きることへの執念 タイトルの「戦場のピアニスト」は、第二次世界大戦中のポーランドを生きた 実在のユダヤ人ピアニスト、 ウワディスワフ・シュピルマンのことを指しています。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 URL: シュピルマンがナチスのホロコーストを生き延びる実話を、脚色して映像化したのが、映画 「戦場のピアニスト」です。 たいていのフィクションでは、戦場を最後まで生き延びるのは常に屈強な戦士ばかりですが、この映画では違います。 主人公のシュピルマンは、典型的な「戦って腕力で勝つヒーロー」とは正反対のタイプ。 いつも物静かでおとなしく、押しも弱い上に伏し目がち。 シュピルマン一家がゲットー送りになる前のこと。 生活資金が底をつき、彼が大切にしているベヒシュタイングランドピアノを売ることになります。 ゲットー送りになるシュピルマンの足元を見てピアノを買い叩く、無礼な買取人の男。 血の気の多い弟は激昂します。 しかし、静かにその様子を見ていたシュピルマンは、一言「持っていけ」と、買取人の男の言い値で愛用のピアノを売ってしまうのです。 自分のピアノをあんな下品な男の言い値で売るなんて、わたしなら絶対に耐えられません。 しかもシュピルマンはピアニストですから、自分のピアノへの愛情はさらに人一倍のはず。 ピアノを手放す時、どんなに無念だったろうと思います。 自分を襲う理不尽な出来事にじっと耐える。 ひたすら堪えぬく。 シュピルマンの強さはそういう静かな強さです。 そして彼は最後まで「生きること」への強い執念を見せます。 誰しもが「いっそ今すぐ死んだほうがマシ」と思うような境遇でも、シュピルマンは生きることを決して諦めません。 ユダヤ人への迫害が厳しくなるにつれ、彼はどんどんやつれ、やせ衰えていきます。 それでも最後まで決して希望を捨てず、まともな精神を持った人間の誰もが発狂しそうな極限状態を生き延びるのです。 罪を憎んで人を憎まずと言い切れない、強烈な後味の悪さです。 ユダヤ人がドイツ語を話すのが当たり前? ちなみに、この映画に登場するドイツ兵が話す言葉は、全てドイツ語です。 ドイツ兵は、ワルシャワでもドイツ語が通じることを当たり前だと思っています。 例外的に1度だけ、下手くそな英語でユダヤ人に話しかけている場面がありますが。 その様子を見ていると、つい、 「どこでもここでもドイツ語が通じるのが当たり前と思ってんじゃないわよ!」 と言いたくなりました。 もう一人の主役「級」登場人物 そしてこの映画には、もう1人主役級の人物、 ナチス陸軍大尉 ヴィルム・ホーゼンフェルトがいます。 シュピルマン同様、ホーゼンフェルトも実在する人物です。 ヴィルム・ホーゼンフェルト(Wilm Hosenfeld、1895年5月2日 — 1952年8月13日)は、ドイツの教育者、軍人。 最終階級は陸軍大尉。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 URL: ドイツ陸軍大尉のホーゼンフェルトも主役級なのですが、この2人が出会うのは、映画のかなり終盤になってからなんですね。 まさに悪魔の権化のような立ち姿。 しかし、ナチスの軍服を身に着けていても、ホーゼンフェルトは心の全てをナチスに売り渡していたわけではなかったのです。 彼はシュピルマンをその場で撃ち殺したりはしませんでした。 ほんのつかの間、ピアノを弾く者同士、2人の心が通い合います。 しかし、もうすぐそこまで、ソ連軍が迫っていました。 「ユダヤ人迫害」を身をもって知る監督と2人の主演俳優 実話に基づいている本作にリアリティがあるのは当たり前。 実は、さらに主役を演じる2人の俳優と監督の生い立ちにも、この映画の名作としての評価を不動にする「秘密」が隠されていたのです。 『戦場のピアニスト』 レビューサイト 4. 14 点 3. 戦争による破壊行為の凄まじさ。 ナチスのユダヤ人虐殺の極悪非道ぶり。 極限状況に置かれてもなお、他の人を助けようとする行為の崇高さ。 多くの人が彼を助け、彼を助けた人が死んでいく非情。

次の