鬼 滅 の 刃 ネタバレ 186。 最新ネタバレ『鬼滅の刃』186

【鬼滅の刃】186話ネタバレ確定感想&考察、縁壱の人生![→187話]

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 186

鬼滅の刃 第186話のネタバレ! 炭治郎は匂いの全然しない場所で困惑していた。 目の前の家は、自分の家に似ているけれど少し違う。 自分は何をしているのかと近くを見てみれば手には斧、そして大量に木がある。 どうやら薪割りをしていたらしいが、覚えがない。 炭治郎は走馬灯を見ているのだろうかと、さらに疑問を募らせた。 すると、 幼い子供が足を掴み「とーたん」と呼ぶ。 父と呼ばれたことに驚き、自分のことだろうかという疑問と、この子は誰だという疑問が駆け巡る。 しかし子供は言葉にならないような声とともに一点を指差していた。 その指す場所には一人の剣士の姿があり、炭治郎はその姿に彼が始まりの呼吸の剣士、縁壱さんだろうかと驚きとともに見つめる。 愈史郎を救え 一方、意識を失っている現実では村田が必死に炭治郎を介抱していた。 グッグッと何度も胸に手を当て押しながら、村田は炭治郎にしっかりしろと呼びかける。 反応のないことに心配し、胸の音と呼吸の音を確認する村田。 炭治郎は息をしておらず心臓も止まっているように思われて、村田は焦る。 自身の心臓と息の音がうるさすぎて判断がつかなかった。 そんな中で村田に声をかけるものが現れる。 予想外の出来事に村田は驚き、反射的に「うわぁああ」と声をだした。 びっくりしたという村田の声に受け答えすることもなく、やってきた隊士は良かった無事だったかと告げる。 そして愈史郎が下敷きになっているから手伝ってくれ、とそう言葉を続けた。 炭治郎も死にそうだと村田は驚きながらこたえるが、それでも隊士は愈史郎の元へ村田を誘う。 「愈史郎を助ければ手当てしてくれるだろ!!アイツ何かわけのわかんないことできるし急げ急げ」 縁壱の話 一方の炭治郎は自分の家と似ている家の縁側で、縁壱と二人座っていた。 縁壱 「誰かに話を聞いて欲しかった」 そうゆっくりと切り出した縁壱は、随分と考えて思い浮かんだのが炭吉(炭治郎)とすやこの顔だったのだと続ける。 もしかしたら十三番目の型について聞くことが出来るかもしれない、そう思う炭治郎を尻目に口は勝手に開く。 縁壱とは二年ぶりくらいになること、元気そうで良かったと、考えもしていなかったことを告げた。 炭治郎が困惑しているあいだにも子供が大きくなったことを続けて話し続けている。 思った様にならない、体が勝手に動いてしまう。 困惑する炭治郎だったが、よく考えてみればそれは当然のことだった。 炭治郎 (これは遺伝した先祖の記憶だから干渉できないんだ) 幼い日 そんなことなど分かるはずもない縁壱は彼らが幸せそうで嬉しいと話して、幸せそうな人間を見ると幸せな気持ちになるとも話す。 縁壱は母が信心深く、この世から諍い事が無くなることを毎日祈っていたのだと言う。 太陽の神様に耳が聞こえない息子を温かく照らしてくださいと祈り、耳飾りのお守りを作ってくれたこともあった。 さらに縁壱の兄は優しい人で、自分のことをいつも気にかけてくれていたと話す。 父からは自分に構うなと殴られてしまった翌日にも、笛を作って持ってきてくれた。 助けてほしいと思ったら吹け、すぐに兄さんが助けに来る、だから何も心配いらないとそう言って、赤紫に腫れた顔で笑ってくれたのだと言う。 縁壱は忌み子だったため、母が病死した後すぐに家を出た。 出家する様にと言われていたが結局寺へは向かわずに、どこまでも続く美しい空の下を思い切り走ってみたかったとひたすらに走り続ける、 うたとの出会い とある山の中でこぢんまりした田んぼと畑がある場所へとたどり着く。 そこには縁壱と同じ年頃のの女の子が、ぽつんと一人経っていた。 彼女は桶を持ったまま長い間動かなかったので、縁壱が何をしているのかを聞いてみれば家族がみんな流行り病で死んでしまったのだと語る。 一人きりになって寂しいから田んぼにいるおたまじゃくしを連れて帰ろうと思って、そう言って彼女はまた動かなくなった。 しかし日が暮れ始めた時、女の子は桶に入れた生き物を田んぼへ逃し始める。 「連れて帰らないのか?」 縁壱がそう尋ねると、うんと答えて親兄弟と引き離されるこの子たちが可哀想だと言った。 その言葉に縁壱は自分が一緒に家へ帰ろう、と申し出ると女の子は驚いて振り返る。 黒曜石の様な瞳の女の子だった。 うたという名前の彼女と、縁壱は一緒に暮らすことにした。 うたは朝から晩までよく喋る女の子で、縁壱は彼女のおかげで他人と自分の世界の視え方が違うことを知ったのだと言う。 当たり前に思っていた生き物の体が透けて見える、という者など聞いたこともないと言われた。 その時に初めて、今までずっと感じていた漠然とした疎外感の理由が分かった気がしたのだ。 うたは糸の切れた凧のようだった縁壱の手をしっかりと繋いでくれた人だった。 それから十年、二人は夫婦となった。 鬼を知るとき うたの臨月が近づき、出産に備えて縁壱は産婆を呼びにいくために出かける。 道中、山を三つも向こうへ息子に会いに行こうとする老人と出会った。 その老人を息子の元まで送り届け、ひとまず家路を急いだ。 だが、 うたはその晩に腹の子諸共、殺されてしまっていた。 炭吉(炭治郎)はただ絶句するばかりで、言葉ひとつも出てこない。 縁壱は十日間ぼんやりとして、妻と子供の亡骸抱いていた。 鬼の足跡を追ってきた剣士に、弔ってやらねば可哀想だと言われるまでずっとそうしていたのだ。 彼の夢は、家族と静かに暮らすことだった。 小さな家に布団を並べて眠り、愛する人の顔が見える距離、手を伸ばせばすぐに手を繋げる距離、それだけで良かったと言う。 鬼がこの美しい世界に存在しているために、それすらも叶わないことを思い知った。 鬼狩りとして、宿敵との邂逅 縁壱は鬼狩りとなる。 縁壱の使う呼吸について使えるものは当時おらず、彼がそれを教えた。 柱と呼ばれた剣士たちは、元々使っていた炎・風・水・雷・岩の剣術の型に呼吸を上乗せすることで力を飛躍的に向上させた。 その結果、鬼狩りたちは凄まじい勢いで鬼を倒せるようになる。 縁壱の兄も鬼狩りに加わりすぐ、縁壱はついに鬼の始祖と対面する。 出会った瞬間、私はこの男を倒すために生まれてきたのだ、と悟った。 登録から1ヶ月無料• 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める• U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ! 紹介した動画配信サービスに登録しただけで、 2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。 鬼滅の刃 第186話の感想・考察 黒死牟から語られたことも縁壱の視点でみると結構違って見えて、この双子の悲しさを感じずにはいられませんでした。 日の呼吸、そしてヒノカミ神楽について紐解かれていきそうな気配に、続きが気になりすぎますね! 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2019年12月16日になります。 発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『鬼滅の刃』第186話のネタバレ感想でした。

次の

『鬼滅の刃』最新話186話のネタバレと感想!炭治郎が見る記憶の世界、語られるのは縁壱の半生

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 186

スポンサーリンク 必死で炭治郎の心臓マッサージをする村田! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 現実の世界では、村田が必死で炭治郎の心臓マッサージをしています! しっかりしろ!と呼びかけながら炭治郎の蘇生を試みますが、炭治郎は息をしておらず、しかも心臓の音も止まってしまっているように感じて焦る村田。 そこへ、愈史郎と行動を共にしていた隊士が駆けつけました。 愈史郎が鳴女と戦っていたときに「俺を喰え!」といった彼です。 愈史郎ががれきの下敷きになっているので手を貸して欲しいと言われますが、炭治郎も死にそうなので迷う村田。 愈史郎を助ければ炭治郎を手当てしてくれるはずだと言われ、一旦炭治郎の元を離れます。 スポンサーリンク 縁壱の過去・忌み子として生まれた自分 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 再び夢の世界です。 縁壱が現れたということは、やはりこの人物は炭治郎ではなく炭吉ですね。 炭治郎の意識が炭吉の体に入り込んだ状態のようです。 炭治郎は、十三番目の型について聞けるかもしれない、と考えますが、思ったことを話すことができません。 遺伝した先祖の記憶の夢を見ているので干渉できないのです。 以前も炭治郎は炭吉の夢を見たことがありましたが、今回はあれから二年後のようでした。 再会した炭吉一家が元気でいることを喜び、幸せな人間を見るとこちらも幸せな気持ちになる、と言います。 縁壱は、誰かに話を聞いて欲しかったと、二年ぶりに炭吉の家を訪れたのでした。 縁壱の母親は信心深い人で、この世からいさかいごとが無くなるよう毎日祈っていた。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 縁壱が耳が聞こえないと思い、太陽の神様に温かく照らしてくださいと耳飾りのお守りを作ってくれた。 兄も優しい人だった。 いつも私を気にかけてくれて、父から私に構うなと殴られた翌日も、笛を作って持って来てくれた。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 助けて欲しいと思ったら笛を吹け、すぐに兄さんが助けにくるからと、赤紫に腫らした顔で笑ったそうです。 黒死牟の記憶とだいぶ違います・・・ 縁壱の記憶では、兄は自分のことを思ってくれる心優しい人間だったのですね。 やがて母が亡くなり、縁壱は自分は忌み子だとわかっていたためすぐ家を出ます。 寺へは行かず、どこまでも思い切り走っていきました。 一昼夜走り続けても疲れて足が止まるということはなかったそうです。 スポンサーリンク 縁壱の過去・うたとの出会いと別れ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 山の中のこぢんまりした小さな田んぼに、縁壱と同じ年ごろの女の子が立っていました。 女の子は桶を持ったまま長い間立ち続けていたので何をしているのか聞いてみると、流行り病で家族みんな死んでしまい、一人になって寂しいから田んぼのおたまじゃくしを連れて帰ろうとしているのだと言います。 しかし、結局女の子は捕まえたおたまじゃくしを全部田んぼに逃がしました。 「親兄弟と引き離されるこの子たちが可哀想じゃ」 縁壱は彼女と一緒に家に帰り、一緒に暮らし始めます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 彼女の名前は「うた」といい、よく笑いよくしゃべる女の子でした。 縁壱はうたのお陰で、他人と自分の世界の見え方が違うことを知ります。 生き物の体が透けて見える人間などいないということもうたから聞きました。 うたと一緒に暮らすことで、自分は他の人間とは違う能力があることを知った縁壱。 これまでの人生でいつも感じていた漠然とした疎外感の理由がわかった気がしました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 十年後二人は夫婦となり、やがてうたの出産が近づいてきました。 縁壱は出産に備えるため産婆を呼びに出かけます。 日暮れまでに帰るつもりが、途中山の中で倒れている老人を助けて送り届けたため、産婆を呼ぶのは明日にしてその日は急いで帰ることにしました。 帰りは夜になってしまったのです。 うたは、腹の子と共に殺されていました。 スポンサーリンク 鬼狩りとなる 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 自分が命より大切に思っているものでも、他人はたやすくふみつけにできるのだということを知った縁壱。 十日程ぼんやりして妻と子供の亡骸を抱いていたそうです。 鬼の足跡を追ってきた剣士に、弔ってやらないと可哀想だと言われるまで。 縁壱の夢は平凡なものでした。 小さな家で、家族と静かに暮らしたい。 手を伸ばせば愛する人がすぐに届く距離。 武士の家で忌み子として生まれ、常に孤独を抱えていた縁壱は、うたと出会ったことでやっと掴んだ小さな幸せを鬼によって奪われたのです。 縁壱のところを訪れた剣士は容貌から見るに後の炎の呼吸の剣士のようです。 やがて縁壱も鬼狩りとなります。 鬼狩りは古くからいたそうですが、呼吸が使える者がいなかったため、縁壱が呼吸法を教えました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 柱と呼ばれていた当時の剣士たちは元々炎・風・水・雷・岩の剣術の型を使って鬼を倒していましたが、その型に縁壱が教えた呼吸を上乗せして使うことで力が飛躍的に向上し、すさまじい勢いで鬼を倒せるようになっていきました。 やがて部下を殺された兄の厳勝も鬼狩りに加わり、力を貸してくれるようになったのです。 それから間もなく縁壱は鬼の始祖である無惨を見つけます。 出会った瞬間に、自分はこの男を倒すために生まれてきたのだとわかった縁壱。 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 186-187 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 縁壱の悲しい過去がわかった回でした。 縁壱が鬼狩りになったのは、家族を殺されたからだったのですね。 家族を亡くした縁壱にとって炭吉とすやこは、思い描いた幸せを体現している夫婦だったのではないでしょうか。 そして、笛を贈られたときの記憶が黒死牟とまるで違っていたのが驚きでした! 縁壱にとっての黒死牟は、あくまでも優しい兄という位置づけだったのですね・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 最後の場面で無惨と一緒にいるのは珠世のようです。 珠世は無惨と行動を共にしていた時期があったのでしょうか・・? 次回も回想が続くと思われますが、炭治郎は十三番目の型のヒントをつかむことができるのでしょうか? どうやって無惨の毒を克服するのかも気になるところです!.

次の

漫画『鬼滅の刃』187話のネタバレと186話おさらい・188話の考察|イツキのアンテナ

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 186

今回の186話は 「良い意味での小休止」という扱いになったのではないかと思う。 炭治郎が緊急事態なのは変わらないけど、その深層意識の中では…? 鬼滅の刃186話より引用 炭治郎が緊急事態なのは変わらない! 炭治郎の意識の中では父の記憶の追体験。 縁壱との会話がなされることになった。 本当に心から、人の幸せを願っている男だったようだ! 鬼滅の刃186話より引用 彼は本当に心から、人の幸せを願っている男だったようだ! また同時に、今回の縁壱の振る舞いを見ていると、どこか冨岡さんと似ている部分があるようにも感じたかな! クールというか何というか、感情の起伏がわりと少ない(コントロールしている?)かのような雰囲気。 あるいは達観したような様子がそう感じさせるのかもしれないね! 【スポンサーリンク】 縁壱の半生について語られることに! 作中では以下、縁壱の半生についても語られることになった。 彼の妻は 「うた」といい、とても賑やかな女の子だったようだ。 縁壱はここでも深くうたに感謝していた。 (おかげで、というフレーズより) 他人に対して 「ありがとう」の気持ちが強いのもまた、縁壱の特徴だとわかる! 鬼滅の刃186話より引用 他人のしてくれたことに感謝を汲み取るのがうまいタイプ! 縁壱は優れた剣士であるばかりか、人としても非常に尊敬できる人物であることが改めてわかった。 また同時に、自分自身のことを呪っていたように見えた黒死牟についてもまた、少し見え方が変わったよね。 まさに 「気づかぬうちに自分に呪いをかけたのは自分自身」って感じの雰囲気だったと思う。 で、ラストは縁壱と無惨の邂逅にてフィニッシュ! 鬼滅の刃186話より引用 縁壱と無惨の邂逅にてフィニッシュ! このシーンでは背後に珠世さんもいるねー。 なんだか物憂げな雰囲気。 対して無惨は相変わらず傲慢な笑みを浮かべている。 縁壱はこの瞬間 「この男を倒すために生まれてきた」と悟ったようだけど、さて以降の展開がどうなるか…だよね。 このまま順当にいけば、次回の187話は 「縁壱vs無惨の戦い」が描かれてくるはず。 縁壱は黒死牟との戦い半ばで寿命を迎えたことになってるから、この時の戦いは引き分け…というか無惨を取り逃がす…って感じになるのかな? だとしたら縁壱は無惨をそれなりのところまで追い詰めるに至ったはず。 以降の回想では 「この時に無惨を追い詰めるに至った技」を、炭治郎に共有することになるのかもしれないね!.

次の