高崎 商科 大学 附属 高等 学校。 高崎市立高崎経済大学附属高等学校HP

今すぐやめたいです。:高崎商科大学附属高校の口コミ

高崎 商科 大学 附属 高等 学校

概要 [編集 ] 普通科・総合ビジネス科の2科からなり、それぞれの学科内に専門コースが設置されている。 までは女子高であった。 現在の制服はデザインである。 一般教室にはエアコンが設置されている。 沿革 [編集 ]• - 私立佐藤裁縫女学校として佐藤夕子(サトウタネ)が高崎市柳川町2に創設。 (在席数6名からスタート• 4月 - 師範科卒業生に無試験検定により小学校専科正教員資格授与。 4月 - に組織変更。 佐藤高等技芸女学校と改称。 校舎を大橋町237に移転。 4月 - によるとなり佐藤技芸高等学校と改称。 - 高崎技芸高等学校と改称。 - 学校法人佐藤学園に組織変更。 8月 - バレーボール全日本高等学校女子選手権大会で優勝。 4月 - 設置。 6月 - 佐藤学園高等学校と改称。 4月 - 設置。 4月 - 附属幼稚園開園。 4月 - ワープロ教育導入。 4月 - パソコン教育導入。 12月 - 設立認可される。 法人名を高崎佐藤学園に変更。 4月 - 高崎商科短期大学(商学科)開学。 校名を高崎商科短期大学附属高等学校と改称。 3月 - 情報システム科、情報経理科設置。 3月 - 廃止。 3月 - 商業科廃止。 4月 - 情報システム科を国際情報科に名称変更。 4月 - (流通情報学部)開学。 高崎商科大学短期大学部(現代ビジネス科)開設。 校名を高崎商科大学附属高等学校と改称。 4月 - 普通科特別進学コースに男子入学。 男女共学スタート。 7月 - 並榎キャンパス完成。 3月 - 第22回全国高等学校空手道選抜大会女子個人組手優勝。 4月 - 豊岡グラウンド完成。 4月 - 普通科進学コースに男子入学。 8月 - 全国高等学校総合体育大会・第52回全国高等学校フェンシング選手権大会学校対抗女子フルーレ優勝。 11月 - 創立100周年記念式典。 8月 - 法人名を高崎商科大学に変更。 4月 - 総合ビジネス科設置。 全学科、全コース男女共学スタート。 7月 - 新築第1校舎完成。 3月 - 国際情報科、情報経理科を廃止。 4月 - 創立110周年。 10月 - 高崎アリーナで初の体育祭を実施。 3月 - 新武道館完成。 10月 - 上で、教諭の指導(注意を聞かない生徒に対するものであった)が問題となり、学校側は教諭を1週間自宅謹慎処分した。 設置学科 [編集 ]• 普通科• 特別進学選抜コース• 特別進学コース• 進学コース• 特別進学国際コース• 総合ビジネス科• 情報メディアコース• 経理ビジネスコース• 会計コース クラブ活動 [編集 ] 運動部と文化部を合わせて37の部がある。 運動部 [編集 ]• バトントワリング部• ペップアーツ部• バレーボール部• フェンシング部• 卓球部• テニス部• アーチェリー部• 空手道部• 水泳部• 剣道部• バドミントン部• バスケットボール部• サッカー部• 硬式野球部 文化部 [編集 ]• 社会部• 数学部• 理科部• 音楽部• 書道部• 美術部• 英語部• 家庭科部• 文芸部• 新聞部• 放送部• 演劇部• ボランティア部• 茶道部• 華道部• 吹奏楽部• 情報処理部• ワープロ部• 簿記部• 囲碁部• 漫画研究部• 情報ボランティア部• 軽音楽部• 写真部 交通アクセス [編集 ]• より徒歩3分• JRより自転車10分 制服 [編集 ]• 高崎商科大学附属高等学校の制服は、中野裕通によってデザインされたものである。 女子は紺のに紺白チェックのスカートにリボン、男子は紺のブレザーに紺白チェックのズボンにネクタイ。 の3rdシングル「」のカップリング曲「サヨナラの橋」のミュージックビデオで本校の制服を着用した。 高校関係者と組織 [編集 ] 高校関係者一覧 [編集 ] OB・OG• (実業家、の母)• (バレーボール選手、所属)• (フリーアナウンサー) 系列校 [編集 ]• 学校法人高崎商科大学• 高崎商科大学佐藤幼稚園 脚注 [編集 ] [].

次の

高崎市立高崎経済大学附属高等学校HP

高崎 商科 大学 附属 高等 学校

Haul-Aプロジェクトとは 提携高校の生徒たちが地域社会で活躍する職業会計人(公認会計士や企業会計人、商業科教員など)という明確な目標を目指して、本学の提供する教育環境の中で学ぶプロジェクトです。 大学進学を視野に入れて自己の持つ大きな可能性にチャレンジ、人間力を培いながら「日商簿記1級」レベルの実力など簿記会計の高い能力を確実に身に付けることができます。 「Haul-A」の目的(趣旨) 商業科高校生(以下、「子供たち」)の「簿記会計を通じて自分らしく地域社会に貢献したいという夢と希望」(以下、「志」)を実現することを目的とする。 「Haul-A」の基本方針 高校3年間と大学4年間の合計7年間を通じて、子供たちの「志」を実現するために、「商業高校等」「大学」「公認会計士」(以下、「関係者」)が最大限の知恵を出し合う。 子供たちの「志」を実現するための「商業科高校生のための高大連携」を行う。 「Haul-A」の実施方針 子供たちの志を実現するために、「関係者」が連携して、それぞれが役割を分担し、簿記会計を通じて自分らしく地域社会に貢献することが出来る無限の可能性を子供たちに伝え、質の高い高度な簿記会計教育を提供することに努め、そのための定期的な情報交換を行うなど相互に協力支援する。 特に、大学は、簿記会計に対する志を実現したいと強く思う子供たちに対して、簿記会計教育の機会均等を確保することに努め、子供たちに対して、人間力を育み、自分らしく地域社会で貢献できる「職業会計人」となるための修学環境の整備に努めるものとする。 「Haul-A」の具体化 「Haul-A」の具体化の第1弾として、日商簿記検定1級レベルの簿記会計の能力を身につけたいと強く思う子供たちに対して、「日商簿記1級プロジェクト」を立ち上げる。 「Haul-A」の目指す「職業会計人」 目指す「職業会計人」とは、簿記会計を通じて地域社会に貢献する人々のことをいい、特に、職業的専門家としての「公認会計士・税理士」、会計プロフェッショナルとして民間企業等で活躍する「企業会計人」、簿記会計を通じて地域社会に貢献する人財を育てる「商業科教員」をいう。 Haul-Aプロジェクトイメージ 協定校について 高大連携 協定校 以下の高校・団体が当プロジェクトに参画しています。 本学では、全国各地の商業高校と高大連携事業を推進するために、先進的な取組みとしてHaul-A(ホール・エー)プロジェクトを提起しています。 これは提携高校の生徒さんが地域社会で活躍する職業会計人(公認会計士や企業会計人、商業科教員など)という明確な目標を目指して、本学の提供する教育環境の中で学ぶプロジェクトです。 生徒のみなさんは、大学進学を視野に入れて自己の持つ大きな可能性にチャレンジ、人間力を培いながら「日商簿記1級」レベルの実力など簿記会計の高い能力を確実に身に付けることができます。 本学の使命は、商都・高崎にあって商業教育の充実・発展と地域社会の活性化に貢献することにあります。 地域の活力は国の繁栄の礎です。 本学は全国の商業高校へ向けて、最新かつ高度の商業・簿記会計情報を発信し続けていきます。 みなさま、どうぞ宜しくお願い申し上げます。 埋もれた人材を発掘できる画期的な高大連携 服部哲明(元岐阜県高等学校商業校長会長 元岐阜県商業教育研究会長 元岐阜県立岐阜商業高等学校長) 今回、高崎商科大学様と本県の多くの商業科設置校が連携することにより、本県の簿記会計教育のすそ野を広げることができるようになった事に対しまして厚く御礼申し上げます。 これまで、日商簿記2級取得後、指導者不足から上級資格への挑戦をすることなく卒業していった所謂「埋もれた人材」を発掘できる画期的な連携であると捉えています。 この連携を足がかりとして、県内の商業科設置校の生徒が財務に強い人材として成長してくれることを願っています。 お問い合わせ先 高崎商科大学 Haul-A(ホール・エー)プロジェクト事務局 TEL:027-347-3399 FAX:027-347-3389.

次の

学園紹介

高崎 商科 大学 附属 高等 学校

概要 [編集 ] 普通科・総合ビジネス科の2科からなり、それぞれの学科内に専門コースが設置されている。 までは女子高であった。 現在の制服はデザインである。 一般教室にはエアコンが設置されている。 沿革 [編集 ]• - 私立佐藤裁縫女学校として佐藤夕子(サトウタネ)が高崎市柳川町2に創設。 (在席数6名からスタート• 4月 - 師範科卒業生に無試験検定により小学校専科正教員資格授与。 4月 - に組織変更。 佐藤高等技芸女学校と改称。 校舎を大橋町237に移転。 4月 - によるとなり佐藤技芸高等学校と改称。 - 高崎技芸高等学校と改称。 - 学校法人佐藤学園に組織変更。 8月 - バレーボール全日本高等学校女子選手権大会で優勝。 4月 - 設置。 6月 - 佐藤学園高等学校と改称。 4月 - 設置。 4月 - 附属幼稚園開園。 4月 - ワープロ教育導入。 4月 - パソコン教育導入。 12月 - 設立認可される。 法人名を高崎佐藤学園に変更。 4月 - 高崎商科短期大学(商学科)開学。 校名を高崎商科短期大学附属高等学校と改称。 3月 - 情報システム科、情報経理科設置。 3月 - 廃止。 3月 - 商業科廃止。 4月 - 情報システム科を国際情報科に名称変更。 4月 - (流通情報学部)開学。 高崎商科大学短期大学部(現代ビジネス科)開設。 校名を高崎商科大学附属高等学校と改称。 4月 - 普通科特別進学コースに男子入学。 男女共学スタート。 7月 - 並榎キャンパス完成。 3月 - 第22回全国高等学校空手道選抜大会女子個人組手優勝。 4月 - 豊岡グラウンド完成。 4月 - 普通科進学コースに男子入学。 8月 - 全国高等学校総合体育大会・第52回全国高等学校フェンシング選手権大会学校対抗女子フルーレ優勝。 11月 - 創立100周年記念式典。 8月 - 法人名を高崎商科大学に変更。 4月 - 総合ビジネス科設置。 全学科、全コース男女共学スタート。 7月 - 新築第1校舎完成。 3月 - 国際情報科、情報経理科を廃止。 4月 - 創立110周年。 10月 - 高崎アリーナで初の体育祭を実施。 3月 - 新武道館完成。 設置学科 [編集 ]• 普通科• 特別進学選抜コース• 特別進学コース• 進学コース• 特別進学国際コース• 総合ビジネス科• 情報メディアコース• 経理ビジネスコース• 会計コース クラブ活動 [編集 ] 運動部と文化部を合わせて37の部がある。 運動部 [編集 ]• バトントワリング部• ペップアーツ部• バレーボール部• フェンシング部• 卓球部• テニス部• アーチェリー部• 空手道部• 水泳部• 剣道部• バドミントン部• バスケットボール部• サッカー部• 硬式野球部 文化部 [編集 ]• 社会部• 数学部• 理科部• 音楽部• 書道部• 美術部• 英語部• 家庭科部• 文芸部• 新聞部• 放送部• 演劇部• ボランティア部• 茶道部• 華道部• 吹奏楽部• 情報処理部• ワープロ部• 簿記部• 囲碁部• 漫画研究部• 情報ボランティア部• 軽音楽部• 写真部 交通アクセス [編集 ]• より徒歩3分• JRより自転車10分 制服 [編集 ]• 高崎商科大学附属高等学校の制服は、中野裕通によってデザインされたものである。 女子は紺のに紺白チェックのスカートにリボン、男子は紺のブレザーに紺白チェックのズボンにネクタイ。 の3rdシングル「」のカップリング曲「サヨナラの橋」のミュージックビデオで本校の制服を着用した。 高校関係者と組織 [編集 ] 高校関係者一覧 [編集 ] OB・OG• (実業家、の母)• (バレーボール選手、所属)• (フリーアナウンサー) 系列校 [編集 ]• 学校法人高崎商科大学• 高崎商科大学佐藤幼稚園 脚注 [編集 ] [].

次の