ロング コート チワワ。 ロングコートチワワってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ロングコートチワワ 人気ブログランキングとブログ検索

ロング コート チワワ

ロングコートチワワの原産地はメキシコです。 祖先とされている犬は古代メキシコに存在していた「テチチ」というメキシコ原産の体の小さな犬です。 16世紀にはスペイン軍の侵略により、人々と共に国を追い出されその後300年に渡り生存は不明とされてきましたが、300年後にメキシコに訪れたアメリカ人によって発見され、アメリカ国へ持ち帰り繁殖が盛んにされるようになりました。 アメリカでは、チャイニーズクレステッドドッグまたは体の小さいスパニエル系の犬との交配でさらに小さくし、スムースコートのみのチワワにもロングコートが誕生しました。 その後、現地で愛玩犬としての需要が高まり、日本に輸出され、日本での飼育頭数も増えて現在も根強い人気で飼育頭数も常に上位にランクインしています。 ロングコートチワワは体長が体高よりもわずかに長く、立ち耳の超小型犬です。 丸い頭の「アップルヘッド」が特徴的です。 見た目の似ているパピヨンよりも全体的な被毛が短く、尻尾の毛も少ないですが地面に引きずらない程度の飾り毛があります。 体高:12cm~20cm程度• 体重:1. 5kg~3kg程度 体は小さく標準体重も軽いので華奢な印象がありますが、体の大きさのわりには意外としっかりとした体をしています。 標準体重としては1. 5kg~3kg程ですが、平均体重としては大きく幅のある犬種です。 平均体重に幅がある理由として、近年小さいチワワの繁殖が増え、1kg程の小さなチワワも存在しています。 逆に肥満になりやすい犬種のため体重のあるチワワも多いため平均体重には幅があります。 肥満は足腰に負担がかかるので飼い方に注意しましょう。

次の

チワワ(ロングコート)の子犬一覧|ペットショップCoo&RIKU

ロング コート チワワ

ロングコートのチワワを飼うのは、毛のお手入れが大変ですよね。 でも、 長毛ならではの可愛らしさを堪能することができます。 カットの仕方で雰囲気も変わるので、飼い主さんの楽しみにもなるでしょう。 チワワはシングルよりもダブルコートの方が多いため、抜け毛の量も更にイメージよりも多い傾向です。 飼い主さんができる抜け毛対策を実践しながら、少しでも楽になるようにしましょう。 毛が抜け落ちるのを防ぐために 洋服を着せたり、定期的にシャンプーをして物理的に抜け毛を取り除くという方法も有効です。 また、手間はかかりますが、ブラッシングを習慣化しておくと、抜け毛が散らばることも少なくなります。 なるべく飼い主さんが大変にならないように、対策するようにしてくださいね。 ロングコートチワワにカットは不要 チワワは、たとえロングコートであったとしても、カットの必要のない犬種なんです。 毛が伸びるスピードがものすごくゆっくりなので、 ブラッシングをしておけば十分。 トリミングをして色々と楽しむのは、飼い主さんの醍醐味ですよね。 それが楽しみだった飼い主さんには物足りないかもしれませんが、 無理にカットをする必要はありません。 もしも、それでもカットを希望するようであれば、大人になってからにしましょう。 飾り毛がしっかり生えるようになったら、トリミングも楽しめるはずです。 サマーカットにするときの注意点• 体が冷えすぎないようにケアする• 紫外線などの外の刺激に注意する• 皮膚の乾燥に注意する 夏になると、ロングコートのチワワが暑そうに見えるかもしれません。 そのため、涼しげなサマーカットは見ていて気持ち良いのですが、注意するべきポイントもあります。 見た目はとても可愛いのですが、それだけで決行してしまうのは危険。 注意点をしっかり把握した上で、飼い主さんがサポートしてあげるようにしましょう。 体が冷えすぎないようにケアする 長く生えていた体の毛がゴッソリとなくなる訳ですから、体感温度も当然のことながら変わってきます。 特に夏場は、エアコンや扇風機、サーキュレーターなどを活用して部屋を涼しくしがちですよね。 サマーカット後のチワワは、 直接皮膚が冷えてしまうので、寒すぎることも多々あります。 体が冷えると風邪を引いたり、他の病気も誘引しかねません。 サマーカット後はデリケートになっているので、室温の調整にも気を配るようにしましょう。 紫外線などの外の刺激に注意する 被毛は、本来外からの刺激から守るために生えています。 サマーカットによって毛がなくなると、 紫外線の他、雨や熱気といった刺激を直接皮膚に受けることになります。 寄生虫の影響も受けやすくなるでしょう。 お散歩は天気の様子を見つつ、皮膚への刺激に気を付けてあげるようにしましょう。 皮膚の乾燥に注意する サマーカットをすると、外的刺激を皮膚にダイレクトに受けてしまうので、乾燥してしまうことがあります。 夏場はエアコンで部屋を冷やすことが多くなりますが、エアコンもまた乾燥の原因になってしまいます。 被毛があればある程度は保護できますが、サマーカット後はそうもいきません。 乾燥すると、フケが出たり痒がる様子を見せたりと、目に見えて変化があるはずです。 新たな皮膚病を引き起こす可能性もあるため、サマーカットは部分的にしてみるなど対策を立ててみてください。 肌と被毛のダブルケアができる犬用化粧水がおすすめです。

次の

ロングコートチワワってどんな犬? ロングコートチワワの魅力と育て方

ロング コート チワワ

ロングコートチワワの特徴 ロングコートチワワは、チワワの一種で超小型犬に分類されます。 腕や尻尾、頭などに飾り気があり、毛足も長めです。 耳はピンっと立っています。 ロングコートチワワの成犬の大きさと体重 手足がとても細く、体重は1. 5〜3キロ程度です。 人間の赤ちゃんよりもずいぶん小さいですよね。 体高は15~23cmと幅がありますが、近年の日本では小さいほど人気が高くどんどん小さくなってきています。 そのため、小型化が進んでいますが、健康は大変危険なのが実情です。 ロングコートチワワの平均寿命 ロングコートチワワの平均寿命は、10〜15歳くらい。 長生きする子だと、20歳まで生きるケースもあります。 大型犬よりも小型犬の方が長生きをする傾向があるので、ロングコートチワワは犬の中でも比較的長命です。 ロングコートチワワの性格 ロングコートチワワはとっても怖がりなのに、勇敢な面も持ち合わせているため、攻撃をしてしまいがち。 家族を大切にし、飼い主さんにも忠実です。 他人や他の犬に対する警戒心もかなり強めで、番犬向きでもあります。 ロングコートチワワの毛色の種類 チワワの毛色のバリエーションは、非常に豊かです。 単色、2色、3色とあり、その組み合わせも様々。 レッドやホワイト、チョコレートをはじめ、タンカラーといって、眉毛や口周りに斑点が入った模様のチワワもいます。 毛色も毛の感じもそれぞれで、個性があるのも、ロングコートチワワの楽しみ方とも言えるかもしれませんね。 ロングコートチワワの手入れ ロングコートチワワは毛足が長い分、お手入れが大変そうなイメージもありますよね。 毛の生え変わりのサイクルが長めということもあって、想像ほどは大変ではないです。 ただ、毛が細くて絡まることがあるので、毎日ではなくても、 2〜3日に1回はブラッシングをするのがベストです。 ロングコートチワワの抜け毛事情 ロングコートチワワは幼少期の毛の質や量があまり良くないんです。 大人になった時のことを考えて、ブラッシングには慣れておく方が賢明です。 換毛期である春と秋は、特に抜け毛がひどくなります。 歩いているだけなのに毛が舞うほど。 毎日のブラッシングで対策をする習慣をつけましょう。 ロングコートチワワにカットは不要 ロングコートチワワは、基本的にカットは必要ないとされています。 しかし、肛門周りや尻尾の飾り毛、耳周りは衛生面や毛玉防止のために、適度にカットするようにしましょう。 体全体のカットは不要です。 ロングコートチワワをサマーカットにするときの注意 毛足が長い犬や猫は、夏になると暑さをしのぐためにサマーカットをしますよね。 蒸し暑い日は、長い毛とおさらばして、涼しく快適に過ごすことができます。 年齢を重ねたロングコートチワワの場合、ホルモン不足が原因となって、新たな毛が生えにくくなってきます。 生えてきても、元のような長さまで伸びないということもあるので、サマーカット自体を検討し直す必要があります。 ロングコートチワワがなりやすい病気• 角膜損傷• 水頭症• 膝蓋骨脱臼• 気管虚脱 ロングコートチワワには、なりやすいとされている特有の病気がいくつかあります。 元々体があまり強くなく華奢で小柄なため、病気にもなりやすいので、 普段からちょっとした変化にも気を付けてあげてくださいね。 ロングコートチワワを飼う時に気をつけたいこと ロングコートチワワは、見た目が暖かそうではあるのですが、 寒さがとっても苦手です。 寒さに気を付けてあげないと、病気になってしまうことも… 寒い日は洋服を着せたり、室温を適度に保つなどの配慮が必要です。 体が小さい分、少し動くと暑くなることもあるので、適宜調整をしてあげてください。 ロングコートチワワのしつけについて ロングコートチワワには、指示したことをできたときに褒めるようにします。 追いかけっこ遊びは動いてるものに常に反応し、興奮してしまうのでやめましょう。 おもちゃを引っ張りあって遊ぶのも、服などを引っ張って遊ぶようになるので、させないでください。 主従関係をはっきりさせることを心がけてしつけしていきましょう。 ロングコートチワワの平均価格 チワワ自体の平均価格は、大体20万円くらいです。 日本においては毛足の短いスムースよりも、毛足の長いロングコートの方が人気があります。 20万円よりも数万円上がることも少なくありません。 女の子の方が値段が高くなったり、月齢が経ってしまうと値下がりすることもあります。 血統などの差も価格に影響を与えます。 ロングコートチワワのカットについてまとめ ロングコートチワワは、毛足の長さでお手入れが大変そうなイメージもありますが、毎日のブラッシングさえクリアすれば、そんなに手はかかりません。 カット自体必要なく、フワフワの毛は飼い主さんにとっても癒しになることでしょう。 ロングコートチワワがなぜ人気なのか、言うまでもありませんね。 ロングコートチワワにおすすめのドッグフード チワワにおすすめのドッグフードは、以下の記事を参考にしてみてください。

次の