ハガキ の 切手 は いくら。 【2019年消費税増税】切手、ハガキ等の郵便料金が値上げ。いつから、いくら上がるのか、余った切手の使いみちなどを解説

はがきの郵便料金は62円とは限らない!?重さや大きさに決まりがあるの?

ハガキ の 切手 は いくら

切手の種類の用途 普通切手というのは、郵便局で常時販売している切手で、慶事用・弔事用など。 特殊切手は、季節のデザインの切手や様々なテーマに沿った切手のことです。 また、オリジナルフレーム切手というものもあり、全国の郵便局でご当地の情報を載せた切手も販売されています。 通常はがきは、62円• 往復はがきは、124円 となりました。 通常はがきと往復はがきでは、通常はがきの方が多く使われています。 切手の値段 はがきに貼る切手代は、• はがきの値段と同様の、62円• 往復はがきの値段と同様の、124円 となります。 そして切手の種類は19種類もあります。 切手は、19種類の値段で販売 切手は19種類の値段で販売されています。 1円、2円、3円、5円、10円、20円、30円、50円、62円、82円、92円、100円、 120円、140円、205円、280円、310円、500円、1000円 の値段の種類となります。 慶事用の切手は3つの値段に分かれています。 62円• 82円• 92円 弔事用の切手は62円のみとなります。 値段の種類が多い切手ですが、 主に使われているのは、はがきや手紙に使われる62円切手と82円切手だと考えられます。 はがきの値段の推移(戦後から現在まで) 1945年(昭和20年) 5銭 10銭 1946年(昭和21年) 15銭 30銭 1947年(昭和22年) 50銭 1円20銭 1948年(昭和23年) 2円 5円 1951年(昭和26年) 5円 10円 1966年(昭和41年) 7円 15円 1972年(昭和47年) 10円 20円 1976年(昭和51年) 20円 50円 1981年(昭和56年) 30円 60円 1989年(平成元年) 41円 62円 1994年(平成6年) 50円 80円 2014年(平成26年) 52円 82円 2017年(平成29年) 62円 82円(変更なし) 戦後、はがきの値段はこのように推移してきています。 戦後の郵便料金が値上げされた理由は、• 年賀用の切手が復活• 省庁再編• 現金書留制度が新設 などしたことが原因のようです。 平成に入ってからは消費税の増税が値上げの原因ですね。 はがきや切手が今後値上がりする可能性 戦後から現在までの郵便料金が値上げされてきた歴史を振り返りますと、今後は消費税の増税に伴う値上げが考えられます。 では過去の消費税増税時の値上げ幅はどれくらいだったのでしょうか。 また、株式会社になったことで、経営状態が悪化したときにも郵便料金を値上げされるのではないでしょうか。 まとめ 2018年のはがきの値段&切手代、今後の値上げの可能性について調べてみて、次のことが分かりました。 通常のはがきの値段は、62円。 往復はがきの値段は倍の、124円• はがきに使用する切手代• はがきの値段と同様の、62円• 往復はがきの値段と同様の、124円• 切手の値段は19種類に分かれている• 慶事用の切手は3種類、弔事用の切手は1種類販売されている• 郵便料金値上げの理由• 年賀用の切手が復活• 省庁再編• 現金書留制度が新設したこと• 消費税の増税が原因• 今後は消費税が増税されたり、経営状態が悪化したときに郵便料金を値上げされることが予想される 最近はメールやLineを利用する人が多くなり、はがきや手紙を受け取ることがとても少なくなりました。 しかし、はがきや手紙にはメールやLineでは味わえない趣があります。 この機会に、はがきや手紙で友人や親戚、家族に近況報告してみるのもいいかもしれませんね!.

次の

【2018年】はがきの値段&切手代はいくら?値上げの可能性など

ハガキ の 切手 は いくら

スポンサーリンク 年賀状の切手はいくら?2020年(令和2年)はどうなる? 今年、2020年用の年賀葉書に必要な切手は 63 円です。 日本郵便は、2019年10月1日に消費税率の改定に伴い、郵便料金も変更されました。 2020年用年賀状からは 63円に値上げされています。 というわけで、 普通の年賀はがきに関しては63円で、通常の郵便はがきと同じなのですが、 年賀状用の切手には63円以外のものもあるのです。 さっそくご紹介しますね。 年賀状の切手の種類 どれを選べばいい? 郵便局で販売される年賀状でしたら最初から切手部分が印刷されています。 切手代込みとなっています。 一方、切手を自分で貼る私製ハガキを年賀状として贈られる場合でしたら「 年賀郵便切手」をご用意されるといいですね。 もちろん、通常の切手も問題なく使えるのですが、お正月用の切手を用意するとより心がこもります。 この年賀郵便切手の 発売日は2019年11月1日(金)です。 年賀郵便切手は4種類!• 年賀63円郵便切手• 年賀84円郵便切手• ) 寄付金付きの切手にはお年玉くじもついています。 受け取る立場になると、「お年玉くじがついていないとがっかりしてしまう」という人が結構いるので、せっかくでしたら寄付金付きの切手にされたほうがいいかと思います。 寿切手(慶事用切手)は年賀状に使ってもいいの? 寿切手というのは、一般的に結婚式の招待状に使われています。 もちろん、結婚式以外のお祝いごとに使っても差し支えないのですが、年賀状には使わないほうが無難です。 また、弔事用の切手もあるのですが間違ってもこちらは年賀状に使ってはいけません。 海外へ年賀ハガキを出すときの差額用の切手 海外に住んでいる家族や友人に年賀葉書(63 円)を使って季節の挨拶をしたいと考えている場合には、航空便扱いの国際郵便葉書として差し出す際に必要となる郵便料金額(70 円)との差額(7 円)に対応した、グリーティング切手「 海外グリーティング(差額用)」があります。 国際郵便料金の値上げはあるの? 2019年10月1日に国内の郵便料金が変わりましたが、国際郵便に関する料金は消費税法で免税とされているため、アメリカ合衆国軍事郵便局との間に交換される郵便物の料金を除き、料金の変更はありません。 84円の年賀郵便切手は何に使うの? ハガキは63円ですが、84円のこちらは封書で年賀状を送る場合です。 例えば、グリーティングカードを使って新年の挨拶をするときには封筒に入れますが、これも年賀郵便として配達してもらえます。 ただし、定形以外の郵便物は年賀郵便の対象外となります。 写真を同封したりして重量オーバーしたり、封筒のサイズが大きかったりすると定形外として普通郵便扱いとなってしまうので注意が必要です。 また、元旦に届けるサービスは日本国内に限られています。 横長に使うときは、右上部に切手をはります。 消印作業するときにこの位置でないと機械で処理できず、手動になってしまうからです。 尚、貼りきれない時はあいてる所に貼っても届けてはもらえます。 「切手裏面貼付」と書いていれば、表に貼れない時は裏に貼ることもできます。 しかしながら、年賀状の場合は1枚の切手を正式な位置に貼るのがマナーです。 また、切手の下には必ず「年賀」と朱書きしましょう。 年賀郵便切手を貼っただけでは年賀郵便扱いしてもらえません。 1通ごとに「年賀」と記入していくのが手間がかかって苦痛であれば、「年賀郵便」と書いた紙をはがきの束に添えてポストの年賀はがき専用投入口に出せば年賀状として扱われます。 ただし、こちらの方法が原因で思わぬ配送ミスをされると困るのは自分となるので、やはりきちんと1枚1枚朱書きを入れるのがおすすめです。 受け取った方に「朱書きするのを忘れていたけど、郵便局の計らいでちゃんと年賀扱いされたんだな」と思われるのもなんですしね。

次の

【2018年】はがきの値段&切手代はいくら?値上げの可能性など

ハガキ の 切手 は いくら

今回の郵便料金の値上げは消費税増税のためですが、 ハガキの料金は2017年にも一度上げられています。 このときの原因は、増税ではありませんでした。 2017年のハガキの値上げは、人件費の高騰が原因とされています。 郵便局では、窓口の人員だけでなく、郵便物の仕訳をする人や配達をする人など、たくさんの人を雇っています。 年々、人を雇うための最低賃金は高くなっていますし、会社が半額を負担しなければならない社会保険の金額も上がっています。 こうしたことが、郵便局の負担を増やしていると考えられるでしょう。 その一方で、収入源となる切手やハガキといった郵便物を使う人の数は減少傾向にあります。 「以前は年賀状を出していたけれど、最近はメールで済ませている」という人も多いのではないでしょうか?こうした 「売上減」と「人件費増」という背景から、ハガキの料金が値上がりすることになったのです。 ハガキは、郵便局で売っている通常ハガキだけでなく、自分で作ったものに送料分の切手を貼って送ることもできます。 ただし、自分でハガキを作った場合は、規定のサイズに収まっていなければいけません。 7cm、重さ6グラムとなっています。 往復ハガキの場合は、通常ハガキを2倍したものが最大値となりますが、縦横のサイズは2枚のハガキが同一でなければいけません。 ハガキを手作りしたけれど、このサイズを超えてしまったというときは、「第一種郵便物」として発送することになります。 「第一種郵便物」というのは、定型郵便物や、定形外郵便物、簡易書留などをまとめて呼ぶ呼び方です。 これに収まっている場合は、25グラム以内の場合なら84円、50グラム以内なら94円(2020年1月現在)で送ることができます。 第一種郵便物は、「封筒に入っていて封がされているもの」というイメージがあるかもしれませんが、ハガキであってもサイズが大きいものはこれに含まれます。 反対に、1枚だけでも、さらに大きいB5サイズのものなどを送ろうとする場合は定形外郵便となり、さらに料金が高くなります。 不安なときは、郵便局で問い合わせるか、郵便料金表を確認してみましょう。 62円や52円といった昔のハガキは、一体いつまで使うことができるのでしょうか?結論から言うと、 郵便料金改定後であっても、古いハガキを引き続き使うことは可能です。 ハガキ料金の値上げ後に52円や62円のハガキを使うときは、差額分の切手をハガキに貼ればOK。 見栄えがよくないと感じる人は、古いハガキは懸賞応募用などに利用して、友人や知人への便りには新しいハガキを使うといいでしょう。 また、郵便局では 使わない額面のハガキや切手をよく使う額面の切手等に交換してくれるサービスも行っています。 1枚あたり5円の手数料がかかりますが、手数料分を不要のハガキの代金で相殺することもできるので、ハガキが複数枚ある場合は、実質的な出費なしで新しいものに交換することもできます。 つまり、古いハガキをどうするか迷っている人は、「差額分の切手を貼って使う」か「郵便局で交換してもらう」のどちらかの方法が取れるということですね。 簡単でコストがかからないのは差額分の切手を貼る方法ですが、見た目が気になる場合は、郵便局の窓口で新しいハガキに交換してもらいましょう。 もちろん、「もうハガキは使わないから82円切手にして欲しい」ということもできます。 消費税増税には、根強い反対意見も出ています。 さまざまな負担軽減措置なども打ち出されていますから、具体的にどのような変化が起こるのか、日々ニュースをチェックして情報を見逃さないようにしておきましょう。 消費税増税の負担軽減措置として主に挙げられるのが、キャッシュレス・消費者還元事業です。 や 、 も対象になるので、詳細は各サービスのサイトをチェックしてみてください。

次の