ホリ アケコン。 株式会社 HORI

【PS4】ガンダムEXVS MBON(マキオン)におすすめのアケコン5選!

ホリ アケコン

PS4対応アケコンのおすすめメーカー3つ• HORI• Razer• Qanba HORI 公式ライセンス品を多数生み出し続けているHORI(ホリ)は、神奈川県に本社があるテレビゲーム周辺機器開発メーカーです。 1970年設立の老舗メーカーであり、アケコンヤゲームパッド、SDカードなど幅広い製品を公式ライセンス品として展開しています。 特に人気なのは「サイレントシリーズ」で、静音性に優れ、アパートなどに住んでいる人に人気です。 Razer Razer(レイザー)は、多数のヒット作品を生み出し続けている世界的に人気なゲーミングデバイスメーカーです。 ゲーマーのことを考えられた製品を開発・販売しており、アマチュアからプロゲーマーまで幅広い層まで人気の高いメーカーです。 Razerのアケコンは、ゲーミングデバイスらしいクールなデザインと、自分好みにカスタマイズが出来る拡張性があることが特徴です。 Qanba Qanba(クァンバ)は、HORIやRazerに並ぶメーカーとして注目を高めている中国のメーカーです。 Qanbaのアケコンは、価格が安いモデルから機能性に優れた高級モデルまで幅広い製品が揃うメーカーです。 価格の安いコストパフォーマンスに優れるアケコンを探している人はQanbaのアケコンから選んでみてはいかがでしょうk。 PS4対応アケコンの選び方 PS4対応アケコンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。 PS4対応アケコンの選び方3つ• レバーの有無・ボタン配置を確認• 対応ハードはしっかり確認• 静音機能などで選ぶ レバーの有無・ボタン配置を確認 アケコンにはレバーがあるタイプとレバーレスの二種類に分けられます。 レバーがあるタイプは丸いグリップが付いたレバーを操作する一般的なモデルですが、近年では方向入力もボタンで行うレバーレスタイプも人気です。 中にはレバーレスアケコンを禁止にする動きがあり、その優位性が見受けられます。 ボタン配置はフラット型と山形の二種類に分けられます。 フラット型はボタン配置が横一列に並んだタイプで、山形はボタン配置が山なりにカーブしているのが特徴です。 操作しやすい方を選ぶと良いでしょう。 対応ハードはしっかり確認 対応ハードに関してもしっかり確認しておく必要があります。 USB接続のアケコンは基本的にPS4に対応しているモデルが大半なのですが、中にはPS3やPC用として開発されているモデルもあるので、事前によく確認して購入する必要があります。 PS3用やPC用を間違って購入してしまった場合、接続は出来てもボタン数が足りなかったりタッチパッドがなかったりといったケースが考えられるので、PS4に対応しているかどうか確認して選ぶようにしましょう。 静音機能などで選ぶ アケコンにはレバーの有無やボタン配置以外に、静音など機能性に優れたモデルも存在しています。 特にアパートなどでは、アケコンの操作音がかなり響いてしまうため、静音設計のアケコンを使用するのが好ましいでしょう。 ほかにも、アケコンを膝に置いて使用する場合は軽量設計になったモデルの方が楽ですし、底面に滑り止め加工がされたモデルだと机に置いたときの安定感に優れます。 使い方に合ったアケコンを選んでみて下さい。 PS4対応アケコンのおすすめ10選 PS4対応アケコンのおすすめ10選を紹介します。 Qanba Obsidian Joystick 最初に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「Qanba Obsidian Joystick」です。 金属光沢が美しいメタルボディ• 三和電子製のレバーとボタン• 底面に滑り止めパッド Qanba Obsidian Joystickのレビューと評価・評判 ヘッドホンとの接続も可能なクールデザインアケコン 「Qanba Obsidian Joystick」は、金属光沢が美しいメタルボディが特徴のアケコンです。 レバーとボタンには、アーケードゲーム機などで人気の三和電子製になっており、ゲームセンターのような感覚で操作できるのが特徴です。 底面は滑り止めパッドが搭載されいるほか、3. 5mm端子を備えているため、ヘッドホンなどとも接続できるのもメリットです。 HORI リアルアーケードPro. V HAYABUSA 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「HORI リアルアーケードPro. V HAYABUSA」です。 摩擦抵抗が少なくなったVカットハウジングカム構造• タッチパッド搭載• 素早い入力を可能とする薄いボタン HORI リアルアーケードPro. V HAYABUSAのレビューと評価・評判 プロゲーマーsako氏も愛用する本格ゲーミングアケコン 「HORI リアルアーケードPro. V HAYABUSA」は、ストリートファイターなどを筆頭に、数々のeスポーツにおいて世界王者となった経歴を持つプロゲーマー「sako」氏が愛用しているアケコンです。 アケコンの中でも比較的お手頃価格かつ安定した性能を持つのがポイントです。 レバーにVカットハウジングカム構造が取り入れられており、従来のレバーよりも摩擦が少なく、正確な操作と耐久性の向上に成功しています。 ボタンに関しても通常より薄く設計されているので、素早い入力にも適しているのも特徴です。 Qanba Dragon Joystick 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「Qanba Dragon Joystick」です。 三和製のレバーとボタン• アルミ合金フレームで耐久性と高級感• 天板はボタン一つで開けられる開閉機構 Qanba Dragon Joystickのレビューと評価・評判 開閉機構を筆頭にカスタマイズしやすい設計のアケコン 「Qanba Dragon Joystick」は、クァンバ製アケコンの中でも高級モデルにあたるアケコンです。 天板の開閉機構を筆頭に、レバーやボタンの着脱などが簡単に出来る設計になっており、自分好みにカスタマイズしやすいのがQanba Dragon Joystickの強みです。 ソニー公式ライセンスを取得しているのもあって、PS4とも相性が良く、安心して選びやすいアケコンと言えるでしょう。 Mayflash ジョイスティック F500 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「Mayflash ジョイスティック F500」です。 三和製のレバーとボタン• PS4やXbox、PCなど幅広い機器に対応• 滑り止めマット搭載で安定 Mayflash ジョイスティック F500のレビューと評価・評判 非常に価格の安いアケコン。 コストをとにかく抑えたい人におすすめ とにかく価格の安いアケコン探している人は、「Mayflash ジョイスティック F500」がおすすめです。 一万円を切るよな価格の安さだけでなく、レバーやボタンは三和製で作られているほか、底面は簡単に取り外せる設計になっているのでカスタマイズも比較的容易なアケコンです。 PS4やXbox、Switchなど幅広い機器に対応しているのもポイントですが、PS4で使用する場合は純正品のDualshock4コントローラーを使う必要があるなど注意点もあるため確認して購入するようにしましょう。 マッドキャッツ アーケード ファイトスティック アルファ 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「マッドキャッツ アーケード ファイトスティック アルファ」です。 膝置き使用に適した軽量設計• コンパクトボディでスペースを取らない• PS3・PS4向けのライセンスモデル マッドキャッツ アーケード ファイトスティック アルファのレビューと評価・評判 トップクラスのコンパクトさ・軽量設計 「マッドキャッツ アーケード ファイトスティック アルファ」は、数あるアケコンの中でも非常にコンパクト・軽量設計なのが強みのアケコンです。 コンパクトなのでスペースをあまり必要としないほか、676gと軽量なため、膝に置いて使用しても負担になりにくいメリットがあります。 本体価格も比較的お手頃価格なため、初めてアケコンを購入するような人でも手を出しやすいモデルと言えるでしょう。 HORI リアルアーケードPro. V サイレントHAYABUSA 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「HORI リアルアーケードPro. V サイレントHAYABUSA」です。 光学式設計のレバーで操作音軽減• 音吸収素材が使われたボタン• PS4向けに背面にタッチパッド搭載 HORI リアルアーケードPro. V サイレントHAYABUSAのレビューと評価・評判 アパート暮らしの人などにおすすめ静音設計アケコン 「HORI リアルアーケードPro. V サイレントHAYABUSA」は、レバーやボタンなどに操作音を軽減する加工がされており、特にアパートなどで住んでいる人におすすめしたいアケコンです。 レバーは光学式設計で、ボタンは音を吸収する素材で作られており、静音設計にこだわりが見られます。 PS4向けの機能として、背面にタッチパッドを搭載しているのもメリットです。 操作音を気にすることなく思いっきり操作したい人におすすめしたいアケコンです。 HORI ファイティングエッジ 刃 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「HORI ファイティングエッジ 刃」です。 アルミ天板で設計されたメタリックボディ• 大会仕様を想定したトーナメントモード搭載• ヘッドホン端子・滑り止めマット搭載 HORI ファイティングエッジ 刃のレビューと評価・評判 HAYABUSAシリーズを上回る操作性・入力性 「HORI ファイティングエッジ 刃」は、全面アルミ天板でメタリックなフォルムが特徴のアケコンです。 同じHORIが販売しているHAYABUSAシリーズをベースに開発しており、よい操作性と入力性が向上しているのが特徴です。 また、eスポーツなど実際の大会で使用することを想定としたトーナメントモードを搭載しており、試合中の誤操作を防止できる機能を利用できます。 PS4やPCと接続が可能なうえに、ヘッドホン端子を搭載しているのもポイントです。 HORI リアルアーケードPro. N HAYABUSA 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「HORI リアルアーケードPro. N HAYABUSA」です。 程よい重さとワイドな天板• 誤操作を防ぐスライド式ボタンカバー• 冷たさの予防・安定感を高める滑り止めマット HORI リアルアーケードPro. N HAYABUSAのレビューと評価・評判 安定感のあるワイドタイプのアケコン。 机置きでも膝置きでも使用しやすい 「HORI リアルアーケードPro. N HAYABUSA」は、HAYABUSAシリーズの中でもサイズが大き目なワイドタイプにあたるアケコンです。 9kgと程よい重さで、机置きでも膝置きでも使用しやすいベーシックな活用が可能です。 また、机起きの安定感を高める滑り止めマットは、膝置きの際に冷えを軽減する効果にも繋がっています。 ワイドタイプのアケコンは手首までしっかり固定できるので、安定性を重視したい人におすすめです。 Razer Panthera 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「Razer Panthera」です。 海外プロゲーマーも愛用するアケコン• ボタンやレバーは三和製採用• オプションボタンなどの誤入力を防ぐロック機能 Razer Pantheraのレビューと評価・評判 「Razer Panthera」は、海外プロゲーマーであるInfiltrationやXianも使用するPS4対応アケコンです。 黒をベースにブルーでデザインされたクールさも特徴ですが、三和製のボタンやレバーを筆頭とした安定性・カスタマイズ性を備えるため、アマチュアから大会を視野に入れているプロの方までおすすめです。 オプションボタンやシェアボタンを間違って入力しないようにロック機能を備えているのもポイントです。 hitBOX レバーレスゲームコントローラー 次に紹介するおすすめのPS4対応アケコンは、「hitBOX レバーレスゲームコントローラー」です。 三和製のボタンを採用• オールボタン操作で素早く正確な入力が可能• ストリートファイトなどの格闘ゲームに人気 hitBOX レバーレスゲームコントローラーのレビューと評価・評判 少しでも対戦ゲームで有利を取りたい人におすすめなレバーレスアケコン 「hitBOX レバーレスゲームコントローラー」は、数あるアケコンの中でもかなり少数派にあたるレバーレスタイプのアケコンです。 レバーレスの場合、レバーを中央に戻す動作を必要とせず、その分素早い入力が可能なため、より対戦を有利に進めたい人に向いたアケコンと言えるでしょう。 口コミにおいてもコマンドの入力速度や精度が上がったといった声が多数挙がっています。 反面、最初の内は慣れが必要なので、購入直後は練習しないといけないことは念頭に置いておきましょう。 PS4対応アケコンのまとめ 対戦格闘ゲームプレイヤーを筆頭に愛用者の多いアケコンですが、試合にダイレクトに影響するといっても過言ではないデバイスなのでこだわって選びたい所です。 今回の選び方やおすすめメーカー、おすすめ商品を参考に自分にあったPS対応アケコンを選んでみて下さい。

次の

PS4対応アケコンのおすすめ最強ランキング10選

ホリ アケコン

アーケードコントローラーとは アーケードコントローラー、通称アケコンは、手持ちコントローラーよりもよりゲームセンターに近い遊び方ができるコントローラーのことです。 手持ちコントローラーで慣れてしまうと、ゲームセンターに行ったときに感覚が変わります。 ゲームセンターで本来の力を発揮するにはアケコンでの練習が必須です。 もしくはゲームセンターの最新作で慣れていて、家庭版になったとき感覚が変わるのをさけるために使う人もます。 ボタンの音• 押した感じ• スティックの動かしやすさ• コントローラーの高さ• ひざの上に置いた時の重さ• 斜め入力のやりやすさ などなど。 しかし、アケコンで最も意識しなければいけないのが「 遅延」です。 遅延=ラグとも言いますが、遅延の大きいアケコンはボタンの押し加減がどうとか、スティックがどうとか言ってられません。 ゲームプレイ自体がストレスになるほど重大なことなので必ず意識しましょう。 アケコンの遅延とは アーケードコントローラーの遅延とは、 コントローラーで操作してから実際にゲームに反映されるまでのタイムラグのことです。 プレステなど各ゲーム機に付いている手持ちコントローラーで操作するときはほとんど感じません。 しかし、遅延の多いアケコンではなんとも言えない不快感、違和感を感じることがあるのです。 自分が操作してから反応までに時間がかかるので、「モサッ」「ノソッ」っと動くようなイメージです。 特に、オンラインの格闘ゲームやアクション、FPSなどは一瞬の反応が命取り。 自分は反応できているのに機械がついてこなのではモヤモヤしてしまいますよね。 私が失敗したアケコン 私が初めてかったアケコンはコチラ。 SAVIORというバッファローから発売されているアーケードコントローラーです。 「どれも一緒でしょ?」と買ったのですが、使ってみて大失敗。 音の大きさやスティックの動きなど細かいところも気になりましたが、 なにより遅延がひどすぎて他の粗がかすむほどでした。 ボタンを押して指令をだしても、反応までに時間がかかるので、何を押しても動かしても「ノソッノソッ」という感じ。 ボードゲームなどスピードが必要ないゲームであればいいのですが、アクションや格闘ゲームには致命的。 コチラの反応が早くても、すべてが後手にまわってしまいあっという間に負けてしまうのです。 遅延の少ないRAP隼シリーズも納得できない 「遅延が少ないアーケードコントローラー」の代表格として「 隼」シリーズがあります。 そして「 リアルアーケードプロ」シリーズ。 通称RAPとも呼ばれますが、「リアルアーケードプロなら間違いない!」というような情報を目にしたので 私は「これだ!RAPの隼なら遅延が少なくて気持ちよくゲームができる!!」と買ってみました。 買ったのはこちらの静音タイプ。 RAP(リアルアーケードプロ)隼V4というアケコンの中では知名度の高い機種。 しかし… 確かにボタン入力も静かで、スティックも動かしやすい… しかしどうしてもほんの少しの遅延が気になってしまうのです。 ゲームセンターの台(遅延ほぼゼロ)の感覚に慣れてしまったので、でもわずかな違和感を感じてしまうのです。 決して悪くないのですが最高ではないのです… ついに見つけた遅延ゼロアケコン そしてついに見つけました。 遅延がほとんどないアーケードコントローラー。 コチラはPS3のコントローラーの遅延表です。 英語ですが、型番名なので調べると出てきます。 PS4はこちら。 PS4の「Sランク」はアケコンの基盤なので、自分で組み立てる必要があります。 Lag(ms)は、ラグ(遅延)、ms(ミリ秒) ミリ秒は1000で1秒です。 AやBはどれも1000分の1~4秒。 「A」ランクのQanda Q4RAFやMadcatsのTE-S(Tournament Edition Street Fighter)なら超優秀です。 残念ながらPS3アケコンに「S」はないようです。 PS4ならありますが、自分で基盤を付けられるような知識はない。 でも最速=遅延0を目指したい! Xboxなら遅延0秒がある コチラはXboxのコントローラー遅延表。 なんとランク「S」の遅延0秒があります! HRAP VX-SAというコントローラー。 コチラがVX-SA。 HORIというメーカーから発売されています。 変換機は面倒!という方へのおススメ そもそも変換機がメンドクサイ!!という方は、遅延ゼロではないが、限りなく少ないアケコンという選択肢もいいのではないでしょうか。 遅延表でいうならこの黄色い枠の中ですね。 PS3は早いコントローラーが少ないようなので妥協しています。 中にはアケコン基盤や手持ちのコントローラーもあるので、それらを除いたおススメを紹介します。 PS4 PS4でおススメは• HORI リアルアーケードプロ V4• マッドキャッツ TE2 です。 HORIリアルアーケードプロV4は私が買った静音タイプではなく、赤い通常タイプのようですね。

次の

【PS4/PS3/PC】アケコンの選び方 おすすめモデルも紹介!! ~最強商品から最安値まで~

ホリ アケコン

PS4のアーケードスティックを持っておらず、これまでPS3のRAP V3SAでレガシーコントローラ対応しているものでしか遊べなかったので「ドラゴンボールファイターズ」がもう時期出るこのタイミングで購入しました。 もう時期出るファイティングエッジ(刃)も気になりましたが、 値段の割にこちらのRAP Vの方が機能が優れている気がしました。 あちらはブランドですかね?デザインはカッコイイですよね。 【操作感】 少し前のバージョンのレバー評価では斜めが入りにくいとかありましたが、 これは触った感じそんな感じはありません。 ボタンは高さが低めでストロークが浅い感じがありますが、私はあまり気になりません。 使用しているRAP V3SAは元の三和ボタンからセイミツボタンに交換したりしましたが、 ゲーセンの酷いボタンを味わっているのもあり気になりません。 【他の決め手】 PS3で使用出来るのも決め手です。 (まだ使用しているので) 本体も少し薄くなっているのも嬉しく、L3,R3ボタンがRAP V3SAには無かったのでそれもいいです。 ボタンがサイドにあるのもホコリなど被りにくくて良いです。 アサイン機能については個人的には使用しないので、無くして安くして欲しいです(笑). 【今後】 RAP V3SAは天板が禿げて剥がれてきてもいます。 RAP Vはどうなるか気になるところです。 RAP V3SAを購入したときと同じくらいの値段なので、 機能は増えていて扱いやすく改良されていることを考えればオトクなのかなと思います。 純正パッドと同様にヘッドセットの使用が可能です。 PlayStation4、PlayStation3、PC(XInput)対応 スライドスイッチで対応ハードをPS4、PS3、PCに切り替えることが可能です。 マット調の表面加工と角を丸くすることでスムーズな擦り連打が可能。 指紋汚れ、傷つきを防止します。 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の