たけのこ 簡単 料理。 【たけのこレシピ】めんつゆ&バターで簡単!無限たけのことアレンジレシピ

きょうの料理のたけのこレシピ6品。大原千鶴さんのメニューも紹介。

たけのこ 簡単 料理

たけのこの下ごしらえ まず初めに生の皮付きのものと、水煮それぞれの下ごしらえの方法からご説明します。 生のタケノコの場合 たけのこは日にちが経つにつれてアクが強くなってしまうので、出来る限り早く処理するのがポイントです。 まずは簡単にご説明しますね。 1、穂先を切り落とす。 2、皮がむきやすいように縦に1本切れ目を入れる。 3、鍋に2のたけのこを入れ、水をたっぷりと入れ、さらに米ぬか(1にぎり)と赤唐辛子 1本)を加えて火にかける。 4、強火にかけ、沸騰したら火を弱め30~60分間茹でる。 5、竹串がスッと通れば火を止め、そのまま冷やす。 ゆでて2日以内ならぬかの汁ごと冷蔵庫で保存可能です。 そうすると甘味が残りやすくなります。 3日目以降は、皮をむき水をかえて保存します。 できるだけ5日以内で使い切るのがおすすめです。 基本的な工程は同じで、より詳しい工程をこちらの記事でご紹介しています。 基本がわかる方は上の説明でも大丈夫かと思いますが、よくわからないという方に参考にしていただけたら幸いです。 水煮のたけのこの場合 続いて通年を通して手に入る、水煮の下ごしらえの方法をご紹介します。 1、買ってきたら出来る限り早めにたっぷりの新しい水にかえて冷蔵庫で保存する。 1週間は保存可能です。 2、料理に使う際は料理で使う大きさに切り、水を加えた鍋に入れ中火にかける。 3、沸騰したらざるにあげ、しっかりと水けをきる。 すぐに使う場合はゆでずにそのまま使っても大丈夫ですよ。 続いてお料理をご紹介しますね。 2、豚バラに塩で下味をつけておく。 3、フライパンに豚バラ肉とたけのこを入れ焼く。 5、4のたけのことお肉を鍋に移し、だしを加えて煮る。 6、砂糖・しょうゆを加える。 沸いたら蓋をして弱火で約20分間煮る。 7、器に盛り、ゆでたインゲン豆を添え完成です。 真ん中の部分は細かく切る。 2、ボウルにたまねぎのみじん切り、鶏ひき肉、細かく刻んだたけのこ、ごま油、片栗粉、塩を加えよくこねる。 3、くりぬいたたけのこの枠の内側に小麦粉をまぶす。 そこに肉ダネを詰める。 4、詰めたら外側に軽く小麦粉をまぶす。 5、フライパンにごま油を熱し、4を並べて焼いていく。 蓋をして中火で2~3分間焼く。 ひっくり返しもう片面も焼く。 6、鍋にだしと砂糖、米酢、薄口しょうゆをいれ火にかける。 水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。 2、いかは1㎝角に切り、さっとゆでてざるに上げる。 3、鍋にたけのこと、だしを加えて火にかけ薄口しょうゆを加える。 4、沸いたら火を細め、弱火で5分間煮てから煮汁に漬けたまま冷ます。 5、木の芽をすり鉢でする。 すり鉢に白みそを加え、もう1度擦り木の芽味噌を作る。 6、5にたけのこといかを加え和え完成です。 たけのこのきんぴら たけのこの根元の部分を使って作ると美味しい『 きんぴら』です。 たけのこご飯やレシピによっては先の柔らかい部分を使ったほうが美味しい料理もあるため、余った根元の硬めの部分の活用にもおすすめ。 食感が残るように少し太めの細切りに切って炒めることで、シャキシャキの美味しいきんぴらにすることができます。 お弁当にも。 若竹煮 ばあばこと和食に定評がある、鈴木登紀子さんが考案された『 若竹煮』です。 わかめとたけのこの美味しい昔ながらの煮物です。 色よく仕上げるために、薄口しょうゆを使うのがポイントで出汁も染みてとてもおいしいおかずが作れますよ。 姫皮のたたき梅肉和え こちらも鈴木登紀子さんが考案された『 姫皮のたたき梅肉和え』です。 お刺身風にしてもおいしい柔らかい先端の部分、姫皮ですが梅肉和えにするとさっぱりとおつまにも食べることができます。 和えるだけで簡単ですし、個人的にもお気に入りのメニュー。 以上、きょうの料理で放送されたたけのこのレシピをまとめてみました。 どれもとてもおいしいので、是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にも当サイト『』では、たけのこのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

たけのこ 簡単 料理

たけのこの下ごしらえ まず初めに生の皮付きのものと、水煮それぞれの下ごしらえの方法からご説明します。 生のタケノコの場合 たけのこは日にちが経つにつれてアクが強くなってしまうので、出来る限り早く処理するのがポイントです。 まずは簡単にご説明しますね。 1、穂先を切り落とす。 2、皮がむきやすいように縦に1本切れ目を入れる。 3、鍋に2のたけのこを入れ、水をたっぷりと入れ、さらに米ぬか(1にぎり)と赤唐辛子 1本)を加えて火にかける。 4、強火にかけ、沸騰したら火を弱め30~60分間茹でる。 5、竹串がスッと通れば火を止め、そのまま冷やす。 ゆでて2日以内ならぬかの汁ごと冷蔵庫で保存可能です。 そうすると甘味が残りやすくなります。 3日目以降は、皮をむき水をかえて保存します。 できるだけ5日以内で使い切るのがおすすめです。 基本的な工程は同じで、より詳しい工程をこちらの記事でご紹介しています。 基本がわかる方は上の説明でも大丈夫かと思いますが、よくわからないという方に参考にしていただけたら幸いです。 水煮のたけのこの場合 続いて通年を通して手に入る、水煮の下ごしらえの方法をご紹介します。 1、買ってきたら出来る限り早めにたっぷりの新しい水にかえて冷蔵庫で保存する。 1週間は保存可能です。 2、料理に使う際は料理で使う大きさに切り、水を加えた鍋に入れ中火にかける。 3、沸騰したらざるにあげ、しっかりと水けをきる。 すぐに使う場合はゆでずにそのまま使っても大丈夫ですよ。 続いてお料理をご紹介しますね。 2、豚バラに塩で下味をつけておく。 3、フライパンに豚バラ肉とたけのこを入れ焼く。 5、4のたけのことお肉を鍋に移し、だしを加えて煮る。 6、砂糖・しょうゆを加える。 沸いたら蓋をして弱火で約20分間煮る。 7、器に盛り、ゆでたインゲン豆を添え完成です。 真ん中の部分は細かく切る。 2、ボウルにたまねぎのみじん切り、鶏ひき肉、細かく刻んだたけのこ、ごま油、片栗粉、塩を加えよくこねる。 3、くりぬいたたけのこの枠の内側に小麦粉をまぶす。 そこに肉ダネを詰める。 4、詰めたら外側に軽く小麦粉をまぶす。 5、フライパンにごま油を熱し、4を並べて焼いていく。 蓋をして中火で2~3分間焼く。 ひっくり返しもう片面も焼く。 6、鍋にだしと砂糖、米酢、薄口しょうゆをいれ火にかける。 水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。 2、いかは1㎝角に切り、さっとゆでてざるに上げる。 3、鍋にたけのこと、だしを加えて火にかけ薄口しょうゆを加える。 4、沸いたら火を細め、弱火で5分間煮てから煮汁に漬けたまま冷ます。 5、木の芽をすり鉢でする。 すり鉢に白みそを加え、もう1度擦り木の芽味噌を作る。 6、5にたけのこといかを加え和え完成です。 たけのこのきんぴら たけのこの根元の部分を使って作ると美味しい『 きんぴら』です。 たけのこご飯やレシピによっては先の柔らかい部分を使ったほうが美味しい料理もあるため、余った根元の硬めの部分の活用にもおすすめ。 食感が残るように少し太めの細切りに切って炒めることで、シャキシャキの美味しいきんぴらにすることができます。 お弁当にも。 若竹煮 ばあばこと和食に定評がある、鈴木登紀子さんが考案された『 若竹煮』です。 わかめとたけのこの美味しい昔ながらの煮物です。 色よく仕上げるために、薄口しょうゆを使うのがポイントで出汁も染みてとてもおいしいおかずが作れますよ。 姫皮のたたき梅肉和え こちらも鈴木登紀子さんが考案された『 姫皮のたたき梅肉和え』です。 お刺身風にしてもおいしい柔らかい先端の部分、姫皮ですが梅肉和えにするとさっぱりとおつまにも食べることができます。 和えるだけで簡単ですし、個人的にもお気に入りのメニュー。 以上、きょうの料理で放送されたたけのこのレシピをまとめてみました。 どれもとてもおいしいので、是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にも当サイト『』では、たけのこのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の

【簡単】失敗しない「たけのこ」のゆで時間とゆで方

たけのこ 簡単 料理

春野菜を代表する「たけのことそら豆」の炒めもの こんにちは。 陳宇慧です。 連載第6回では、食材1つで作れる「」をお届けしました。 この時期にスーパーでよく見るたけのこですが、中国では、春のほかに冬にも旬がやってきます。 春のたけのこは冬のものと比べて味が成熟している反面、繊維化が進んでいるため、固いものが多いです。 そのため炒め物やスープの具材として使うなど、柔らかくして食べられる料理に使用されることが多いです。 そして、もう一つ食卓に良く登場する旬素材が「そら豆」。 中国では清明節(大体4月上旬)前ぐらいになると頻繁に登場し、様々な料理に使われます。 今回は春を代表する2つの食材で作る、「 たけのこそら豆炒め」のレシピをご紹介します。 季節の味をたっぷりと楽しめますよ! 旬の味を堪能!「たけのこそら豆炒め」 材料 たけのこ 約500〜600g そら豆 約150g 塩 小さじ1 四川花椒油 小さじ1(省略可) 作り方 (1)たけのこを切る 皮付きのたけのこの場合は、まず皮を剥ぐことから始めます。 最初から手で剥くのは大変なので、根元から4cm位の位置で切って、下の部分は捨ててください。 写真のようにたけのこを真ん中から切り分けると、皮を剥ぎやすくなります。 たけのこは転がりやすいので、包丁をたけのこの実に挿し込んでから、全体を押し下げて切り分けるとスムーズです。 皮を剥いだら綺麗に水洗いし、一口サイズを目安に切ります。 (2)たけのこを揚げる たけのこにはシュウ酸などが含まれているため、炒め時間が短いとアクやえぐ味が強く、胃が弱い人は消化不良を引き起こすこと恐れもあります。 なので、炒める前に揚げるか少し茹でるかして、アクを取り除いてください。 キッチンペーパーでたけのこの水分を拭き取り、120度位の油で8分程度揚げます。 続けて温度を180度に上げて、さらに2分揚げます。 揚げたたけのこの表面はやや焦げて黄色っぽいですが、風味がさらに濃縮しておいしくなっています。 多めに揚げて冷凍保存してもおすすめです。 (3)そら豆と炒める フライパンに小さじ2の油(分量外)を入れて、中火でフライパンを熱し、そら豆を入れます。 表面が少し白く、膨らみ気味になるまで炒めます。 揚げたたけのこと塩を入れます。 よく混ぜたら火を止めて、最後に四川花椒油を入れて味を整えます。 花椒油の独特な風味が、たけのことそら豆に良く合いますよ。 入れなければ素材の味を楽しめるので、お好みで選んでみてください。 旬食材のコンビは釜飯にしてもおいしい 同じく揚げたたけのこと生そら豆に塩を少々加えて、お米と一緒に炊けば、おいしい春の釜飯が作れます。 季節の食材を組み合わせた料理で、旬の味わいを家庭で楽しんでみてくださいね。 陳宇慧 愛称は田螺姑娘(タニシ娘)。 中国で100万人以上のフォロワーを誇るブロガーであり、料理作家。 ディテール重視で、心が暖かくなるような家庭料理が得意。 レシピが詳細で作り方のポイントが的確なため、成功率が極めて高いと支持されている。 中国で『日出之食』、『日日之食』、『愉快地吃、痛快地痩(楽しく食べながら、痛快に痩せていく)』と3冊のレシピ本を出版しており、いずれも販売部数が5万部を超えるヒット本となっている。 【クックパッド】 【Instagram】.

次の