国内ドラマ 青春。 Indian Exhibition Industry Association (IEIA)

【青春】学園ドラマのおすすめランキングTOP50【2020最新版】

国内ドラマ 青春

2017年の冬に放送されたドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」。 なんといってもアドリブが多かったこのドラマは面白いシーンがたくさんありました。 堤真一さんはじめ、ムロツヨシさんや佐藤二朗さんのアドリブが面白いので撮影現場でも大爆笑だったそう。 「スーパーサラリーマン左江内氏」はごく平凡な中年サラリーマンがスーパーマンになって日常の揉め事に正義のために仕事や家庭の合間に日夜戦うストーリーです。 「スーパーサラリーマン左江内氏」の見所は小泉今日子さん演じる奥さんや、娘を演じた島崎遥香さんらの塩対応さ。 尻に敷かれまくりのスーパーサラリーマン左江内氏が、だんだん家族に必要とされていく姿に胸が熱くなるシーンもありました。 タイトル通り、結婚の出来ない男性が「1人が好きで悪いか!」や「好きなもの食って悪いか!」など、独身男性ということに開き直って生活している姿に共感できる男性も多いのではないでしょうか。 「結婚できない男」は仕事の評価は高く、ルックスもさほど悪くない信介が主人公。 しかし皮肉で偏屈な性格なため、女性や結婚に対して嫌悪感を抱いていて、40歳になっても独身の「結婚できない男」の物語です。 「結婚できない男」の見所は周りから変わり者だと思われている主人公・信介が面白おかしく周りの人を困らせていくところ。 1人で生活して好きなように過ごしたいと考えている方は多いでしょうし、信介に共感する方も多いでしょう。 特に、お金持ちになってしたかった事がお母さんを亡くしたためできなくなり、泣いてお墓に話しかけるシーンは心に刺さりましたね。 「銭ゲバ」の主人公は風太郎という幼少の頃から左目にひどい傷があり、父親は最低のろくでなしで母親は病弱なため極貧な暮らしをしている少年。 貧しいながらも必死で生きていく風太郎が最後には企業を乗っ取り、人生が変わる様子を描いています。 「銭ゲバ」の見所は懸命に生きていく風太郎の姿。 辛い思いをしてきた幼少時代にも関わらず、病弱の中頑張って育ててくれたお母さんを大事に思う風太郎の姿には涙が出ますね。 三軒屋万智は「GO!」や「家を売るためです」「私に売れない家はありません」が口癖の自信家です。 「家売るオンナ」は天才的不動産屋・三軒屋万智に売れない家はないという女性が主人公。 客の抱える個人的な問題を察知し、容赦なく関り、家という人生最大の買い物を型破りな方法で売りまくる彼女の働き方や生き方を描いたドラマです。 「家売るオンナ」の見所は、気持ち良いくらい問題をスカッと解決して家を売る三軒屋万智の姿です。 このドラマを見たら、自分も家を買う時三軒屋万智さんに頼みたいと思うほど惹かれていきます。 オリジナルにあったバイオレンスな作風や登場人物の設定がコメディ色に変更されていてより面白いおすすめの人気ドラマです。 真喜男は組を継ぐために高校を卒業することを命じられます。 そしてコネを使って高校に入学し、最初はうんざりしていた高校生活も恋愛や友情、勉強などの青春の楽しさに目覚めていきます。 次期組長になるために入った高校でしたが新垣結衣演じるひかりに恋をしている姿が可愛いです。 シリアスを交えながらもコメディタッチで描かれたこのドラマ「タイガーアンドドラゴン」は人情、師弟愛、家族愛を感じられるドラマです。 「タイガーアンドドラゴン」は落語をモチーフとしたドラマです。 ヤクザの虎児がひょんなことから浅草の落語家の林家亭どん兵衛の高座を聞いて感動し、三顧の礼を行い、必死の想いで弟子入りを志願します。 一話完結のドラマですが毎話毎話胸に刺さるものがあり、ジーンとします。 「タイガーアンドドラゴン」は初回視聴率なんと16. 2パーセント。 落語ブームに火がついたドラマだといえます。 13年程前に放送されたこの「タイガーアンドドラゴン」には実は今をときめくシンガーソングライター星野源さんや大人気俳優桐谷健太さんなども出演しているのが見所!ぜひ見つけてみてくださいね。 希望の持てるラストにしたいという思いから作られたこのドラマは原作と少し異なったストーリーや展開になっているので原作を見ている人でも楽しめるドラマになっています。 「野ブタをプロデュース」はいじめられっ子を亀梨和也演じる修二がプロデュースするというストーリー。 いじめられっ子野ブタのプロデュースを通して自分を見つめ直す修二の姿も描いています。 「野ブタをプロデュース」の見所はいじめられっ子である野ブタがどんどん女子力をあげていくところ。 修二のプロデュースのおかげでもありますが、徐々に楽しんでいる姿に微笑んでしまいます。 クラシック音楽をテーマにしたドラマですが恋愛模様も描かれていて誰もが楽しめるドラマになっています。 「のだめカンタービレ」は努力が嫌いだが天才的な才能を持つ野田が主人公です。 そして周りから注目を集めるピアノ科のエリート千秋と出会い、一生懸命努力する女性に変わっていく物語です。 「のだめカンタービレ」の見所は出演者みんな猛練習して実際に演奏しているところ。 大きな楽器から難しい楽器まで、それぞれが練習し、プロ並の演奏をしている姿はとても素晴らしいです。 新垣結衣さんはもちろん、星野源さんも可愛いと人気に火が付きましたね。 「逃げるは恥だが役に立つ」は新垣結衣演じる女性が家事代行として星野源演じる男性の家で働き始めますが次第にお互いに惹かれ合っていきます。 しかしすれ違いや不器用さが邪魔し、もどかしい恋愛模様を描いたドラマです。 「逃げるは恥だが役に立つ」の見所は新垣結衣さん演じるみくりの料理!物語はもちろん面白いのですが、みくり飯が話題を呼んでいましたね。 ドラマを見ているだけでお腹が空いてきそうなくらい美味しそうな料理はSNSでも話題でした。 深夜枠で放送された「家政婦のミタゾノ」ですがランキングトップ10入りするほど人気が高いです。 「家政婦のミタゾノ」は松岡さん演じる家政婦が、色んな家の家政婦として努めますがあらゆる問題を見つけ、解決していくストーリーです。 よく見るとごつい松岡さんがメイド服のような衣装を着て家政婦を演じているのがくすっと笑える面白いドラマです。 「家政婦のミタゾノ」の見所は毎話毎話、小さな掃除テクを教えてくれる所!家政婦をテーマとしているドラマなだけあって、掃除の簡単なやり方やコツなどミタゾノが教えてくれるのが主婦には大助かりでした。 ドラマの撮影にも使われた城ヶ崎大橋と三崎町にはドラマファンが訪れるほど人気の場所になっています。 「泣くなはらちゃん」は、独身女の越前さんが主人公。 自分の心の叫びをぶつけていたマンガ中に描いていた「はらちゃん」が現実の世界に表れ、越前さんに恋をする、波乱な毎日を描いています。 「泣くなはらちゃん」の見所はマンガの世界から飛び出してきたはらちゃんが最後どうなるのかというところ。 現実ではあり得ない構造のこのドラマのファンタジーさはおすすめです。 誰もが知っている名作ですよね。 ランキングにランクインするのも納得です。 「ショムニ」は都内にある中堅商社「満帆商事株式会社」が舞台。 女子社員の墓場、会社の掃き溜めと言われる部署・総務部庶務ニ課に所属している6人のOLの活躍を一話完結で描いたドラマです。 「ショムニ」の見所は江角マキコさん演じる坪井千夏。 リーダー的存在の千夏の口の悪さと自己中な発想が視聴者に受け、人気なのです。 きれいな顔してきつい言葉を放つ姿はスカッとしますよ。 各話ごとにメインテーマはありつつ色んな登場人物のストーリーが同時に展開していく群像劇です。 「Q10」は、平凡な高校3年生の平太が主役。 ある日理科準備室で女の子の姿をしたロボットを起動させるところから始まります。 そのロボットに「キュート」と名前をつけ、人間について教え、学んでいく姿を描いています。 「Q10」の見どころはロボットの「キュート」がだんだん話が進むにつれ、人間の心を汲み取り、自身も人間かのように近づいていくところ。 前田敦子さんの鼻にかかった声がロボットっぽくてとてもリアルです。 「最高の離婚」ドラマ内でしょっちゅう出てくる川は中目黒の目黒川。 春には桜が満開になって観光客も増える名所です。 「最高の離婚」は主人公の光生が東日本大震災発生時の帰宅困難な状況の中、挨拶程度しか言葉を交わしたことのなかった結夏に声をかけ、意気投合し、結婚までたどり着きますが離婚までの物語を描いています。 「最高の離婚」の見所は、タイトル通り最高の形で離婚をするところ。 離婚って本当はとても悲しいし大変なことですが、このドラマは離婚することを悲しいということではない方面から描いているのが人気の理由かもしれません。 刑事裁判もありますが民事裁判を多く取り扱っていて、視聴者もリアルに感情移入しやすいドラマになっています。 「リーガルハイ」の見所は意外にも料理です。 主人公の研介の事務所のお世話係の浩太朗がとても料理が上手で、食欲をそそる料理が種類豊富に登場します!ドラマを見ていてお腹が空いてきそうです。 「半沢直樹」は銀行内部でも不正を扱ったフィクションドラマです。 華やかな世界だと想いきや実際は波乱な毎日。 バブル期に東京中央銀行に入行したバンカー半沢直樹が敵と戦って、組織の悪を暴くドラマです。 「半沢直樹」の見所はお父さんの仇・大和田との対決です。 ラスボス的存在の大和田に半沢直樹がどのようにして立ち向かうのか、どのようにしてやり返すのか、必見です。 静岡県三島市の高等学校を舞台としています。 細かなギャグが面白いと人気で、コメディタッチドラマでは名作。 ランキング3位も納得の面白いおすすめ人気ドラマです。 「ごめんね青春」は高校を舞台に、主人公の教師の青春時代の罪の告白と赦しをメインテーマにしていて、多用なギャグと恋愛模様を織り交ぜて主人公と周囲の人々の青春を描く学園コメディドラマです。 「ごめんね青春」の見所は自分の罪を告白し、教師として成長していく主人公の姿。 嘘をつき続けるのも罪を覆い続けるのもつらいですよね。 教師という立場から、生徒たちにしっかりと物事を教えていく姿は見ものです。 映画化もされ、大人気のドラマですよね。 もともとは久保ミツロウさんによるマンガで、それを原作としドラマ化そして映画化も果たしました。 「モテキ」は三十路間近のモテない草食系男子の幸世が主人公。 ある日知り合いの女の子から次々と連絡がきてモテ期が始まります。 無我夢中でモテ期を楽しむ姿が描かれています。 「モテキ」の見所は男性心理がよくわかる所。 男性を主役とした恋愛作品って少ないですが、ドラマ「モテキ」では男性心理を詳しく描いているので男性も女性も楽しめるドラマになっています。 一つ一つの表情も面白いのでおすすめです。 「ゆとり」世代を題材に、今の若者たちの心に響くドラマになっています。 ランキング第1位を獲得したこのドラマはスペシャルドラマも放送されたおすすめの名作です。 「ゆとりですがなにか」はアラサー世代の青年たちが社会問題や恋愛に直面し、葛藤するヒューマンドラマです。 リアルにありそうな体験をしている青年たちに考えさせられる部分が多くあります。 「ゆとりですがなにか」の見所は、笑える要素もたくさんありながらも中身は割りと深くなっているところ。 ゆとり世代のリアルな姿が若者の心にも突き刺さるおすすめドラマです。

次の

ドラマ『親バカ青春白書』動画の見逃し配信情報と無料視聴方法まとめ!【1話~最終回】

国内ドラマ 青春

絞り込み条件 キーワードで絞り込む ジャンルで絞り込む• 444• 青春 444• 4 DVDフォーマットで絞り込む• 430• 14 出演者で絞り込む• 13 監督で絞り込む• 11 作品ステータスで絞り込む• 412• 32 印象で絞り込む• 1 制作年で絞り込む• 400 制作国で絞り込む• 444.

次の

ドラマ『親バカ青春白書』動画の見逃し配信情報と無料視聴方法まとめ!【1話~最終回】

国内ドラマ 青春

テッペンを獲れ! 千葉県立総北高校に入学した小野田坂道(小越勇輝)は、秋葉原を愛するオタク少年。 高校では友達を作るために、アニメ・漫画研究部に入部をしようとする。 しかし、同級生の今泉俊輔(木村達成)や鳴子章吉(深澤大河)と出会い、自転車で走ることに楽しさを見出した坂道は自転車競技部へと入部する。 総北高校自転車競技部は3年のキャプテン・金城真護(郷本直也)を中心に、「暴走の肉弾頭」の異名を持つスプリンターの田所迅(友常勇気)や独特のダンシング走法で「頂上の蜘蛛男(ピークスパイ 千葉県立総北高校に入学した小野田坂道(小越勇輝)は、秋葉原を愛するオタク少年。 高校では友達を作るために、アニメ・漫画研究部に入部をしようとする。 しかし、同級生の今泉俊輔(木村達成)や鳴子章吉(深澤大河)と出会い、自転車で走ることに楽しさを見出した坂道は自転車競技部へと入部する。 総北高校自転車競技部は3年のキャプテン・金城真護(郷本直也)を中心に、「暴走の肉弾頭」の異名を持つスプリンターの田所迅(友常勇気)や独特のダンシング走法で「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)」の異名を持つ巻島裕介(馬場良馬)といった個性のある強力なメンバーが揃い、インターハイの頂点を目指している。 自転車競技については素人であった坂道は、今泉や鳴子と一緒に走った経験、1年生ウェルカムレース、4日で1000Kmを走る耐久合宿を乗り越えながら、クライマーとしての素質を一気に開花させていく。 合宿の成果により見事、インターハイ出場メンバーに選ばれた小野田坂道は、自らを育ててくれた総北高校自転車競技部メンバーと共に、スタートラインに立つ。 インターハイ、闘いの幕があがる。 あらすじ 千葉県立総北高校に入学した小野田坂道(小越勇輝)は、秋葉原を愛するオタク少年。 高校では友達を作るために、アニメ・漫画研究部に入部をしようとする。 しかし、同級生の今泉俊輔(木村達成)や鳴子章吉(深澤大河)と出会い、自転車で走ることに楽しさを見出した坂道は自転車競技部へと入部する。 総北高校自転車競技部は3年のキャプテン・金城真護(郷本直也)を中心に、「暴走の肉弾頭」の異名を持つスプリンターの田所迅(友常勇気)や独特のダンシング走法で「頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)」の異名を持つ巻島裕介(馬場良馬)といった個性のある強力なメンバーが揃い、インターハイの頂点を目指している。 自転車競技については素人であった坂道は、今泉や鳴子と一緒に走った経験、1年生ウェルカムレース、4日で1000Kmを走る耐久合宿を乗り越えながら、クライマーとしての素質を一気に開花させていく。 合宿の成果により見事、インターハイ出場メンバーに選ばれた小野田坂道は、自らを育ててくれた総北高校自転車競技部メンバーと共に、スタートラインに立つ。 インターハイ、闘いの幕があがる。

次の