トイレ詰まり 直し方。 洋式便器のつまりの直し方

トイレつまりの直し方(完全ガイド)|水道一番館

トイレ詰まり 直し方

トイレがつまるには構造に理由がある! つまりが起こる原因のひとつは、トイレの構造がつまりやすい複雑な形状をしていることによるものです。 外からは確認しづらいですが、一般的な洋式トイレの排水管は、S字に大きくカーブしている部分があります。 このS字カーブの部分に水がたまるようになっていて、その水が下水のニオイをブロックしてくれているのです。 しかし、S字の部分に大量のトイレットペーパーや何かしらの固いものを流してしまうと、その部分につまってしまい、水がうまく流れなくなります。 しかし、いくら排水管がつまりやすい形状をしているといっても、それだけの理由でつまりが起きることは少なく、ほかにも理由があることが多いです。 次に、トイレがつまるその他の原因について説明していきます。 トイレをよくあるつまりの原因 トイレの構造がつまりやすい形状をしているということ以外にも、つまる原因は多いです。 ・トイレットペーパーがつまった 一度に大量に流すと、水に溶ける性質をもつトイレットペーパーでも溶け切らず、つまりの原因になることがあります。 また、トイレットペーパーは製品によって水に溶けにくいものも存在します。 ・ティッシュペーパーをトイレに流した 一般的なティッシュペーパーは、水に溶けにくいです。 水を吸収すると貼りつきやすくなる性質もあるため、トイレに流すと排水管の側面などに貼りついてしまう可能性が高く、それが原因でつまりをおこしやすいのです。 そのため、最終的にトイレに流すつもりの場合は、トイレットペーパーやトイレに流すことができるタイプのティッシュペーパーを使うようにしましょう。 ・異物を流してしまった 落としてしまったボールペンなどの小物を回収せずにそのまま流してしまうと、排水管の中をうまく流れずにつまりの原因になってしまいます。 ・長年の汚れ トイレを長い期間使い続けていれば、排水管の部分にも汚れが蓄積されていきます。 特にカーブになっている部分は汚れが蓄積しやすく、この汚れにトイレットペーパーなどが引っかかってつまりを引き起こすことがあるのです。 ・水の流れが弱い トイレの使用後には水を流しますが、その流れる水の勢いや量が十分でないとうまく流れてくれず、つまりを引き起こします。 節水として流水量を調節している方は注意してください。 業者へ依頼すべきかの見極め方 トイレの構造がつまりやすい形をしていることや、トイレつまりが起こる原因はわかりましたが、そのつまりを解消するために業者へ依頼するかどうかは迷いますよね。 そこで、どのような状態なら業者へ依頼するべきなのかをお教えします。 水の量がまったく変わらない場合 トイレがつまっている場合、たまっている水の量がいつもより多くなっています。 それでも、ちょっとしたつまりなら水が少しずつ減っていくはずです。 しかし、つまりがあまりにもひどいと水はまったく減っていきません。 このような状態になっている場合は自力で対処するのは難しいため、業者に依頼することをおすすめします。 つまりの原因が固形物の場合 ボールペンなどの水に溶けないものが原因でつまりが発生している場合は、それを取り出すのが非常に難しいです。 ラバーカップなどを使って無理に取り出そうとしたり、水を大量に流して無理に流そうとしたりすれば、便器や排水管にキズをつけてしまう可能性もあります。 こういった場合も、速やかに業者に依頼するようにしましょう。 水の流れが弱い場合 排水管につまりの原因になるものが落ちたわけではなく、水の流れが弱くなってしまっているという状態もあります。 水の流れが弱くなる原因は、排水管内に蓄積された汚れであることが多いです。 排水管の中に蓄積された汚れをしっかり洗浄するには、専用の道具が必要になります。 素人が症状を解消するのは難しいので、こういった状態の場合も業者に依頼したほうがいいでしょう。 つまりの直し方3選 トイレがつまった場合、業者に依頼する必要がある状態の判別方法はわかりました。 そこで次は、1人でつまりを直す場合はどういった手法があるのかをご紹介していきます。 トイレは構造的につまりやすいことをふまえ、自分でできる解決法を知っておきましょう。 お湯を少しずつ流す 簡単な方法として、お湯を少しずつ流し入れる方法があります。 つまっているものがトイレットペーパーや排泄物である場合、お湯を流してやることでより溶けやすい状態を作り、うまく流れるようにするという方法です。 準備するお湯は40~50度ぐらいにしてください。 便器や排水管の耐熱性はそれほど高くないため、沸騰した熱湯を入れると破損してしまう可能性があります。 ラバーカップを使う ラバーカップという名前だけだと想像がつきにくい人もいるかもしれません。 「スッポン」や「ギュッポン」などと呼ばれている、棒の先端にゴム製のカップがついたものだといえばわかる人も多いのではないでしょうか。 ラバーカップは排水口内の水を逆流させ、つまりを解消するための道具です。 使い方は簡単で、最初にラバーカップを排水口の中に入れゆっくりと押し込みます。 押し込みきって、もう押し込めないという状態になったら、勢いよくまっすぐ引き抜きます。 これを数度繰り返せば、ひどいつまりではない限りは解消できるでしょう。 注意点として、ラバーカップの使用時は水が跳ねやすいため、ビニールシートを床にしくなどして対策しておくようにしましょう。 ワイヤーブラシを使う ラバーカップを使ってもつまりが解消されない場合は、ワイヤーブラシを使った手法が効果的です。 ワイヤーブラシとは、複数の針金が束になった細長い形状の金属製ブラシです。 これをトイレの排水管にねじりながら押し込んでいき、それを前後させます。 配水管の中に直接ブラシを入れて作業することから、排水管内に存在するつまりの原因の除去や、ある程度の汚れも清掃でき、つまりを解消することができます。 注意点は、ラバーカップと同じくトイレの水が飛び散りやすい点です。 頻繁なつまりはトイレの交換をしたほうがいいことも トイレは構造的につまりやすいとはいえ、あまりにも頻繁につまって悩んでいる方がいるかもしれません。 そのような場合、経年劣化などによってトイレの排水管に傷やしつこい汚れが、トイレがつまりやすい原因になっている可能性が高いです。 何度つまりを直してもふたたびつまりを引き起こすため、手間も非常に増えます。 そのため、経年劣化によってつまりが起きやすくなっている場合は、トイレそのものを新しいものに交換するのがおすすめです。 頻繁につまりが起きるとそれを解消するための手間が増えますし、業者に依頼する機会が多ければそれだけ費用もかさみます。 経済的にもよいことはありませんので、もし頻繁なトイレつまりにお困りであるなら、トイレの設備そのものを新しくするというのも1つの手です。 まとめ トイレは構造的につまりやすい形をしており、大量のトイレットペーパーを流してしまったりすると、簡単につまりを発生させてしまいます。 また、水に溶けない普通のティッシュペーパーを流してつまりを引き起こしてしまうというケースも非常に多いです。 ボールペンやスマホのような水に溶けない固形物を誤って流してしまうことで、つまりが起こることもあります。 トイレのつまりを自分で直したくても、たまっている水がまったく減らない、水の流れが弱いなどの状態の場合は、個人でつまりを解消するのが難しい可能性が高いです。 そのため、こういった場合は業者に依頼することをおすすめします。 水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

トイレつまりの直し方

トイレ詰まり 直し方

トイレつまりは緊急性の高い問題現象ゆえ、パニックにおちいり、的外れな対応をしてニッチもサッチも行かなくなるケースが少なくありません。 トイレつまりはその症状やその原因によって対応方法が異なります。 症状から原因を見極め、その原因を取り除くに適切な手段(解消法)を選ぶことも重要です。 原因が分からない、解消法が自分では手に負えない、という場合には、業者に改修の依頼をすることになりますがその際の業者の選び方も重要です。 また、今後再びトイレつまりをおこなさないための予防策も大事なことですね。 本ページでは、トイレ詰まりの前兆・原因・解消策・予防・業者の選び方についてまとめました。 トイレつまりの前兆と症状 トイレのつまりは、なにか大きな固形物を落とした場合と、徐々につまりが進行していく場合と2つのパターンがあります。 前兆を察知して、早めに対処できれば、深刻なつまりを起こす危険を回避できます。 水回りの中でも、トイレは日常生活において最も頻繁に使用される場所です。 そのため、詰まりや水漏れなどのトラブルも起こりやすいです。 そして、トイレ詰まりなどでトイレを正常に使用できない状態は、水回りのトラブルのなかでももっとも切実なトラブルと言えます。 もし自分自身でトイレのトラブルを解消出来れば、余計な出費を抑えるだけでなく、もっとも迅速な解決ができます。 多くの場合はラバーカップ(スッポン)を使った対処でつまりが改善しますが、そうでない場合は深刻な問題が発生していることもあります。 ここでは実際につまりが起こる前に対処して、発生を食い止めましょう。 【トイレつまりの症状ケース1】 〜水はタンクから正常に流れるが便器の流れが悪い〜 トイレに用を足して、水を流した際に、タンクからは正常に流れてくるが、便器での流れがイマイチ悪いという症状です。 水は流れるには流れるが時間がちょっとかかる、一旦少し水位が上がるなどの現象が見られるのがこのケースです。 この症状はトイレつまりの軽度な症状といえます。 なんらかの理由で、便器または排水管に異物があり、それが水の流れを妨げていると推測されます。 しかし、一部の水路をふさいでいるに過ぎないので、スムーズではないけど、とりあえず水は流れます。 完全な詰まりではないために、対処されず放置されてしまうことが多いようです。 しかし、それでは事態を悪化させる可能性があります。 すでになんらかの事物があるので、他の異物を巻き込んだりして、水路を更にふさぐということになり兼ねません。 【トイレつまりの症状 ケース2】 〜水を流した時に水位が高くなる〜 トイレに用を足し水を流した際、正常であれば、水位が上昇することなく、トイレットペーパーや排泄物が流れていくところですが、流れにくく、次第に水位が上昇してしまうという症状です。 この症状がいわゆるトイレ詰まりの典型的な症状といえます。 この症状は、便器の中か、その先の排水管に異物が詰まっていることが原因である可能性が高いです。 どのような異物が詰まっているか、どこの場所がつまっているのか、そしてどの程度のつまり具合かによって、直し方(対処法、解消法)が異なります。 このような場合、いったんは、水位の変化を見守りましょう。 次第に水位が下がるようでしたら、詰まりはしているものの、まだわずかに水が流れる隙間が存在しているということです。 水位が変わらないのであれば、完全に詰まってしまっているということになります。 このことにより、トイレ詰まりの程度が判断できます。 そして、つまりの原因把握ステップに進みましょう。 この場合、注意すべきは2点あります。 1点目は闇雲に水を流すレバーを引いて、更に水を流さないことです。 つまりの程度が低い場合には、運良く二度目の水流で、詰まりの原因が押し流されることもありますが、トイレつまりの原因が二度目の水流でも押し流されない場合には、更に水が上がり、あふれてしまう危険性があります。 もうひとつの注意点は、原因をよく把握しない状態で、とりあえずラバーカップ(スッポン)などでカパカパ水を押し込んだり、バケツで水を流したりしないことです。 ラバーカップは、本来紙のつまりなど、排水管に押し込んでも支障がないものの詰まりで、かつ、程度が軽い場合には有効です。 それ以外の異物が障害になっている場合には、つまりの症状をさらに深刻にしたり、排水管自体の損傷などの事態におちいるリスクがあります。 【トイレつまりの症状ケース3】 〜タンクからの水流が少ない〜 トイレのレバーを引いて水を流しても、水の勢いが弱い・水量が少ないという症状です。 そのような場合は、便器に問題があるのではなく、水をためているタンク側に原因があるケースが多いです。 水洗トイレのタンクは、便器へ流す水を一旦ため込み、用便後に、レバーを引くことによって、便器に流れ込む仕組みになっています。 タンクからの水が弱いのは、もともと、タンクにしっかりと基準の水位まで水が溜まっていないか、または、タンクから便器への水の流れを妨げるなにかがあるか、ということになります。 これは便器内でつまりを起こす直接的な原因ではないのですが、汚物を流すための水圧が足りないと、排水管や便器内部でつまりを起こす危険性を高めます。 タンクからの水流が少ない場合は、フロート弁(ゴムフロート)が機能していないなど、タンク内部の問題でタンクに水が溜まらなくなっている可能性があります。 () を行なって、十分な水量が保てる状態にしましょう。 作業の前には、止水栓を締めることを忘れないようにしましょう。 () また、明らかにタンクの水が便器内に流れっぱなしになっている場合は、すぐに対処しないと高額な水道料金を支払うことになりかねませんので、なるべく早く原因を特定して対処しましょう。 タンクでチョロチョロと音がするという場合でも、月に2000円ほどの無駄な水道代が発生します。 これはトイレに限った話ではなく、お風呂場や台所などでも同様ですのですぐに対処しましょう。 【トイレつまりの症状ケース4】 〜水を流した時に異音がする〜 トイレに流してはいけないものの代表格はティッシュペーパーです。 トイレットペーパーをきらしてしまった場合に、つい使ってしまいがちです。 しかし、ティッシュペーパーは見た目は似ていても、水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、詰まりやすい素材と言えます。 また、ほとんどの人がトイレでしてしまう「おう吐」もつまりの原因になります。 そういったします。 また、トイレの便器の中で、詰まりやすい箇所があります。 トイレのつまりは、• つまりやすい箇所に• 当然大のレバーの方が小のレバーより、水流が強く設定されています。 言い換えれば大便を流すのに、小のレバーをひくと必要な水流は得られないことになります。 また、節水などの目的でタンクにペットボトルなどを入れる場合もよくあると思います。 これが実はつまりの原因となる場合もあります。 トイレの内部や排水管は思うより複雑になっており、ある程度の水流がないと内部で固形物の詰まりを起こしてしまう可能性があるため、確実に流れるように水量が調整されています。 ペットボトルなどでのタンク内水量の調整は水道代の節約にはなりますが、重度のつまりを起こした場合のデメリットを考えると避けたほうがいいといえるでしょう。 流していいはずのトイレットペーパーも、一度に使いすぎるとつまりの原因となる場合があるのです。 基本的には水に溶けるものなので、時間を置いて溶かしたり、を使ったり、で溶かすなどの方法も効果があります。 でも直りやすいです。 とはいえ、トイレットぺーパーだけでトイレを詰まらせるには、シングルで1ロール、ダブルで半ロール程度必要です。 そこまで使っていないのに詰まってしまった場合、詰まっているのはトイレットペーパーだけではないのかもしれません。 トイレットペーパーが別の異物と絡まるなど、何か他の要因と合わせてつまりを起こしてしまう事態が多く発生しています。 トイレットペーパー以外の異物が何であるかによって、対処法が変わりますので異物の例の項目を参考にしてください。 ちなみに、トイレットぺーパーでトイレを詰まらせるにはダブルで半分、シングルで1ロールを一度に流すぐらいの量あれば十分だそうです。 また、海外製の粗悪品は水に溶けないものもありますので、分けて流すなどして使用に注意しましょう。 【ティッシュペーパー】 トイレ用にティッシュペーパーを携行している人もいて、トイレットペーパーがなかった場合に代用品として使いがちですが、テッシュペーパーとトイレットペーパーは違います。 トイレットペーパーがほぐれやすい繊維構造になっているのに対して、ティッシュペーパーはほぐれにくくなっています。 排水管やトイレ内部にすでに異物がこびりついている場合、ティッシュペーパーがその箇所に引っかかり、つまりを起こす可能性があります。 少量であれば問題にならないと思いますが、トイレットペーパーと同じ感覚で大量にトイレに流すとつまりを起こす原因となりますので、使用する際はできれば燃えるゴミとして捨てましょう。 もしティッシュペーパーがつまったら、を試すか、もしくは洗浄剤を使用して溶かしたり、で時間をかけて溶かします。 【流せるお掃除シート (トイレクリーナー)】 猫をペットとして飼っている人にとってペット砂(猫砂)は必需品です。 そして多くペット砂(猫砂)がトイレで流せると表示しています。 しかし、そこは「ちょっと待った!」です。 そもそものペット砂(猫砂)は猫のおしっこを吸収しやすくできています。 つまり人間のおむつと同じように、水に溶けるのではなく、水を吸収するのです。 なのでペットのトイレ砂は吸水性の高いものも多く、内部や排水管にこびりついて深刻なつまりを引き起こす可能性があるのです。 少々面倒でもしっかりと処分するようにしましょう。 ラバーカップや真空式パイプクリーナーで一時的につまりが解消しても、こびりつきが取れないとつまりやすい状態が続きます。 でこすり落とすか、が必要になる場合もあります。 【食べ残し】【残り汁】【嘔吐物】 トイレつまりの解消セミプロ編• トイレのつまりの対処法を詳しく解説していますが、自身でつまりを直そうとして余計悪化してしまうこともあります。 下記にいくつかの例を書いておきますので、これらのことを念頭に入れて、注意深く作業するようにしましょう。 つまったものを自分で取ろうと器具を使用したら余計奥に行ってしまい、かえって費用がかかってしまった。 つまりが直ったのか詳しく確かめずに使用して、便器から水があふれてしまい、階下に水漏れしてしまった。 器具の使用法を誤り、汚水が飛び散って室内に臭いが充満した。 便座を壊してしまい、新品の便座の購入と取り替え費用がかかってしまった。 自信がなければ、すぐに業者さんに依頼するようにしましょう。 そちらのほうが安くて早くて衛生面でも安心な場合もあります。 もし、ご自身で作業される場合は、感染症を防ぐためにゴム手袋をつけること、ウォシュレットなど電源がある場合は感電を防ぐため切ってから作業を開始しましょう。 トイレつまり解消法1 バケツ(ペットボトル)で水を流す 便器の排水口の部分に隙間が出来るだけできないようにラバーカップ(スッポン)をくっつけて、まずゆっくりと排水口に向かって押し、そのあと勢いよく引き抜いて下さい。 排水構口に排水が引き込まれるようになるまで、この作業を繰り返して下さい。 トイレットペーパー以外のものが排水口に詰まっている場合は、配管が詰まってしまう可能性がありますので、詰まりの原因を押し流してしまうのではなく、便器内に引き戻すようにして下さい。 便器内の水位が上昇してあふれかかっている場合も、ラバーカップを押し込んでしまうと、タンクの排水弁が開いてさらに水が便器に入り込み、便座から水があふれてしまう可能性があります。 その場合は、バケツで汲み出したり、手動のポンプを使うなどして水位を下げてから使用をして下さい。 ラバーカップを使っても詰まりが取れない場合は、専門の業者を呼んだほうが賢明です。 手順3 バケツで水を流す 残念ながらラバーカップを用いた方法でも詰まりが解決しなかったとしても、少し落ち着いて待ってみましょう。 夜なら一晩トイレに行けなくなりますが、待つことで自然とつまりが解消される場合もあります。 トイレットペーパーを大量に流したり、ペットのトイレ砂を流した場合などによくあることですが、時間の経過により異物が水に溶け込み、解消するようです。 ただし、それでもつまりが解消されなかった場合にはすみやかにトイレ修理の専門業者に連絡して直してもらってください。 無理をして使い続けると、本格的につまりが深刻化した際にトイレからあふれた水で家を汚してしまう可能性があります。 トイレつまり解消法4 真空式パイプクリーナー 真空式パイプクリーナーとは、ポンプのついたラバーカップ(スッポン)だと言うとイメージしやすいでしょうか。 より吸引する力が強いため、詰まっているものを便器内に引き戻せる可能性がグンと高くなっています。 (用語集:) 使い方 水を張ったところにゆっくりと、しっかり力を込めてグッとカップ部分を「押し付け」ます。 その後、ポンプのレバーを引きます。 動作を繰り返す際、水の中でレバーを戻そうとすると水が跳ね上がる可能性があるので、コツを掴むまではゆっくり慎重にやってみましょう。 水に溶けない、硬い小物が詰まっていた場合、強く引き寄せたあと、ビニール手袋をして手で取れることもあります。 真空式パイプクリーナーの選び方 ラバーカップで直らなかったつまりも真空式パイプクリーナーで直ったという話も多く、買うならこちらという家庭も増えているようです。 トイレに使う場合は、排水口のサイズを調べて購入しましょう。 目安として170mmほどの直径が必要です。 トイレつまり解消法 ~セミプロ編~ トイレのつまりがラバーカップや真空式パイプクリーナーで解消されない場合は、ワイヤーブラシで取り除くという方法があります。 ワイヤーブラシというと、一般的には針金のクシのようなものを想像するかもしれませんが、排水管の掃除に使用するワイヤーブラシは1メール以上ある長い器具です。 バネ状になった金属が細長く伸び、その先端部分にブラシがついています。 この先端のブラシ部分が排水管の内部を通過する際に、詰まっている異物を崩すなどして詰まりを解消します。 (用語集:) 水道工事の専門業者でも扱いが難しい器具ですが、使えればトイレだけでなくあらゆる排水管の清掃ができるようになります。 ただし、この方法はつまり改善がかなり困難な場合にのみ使うようにしましょう。 なぜなら、経験が少ない人がワイヤーブラシを使ってもうまく行かない場合が多いからです。 本項では一応つまり解消法のひとつとして説明を行ないます。 ワイヤーブラシの選び方 ワイヤーブラシを常備しているというご家庭もあまりないかと思いますので、まずはどういう基準でワイヤーブラシを選べばいいのかという点からご説明します。 ポイント1 ワイヤーの強度 トイレがつまった時、一刻も早く直して欲しいのは当然のこと。 業者が到着して作業開始してからどれくらいで直るかといえば、軽度のつまりであれば30分かからないこともあります。 しかし原因がわからず改善しない場合や、便器を取り外す工事などであれば数時間かかることがあります。 見えない部分の問題を直す仕事ですし、万が一のことがあっては大変なことになりますので、慎重な作業となります。 作業に取り掛かる前に、料金の見積もりと一緒に時間の目安も確認しておきましょう。 特に、小さなお子さんのいる家庭の場合は、近所のコンビニなどでトイレが借りられるかどうか、その瞬間に慌てなくていいように工事が始まる時に確認しておきましょう。 可能であれば、複数の業者に見積もりを取りそこから選びたいところですので、見積もりを無料でしてくれるところを選びましょう。 見積もりの際に、なにがどうなってこの金額がかかるのか、知りたいことを教えてくれる業者さん、つまり信頼できると感じたところが一番です。 相見積もり(複数の見積もり)を取る余裕がない、すぐにどこかに依頼しないと!という場合は工事後のアフターフォローがしっかりしているところを選べば、万が一同じ原因で同じ症状が起こった場合でも補償制度が利用できたり、納得がいかない場合にはクーリングオフができたりと、選ぶ余裕がない場合でも安心です。 もうひとつ、選ぶときの基準になる点として、水道やトイレなど水回りを工事する業者には、「指定業者」とそうでない業者があります。 水道局から指定の認定を受けている業者さんであれば、やはり責任感も違ってきますし、指定でない業者さんよりも幅広いサポートができます。 「トイレが詰まって水が流れない」 「あふれようとしてる。 至急来て欲しい」 東京都三鷹市Iさんからの連絡です。 確かに水は流れず、便器の中の水位は上昇するばかりです。 この場合、どのような詰まり方によるものかの見極めが重要です。 専門スタッフがIさんにヒアリングを重ねて状況は把握したところ、どうも単純な紙詰まりではなさそうでした。 水の動きや便器内部を探ってみたところ、便器のさらに奥で、異物が水流を妨げている可能性が高いと判断しました。 処置は便器を取り外しての作業になります。 便器を取り外した排水口には、Iさん自身落としたことに気づいていなかった化粧品が、トイレットペーパーなどを引っかけてつまっていました。 原因になっていた化粧品を取り出し、解決しました。 「大」と「小」適切な水量は? ラバーカップで便器のつまりを解消できなかった場合に、細長い金属製のモノなどを突っ込んで、無理に取ろうとしないでください。 トイレの奥につまっている物を奥に押し込んでしまい、さらに取りにくくしたり、便器そのものを傷めるリスクがあります。 自身で解消できるトイレつまりは、症状の軽いものばかりです。 ラバーカップや、手を突っ込んで異物を取るなどの方法を試してつまりが解消されなければ、症状は深刻であるということです。 この場合は、業者に委託したほうが便器故障などのリスクが少なくなります。 また節水のためにタンク内にペットボトル等を沈めて水の量を減らした場合、水圧が下がり、便器のつまりの原因になることもありますので、十分にご注意ください。 トイレの水量はつまりを起こさないように調整されています。 トイレのトラブルは悪化すると便器を分解して対応する必要が出てきたり、壊してしまった場合にはトイレそのものを交換するといった可能性も出てきます。 つまり程度で済むうちに業者に解決してもらうことも考慮しておいたほうがいいでしょう。

次の

トイレつまりの直し方|バケツ→お湯→ラバーカップの順番で|きになるきにする

トイレ詰まり 直し方

トイレが詰まる主な原因とは? トイレの詰まりは何か物を落としてしまって流れが悪くなる場合と、使っていくうちに少しずつ詰まってしまうパターンがあります。 トイレットペーパーや異物が詰まっている トイレが詰まってしまう原因の多くは、トイレットペーパーの流し過ぎや異物を落としてしまうことです。 トイレットペーパーは水に溶けるような性質を持っていますが流す量が多過ぎたり、十分に水量が無かったりすると、きちんと溶けず流れてくれません。 また掃除をする際にトイレ用洗剤のキャップを落としてしまったり、ペットのトイレ用品である砂を流したりするのもトイレ詰まりに繋がります。 近年のトイレの多くは節水機能があり、貯水タンクの水の量も少なくなっています。 トイレットペーパーの使う量があまりにも多かったり、異物を流したりすると処理しきれず、トイレの詰まりの原因となるのです。 水流の圧力が足りない トイレを利用したときに排水しようとしても、水流の圧力が足りないと流れにくくなることがあります。 タンク式のトイレの多くはレバーで水を流す構造になっていて、「小」と「大」のレバーがあります。 「小」のレバーは水流の圧力が比較的弱めで、「大」は水が勢い良く流れるシステムです。 排泄物など流したいものの量が多く、水流の圧力か少ない「小」のレバーを使うと一度に流しきれず、詰まりを起こしてしまうのです。 さらに節水のためにタンクにペットボトルを入れている場合も水量が減ってしまい、流すときの水圧が少なくなってしまいます。 排水管に汚れが溜まる 排水管に汚れが溜まってしまうのも主な原因の一つで、尿石が溜まっている可能性もあります。 水に溶けないものを流していないのに詰まっている、トイレットペーパーを大量に流していないのに流れが悪いときなどに汚れの蓄積を疑います。 尿石は尿に含まれるカルシウムイオンが固まってできたもので、トイレの便器の黄ばみの原因にもなります。 尿石が便器だけでなく排水管にも溜まってしまうと水が流れる道を塞ぎ、トイレ詰まりになるのです。 トイレ詰まりは「放置」で自然に直ることもある トイレが詰まってしまっても自然に直るパターンがあり、放置することで詰まりが無くなることもあるのです。 自然に直るパターン 自然に直るのはトイレットペーパーが詰まっている場合や排泄物が詰まった、トイレに流せるものが詰まっている場合です。 トイレットペーパーを大量に流してしまうと詰まりの原因となりますが、これまでトイレにトラブルがなく、一度だけトイレットペーパーを詰まらせてしまったときには自然放置で直ります。 トイレットペーパーは水で溶ける性質なので、時間が経てば水位が下がりながら徐々に溶け出してくれます。 自然と流れていくまでに必要なのは、2時間から3時間です。 便などの排泄物も水に溶けるので大量に流してしまっても水位が下がり始め、自然と溶けて無くなります。 これもトイレットペーパーと同じように2時間から3時間放置しておけば流れるので大丈夫です。 お掃除シートやおしり拭きなどトイレに流せる製品を流してトイレが詰まってしまったときでも、自然と直ることがあります。 トイレットペーパーよりも流れにくいのですが、半日から1日待てば詰まりが良くなります。 自然には直らないパターン 放置していても直らないパターンも多くあります。 異物である固形物を流してしまった場合や水に流れない紙製品を流してしまった場合も放置では直りません。 元々トイレでは流れないような異物を紛れ込ませてしまうと、自然では直りにくくなります。 トイレ掃除用のブラシの毛やスポンジの破片、子供のおもちゃなども異物です。 水に流れない紙製品はティッシュペーパーやペットシート、生理用品などです。 ティッシュペーパーはもちろん水に溶けないですし、便器に流してしまうとトラブルに発展します。 特に生理用品は強力なテープ部分もあるので、排水溝にくっついて取り出せないこともあります。 トイレ詰まりにできる対処法7つ 突然起こるトイレの詰まりには身近なアイテムや洗剤などを使って対処することも出来ます。 必要な道具は排水溝に入るサイズのペットボトルとゴム手袋、はさみやカッターです。 用意したペットボトルの底の部分をはさみかカッターで少しだけ切り取ります。 手が汚れないようにゴム手袋をはめて、ペットボトルの口を押さえながら排水溝まで差し込むだけです。 口を押えたまま押し引きを繰り返すことで、詰まったものが取り出せる仕組みです。 塞がった部分に穴を開けることで、水が流れるようにするのです。 用意する道具は針金のハンガーとペンチです。 針金ハンガーの取っ手の部分をペンチで切り取って、排水溝に入れる部分を輪にします。 引っ掛け部分を作ったらハンガーをそのまま突っ込み、詰まっている部分に穴を開けるやり方です。 ワイヤーでも同じように引っかかる部分を使えば、同じように使えます。 水が溢れ出てしまっている場合は少し水を減らして、全く水が無いときには水を入れて使うのがコツです。 スッポンは水に浸して使うものなので、スッポンのゴムの部分がかぶるくらい入れます。 押し引きをするときには強く押し込むのではなく、強く引くのがポイントです。 便器の部分にしっかりゴムを密着させて、強い力で引くことが大事です。 見えない部分まで洗剤が行き届いて、詰まっているトイレットペーパーを綺麗に落としてくれます。 パイプユニッシュやハイターを便器に入れて、1時間ほど放置します。 ハイターは液体のものを使いますが、濃度が高すぎると便器を傷付けることもあるのでぬるま湯で薄めておくのも重要です。 浸け置きが終ったらレバーで水を流します。 酸性の薬剤は尿石などのアルカリ性のものを中和してくれて、溶かしてくれる役割があります。 薬剤を振り掛けて尿石が溶けたら、水を少しずつ流れるようにして終了です。 重曹とお酢の組み合わせはトイレの詰まり以外にも使われることが多く、キッチンやお風呂の排水溝の詰まりなどにも利用されています。 必要なものは重曹とお酢、ぬるま湯です。 重曹は4分の1カップ、お酢は100ミリリットルです。 ぬるま湯は45度前後のもので、たっぷり用意しておくと安心です。 トイレの水位が上がっている場合は水を取り除き、感電を防ぐために電気コードは抜きます。 重曹をトイレの中に入れて、お酢を上からかけてそのままにするだけです。 1時間程度経過したら、お湯を勢いよく流していきます。 サランラップで便器を覆うようにして、何重か重ねて破けないようにします。 さらに密着性を高めるために、覆ったラップの先端はテープで留めておきます。 そのまま水を流すと水圧でラップが膨らむので、手で何度か押さえるのです。 トイレ詰まりに使える薬品や洗剤 ここでは困ったときに使える薬剤や洗剤について紹介します。 ピーピースルーF トイレを詰まらせない予防対策 1日に何度も利用するトイレが詰まってしまうのは大問題です。 そんなトイレ詰まりを予防する方法は、トイレットペーパー以外を流さないこと、掃除を小まめにすることが挙げられます。 トイレットペーパー以外流さない 家庭のトイレで流して良いのは、基本的にトイレットペーパーだけです。 トイレに流せる商品も数多くありますが、トイレットペーパーよりも溶けにくく、流れにくいことが多いです。 探すときには少しずつ流れるように工夫しましょう。 掃除をする 大量のトイレットペーパーを流してしまったり、異物を入れてしまったりする以外で詰まりの原因となるのが汚れです。 あまり掃除をしていないと尿石が溜まり、匂いの元になります。 小まめに掃除をしていれば汚れによる詰まりを予防出来ますし、異変に気付きやすくなります。 トイレ詰まりを直す業者に依頼するのもアリ どうしても自分では解決出来ない、奥の方に詰まりがある場合は無理せずに業者に依頼します。 薬剤や洗剤を使った場合の相場は5,000円前後、ポンプを使うと約15,000円です。 高圧洗浄機などの機械を使った場合は2万円から4万円、工事などをすると3万円前後だと考えられます。 詰まりの程度が軽かったり、薬剤だけで解決出来たりする場合が1番安く、約5000円です。 業者によって違いがあるので事前に見積もりを取ったり、様々な業者に相談したりするのも忘れないようにします。 まとめ トイレが詰まってしまったときには焦らずに、どのような状況なのか冷静に判断するようにします。 自力で出来るようならアイテムや洗剤を使って、自分では解決出来ないのなら業者に頼むなど様々なパターンを考えて対処するのです。 もちろんトラブルを防ぐためには日頃から物を落とさないように注意したり、掃除をしたりてメンテナンスをしておきます。

次の