新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報。 新型アルファードのフルモデルチェンジ2020年9月発売日最新情報!エンジン

2020年の新型車モデルチェンジ最新情報 メーカー・車種一覧

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

ここからは、2018年1月のビッグマイナーチェンジ情報を記載します。 新型アルファード、ヴェルファイア外観(エクステリア)デザインの変更点 こちらがマイナーチェンジ後の新型アルファードと新型ヴェルファイアの外装画像になります。 アルファード(マイナーチェンジ後) ヴェルファイア(マイナーチェンジ後) アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジ後のエクステリア(外観)デザインの変更点は以下の通り。 グリル• バンパー• 17インチのアルミホイールのデザイン• テールランプ 全体的には、 クールでモダンなイメージがより進化したデザインに。 新ボディカラー ボディカラーとしては、• スティールブロンドメタリック• グラファイトメタリック• ダークレッドマイカメタリック(エアロ専用) の3つの新カラーが追加。 (全てで7色をラインナップ) その反面、• シルバーメタリック• グレーメタリック• グレイッシュブルーマイカメタリック については廃止されました。 エアロボディに新グレード追加 エアログレードに関しては、• ExecutiveLoungeグレードをエアロボディ(GAS,HV)に追加• Zグレードをエアロボディ(HV)に追加• エアロボディ(GASグレード)からZAグレードを廃止 という内容に変更されます。 インテリア(内装)デザインの変更点 内装デザインに関しても改良が行われ、より高級感ある室内空間へと進化することとなります。 変更点は主に以下の通り。 ExecutiveLoungeグレードに関してはセミアニリン本革からプレミアムナッパ本革へ変更• ExecutiveLoungeグレード、エアロボディにメーカーオプションとしてホワイトレザータイプが新設定 その他、木目調パネルのデザインが変更されより質感高いデザインとなります。 トヨタセーフティセンスには、簡易タイプのCと、上級タイプのPが存在しますが、新型アルファードと新型ヴェルファイアにはより進化した トヨタセーフティセンスが全車標準搭載されています。 第2世代トヨタセーフティセンスにの内容に関しては、日産のプロパイロット対抗とも言える内容であり、様々な内容がパワーアップされているので要注目です。 グランビア• グランドハイエース• レジアス• ツーリングハイエース を実質的に再編させた トヨタ新世代のフラグシップミニバンとして2002年5月にデビューしました。 当時は、 すでに同クラスのミニバンのライバルとして日産エルグランドやホンダのラグレイト(北米で2代目オデッセイとして発売)が存在しており、それらの車種に対抗するべく誕生したのが アルファードです。 以前は、ハイエース系のミニバンで打倒エルグランドを目指したものの苦戦が続いており、新規一転、新ブランドのアルファードで立ち向かうことが目指されました。 と公式に発表されています。 まるで ミニバンのクラウンとも言えるほど、多ジャンルの上級サルーンにも負けない最上級ミニバンとしてデビューしたアルファード。 今ではミニバンの王者の地位を手に入れたアルファードですが、まずは初代アルファードの情報を見ていきましょう。 ・アルファード 1,780-2,050kg ・エルグランド1,990 — 2,070kg FR 、2,100 — 2,190kg 4WD 全グレードで4WDグレードが選択できる所がポイントで、また2003年には当時はまだマイナーな存在だった ハイブリッドモデルも追加されています。 初代アルファードのパワートレインに関しては、• 2AZ-FE型直列4気筒2400cc(159ps)• 1MZ-FE型V型6気筒3000cc(220ps)• ハイブリッドとして2AZ-FXE型直列4気筒2400cc(131ps) が採用されていました。 <2種類のアルファードが存在> 初代アルファードの時代は、まだヴェルファイアの存在はなく、• アルファードG• アルファードV というそれぞれの名称の車が販売されていました。 〇アルファードG 出典: ハイエース系列のミニバンを刷新して誕生した初代アルファードは、大人気となり瞬く間にLクラスミニバン市場でトップの座を獲得しました。 エルグランドからグランビア時代からの念願の覇権を奪うことに成功したのです。 そんな中、 2008年には、6年ぶりとなるフルモデルチェンジが実施されました。 この世代から、• 旧来のアルファードGの後継車として2代目アルファード• 旧来のアルファードVの後継車として初代ヴェルファイア として販売されることになりました。 それによってアルファードはトヨペットのみの専売車に。 2代目アルファード・初代ヴェルファイアのプラットフォームには、3代目エスティマのシャーシが流用されています。 エンジンに関しては、先代の3. 5リッターのV6エンジンが2GR-FEへと変更されています(2. 4L直4エンジンの2AZ-FEは継続)。 エクステリアのデザインは、基本先代からのキープコンセプトではあるものの、全高を45mm低くするなど低重心化が図られています。 特にインテリアに関しては、先代以上に高級な品質を実現させ、航空機のファーストクラスを研究して開発されたシートを採用するなど、徹底した作りこみっぷり。 居住空間の充実した装備、圧倒的な広さは、くつろぐのに最適な移動空間として完成度を高め、他の追随を許さない程の内容へと進化しています。 <若者世代をターゲットとしたヴェルファイア> 3代目アルファード 2代目アルファード、そして姉妹車の初代ヴェルファイアは発売から約6年半でそれぞれ3代目と2代目の次期モデルにフルモデルチェンジ。 このモデルではリヤサスペンションをこれまでのトーションビーム式からダブルウィッシュボーン式へと刷新されたのもポイントの一つです。 これによって操縦安定性の改善はもちろん、乗り心地が上質なものへと大きく向上したのは言うまでもありません。 フロントグリルでは大型のグリルを採用するなど、王者の貫録を表現するデザインとなり、まさにキングオブミニバンとも言えるそのスタイル。 先進装備がスゴイ!クラウンをしのぐ内容 3代目アルファード/2代目ヴェルファイアは、 クラウンさえもしのぐ充実した先進装備が目立ちます。 とにかく世界初やトヨタ初レベルの装備を多数採用している所がポイントとなります。 それゆえ、トヨタがアルファードとヴェルファイアに対する力の入れようが他車種よりも大きいことが伺えます。 その先進装備の一部を紹介します。 インテリジェントパーキングアシスト2 インテリジェントパーキングアシストがバージョン2へと進化 旧来のインテリジェントパーキングアシストでは、ドライバーが駐車操作を開始させる場所を決める必要がありました。 しかし、バージョン2では超音波式センサーを使用して、駐車可能なスペースの横を車が通った時に自動で駐車候補地を認識してくれるようになりました。 そして駐車可能位置まで自動操縦で導いてくれます。 その後は、切り返しを伴う駐車もサポートしてくれるため、狭いスペースの駐車場はもちろん、縦列駐車時にも役立ちます。 このシステムはアルファードとヴェルファイアが 世界初の採用となりました。 このシステムは、 トヨタ初の採用となりました。 シースルービュー アルファードとヴェルファイアには、まるで車のボディ周辺を上から見下ろしたかのようにモニターに表示するシステムのパノラミックビューモニターが装備可能となっています。 これは、日産ではアラウンドビューモニターという似た機能がありますが、ポイントなのが シースルービューという機能。 このシースルービューは、車内からボディやシートなどを透かして車外を見たような透過表示が可能となっています。 シースルービューは、 世界初の機能としてアルファード、ヴェルファイアに搭載されました。 クラウンでさえも、シースルービューは搭載されたものの、2017年時点ではインテリジェントパーキングアシストのバージョン1しか装備されておらず、レーダークルーズコントロールも全車速には対応していません。 また当時は珍しい存在だった 電動パーキングブレーキに関しても、アルファードとヴェルファイアには装備されているものの、210系クラウンには未搭載の状況です。 日産エルグランド 現在、アルファードとヴェルファイアの最大のライバルと言えば、日産エルグランド。 現行モデルはマイナーチェンジで迫力あるフロントマスクを掲げ、安全装備も充実させています。 さらにフルモデルチェンジする次期モデルでは、自動運転システムのプロパイロットが搭載され、先進的なミニバンに生まれ変わることが見込まれています。 しかしながら2013年以降は中国専売車となり、日本国内ではエリシオンは5代目オデッセイと実質統合される形に。 現在、ホンダの国内フラグシップミニバンとしては、オデッセイが位置づけられており、旧来モデルよりも上質なデザインでかつ先進装備ホンダセンシングを搭載するなど、今後のホンダを担うミニバンとしての成長が期待されます。 現行モデルの各車のボディサイズを比較すると以下の通りとなります。 アルファード エルグランド オデッセイ 全長 4915-4935mm 4,915mm 4,830mm 全幅 1850mm 1,850mm 1,800mm 全高 1880-1950mm 1,805-1,815mm 1,685-1,715mm ホイールベース 3000mm 3,000mm 2,900mm また、海外メーカーでライバルをしいてあげるなら、• メルセデスベンツのVクラス• クライスラーのタウン&カントリー• VW フォルクスワーゲン のシャラン となります。 気づけばトヨタの一人勝ちが続く アルファードがデビューした当初は、ミニバンの王者と言えば日産のエルグランドでした。 しかしながら、今やその王者の地位は、アルファード・ヴェルファイアが勝ち取った状況です。 思えば、トヨタと日産に関しては、• カローラVSサニー• コロナ(現在のプレミオ)VSブルーバード(現在のシルフィ)• クラウンVSセドリック というように、目立って直接対決する車種があったものの、現時点では結果としてトヨタの一人勝ち。 これだと、あまりにも面白くないので、今後日産がエルグランドで再び巻き返しを図ることを期待したいですね。 今後アルファード、ヴェルファイア、そしてエルグランドの最新情報が入れば、またお伝えしますね。

次の

【最新情報】トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」が12月18日にマイナーチェンジへ!予約は11月下旬、気になる変更内容を見ていこう

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(7人乗り・E-Four) ボディカラー:ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(7人乗り・E-Four) ボディカラー:ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り・E-Four) ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン• トヨタ 新型アルファード• トヨタ 新型アルファード• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(7人乗り・E-Four) ボディカラー:ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型アルファード エグゼクティブラウンジ(7人乗り・2WD)ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型アルファード エグゼクティブラウンジ(7人乗り・2WD)ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型アルファード エグゼクティブラウンジ(7人乗り・2WD)ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り・E-Four)ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り・E-Four)ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り・E-Four)ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド X(7人乗り・E-Four)ボディカラー:グラファイトメタリック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド X(7人乗り・E-Four)ボディカラー:グラファイトメタリック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド X(7人乗り・E-Four)ボディカラー:グラファイトメタリック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド S(7人乗り・E-Four)ボディカラー:ダークグレーマイカメタリック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド S(7人乗り・E-Four)ボディカラー:ダークグレーマイカメタリック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド S(7人乗り・E-Four)ボディカラー:ダークグレーマイカメタリック• トヨタ 新型アルファード SC(7人乗り・2WD) ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型アルファード SC(7人乗り・2WD) ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型アルファード SC(7人乗り・2WD) ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(7人乗り・E-Four)内装色:フラクセン• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(7人乗り・E-Four)内装色:フラクセン• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(7人乗り・E-Four)内装色:フラクセン• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック&ホワイト• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック&ホワイト• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック&ホワイト• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド S(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド S(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック• トヨタ 新型アルファード オプティトロンメーター(エグゼクティブラウンジ専用)• トヨタ 新型アルファード オプティトロンメーター(エグゼクティブラウンジ専用)• トヨタ 新型アルファード オプティトロンメーター(ガソリン車用(エアロ専用))• トヨタ 新型アルファード オプティトロンメーター(ハイブリッド専用)• トヨタ 新型アルファード オプティトロンメーター(ガソリン車用)• トヨタ 新型アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(7人乗り・E-Four)内装色:フラクセン• トヨタ 新型アルファード ヘッドレスト• トヨタ 新型アルファード パワーオットマン• トヨタ 新型アルファード エグゼクティブラウンジ(7人乗り・2WD)内装色:ブラック• トヨタ 新型アルファード 読書灯(リア2個/LED調光機能付)• トヨタ 新型アルファード コンソールリアエンドボックス• トヨタ 新型アルファード カップホルダー• トヨタ 新型アルファード スマホホルダー• トヨタ 新型アルファード セカンドシートマニュアル• トヨタ 新型アルファード セカンドシートマニュアル• トヨタ 新型アルファード ファイルホルダー• トヨタ 新型アルファード 12. 1型リアシートエンターテインメントシステム• トヨタ 新型アルファード LEDルーフカラーイルミネーション• トヨタ 新型アルファード LEDルーフカラーイルミネーション• トヨタ 新型アルファード 集中コントロールスイッチ• トヨタ 新型アルファード パワーオットマン• トヨタ 新型アルファード [シートサイド]ウォークインレディスイッチ• トヨタ 新型アルファード [シートサイド]ウォークインレディスイッチ• トヨタ 新型アルファード 助手席スーパーロングスライドシート• トヨタ 新型アルファード 助手席スーパーロングスライドシート• トヨタ 新型アルファード 助手席スーパーロングスライドシート• トヨタ 新型アルファード 助手席スーパーロングスライドシート• トヨタ 新型アルファード エグゼクティブパワーシート(7人乗り・セカンドシート)• トヨタ 新型アルファード リラックスキャプテンシート(7人乗り・セカンドシート)• トヨタ 新型アルファード 6:4分割チップアップシート(8人乗り・セカンドシート)• トヨタ 新型アルファード 5:5分割スペースアップサードシート• トヨタ 新型アルファード 5:5分割スペースアップサードシート(格納時)• トヨタ 新型アルファード ラゲッジスペース• トヨタ 新型アルファード ラゲッジスペース• トヨタ 新型アルファード ラゲッジスペース• トヨタ 新型アルファード デジタルインナーミラー• トヨタ 新型アルファード デジタルインナーミラー(鏡面ミラーモード)• トヨタ 新型アルファード V6 3. 5リッター 2GR-FKS デュアルVVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン• トヨタ 新型アルファード レーントレーシングアシスト(車線維持支援機能)• トヨタ 新型アルファード プリクラッシュセーフティ(夜間歩行者認識)• トヨタ 新型アルファード プリクラッシュセーフティ(自転車運転者認識)• トヨタ 新型アルファード リアクロストラフィックアラート(RCTA)• トヨタ 新型アルファード サイドリフトアップチルトシート• トヨタ 新型アルファード ウェルキャブS サイドリフトアップシート車• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジZ(7人乗り・E-Four)ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン• トヨタ 新型ヴェルファイア ZG(7人乗り・2WD)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア ZG(7人乗り・2WD)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア ZG(7人乗り・2WD)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジZ(7人乗り・E-Four)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジZ(7人乗り・E-Four)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジZ(7人乗り・E-Four)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドZ(7人乗り・E-Four)ボディカラー:ダークレッドマイカメタリック• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドZ(7人乗り・E-Four)ボディカラー:ダークレッドマイカメタリック• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドZ(7人乗り・E-Four)ボディカラー:ダークレッドマイカメタリック• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドX(7人乗り・E-Four)ボディカラー:スティールブロンドメタリック• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドX(7人乗り・E-Four)ボディカラー:スティールブロンドメタリック• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドX(7人乗り・E-Four)ボディカラー:スティールブロンドメタリック• トヨタ 新型ヴェルファイア ZG(7人乗り・2WD)ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型ヴェルファイア ZG(7人乗り・2WD)ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型ヴェルファイア ZG(7人乗り・2WD)ボディカラー:ブラック• トヨタ 新型ヴェルファイア VL(7人乗り・2WD)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア VL(7人乗り・2WD)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア VL(7人乗り・2WD)ボディカラー:バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク• トヨタ 新型ヴェルファイア• トヨタ ヴェルファイア 4WD/ハイブリッド HYBRID Executive Lounge• トヨタ 新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZ(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック&ホワイト• トヨタ 新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZ(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック&ホワイト• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドZ(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック• トヨタ 新型ヴェルファイア ハイブリッドZ(7人乗り・E-Four)内装色:ブラック• トヨタ 新型ヴェルファイア オプティトロンメーター(ハイブリッド専用)• トヨタ 新型ヴェルファイア オプティトロンメーター(エグゼクティブラウンジ専用)• トヨタ 新型ヴェルファイア オプティトロンメーター(ガソリン車用(エアロ専用))• トヨタ 新型ヴェルファイア オプティトロンメーター(ハイブリッド専用)• トヨタ 新型ヴェルファイア オプティトロンメーター(ガソリン車用)• トヨタ 新型ヴェルファイア V6 3. 5リッター 2GR-FKS デュアルVVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン• トヨタ 新型ヴェルファイア レーントレーシングアシスト(LTA)• トヨタ 新型ヴェルファイア プリクラッシュセーフティ(夜間歩行者認識)• トヨタ 新型ヴェルファイア プリクラッシュセーフティ(自転車運転者認識).

次の

アルファードのビッグマイナーチェンジいつ?2020年登場の変更点最新情報

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

もくじ• 40系アルファードの発売時期 新型、40系アルファードの発売時期は、2021年ごろになると予想されています。 2020年4月に、特別仕様車、タイプゴールドが設定されました。 フルモデルチェンジは2022年になるのではないか。 という情報もありますが、発表自体は2021年中にされるはずです。 一番有力なのは、2021年に開催される東京モーターショーですね。 その後、発売日は2022年に入ってからになるかもしれません。 スポンサーリンク 40系アルファードのデザイン 現行アルファードのデザインは、フロントグリルは盾のようにメッキがあてがわれており、インテリアも木目調パネルが多用されるなど、高級感のあるインテリアとなっています。 現行アルファードのデザイン 出典 新型アルファードも、フロントグリルは似たようなデザインイメージで、インテリアでは上級グレードを中心に更に高級感が高められると予想されています。 まだテスト走行の様子などは撮影されていないので、具体的なデザインがどうなるかは分かっていませんが、現行アルファードが大ヒットしているので、方向性を大きく変えることはないはずです。 40系アルファードのボディサイズ 新型アルファードのボディサイズは、現行モデルと同程度になると予想されています。 国内でファミリーカーとして使うには、今くらいのサイズが限界です。 室内空間も現行と同程度になると予想されています。 今でも十分な広さがあるので、問題ないですね。 室内高は、TNGAプラットフォームの採用によって床面の地上高が下がるので、その分は高くなるはずです。 おそらく、50mmほど高くなるでしょう。 また、シートアレンジやシートのスライド量が拡大して、使い勝手はより良くなるでしょう。 サイズ自体はそれほど大きくなることはないものの、デザイン的にフロントグリルがより大きくなるなど、大きく見えるような工夫がされることでしょう。 スポンサーリンク TNGAプラットフォーム採用 新型アルファードには、TNGAプラットフォームが採用されて、基本性能が大幅に向上します。 既に発表されているプラットフォームではなく、ミニバン用のプラットフォームが採用されると予想されています。 TNGAプラットフォームの採用によって、剛性アップ、低重心、乗り心地の向上、低床化など、様々な面での改善が見込まれます。 プリウス、C-HR、カムリ、カローラスポーツなどで、TNGAプラットフォームの実力はお墨付きですね。 40系アルファードのパワートレイン 40系アルファードのパワートレインは、2. 5Lガソリンエンジン、3. 5Lガソリンエンジン、2. 5Lハイブリッド、3. 5Lハイブリッドの3種類になると予想されています。 それぞれ、既に他の車種に採用されているものなので、そのスペックを紹介しておきます。 0Lターボエンジンが採用されるとの情報もありましたが、最新の情報によると、その可能性は低くなってきています。 6kgf・m <3. 3kgf・m モーター最高出力・・・180ps モーター最大トルク・・・30. 6kgf・m アルファードに搭載される時には多少出力の調整はあるかもしれませんが、おおむねこれくらいの出力になるでしょう。 30系アルファードのハイブリッド車は、4WD(e-FOUR)しか設定されていませんでしたが、40系アルファードではFFもラインナップされると予想されています。 新型ハリアーと同じように、ハイブリッドに関しては、エントリー価格が安くなるかもしれません。 スポンサーリンク 40系アルファードの先進機能 新型アルファードは、最新のトヨタセーフティセンス、運転支援機能、コネクティッド機能など、先進機能も大幅に進化すると予想されています。 ・レーントレーシングアシスト 車両の中央を走行できるようにステアリング操作をアシストする機能 ・レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離を保つようにアクセル、ブレーキ操作を自動で行う機能 インテリアの画像を見る限り、パーキングブレーキは電動ではないので、全車速対応型ではないと思われます。 ・オートマチックハイビーム 先行車、対向車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能 ・ロードサインアシスト はみだし通行禁止、最高速度、車両進入禁止、一時停止の標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示する機能 ・先行車発進告知機能 前に止まっている車が発進したにも関わらず、自車が発進しない場合に知らせる機能 その他の予防安全機能 ・アドンバンスドパーク カメラとソナーにより、ステアリング、アクセル、ブレーキ操作を制御し、周囲を監視しながら、駐車完了まで駐車操作をアシストする機能 ・インテリジェントクリアランスソナー 障害物の接近を表示とブザーで知らせ、ブレーキ制御を行う機能 ・ブラインドスポットモニター 隣を走る車両をレーダーで検知し、インジケーターを点灯させる機能 さらに、自動で車線変更をすることができる運転支援機能が採用されるともいわれています。 この機能は、レクサスが先ともいわれているので、調査中です。 スポンサーリンク コネクティッド機能 新型アルファードには、新型クラウン、カローラスポーツから採用された、本格的なコネクティッド機能も搭載されると予想されています。 コネクティッドの主な機能を紹介します。 ・オペレーターサービス 24時間365日専任のオペレーターに、ナビの目的地設定、ホテルやお店の予約、電話番号の検索、天気予報、休日診療の情報などを聞くことができます。 ・LINEマイカーアカウント LINEから目的地を設定したり、出発すべき時間、天気、ガソリンの残量などを知ることができます。 ・eケア(走行アドバイス) 警告灯が点灯した時に、オペレーターと接続して走行を継続することができるかどうかのアドバイスをうけることができます。 また、販売店にも連絡することができます。 ・マイカーセキュリティ 車から離れたところから、スマートフォンでドアの開閉状況、ハザードランプの点灯状況の確認、ドアロックの操作、ハザードランプ消灯の操作をすることができます。 ・ドライブ診断 エコな運転、安全な運転ができるかどうかの診断ができます。 また、その診断結果に応じて保険料が割引になる保険とも連動させることができます。 ・ヘルプネット 事故や急病時にオペレーターが警察や消防に通報し、緊急車両を手配します。 エアバッグが作動した時は、自動で通報します。 ・マップオンデマンド 常に最新の地図情報をダウンロードして、データを更新することができます。 スポンサーリンク 40系アルファードの価格 最近のTNGAプラットフォームを採用した車の価格を見ると、新型アルファードの価格は現行型よりも20万円程度高くなると予想することができます。 詳しい価格がわかるのはフルモデルチェンジの1~2ヶ月ほど前ですが、現行型よりも高くなることは確実でしょう。 パワートレインの項目でも紹介しましたが、30系アルファードのハイブリッド車は、4WD(e-FOUR)しか設定されていませんでしたが、40系アルファードではFFもラインナップされると予想されています。 新型ハリアーと同じように、ハイブリッドに関しては、エントリー価格が安くなるかもしれません。 更にセダンの需要を奪うか アルファードは、最近では役員の送迎車など、これまでクラウン等のセダンが担っていた需要を獲得しています。 新型アルファードでは、高級感や乗り心地が更に向上することで、更にセダンの需要を奪うことになるのではないか。 とみられています。 国産高級セダンでは、クラウンだけがそれなりの販売台数を維持していますが、アルファードの快適性が向上すると、アルファードに流れるかもしれません。 アルファードはモデルチェンジされるごとに高級感や乗り心地を向上させてきています。 元々はバンがベースであった乗用ミニバンですが、徐々に高級車としても認知されるようになってきているので、ますますその流れを加速させることになりそうです。 さすがにクラウンがなくなることはないでしょうが、時代の流れですね。 ヴェルファイアと統合か 次期モデルから、アルファードとヴェルファイアが統一されて、アルファードに一本化されるといわれています。 トヨタは、販売チャネルの統合と、車種の削減をすすめています。 まず、手を付けやすいのが、「アルファード・ヴェルファイア」や「ノア・ヴォクシー・エスクァイア」といった兄弟車です。 先にフルモデルチェンジされるといわれているノア・ヴォクシーは、統合されるかどうかまだ不明ですが、アルファード・ヴェルファイアが統合される可能性は高いでしょう。 車の買い換えを検討中の方へ お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。 以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。 必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。 スポンサーリンク 30系アルファード改良の歴史 30系アルファードは、2017年のマイナーチェンジ、2018年と2020年に一部改良されています。 マイナーチェンジや、改良の概要を紹介します。 2019年一部改良 改良実施日・・・2020年1月6日 <変更点> ・9インチディスプレイオーディオの標準装備化 ・メーカーオプションナビの大画面化(10. 3インチ) ・3眼LEDヘッドランプの標準装備グレードの拡大 ・ウェルカムパワースライドドアの標準装備グレードの拡大 2018年一部改良 改良実施日・・・2018年10月25日 <変更点> ・インテリジェントクリアランスソナー標準装備化 ・ブラインドスポットモニターとナビの抱き合わせ廃止 2017年マイナーチェンジ マイナーチェンジ実施日・・・2017年12月25日 新型アルファード、ノーマルタイプ 出典 新型アルファード、エアロタイプ 出典 今まで、アルファードよりもヴェルファイアの方が派手なデザインだったのですが、2017年のマイナーチェンジで、アルファードもかなり派手で押し出しの強いデザインになり、このマイナーチェンジ後のモデルから、アルファードとヴェルファイアの人気が逆転しました。 今では、リセールバリューもアルファードの方が良くなっています。 今後、アルファードとヴェルファイアが統合されてアルファードに一本化されれば、さらにアルファードとヴェルファイアのリセールバリューの差は広がりそうです。 2017年マイナーチェンジでの変更点 <エクステリア> ・バンパーデザイン変更 ・グリルデザイン変更 ・リヤガーニッシュデザイン変更 ・リヤコンビネーションランプデザイン変更 ・17インチアルミホイールデザイン変更 ・カラーラインナップの変更 <インテリア> ・エグゼクティブラウンジのセミアニリン本革が、プレミアムナッパ本革に変更 ・エグゼクティブラウンジのホワイトレザーインテリアが追加設定 ・ファブリック+革シートが、全面革シートに ・木目調パネルのデザイン変更 <その他> ・新型3. 5Lガソリンエンジンの採用 ・トヨタセーフティセンスPから、次世代型トヨタセーフティセンスに進化 ・グレード再編 スポンサーリンク.

次の