明日 へ の 扉。 【明日への扉】「幻の古陶」を明日につなぐ~500年の沈黙を経て復興を遂げた珠洲焼~

CD

明日 へ の 扉

ただそこにあるだけで目を奪われる美しさ。 珠洲焼(すずやき)は能登半島先端の珠洲市 旧珠洲郡 を中心に中世日本で栄え、忽然と消えた「幻の古陶」だ。 きゅっと焼き締められた黒灰色の肌に自然釉が流れ、幽玄の景色をあらわす。 ほかの中世陶器には例を見ない変化に富んだ装飾がほどこされており、見る者をはっとさせる存在感がある。 珠洲焼はかつて船運により北陸・東北・北海道に至る日本海沿岸を広大な商圏とし、まさに中世日本を代表する陶器であった。 しかし15世紀末、戦国時代の訪れとともに姿を消してしまう。 衰退の理由はいまだ解明されていない。 珠洲焼の存在が再認識されたのは昭和になってからだ。 珠洲焼の復興に尽力した陶工たちが、41年前に「強還元炎燻べ焼(きょうかんげんえんくすべやき)」という珠洲焼独自の焼成を再現することに成功し、見事現代によみがえらせた。 中世の製法に現代の多彩な技が加わり、シックな暮らしの器としても近年人気を集めている。 金沢出身の中島大河さん(25)も、珠洲焼の奥深い黒灰色と朴とつとした姿に魅了された若者のひとりだ。 中島さんは2017年に奥能登国際芸術祭に金沢美術工芸大学のプロジェクトチームリーダーとして参加した折に珠洲焼と出会った。 その後珠洲焼を本格的に学ぶために金沢から珠洲市へ移住し、現在は珠洲焼作家・篠原敬さんのもとで作陶に励んでいる。 昼間は道の駅でアルバイトをしながら生計を立て、仕事が終わるなり師匠の工房へ通う日々も一年半ほど過ぎたところで、中島さんの陶芸人生において大きなターニングポイントが訪れた。 自身初、すべて自分の作品での窯焚きが許されたのだ。 陶工の道を歩み始めてからたった一年半で窯を焚くのは異例だという。 師匠の篠原さんからは、「自分の目で精査すること」と背中を押された。 中島さん自身は、「今回の窯焚きは自分の今の状況が全部分かるものになると思うと気が気ではない」という。 珠洲焼の窯焚きは昼夜を通して5日間ほど行われる。 アカマツの薪や端材を手に入れ準備した薪を600束用意し、炎の流れや灰の動きを想像しながら作品を適所に窯詰めすると、いよいよ火入れだ。 『強還元炎燻べ焼』は薪を焼べるタイミングや空気の流れを見極めるのが難しい。 誤った判断は窯の圧力と温度に悪影響を及ぼし、最悪の場合作品を台無しにしてしまう。 当然だが自らの責任のもとで焚く。 中島さんの珠洲焼作家として培った経験すべてをかけた初窯焚きへの挑戦が始まった。 彼をあたたかく見守り、的確なアドバイスをくれる師匠がいる。 助けてくれる友人たちもいる。 体力と気力の限界に挑みながらひたむきに窯と向き合う中島さんの姿を見ているあなたも、思わず「どうかうまくいきますように…!」と応援せずにはいられなくなるだろう。 賽は投げられた。 果たして、初窯焚きの成果はいかに…? 続きは、ディスカバリーチャンネル放送から。 ~at home presents明日への扉~ ディスカバリーチャンネルにて毎週金曜、夜10時53分から放送中。 明日への扉公式ページはこちらから。 Text by Discovery編集部.

次の

「風になる」と「明日への扉」のサビがそっくりなのはなぜ?

明日 へ の 扉

どうも!タラッタです。 「風になる」は、ジブリ映画『猫の恩返し』の主題歌でもあり、作曲は つじあやのさん。 歌っているのも つじあやのさんです。 「明日への扉」は、作曲はai(川嶋あい さん)で、歌っているのも同じく彼女(グループ名:I-WiSH)です。 私は詳しくは知らないのですが、ネットでちょっと調べてみるだけでも、それにまつわるお話が出てくると思います。 結局は「偶然」というのが結果ですが、やはり所詮は同じ人間がやることですもの。 これを分かりやすくハ長調(C Major)のコードだけにすると、 C-G-Am-Em-F-C-F-G となります。 これぞカノンコードなる進行です! このコード進行は、(個人個人での感じ方はそれぞれですが)シンプルながらも、心地良さとか安定感とか引き寄せられる何かがあるというのが特徴です。 なお、元々カノンっていうのは、 ある旋律を追いかけっこして演奏したり歌ったりする様式を意味しています。 先ほどご紹介したパッヘルベルのカノンはもっと複雑ですので説明は割愛しますが、本来のカノンは「追いかけっこ」という意味を持っているのです。 しかし今回取り上げているカノンコードは、 追いかけっこコードという意味ではなくて、単純に、 パッヘルベルのカノンに使われているコードと同じコードだよっていうことですので、誤解なきようお気を付けくださいね。 そしてカノンコードは、今や日本のポピュラーソングやアニメソングにも多く用いられているコード進行です。 この世の中には無数に音楽が溢れかえっているので、同じあるいは派生型のコード進行が用いられれば、自然とメロディーが似てくることもあるでしょう。 「風になる」と「明日への扉」は、その典型的な例と言っても過言ではありません。 パッヘルベルのカノンを思いっきりパクっている有名な合唱曲「遠い日の歌」も、当然カノンコードがバリバリ活躍しています。 以下のとおり、カノンコードが使われている曲は、ほかにもたくさんあります。 これは歌の入りのところでカノンコードの派生型らしきコード進行が感じ取れますが、その派生はだいぶ顕著です。 歌詞「なつかしいうたを~よみがえる」の部分において、先述したハ長調のカノンコードで言うところの一つ目(最初)、三つ目、六つ目と八つ目(最後)の計4つ、つまり全8つのうちの半分しか合致しませんでした。 でも、断片的にカノンコードが残っていると言えるし、合致しないコードも、理論的には原型からそう遠くないハーモニーだと思うので、これらが「おや、これはカノンコード進行みたいだな」と感じた原因かもしれませんね。 この辺りまで来ると、カノンコードの部類に属すかそうでないかの意見が分かれそうですが、カノンコードの原型に合わせて歌ってみるとかなりしっくりきます。 ちなみに「からたちの小径」は、島倉さんが亡くなる3日前に最後の力を振り絞って歌い遺しただけあって、非常に感慨深いものです。 DNAには組み込まれていないはずなのに、とても不思議です。 日本でパッヘルベルのカノンの人気があるのも、なんだか頷けます。 作曲者は同じ川嶋さんです。 今回は以上です! お読みいただきありがとうございました。

次の

明日への扉 (テレビ番組)

明日 へ の 扉

今回はあいのり主題歌、 I WiSHの明日への扉をカバーしました。 26 Release!! 春茶 M2 新世界のユーツ feat. SiN M3 会いたくて feat. こぴ M4 夏恋慕 feat. 春茶 M5 春に揺られど君想う feat. こぴ M6 ラブレター feat. 春茶 M7 言葉さがし feat. Caption author French• Caption author Portuguese Brazil• Caption author Thai• Caption author Vietnamese• Caption authors Portuguese• Caption author Chinese Hong Kong• Caption author English• Caption author Chinese Simplified• Caption author Korean• Caption author Indonesian• Show more Show less.

次の