日曜 ドラマ tbs。 TBSドラマ/日曜劇場の見逃し!無料で動画を視聴できる方法は?

歴代TBSドラマおすすめランキングTOP30

日曜 ドラマ tbs

TBS系日曜劇場『テセウスの船』とNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の評価が、今期ドラマのなかで飛びぬけている。 1月26日に2話目が放送された『テセウスの船』が『コンフィデンス』誌によるドラマ満足度調査「オリコン ドラマバリュー」で100Pt満点中91Ptを獲得。 1話目の71Ptを大きく上回った。 また同日に2話目が放送された『麒麟がくる』も初回69Ptから86Ptと急上昇した。 原作は『モーニング』(講談社)で東元俊哉氏が連載したタイムパラドックスミステリー。 『下町ロケット』(2015年)、『陸王』(2017年)、『ブラックペアン』(2018年)と日曜劇場に出演してきた竹内涼真が初の主演に抜擢された話題作だ。 自分が生まれる前に父・文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕され、加害者家族として世間からの厳しい視線にさらされてきた田村心(竹内涼真)。 そんな彼の過去を受け入れて、「信じてみたいの。 心のお父さんだから」と、冤罪を主張する父の事件を調べていた最愛の妻・由紀(上野樹里)が「音臼村では幾つもの不可解な事件や事故が起きてる」と言い残して亡くなってしまう。 そんな折、音臼村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。 優しい笑顔が溢れる31年前の家族。 そこに事件を経て変わり果てた、笑いのない姿が挿入される、恐ろしいコントラストは、観る側を震撼させる。 残された新聞記事のスクラップ・ノートを手に一つひとつ、過去に起こった事件を未然に防ごうと動く心。 歴史を変えることはできるのか。 しかし未来から来た心が動けば動くほど、村人からは疑を向けられてしまう。 Twitter上では、原作者の東元俊哉氏まで参加して、真犯人探しで盛り上がっている同ドラマだが、満足度を項目別で見ると、「主演」が9Ptから18Pt、「主演以外」が9Ptから17Ptへと倍増、さらに「内容」も12Ptから18Ptへと評価を急上昇させている(各項目20Pt満点)。 視聴者からは、「犯人が分からなくて怖かった。 竹内涼真くんの演技が迫力あってとても良いと思う。 自分が叶わなかった家族との笑い合えるシーンは泣けた」(10代男性/神奈川)、「鈴木亮平のダークな顔と、優しい顔の二面性を演じている姿が怖いくらい気合いが入っていてよかった」(50代女性/和歌山)、「ユースケ・サンタマリアさんの演じる刑事のいやらしさが際だっていた」(30代男性/岡山)、「今期一番おもしろいドラマだと思う」(20代女性/東京)、「原作を知っているがドラマの展開がどうなるか知りたい」(50代男性/香川)など、キャストやストーリー展開への高評価で溢れた。 演じるのは大河ドラマ初主演の長谷川博己。 長谷川は、NHK『夏目漱石の妻』(2016年)でも脚本を担当した池端の指名だそう。 初回、美濃から堺へ旅をし、鉄砲を手に入れ、京の荒れた姿を見た光秀は、名医望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)を連れ美濃に戻る。 折から美濃は、尾張から織田信秀(高橋克典)の軍が攻め上がってきていた。 2万人の織田軍に対し迎える斎藤軍は3000。 2回目にして、大河ドラマらしい雄大な合戦シーンが繰り広げられた。 「戦さは数ではない」とする斎藤道三(本木雅弘)の知恵で、籠城と見せかけ、織田軍の油断をついて追い討ちを命じたその道三のやり口に、光秀は「お主の父が嫌いじゃ」と反発し、道三の長男・高政(伊藤英明)に迫る。 一方で敵の首を落とすことを躊躇した自分の愚かさを悔いる光秀。 武士としての煩悶を演じる長谷川博己の演技に、視聴者からは「長谷川博己が好演で、新しい光秀像になりそう」(30代女性/神奈川)、「長谷川博己の戦をする顔が力強くて良かった」(50代女性/和歌山)と高評価が寄せられた。 しかし、満足度が急上昇した最大の要因は、脇を固める出演者の演技を評価する「主演以外」が20Pt満点中先週の9Ptから17Ptへと倍増したことだ。 その中心が斎藤道三を演じる本木雅弘だということは衆目の一致するところ。 朗々と歌いながら娘婿の土岐頼純(矢野聖人)を毒殺するラストシーンなど、初回から本木雅弘の存在感、迫力は抜きん出ていたが、今回はさらにその眼力、冷酷さが際立った。 視聴者の意見も「斎藤道三役の本木雅弘さんの演技に引き込まれました。 恐ろしかったです」(30代女性/福岡)、「本木雅弘の斎藤道三は迫力満点で鬼気迫る物を感じさせられて良かった」(50代男性/東京)など絶賛の嵐だった。 今期ドラマは、日曜の20時から22時が熱い。 次回が待ち遠しいと思わせるこの2作品は、連続ドラマの醍醐味が味わえる秀作と言えるだろう。 「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。 「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1〜20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

次の

堺雅人主演のTBS日曜劇場「半沢直樹」初回7月19日に決定

日曜 ドラマ tbs

日本の各テレビ局にはクール毎に常にドラマを放送している「ドラマ枠」というものがあります。 フジテレビの月9 月曜夜九時 やNHKの大河ドラマ枠 日曜夜八時 などは特に有名なドラマ枠と言っていいでしょう。 そんな日本を代表するドラマ枠の一つに「日9」と呼ばれるドラマ枠があります。 TBS系列の日曜夜9時の連続テレビドラマ枠です。 東芝の一社提供の「東芝日曜劇場」として1956年(昭和31年)に始まって以来、2002年10月から「日曜劇場」となって現在でも数々の名作を発表してくれている「日曜劇場」。 ここではそんな日曜劇場の中で低視聴率だったドラマをランキング形式でご紹介します。 ネガティブなランキングなのですが、決してドラマの良し悪しではないのでくれぐれも誤解の無いようお願いいたします。 スポンサーリンク 21 佐々木夫妻の仁義なき戦い 2008年1月~3月 稲垣吾郎 10.9% 20 仰げば尊し 2016年7月~9月 寺尾聰 10.5% 19 IQ246〜華麗なる事件簿〜 2016年10月~12月 織田裕二 10.5% 18 誰よりもママを愛す 2006年7月~9月 田村正和 10.4% 17 恋の時間 2005年10月~12月 黒木瞳 10.3% 16 流星ワゴン 2015年1月~3月 西島秀俊 香川照之 10.2% 15 GM〜踊れドクター 2010年7月~9月 東山紀之 10.0% 14 サマーレスキュー〜天空の診療所〜 2012年7月~9月 向井理 9.9% 13 この世界の片隅に 2018年7月~9月 松本穂香 9.7% 12 ごめん、愛してる 2017年7月~9月 長瀬智也 9.7% 11 おやじの背中 2014年7月~9月 オムニバス 9.4% 仰げば尊しやIQ246 、流星ワゴンにおやじの背中などなど、見てきたドラマが半数以上を占めていてビックリですね。 どれも面白かったんですけど視聴率的には振るわなかったという事でしょうか。 見てた時には視聴率なんて全然気にしてなかったのですが…。 中には「この世界の片隅に」のように、ドラマの舞台となった広島の視聴率は凄かったのにも関わらず、ランクインしてしまったドラマもありますね。 それにしても7月期のドラマが多いのはただの偶然でしょうか。 半数以上が7~9月期のドラマというのは明らかに偏っているような気がしますね。 やっぱり夏場は外出機会が多くなってテレビ需要が減るのでしょうかね。 全く関係ない話ですみませんが、 真田丸キャストで新たに新撰組をやるとしたら (年齢は化粧でカバー) 近藤勇:堺雅人 土方歳三:山本耕史 沖田総司:中川大志 井上源三郎:小林隆 山南敬介:新納慎也 永倉新八:藤本隆宏 原田左之助:迫田孝也 斎藤一:新井浩文 藤堂平助:浦上晟周 島田魁:小手伸也 河合耆三郎:藤井隆 近藤周平:広田亮平 滝本捨助:浅利陽介 芹沢鴨:高嶋政伸 お梅:中島亜梨沙 新見錦:細田善彦 近藤周助:近藤正臣 近藤ふで:鈴木京香 近藤つね:岸井ゆきの 沖田みつ:木村佳乃 佐藤彦五郎:小日向文世 佐藤のぶ:長野里美 土方為次郎:松本幸四郎 宮川音五郎:阿南健治 深雪太夫、妹:松岡茉優 八木源之丞:片岡愛之助 坂本龍馬:大泉洋 望月亀弥太:大野泰広 松平容保:遠藤憲一 佐々木只三郎:村上新悟 佐久間象山:草刈正雄 徳川慶喜:星野源 清河八郎:西村雅彦 山岡鉄舟:伊東孝明 桂小五郎:内野聖陽 久坂玄瑞:深水元基 西郷隆盛:藤岡弘、 有馬藤太:小林顕作 勝海舟:哀川翔 榎本武揚:長谷川朝晴 訂正 寧々を木村佳乃に変更。 真田丸キャストで単発戦国ドラマをやるとしたら 「風雲児たち〜戦国革命篇〜」 真田幸隆:堺雅人 とり:長澤まさみ 真田昌幸:浦上晟周 真田信幸:吉田騎士(真田丸の幼少期真田大介役) 真田信繁:會田将眞(真田丸の真田大八役) 武田信玄:草刈正雄 武田勝頼:広田亮平 山本勘助:中原丈雄 上杉謙信:遠藤憲一 直江兼続:村上新悟 宇佐美定満:近藤正臣 織田信長:山本耕史 お市:松岡茉優 浅井長政:中川大志 柴田勝家:新井浩文 明智光秀:内野聖陽 羽柴秀吉:大泉洋 寧々:木村佳乃 徳川家康:星野源 黒田官兵衛:片岡愛之助 甘子勝久:新納慎也 山中鹿之介:長谷川朝晴 毛利元就:小日向文世 毛利隆元:平岳大 吉川元春:高橋和也 小早川隆景:小林顕作 足利義昭:浅利陽介 今川義元:西村雅彦 今川氏真:細田善彦 北条氏康:高嶋政伸 本願寺顕如:山西惇 伊達輝宗:今井朋彦 すんません、また訂正 人物追加。 真田丸キャストで単発戦国ドラマをやるとしたら 「風雲児たち〜戦国革命篇〜」 真田幸隆:堺雅人 とり:長澤まさみ 真田昌幸:浦上晟周 真田信幸:吉田騎士(真田丸の幼少期真田大介役) 真田信繁:會田将眞(真田丸の真田大八役) 武田信玄:草刈正雄 武田勝頼:広田亮平 山本勘助:中原丈雄 上杉謙信:遠藤憲一 直江兼続:村上新悟 宇佐美定満:近藤正臣 織田信長:山本耕史 お市:松岡茉優 浅井長政:中川大志 柴田勝家:新井浩文 明智光秀:内野聖陽 羽柴秀吉:大泉洋 寧々:木村佳乃 黒田官兵衛:片岡愛之助 竹中半兵衛:岡本健一 徳川家康:星野源 甘子勝久:新納慎也 山中鹿之介:長谷川朝晴 毛利元就:小日向文世 毛利隆元:平岳大 吉川元春:高橋和也 小早川隆景:小林顕作 足利義昭:浅利陽介 今川義元:西村雅彦 今川氏真:細田善彦 北条氏康:高嶋政伸 本願寺顕如:山西惇 伊達輝宗:今井朋彦 長宗我部元親:阿南健治.

次の

TBS日曜劇場(日9/にちく)ドラマの歴代最低視聴率作品は?最新データによるワースト記録ランキング

日曜 ドラマ tbs

4月19日にスタートする予定だったものの、新型コロナウイルスの影響のため放送延期となっていた俳優・(46)主演のTBS日曜劇場「」(日曜後9・00)の初回放送日が7月19日に決まったことが21日、分かった。 ファン待望の7年ぶり続編はちょうど3カ月遅れで、ついにスタートする。 4月上旬から中断していた撮影は、6月に入って本格的に再開。 初回は25分拡大スペシャル。 堺は「お待たせいたしました。 放送が遅れておりました日曜劇場『半沢直樹』新シリーズ、ようやく放送できることになりました!7月19日スタート」と力強く報告。 「これまでのメンバーに新たな顔ぶれも加わりました。 さらに力強い『半沢直樹』の世界をお届けできるよう、キャスト・スタッフ一丸となって撮影に取り組んでおります。 ご期待ください」と呼び掛けた。 前作はベストセラー作家・池井戸潤氏の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。 2013年7月期に放送され、東京中央銀行のバンカー・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。 最終回の平均視聴率は平成ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。 決め台詞の「倍返し」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。 続編は「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。 半沢の妻・花役の上戸彩(34)、半沢と同期の頼りになる情報通・渡真利忍役の及川光博(50)、半沢の前に立ちはだかったオネエ口調の金融庁検査官・黒崎駿一役の片岡愛之助(48)、半沢に東京セントラル証券への出向を命じた頭取・中野渡謙役の北大路欣也(77)、半沢の最大の敵となった大和田暁常務役の香川照之(54)と主要キャストも続投。 出向先の東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。 前半は、大手IT企業の敵対的買収案件をめぐり、半沢が出向元の東京中央銀行と対立。 後半は、航空会社の経営再建をめぐる物語となる。 3月には新キャスト15人を一挙発表。 半沢の前に立ちはだかる新たな敵役に歌舞伎俳優の市川猿之助(44)古田新太(54)江口のりこ(40)筒井道隆(49)ら、半沢と一緒に闘う新たな同志役に賀来賢人(30)今田美桜(23)、ドラマオリジナルキャラクターの小料理屋の女将役に井川遥(43)が決定した。 外部サイト.

次の