結婚式 マナー 参列。 「 結婚式参列マナー 」返信、ご祝儀、当日の受付まで流れにそって解説!

葬儀と結婚式はどちらが優先?挙式側・参列側の両者の立場から解説!|終活ねっと

結婚式 マナー 参列

【プランナーが教える】結婚式の参列マナー10. 17 【プランナーが教える】結婚式の参列マナー10. 今回は、結婚式のテーブルマナーです。 カトラリーの使い方や食べ方など、多くの方が迷いがちなフォーマルな食事のマナーのこれだけは知っておきたい!という基本だけ紹介。 着席時とバッグのマナー テーブルに着いたら椅子には左側から座るようにしましょう。 席を立つ時も同じく左側になります。 スタッフが席を引いてくれた時はそのままエスコートを受け入れましょう。 バッグは背中と背もたれの間に置くのが良いでしょう。 膝の上ですとバッグが食事中に落ちてしまうこともあります。 大きめのバッグの場合は右側の足元に置くのがベターです。 なお、テーブルの上に置くのはマナー違反ですのでやめましょう。 ナプキンのマナー フォーマルな食事の場では欠かせないナプキンですが、正しい使い方ができていないと同席した方にマイナスな印象を持たれかねません。 基本的なマナーを順を追って解説します。 2-1. すぐ広げるのはNG!乾杯の後に二つ折りで膝の上に ナプキンは乾杯の後、主賓がナプキンを広げた後のタイミングで手に取って広げましょう。 着席してすぐに広げるのはマナー違反なので、乾杯前まではそのままにしておきます。 広げたナプキンは二つ折りにし、折り目側がお腹の方を向くようにして膝の上に乗せます。 ナプキンを首から下げる方もいますが正しいマナーではないため避けましょう。 2-2. 口を拭くときは内側を使う 口や手元を拭く時はナプキンを折った状態で内側を使って軽く拭きましょう。 カトラリーやグラス、テーブルの汚れをナプキンで拭くのはNGです。 また自分のティッシュで口を拭くのもマナー違反になるので注意しましょう。 女性の場合、グラスに付いた口紅をつい拭いてしまいそうになりますがNG行為です。 口紅は落ちにくいタイプを使う、開宴前にティッシュで軽く抑えておくなどの対策をしましょう。 どうしても口紅が付いてしまった場合は指先でグラスを軽く拭った後、ナプキンで指先をさっと拭きましょう。 2-3. 離席時は椅子の上、退席時はテーブルの上に置く 写真撮影など、式の途中に離席する時は軽く畳んだ状態でナプキンを椅子の上、もしくは背もたれにかけて席を離れましょう。 閉宴後、離席する時はナプキンを軽く崩してテーブルに置きます。 この時、きれいに畳まずに置くのがポイントです。 畳んだ状態だと「料理が美味しくなかった、サービスに満足できなかった」というマイナスの意味になってしまいます。 カトラリー(ナイフやフォーク)のマナー カトラリーとはナイフやフォーク、スプーンなどの呼び名です。 どう使うかわからずキョロキョロ回りを見渡してしまうのはマナーとしても避けたいところ。 最低限知っておきたいカトラリーのマナーを紹介します。 3-1. カトラリーは外側から順番に使う 食事で一番頭を悩ませるのがこのカトラリーの順序だと思いますが、「外側から順番に使う」というポイントをおさえておけばOKです。 ただし、中央の大きな飾り皿にあるスプーンはデザート用になるのでその点は注意しておきましょう。 3-2. 離席時はハの字にし、食べ終えたら右に揃えて置く 食事の途中でやむを得ず離席する際はナイフとフォークをハの字に置きにすることで「まだ食事中です」というサインになります。 この時、ナイフは刃を内向きにしましょう。 食事を終えた時はナイフとフォークを平行になるよう揃え、正面から見て右斜め45度くらいの位置におきましょう。 飲み物のマナー カトラリーと同じくグラスも様々な種類があります。 基本はスタッフがその時に応じたグラスに飲み物を注いでくれますが、グラスの使い方や飲む際にもマナーがあります。 ポイントをみていきましょう。 4-1. 注いでもらう時はグラスは置いたまま スタッフに飲み物を注いでもらう際、つい気を使ってグラスを持ってしまう方がいますがグラスは置いたままでOKです。 飲み物がいらない時はグラスの上に軽く手をかざしましょう。 また会場によっては席に飲み物が置かれ、自分たちで注ぐ場合もあります。 その時は勝手に注がず、司会者の合図を待つようにしましょう。 4-2. 乾杯はグラスを合わせず、胸の高さに上げる 乾杯になったらグラスを持って席を立ち、司会者の合図で乾杯をします。 この時、やりがちなのが周囲の人とグラスを合わせてしまうこと。 フォーマルな場ではグラスは合わせずに胸の高さに上げて「乾杯」と言うのがマナーです。 一口だけ軽く飲んだらグラスを置き、拍手をして着席します。 間違っても一気飲みはNGです。 また何らかの事情でお酒が飲めない方はグラスに口を付け、飲んだふりをするだけでもOKです。 乾杯酒は断らないのがマナーですので形だけでも乾杯を行うようにしましょう。 食事のマナー 食事はメニューによって細かなマナーがありますが、必要以上に気にすることはありません。 最低限守っておきたいことや避けたいNGマナーさえ知っておけば恥ずかしいことはありません。 順を追ってポイントをみていきましょう。 5-1. 椅子の背もたれに寄りかからず、ペースは周りに合わせる まず基本的な食事のマナーとして守っておきたいのが、椅子の背もたれに寄りかからないことと食事のペースを周囲と合わせることです。 食事は肩の力を抜き、背筋を伸ばしていただくのが所作としても美しく好印象です。 また食事のペースは周囲と合わせるようにするのがポイントです。 食べることだけに集中してしまいペースが早すぎたり、逆に会話に夢中になって遅くなったりするのはマナー違反。 コース料理の場合はテーブルごとに同じタイミングでお皿を下げるため、周囲の様子に気を配るようにしましょう。 5-2. パンはすぐ手をつけず、食べる時は一口大に パンははじめに運ばれることが多いですが、すぐにいただくのはNG。 お料理と一緒にいただくようにしましょう。 パンは一口大にちぎり、パン皿の上でバターなどをつけていただくのがマナーです。 ソースやスープにつけて食べる方も多いですがマナー違反になるため注意しましょう。 5-3. スープは音を立てず、手前からすくう スープは手前から奥にスプーンを運び、静かに口に運びます。 この時一番注意したいのが、つい音を立ててしまうこと。 スープ以外でも音を立てていただくのはNGですし、下品な印象になってしまいます。 スプーンのふちに軽く口を付け、吸わずに口に流し込むようにいただきましょう。 またフーフーと息を吹きかけて冷ます行為もマナー違反なのでやめましょう。 スープの残りが少なくなってきたら、お皿を手前に少し傾かせていただきます。 お皿を急な角度にして残りのスープを集めたり、スプーンですくえないような少ない量を無理にいただいたりするのはNGです。 5-4. 肉料理などのメインは左から一口ずつ切り分けて メイン料理ははじめから全て切り分けることはせず、左側から一口ずつ切り分けていただきます。 フォークの背に切り分けた肉などを乗せて食べる方もいますが、フランス式はOKでもイギリス式はNGなど国によってマナーが異なります。 曖昧な場合は避けた方が無難でしょう。 カトラリーを落としたり、使う順番を間違えたらどうする? カトラリーやナプキンを床に落としてしまったり、使う順序を間違えた場合は手を挙げてスタッフに知らせましょう。 会場側のマナーとしてスタッフが差し替えてくれるので、どちらも必要以上に慌てたり恥ずかしがることはありません。 6-2. 箸を使って食べたい時は? テーブルには箸が予め用意されていることが多いですが、もし無い場合はスタッフにお願いしてもマナー違反にはあたりません。 6-3. アレルギーがある場合はどうしたらいい? 食品アレルギーがある場合は事前に伝えておくとスムーズです。 招待状にアレルギー有無を書く箇所があればそちらに記入し、もし無かった場合は備考欄にその旨を書きましょう。 6-4. スピーチ中は食事はしない方がいい? スピーチや余興の最中は食事は止めた方が良いでしょう。 マナー違反ではありませんが、食事に夢中になっている姿は場の雰囲気を損ねてしまうこともあります。 ただし、はじめと終わりの拍手をしない、スピーチ中にお酒を注いでまわるのはNG行為です。 6-5. トイレに行きたくなったらどうする? 基本的に途中でトイレに行くことはNGではありませんが、式のはじめや終わり、新郎新婦や親族の挨拶やテーブル毎の写真撮影といった重要な場面は避けるようにしましょう。 トイレに行くタイミングは歓談の時間やお色直しの時がベストです。 6-6. お腹がいっぱい、苦手な食べ物がある場合は? どうしても食べられない時は残しても大丈夫です。 ただし、何もしないとお皿を下げてもらえません。 手を挙げてスタッフの方に一言伝えるようにしましょう。 6-7. テーブルのメニューやメッセージカードなどはどうする? 着席時に一通り目を通したらバッグなどにしまっておくのがベストです。 新郎新婦がせっかく用意してくれたものなのでテーブルにそのまま放置して帰ってしまうことは避けましょう。 プランナーが見た、NGなゲストのマナー テーブルマナーとあわせて避けておきたいのが、式の進行を妨げてしまうような行為です。 実際にプランナーが遭遇したのが「キャンドルを水に濡らして燃えにくくするイタズラ」。 新郎新婦と親しいがゆえのちょっとした悪ふざけのつもりでも、キャンドルサービスの雰囲気を損ねてしまい、他のゲストを興ざめさせてしまいます。 また「テーブルの写真撮影の順番が明らかにわかっているのに席を立つ」こともNGです。 このような行為は必要以上に時間を掛けることになり、スケジュールが押してしまうことも。 式の準備を当日まで重ねてきた新郎新婦に迷惑が掛かる行為はやめましょう。 まとめ フォーマルな食事は普段あまりする機会がない分、何も知らないと式で恥ずかしい思いをすることも少なくありません。 テーブルマナーは知れば知るほど細かいことが多いですが、結婚式では今回紹介したポイントだけざっとおさえて、周囲への配慮を第一に忘れなければ大丈夫です。 当日は食事を楽しみながら、新郎新婦を心からお祝いしましょう!.

次の

【プランナーが教える】結婚式の参列マナー10.これで当日困らない!基本のテーブルマナー《Q&A付き》

結婚式 マナー 参列

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 慶事である結婚式と、弔事である葬儀はどちらを優先するべきか• 忌中や喪中の時期に結婚式を挙げてもいいのか• 結婚式をあげる相手、亡くなられた故人との関係性から見る優先順位• 結婚式と葬儀の服装の違いについて 結婚式の準備を進めている、結婚式の招待を受けている時期に急な不幸の知らせが届いたときのためにも、どちらを優先するべきかマナーは押さえておきましょう。 ぜひ最後までお読みいただき、どちらを優先するべきかの参考にして下さい。 「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した 低価格かつ高品質なセットプランを 5つの葬儀形式からお選びいただけます。 「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。 葬儀と結婚式が重なった場合、どちらを優先すればいいか迷ってしまう事もあるかと思います。 ここでは慶事にあたる結婚式と弔事にあたる葬儀について解説し、 結婚式と葬儀のどちらを優先するべきかに関して説明しています。 結婚式は慶事 結婚や出産などのお祝い事を総称して、 慶事と呼びます。 慶事の代表的なお祝いごとが、結婚式や披露宴になります。 結婚式や披露宴はこれから新しい生活が始まる二人を祝して、御招待を受けたら出席するのがマナーです。 特に結婚する相手がご家族やご親族の場合、新しい家族や親戚が増える嬉しいお祝い事でもありますので やむを得ない理由がない限り出席するのが一般的です。 葬儀は弔事 慶事の対義語となる弔事とは、 人の死や通夜、葬儀などお悔やみ事を総称して弔事と呼びます。 葬儀はご家族やご親戚、知人など生前親しくしていた方との最後のお別れの儀式なので、結婚式と同様に参列するのがマナーになります。 弔事と慶事はどちらが優先? お祝い事の慶事は、後からいくらでもお祝いの気持ちを相手に伝える事は出来ます。 しかし、お悔やみ事の弔事はその日が故人の方との最後のお別れの日になります。 そのため、葬儀と結婚式が重なった場合は 弔事の葬儀に参列する事を優先することが多いです。 ただ、結婚式を挙げる相手がご家族やご親族などとても親しい間柄の方で、亡くなられた方はそれほど親しい間柄ではなかった場合は結婚式を優先してもいいでしょう。 葬儀に参列できない場合は、お詫びとお悔やみの気持ちを込めて弔電をうち、後日改めて香典を贈るのがマナーになります。 結婚式の準備中に喪中になってしまった場合 ご家族やご親戚に急な不幸があった場合、遺族やご親族は喪中や忌中の期間に入ります。 喪中と忌中の意味の違い、喪中に結婚式をおこなっても問題ないかなど様々な疑問があります。 ここでは、 喪中や忌中に挙式をする際の注意点について解説しています。 喪中や忌中って? 喪中や忌中はご家族やご親族が亡くなったあとの、 身を慎む期間を表しています。 忌中は「穢(けが)れである死を忌む期間」、喪中は「死者のことを思い、偲ぶ期間」と言われています。 忌中は宗派によっても異なり、仏式では四十九日の法要まで、神式では五十日祭までが一般的です。 喪中は宗派に関係なく、ご家族やご親族が亡くなられてから一年の期間を指します。 葬儀と同じ年に結婚式をおこなっていいの? 喪中や忌中の間は結婚式などの慶事は避けるのが基本です。 自身の結婚式、また結婚式に招待を受けた場合も喪中の期間でしたら、先延ばしにするか事情を話し出席は辞退するのがマナーになります。 昔は「身内を亡くした親族には穢れがある」といわれていたため、とくに忌中の期間は出来るだけ外出する事も控えるという慣習もありました。 そのため喪中や忌中の期間は、結婚式以外に家の新築、神社へのお参り、神事のお祭りなどの参加も避けるのが一般的です。 近年は考え方も柔軟になっていて、故人が生前楽しみにしていたお祝い事は故人もきっとお許しくださるだろうと捉える方も多くなっています。 しかし、ご親族の中には昔の風習を重んじる方も多くいらっしゃいますので、ご自身の結婚式を葬儀と同じ年に挙げたい場合は ご家族やご親族とよく相談をして納得を得る事が大切です。 ご招待をした相手の中にも慣習を重んじて、喪中の間に結婚式を挙げる事を良く思われない方も多くいらっしゃいます。 出来れば喪中が明けてから結婚式を開催する方が誰からも祝福される結婚式になります。 喪中に挙式をする場合の注意点 喪中の期間にどうしても結婚式をあげたいという場合は、 まずご家族や親族とよく話し合い了解を得る事が大切です。 特に目上の方の場合「喪中に結婚式を挙げるのは不謹慎」と捉える方も多いので、納得を得られないまま話を進めてしまうと式への出席を辞退されるなど身内とのトラブルに発展してしまう場合もあります。 また式場によっても異なりますが、 神前式を挙げる場合は事前にお祓いなどが必要になる事もあります。 喪中に挙式をあげる場合は、式場にその旨を伝え確認をとるようにしましょう。 忌中に挙式をする場合の注意点 忌中(仏式では四十九日・神式では五十日)の期間は、故人が亡くなられてから日も浅いので悲しみもまだ癒えない事も多くあります。 また、ご遺族の場合は通夜や葬儀の準備など慌ただしい日が続きます。 ご親族もまた故人を偲び「まだお祝いをする気持ちにはなれない」という方も多くいらっしゃるかと思いますので、出来れば 延期をする方向で進めた方が良いでしょう。 ただ、生前の故人の意向などを汲んで忌中の期間に挙式をあげる場合は、故人の意向だと言う事をご親族に伝え納得を得る事が大切です。 また、 派手な披露宴などは避けて近親者のみなど小規模で行う方が良いでしょう。 忌中の場合特に神前式を挙げる場合は、事前にお祓いなどが必要になる事もあります。 式場に忌中である事を伝え、確認をとる事も必要です。 結婚式の参列と葬儀がバッティングした場合 結婚式に出席する当日や、もう出席する旨を先方に伝えた後に、急な不幸の知らせが届く事もあります。 先に結婚式より葬儀を優先するのがマナーと紹介しましたが、結婚式をあげる相手、亡くなられた方との関係性によっては結婚式を優先する場合も多くあります。 ここでは、結婚式をあげる相手、亡くなられた方との関係性別に、 結婚式と葬儀がバッティングしてしまった場合について解説していきます。 家族・親戚等に不幸があった場合 結婚式に参列する当日、もしくはもう出席の意向を相手に伝えていた場合も、家族や親族に不幸があった場合は 通夜や葬儀を優先するのがマナーです。 結婚をお祝いする気持ちはいつでも伝える事が出来ますが、家族やご親族など身内の方が亡くなった場合は通夜や葬儀は故人の方との最後のお別れの場になります。 ご親族の不幸より結婚式への参列を優先してしまえば、その後ご親族との関係に亀裂が生じてしまう場合も多くあります。 結婚式を挙げる方やそのご家族、親戚の方も、忌中に出席される事を良く思われない方も多くいらっしゃいますので、状況を伝えれば急な欠席の申し出も快く了解してくれるでしょう。 それほど親しくない方に不幸があった場合 結婚式を挙げる方が家族や親族など親しい関係の方で、亡くなられた方がそれほど親しくない間柄の方の場合は 結婚式を優先することも可能です。 ただし、葬儀に出席できない事へのお詫びとお悔やみの気持ちを込めて弔電をおくり、後日改めて香典を届ける、もしくは郵送するのが一般的です。 葬儀に参列できない理由が慶事に参加するのでは先方も快くは思われないので、参列できない理由は「どうしても都合がつかず」など 慶事に出席する事には触れずに伝える事も大切です。 葬儀の欠席を伝える際の文例については、以下の記事で詳しく紹介しておりますのであわせてご覧ください。 黒の礼服は冠婚葬祭に着用する事が出来ますが、礼服と黒のビジネススーツでは同じ黒でもカラーが異なります。 また女性の場合はアクセサリーやバッグなどに違いもあります。 ここでは 葬儀と結婚式の服装の違いについて解説していきます。 スーツは同じでいいの? 礼服は冠婚葬祭に対応していますので、 礼服は葬儀と結婚式どちらに着てもよいです。 ただ礼服と黒のビジネススーツでは、同じ黒でも多少カラーが異なります。 礼服の濃い黒に対して、ビジネススーツの黒は少しグレーががっているため葬儀で皆さん礼服を着ている中に入るとその違いは良く分かります。 葬儀の際は黒のビジネススーツではなく、礼服を着用するのがマナーになります。 結婚式の場合は礼服以外にも濃紺やチャコールグレーのビジネススーツを着ている方も多いので、黒のビジネススーツを着ても一人浮いてしまうという事はありません。 結婚式に礼服で出席する場合は、チーフやタイピン、カフスなどで華やかさをプラスしてもいいでしょう。 ネックレスやバッグは変えるべき? 葬儀の際は 白、黒、グレーの真珠の一連ネックレス、光沢がない黒のバッグが基本です。 真珠は昔から「涙の象徴」とも言われているので、葬儀の際にも相応しいネックレスになります。 ただし、2連、3連の真珠のネックレスは不幸が重なると考えられるので、マナー違反となります。 結婚式に礼服を着用される場合も、 白の真珠のネックレスで問題ありません。 ただ礼服に白の一連ネックレスだけでは葬儀のイメージが強くなってしまいます。 コサージュをつけたり光沢のある華やかなバッグにしたりと華やかさをプラスした方がお祝いの席らしい服装になります。 2連、3連の真珠のネックレスを用いても華やかさがプラスされますし、羽織り物を華やかなレース仕様の物にしても良いでしょう。 下記の記事では、葬儀での服装についてより詳しく説明しています。 こちらもあわせてご覧ください。 結婚式と葬儀が重なってしまった場合は、故人との最後のお別れとなる葬儀を優先するのが基本である。 忌中や喪中の時期は、結婚式は延期し喪中明けに行うのがマナーである。 ただ故人の生前の意向などもあり喪中の期間に結婚式をあげる場合は、家族や親族とよく話し合い、納得を得る事が大切。 基本は葬儀を優先するのがマナーであるが、結婚式を挙げる相手が家族や親族など関係性が深く亡くなられた方はそれほど親しくない間柄の場合は結婚式を優先される方も多い。 礼服は冠婚葬祭に着用する事が出来るが、結婚式に礼服で出席する場合男性はタイピンやチーフなど、女性はネックレスやコサージュ、バッグなどで華やかさをプラスする。 結婚式の準備を進めていたり、結婚式に出席するのを楽しみにしていたりする時期にも、突然不幸の知らせが届く事はあります。 お祝い事やお祝いを祝福することはこの先に伸ばす事も出来ますが、葬儀は故人との最後のお別れの儀式です。 関係性にもよりますが、後悔のない選択をするようにしましょう。 「終活ねっと」では、葬儀の費用や費用の内訳を安くする方法も下記の記事で詳しく解説していますので、興味がありましたら参考にして下さい。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

「 結婚式参列マナー 」返信、ご祝儀、当日の受付まで流れにそって解説!

結婚式 マナー 参列

こんにちは。 クリーマ編集部の庄司です。 大切な友達や、職場の仲間の結婚式にお呼ばれした時、何を着ていくかということと同時に悩むのが、一緒につけるアクセサリーと、そのマナー。 花嫁・花婿が一生懸命に準備してきた大切な一日だから、きちんとマナーにも配慮しつつ、おしゃれにドレスアップしてお祝いしたいですね。 今日は、結婚式でゲストがつけるアクセサリーのマナーを解説。 アクセサリーをつけないのはダメ?指輪はつけていいの?などの疑問や知っておきたいマナーについて、ウェディングプランナー経験者であるスタッフに実際に教えてもらいました。 ネックレス、ヘアアクセサリー、ピアス・イヤリング、ブレスレットなど、アイテムごとにおすすめのアクセサリーもご紹介。 パール以外におすすめの素材もありますよ。 アクセサリー選びの参考にしてみてください。 結婚式のアクセサリーマナーに関する疑問 Q. どんなものを選ぶのが良いですか? 「華やかだけど派手すぎないもの」を選ぶと良いと言われていますが、難しいですよね。 そんな時は、会場の雰囲気に合わせることを考えると、選びやすくなりますよ。 招待状を貰ったら、会場をチェックしてみてください。 格式高いホテルなのか、オリジナル性の高いゲストハウスなのか、カジュアルなレストランなのかがわかると思います。 ホテルならパールのアクセサリーでクラシカルな装いに、レストランならもう少しカジュアルにと、会場の雰囲気に合わせるとおしゃれに見えます。 また、招待状にパーティーコンセプトやドレスコードが書かれている場合は、可能な限りテーマに合わせていくと喜ばれます。 ドレスを毎回変えるのは大変ですが、アクセサリーだと会場の雰囲気やテーマに合わせてコーディネートしやすいですね。 元ウェディングプランナースタッフから Q. アクセサリーをつけないのはOK? アクセサリーをつけないことがマナー違反になることはありませんが、お祝いの気持ちとして華やかさはあった方が良いです。 特に結婚式は男性の多くが黒スーツなので、女性は色や柄ものを着用して会場全体を華やかに演出したいところですね。 また、結婚式は他のイベントとは違い、あとで写真を見る機会が多いもの。 さらに、フォトジェニックな写真を残したい新郎新婦が増えている中、おしゃれして参列してくれること自体が新郎新婦にとっては嬉しいことなんです。 華やかに装うことで、新郎新婦が後で写真を見返した時にも、お祝いの気持ちを残せます。 元ウェディングプランナースタッフから Q. 昼の式と夜の式では、アクセサリーのマナーは変わりますか? 一般的には、昼の式は清楚に、夜の式は少しきらびやかに装います。 これは実際には写真写りの問題であることが多いようです。 昼の式では、屋外の自然光のもとで写真を撮ることもあります。 この時にゴールドやビジューなどのアクセサリーをつけていると、反射した太陽の強い光が写真に写り込み、悪目立ちする可能性が。 そのため、昼の式では強く光るアクセサリーは、「花嫁より目立たない」という基本マナーを守るために、避けたほうが無難です。 夜の式では、室内照明に映える、宝石やゴールドなどのアクセサリーをつけると場が華やかになります。 ただしこの場合も、花嫁より目立ってしまわないよう、上品なものを選ぶといいですよ。 元ウェディングプランナースタッフから Q. 結婚指輪、婚約指輪はつけて良いですか?.

次の