きびなご 漢字。 「いかなご」と「きびなご」の違いを調べていたら、ただの「なご」繋がりではないことがよく分かった

「いかなご」と「きびなご」の違いを調べていたら、ただの「なご」繋がりではないことがよく分かった

きびなご 漢字

キビナゴ 企画管理部 日本の旬 魚のお話(春の魚-6) 吉備女子 きびなご 旬 キビナゴは、体側に美しい銀色と青の帯をもつ小さな魚で、産卵期である春先に多く獲れたことから、昔は肥料として、またはカツオやタイの一本釣り用の餌として、利用されていた。 しかし、キビナゴはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含むことから、近年は健康食品としての人気が高く、特に産地である鹿児島では人気が高い。 産卵が近づくと群をなして海岸にやってくるが、この産卵前の春先から初夏が旬である。 命名 九州や四国方面の呼名が和名となっている。 漢字の「吉備女子」、「黍魚子」などは当て字で、呼名の語意とは関連がない。 鹿児島南部では「帯」のことを「キビ」ということから、小魚の体側中央部にある青白色の模様を帯とみて、「帯 きび の小魚 なご 」と呼ぶのであろう。 地方名 キッポ 鳥羽 ・・・・・・・・小魚の意味から「寸魚 きお 」の転呼でキッポと呼ぶ。 「寸 き 」は古代の尺度の単位で現代の 寸 すん にあたる。 カナギ 九州・山口 ・・・糸のように細い魚の意味。 古語で「カナ」は糸のことであり、「ギ」は魚名語尾。 この地方では イカナゴもカナギと呼ぶ。 ハマゴイワシ 伊豆 ・・・・春の産卵期になると岸近くに群がることから、「浜魚 はまご イワシ」の意。 ジャムキビナゴ 長崎五島 ・・・・「ジャム」は「ジャミ」の転呼で、極めて小さいものをいう。 細身や細魚の意。 シュレン 奄美 ・・・・・・・呼名の語意は不祥であるが、珠簾 タマスダレ のように、すがすがしく美しい魚の意であろうか。 シザコ 種子島 ・・・・・・イワシの仲間なので、「ジャコ」が訛って「ザコ」になった。 英名 Banded blue-sprat White striped blue-sprat ニシン目ニシン科キビナゴ属 ニシン科の仲間には、ニシン、マイワシ、サッパ、ウルメイワシ、コノシロがいる。 キビナゴ属は世界に5種が知られ、日本にはそのうち、キビナゴ、バカジャコ、ミナミキビナゴの3種が生息する。 ニシン科の中でも、とくにスマートな体形の持ち主である。 分布 関東及び山陰沖以南、中部太平洋やインド洋に広く分布する。 暖海の沿岸から沖合の表層域に生息する。 形態 体は側扁して細長いが、側線はなく、尾ビレの後縁は深く切れ込んでいる。 各ヒレに棘 とげ を持たず、眼は大きく、その直径は吻長よりも長い。 吻端から尾ビレまでの体側に、幅の広い銀色の帯が縦走しているのが特徴で、腹面に稜鱗 りょうりん がないことから他の多くのイワシと区別でき、体長は10cmになる。 産卵 春から初夏にかけて、内湾や入江などの静穏域で産卵する。 卵は直径1.2mm前後の球形をしており、イワシ類には珍しい粘着沈性卵。 卵の表面には粘着層があり、産み出された卵は沿岸の岩礁や海藻、および砂底に付着する。 孵化直後の仔魚は全長5mm。 成長 幼魚期は、沿岸の浅海域で動物性プランクトンを食べて成長する。 昼間は水面近くを群泳しているが、夜間は表層から中層に分散していることが多い。 また、水深15m前後の砂底より1〜2m上層を、10万尾近い群で泳ぐこともあるといわれている。 体長5cm程になると沖合へ移動し、生後1年で成熟、寿命は1〜2年と思われる。 走行性 産卵前後の夜間には、港内の外灯や船の停泊灯の下に集まっているが、非常に臆病で、人影が動くと敏感に反応して沖へと逃げてしまう。 デリケートな魚 大変きれいな水の中でしか生きていけず、その上、ほんの1秒でも水から出すとすぐに死んでしまう為、水族館でも長期飼育できた例はない。 ウロコなども、人間の手に触れただけでボロボロと落ちてしまうという。 漁法 巻網や刺網で周年漁獲される。 特に産卵期には、定置網や地引網などでも漁獲される。 暗闇に灯を消して出港し、群を発見すると2000ワットの集魚灯を灯す。 キビナゴが船の周辺に集まり、グルグルと回り始めると一面が銀白色となる。 この状態で集魚灯の灯を突然弱めると、キビナゴは狂ったように水面にセリ上がってくるので、こうして集まったキビナゴを網で囲んですくい上げる。 鮮度が一番 キビナゴは夕方に餌を食べる。 餌は赤い色をしているアミエビで、アミを食べたキビナゴの腹は赤くなる。 この色が消えるのは消化が終わった午前3時以降となり、その頃から漁が始まるのも、このためである。 腹にアミが少しでも残っていると鮮度落ちが早くなるという。 食べ方 身が軟らかいので手開きにする。 まず全体に塩を振り、20〜30分おいてからサット水洗いして手開きにする。 獲れたてを刺身にして食べるのが一番美味しく、薬味には生姜が合う。 鹿児島では、手開きにして菊の花をかたどって並べた刺身「菊花造り」が有名。 天ぷらや唐揚げ、フライなどの揚げ物に向いており、丸ごと使うことも多く、唐揚げにしたものでマリネをつくっても美味。 また、サットと煮付けてもよいし、佃煮や甘露煮にすると日保ちもよい。 塩と薄口醤油で味付けした「すまし汁」はサッパリとした味わいで、また、酢の物にすれば夏の涼しい一品となる。 一夜干ししたキビナゴを、表面が少し焦げる程度に焼き、アツアツを食べると脂もほんのり乗ってシシャモに似た味がする。 あまり焼き過ぎないのがコツ。 すき焼き 種子島の郷土料理 ・・・・小鍋に醤油、ダシ、酒、味醂などで作った少し濃い目のタレを張り、熱したところに食べる分ずつ キビナゴを入れる。 煮込まずにサッとくぐらす程度がよい。

次の

青魚の種類 一覧

きびなご 漢字

青魚の種類 一覧 ニシン科• ニシン(鯡)• キビナゴ(黍魚子・吉備奈仔)• マイワシ(鰯) サバ科• マサバ(真鯖)• マグロ(鮪)• カツオ(鰹)• サワラ(鰆)• タチウオ(太刀魚)• サンマ(秋刀魚) サンマ科• サンマ(秋刀魚)• トビウオ(飛魚) アジ科• マアジ(真鯵)• カンパチ(間八)• ヒラマサ(平政・平鰤)• ブリ(鰤) 青魚とは?どのように分類される 青魚とは、他の魚と比べると魚の見た目の姿から分類される とされている。 身は赤い魚がほとんどだが、青身魚などと呼ばれることも ある。 一般的には 背の部分が青緑色を帯びた魚が、青魚に 分類される。 イワシ類、サバ類、アジ類、マグロ類など または青魚のことを、別に青物と呼ぶこともある。 青物というのは、やや 大きめの魚に対して使われることが主に多い。 ブリ、サワラ、カンパチ、ヒラマサ、マグロ、カジキなど。 青魚は栄養分としてドコサヘキサエン酸(DHA)や エイコサペンタエン酸(EPA) を多く含む魚としてよく知られている。 一般的な生態は 海の表層で活動し、大きな群れを成して 活発に泳ぎ回遊する。 白身魚との違い 青魚の行動の特徴の一つとして、大きく動き回る必要があり 血液色素タンパク質の量が白身魚に比べると多い。 これが、白身魚や赤身魚などと分類される 目安となっている。 青魚はおもに色素タンパク質が豊富に含まれている ので赤身魚に分類されます。 白身魚に分類される魚は、青魚と比べると大きく遠距離を 回遊し続けたりはせずに、近海にとどまり行動範囲が それほど広くない魚が多いです。 青魚の種類 ニシン科 ニシン(鯡)(画像はタイセイヨウニシン) By: 全長10cmほど小さいニシン科の青魚、よくスーパーなどで 長崎産のものが200円程度で売られています。 釣りの餌としてもよく利用される魚です。 マイワシ(鰯) イワシ類の青魚の種類はかなり多く、よくスーパーで売られるのはマイワシ。 背が青く、腹が白い。 イワシもDHAやDPAを多く含むので有名です。 マイナーですが、ボラによく似るトウゴロウイワシなどもいます。 青魚の種類 サンマ科 サンマ(秋刀魚) 代表的な青魚の種類、 細長くとがった頭部で他の青魚と見分けやすい。 昔は日本各地の防波堤でもよく釣れていたよう。 最近、中国や台湾でかなり需要が増えてきたようで、値段が上がっていきそうな。 切り身が釣りの餌などでもよく利用されます。 トビウオ(飛魚) By: 胸鰭が羽状になっているのでわかりやすい青魚の種類。 アジのように、目玉が体と比較すると大きい。 やや身が固めな青魚、たまにスーパーなどで鹿児島産が売られることがあり。 時期にもよりますが鹿児島からフェリーで沖縄や屋久島などに行く際に 飛んでる姿をお目にかかれることもあります。 青魚の種類 アジ科 マアジ(真鯵) 青魚のなかでは、サバ、サンマとともに代表的な魚。 体中央の 少し曲がったラインが特徴的でわかりやすい。 他の魚とくらべると胸鰭が長く大きい。 近縁種にシマアジ、メアジなどがある。 アジの種類の中では最も多く漁獲される。 安価でどこにでもよく売っている一般的な青魚の種類。 カンパチ(間八) By: 姿は他の青魚のカンパチ、ヒラマサ、ブリはよく似ている。 カンパチはヒラマサやブリと比べると 体の大部分が銀色。 ブリ類はyellowtail と呼ばれ、各ひれが黄色いが カンパチは褐色であり黄色くない。 カンパチというのは東京付近の呼名で、他の地域ではまた呼び名がことなる。 北陸でアカイオ、関西以南ではアカハナ,アカバナ,アカバラなどと呼ばれることも。 カンパチという名前の由来は、眼の部分の黒帯が、背側から見ると 漢字の八の字のように見えるのでカンパチ 間八 と呼ばれるとされる。 青魚でも高級な種類、よく寿司などで利用される。 2~3kgのものが最も美味とされている。 ヒラマサ(平政・平鰤) By: ヒラマサは ブリにかなり似ている、胸鰭が腹鰭より短く、黄色の縦帯わかりやすいので ブリと見分けられる。 刺身や寿司でよく利用される青魚の種類。 夏に美味しいものが良く取れる。 ブリ(鰤) ヒラマサとよく似ている、ブリは胸鰭は腹鰭より長いか同じ。 スーパーなどではアジと同じぐらい、良く売られる青魚の一つで 刺身などで売られているのは、ツバス、ハマチなどと明記されて 売られていることが多い。 ツバスのほうが、ハマチよりも柔らかくて、生臭身がすくなく やや美味のように思える。 売られるものは養殖が主だが、時期には天然も多い。 冬に取れるブリは寒ブリといい、非常に美味。 沖でしか取れない魚のように思えるが、防波堤などからも 釣りあげられる魚の一つ。 青魚の種類 サバ科 マサバ(真鯖) 代表的な青魚の種類の一つ、 背中の部分のトラのような模様が特徴的でわかりやすい。 おなじみのDHA,EPAが多く含まれるので有名。 非常に痛みやすく、生でとってきたものは表面がかなりべた付く。 秋には脂肪がのり、「秋さば」といわれ非常に美味。 マグロ(鮪) By: こちらもマグロに似るが、体に横じまが入るのでわかりやすい。 同じ科のサバと同様に身が痛むのがはやい。 タチウオ(太刀魚・魛) 姿をみると一目で見分けることができるとおもう。 名前の由来は太刀から来ている、英名はサーベルフィッシュ。 立って泳ぐのだが、立ち魚ではない。 ごつい姿ですが、防波堤からわりと簡単につれる青魚の種類。 サワラと同じフィッシュイーターでかなり鋭い歯をもつ。 歯に少しまちがって触れるだけで、けっこう血が出るほどの鋭さ。 料理するとき、銀粉(グアニン)が包丁やまな板にこびりつく。 サワラ(鰆) サバとかに比べると かなり細長い魚体なのでわかりやすい。 比較的安価。 朝まずめに港などに小魚などが、群れ流れ込んでくると太刀魚など とともに小魚を追い掛け回す、姿をながめられる事がある。 イワシやアジなどの魚を捕食する為に鋭い歯を持つ。 (写真のように鋭い歯を持つ、釣って針を取るとき面倒) サワラもスズキやブリと同じように成長するにつれて呼び方が変わる魚。 50cmぐらいまでのサイズの個体を、関西ではサゴシと呼ぶ 50~70cmがヤナギで、70cm以上になるとサワラと呼ばれる 関東では50cmまでのサイズをサゴチと呼ぶ。 36cm程度のサワラの若魚、サゴシ サバに似ているので、味もサバに似たようなものかと 思われるかもしれないが、サワラはやや淡泊で癖のない感じの魚。 煮つけにしてみると、カレイの煮つけのような感じになる。 サゴシを刺身にするとビンチョウマグロのような感じ、食べる時皮がやや面倒 なので、皮をはぎ取るか、カツオのたたきのように炙ったりするといいようだ。 青魚 アレルギー 青魚のアレルギーは、免疫反応から 起こるアレルギーと、アレルギー様食中毒の2種類があります。 ここでは青魚を食することでのアレルギーによくみられる アレルギー様食中毒(ヒスタミン中毒)の内容を取り扱っておきます。 「アレルギー反応」は食物アレルギーの方が起こりますが 「アレルギー様食中毒」は免疫反応とは無関係でだれにでも 起こることのある青魚のアレルギーです。 普通青魚を食べても問題のない人が、取り扱いの悪い 鮮度に問題のある青魚を食べることによって 起こるものなので、青魚アレルギーがないような方でも 注意が必要となります。 アレルギー様食中毒の症状 じんましん、顔面紅潮、吐き気、 嘔吐、下痢、腹痛、舌や顔面の腫れ、頭痛、発熱等。 主に軽症であることが多く、数時間後に すみやかに症状が回復する。 青魚に蓄積されたヒスタミンがアレルギー様食中毒の原因 アレルギー様食中毒の原因は 青魚に蓄積されたヒスタミンが元となっています。 特に本マグロ、カツオが多い。 ヒスタミンを取りすぎると、症状が現れる ヒスタミンは過剰摂取すると、アレルギー様食中毒の 症状が現れる。 蓄積により味や臭いを変えないため食中毒(ヒスタミン食中毒)の原因となる。 食中毒 スコンブロイド食中毒)の原因となりやすい魚種は一部の赤身魚、青身魚である 出典 — ヒスチジンはいろいろな魚にも含まれますが 、『青魚』に含有量が多く 時間の経過とともにヒスタミンに分解させられていきます。 ヒスタミン産生菌の時間の経過 時間とともにヒスチジンが分解されるのは ヒスタミン生成菌によって行われます。 ヒスタミン生成菌• Morganella morganii(モルガン菌)• Klebsiella oxytoca• Photobacterium phosphoreum• 各青魚の、ヒスチジンの含有量 各青魚のヒスチジンの含有量は以下の図のようになっています。 出典 — サバがヒスチジン含有量多いように思えますが、 天然ブリ、カツオ、本マグロがさらに 多く、 本マグロの含有量はサバの2倍近くもある とされています。 サバは鮮度が落ちるのが早いので注意する人も多い と思いますがブリや本マグロも鮮度には注意して おいたほうがいいということがみて取れます。 青魚のアレルギー様食中毒の件 以下は各魚の全国のヒスタミン食中毒の件数の割合です。 こちらも上記のヒスチジンの含有量と似ていますが 魚の漁獲量なども関係してくるのでややことなります。 出典 — 登田ら「国内外におけるヒスタミン食中毒」 カツオはヒスチジンの含有量が多いですが、カツオのたたきに すぐに加工されることがほとんどなので、このように少ない 割合になっていると考えられます。 鮮度が悪い青魚を食べることがアレルギー様食中毒につながる 青魚の保存の状態が悪い時間が 長ければ、ヒスタミンに多く分解されアレルギー様食中毒に なりやすいです。 厄介なのは青魚に蓄積されたヒスタミンは 寄生虫のように、 高温で加熱しても影響がなくなると いうことがないので、鮮度の悪いヒスタミンの溜まった青魚は 加熱調理しても、アレルギー様食中毒が出てしまうことが あります。 加熱調理をすることにより、ヒスタミン生成菌は死にますが、ヒスタミンは熱に強いため分解されません。 そのため、生食用、加熱用の用途にかかわらず生食用と同様の衛生管理が必要です。 出典 — 青魚は他の白身魚などに比べて、鮮度の取り扱いに十分に 注意しないと食材として使うには問題が出る場合がありますので 夏場などで青魚を買う場合は持ち帰る時も鮮度には気をつけて おきましょう。 アレルギー様食中毒の予防対策 ここまで見ていただければわかると思いますが 青魚の 「アレルギー様食中毒」の対策は、鮮度の悪い 青魚は食べないということです。 青魚は常温で放置することによって、ヒスチジンが分解が早く 起こりやすいので、 常温保存はしない。 冷蔵していても 長期保存によってヒスタミンの量が増えることも あるので早めの食する。 ヒスタミンが青魚に大量に含まれていると食べたときに 舌が「ピリピリ」とすることがあるので食べるのを控える。 ヒスチジンの多く含まれるようなサバ、天然ブリ、カジキ、カツオ、本マグロ などの青魚を食べる場合はできる限り、信頼できるような、鮮魚店で購入すると いうということがアレルギー様食中毒の予防策になります。 TAGS:青魚.

次の

きびなごは出世魚かどうか?

きびなご 漢字

はてなキーワードでは、なぜか いかなごが、「食」の検索結果で一番目に表示されている。 春の風物詩として知られるこの「いかなご」だが、どのような食べ物かと訊かれると、「?」マークばかりが浮かんでくる。 なにはともあれ、調べてみることにした。 いかなごの正体は? 写真を見ればお分かりいただけるように、魚だね。 もっとも、年がら年中とれるわけではなく、漁が解禁になるのは2月で、3月の下旬にならなければ市場には並ばない。 ちょうど、この記事を書いている今この時期が、漁の真っ盛りになるのだろう。 ところで、 いかなごってどんな魚か分かるかな? 写真からはサヨリのようにも見えるが、口が長くない。 それに、実際にこの魚を魚屋で見ることはない。 また、これに似た名前のものに、 きびなごってのがあるが、こいつのこともついでに知りたいと思う。 これが結構面白いので、できれば最後までお付き合い願いたい。 どんな魚かと訊かれると、「さかなくんが好きそうな魚」のようだ。 なるほど、名前にはいささか面白い由来がある。 Wikipediaで調べても、名前の由来までは書かれていなかった。 しかし、探せば意外とあるもので、かなり親切に説明している図鑑があった。 それによると、 いかなごを漢字で書くと、 玉筋魚とか、 如何子となる。 そういえば、玉袋筋太郎って芸人がいたが、ひょっとして親戚筋か。 由来や語源を見たところ、これは関西での呼び名だそうだ。 広くは兵庫県で使われている。 関東では コオナゴ(コウナゴ)が一般的だ。 その昔、たくさんとれる小さな魚が いかなる魚の子であるか分からないことから、誰かが 如何子と書いたのが、 いかなごの名前の始まりといわれている。 まあ、名前の由来は諸説あるので、話半分に聞いておいてもらいたい。 それに、もしこれがタコの子だったら、何のタコか分からないからといって 如何蛸と書いて、 いかたこと読むだろうか? 洒落にもならんな。 先ず信憑性はない。 カマスの幼魚という人もいる。 いかなごは、その大きさによって呼び名も変わる。 東京ではコオナゴと云い、六月上総から来るものはコオナゴカマスと云い、佃煮としてはカマスジャコと云って売っている。 「図説有用魚類千種 正」より。 大阪ではカマスゴ(梭子魚子)。 これはシュロや藁で編んだ叺(かます)に入れて運んだため。 「広辞苑」より。 京都や大阪でも、非常に小さなイカナゴのちりめんを「かなぎ」と呼ぶ。 関西、兵庫などでは生まれたばかりのものをシンコ(新子)と呼び、漁期初めの非常に小さいものはコナと呼ぶ。 成長したものをフルセ(古せ)と呼ぶ。 北海道ではオオナゴと呼ばれている。 体調は20cmほどになるが、鮮魚として出回ることはない。 ある意味、可哀想な運命を背負っている。 なぜなら、加工品 (くぎ煮やしらす干し)として売られることがほとんどで、その姿を見かけることがないからだ。 20cm以上になるものを メロウド (一部の地方では)と呼び、刺し身にして食べることがある。 この時は魚の姿全体を見られるが、それは魚をさばく人に限られ、客の目に映ることはない。 ちなみに、いかなごを、醤油と砂糖と酒を入れて煮込んだものを くぎ煮と呼ぶ。 これは、煮られた魚の姿が古くて錆びたクギに似ていることから、この名が付いた。 加工品としての需要が多いこともあり、味はそれほど良いとは言えない。 ブリやマグロのように持て囃されることはなく、サンマやサバほどのポピュラーさもない。 いかなごは、認知度の低い、日陰者のような魚だった。 きびなごの正体を見た いかなごを知ったついでに、 きびなごのことも知っておこうと思う。 そもそも、 きびなごと いかなごは何がどう違うのか? これも、写真を見れば一目瞭然だ。 魚だな。 間違いない! 名前の由来は、鹿児島で帯のことを「きび」といい、この魚の体に走っている線が帯に見えることから、 きびなごと付いた。 なごは、「小さな魚」という意味だ。 他には、岡山県と広島県を合わせた地方を 吉備と呼び、そこでよくとれる小さな魚だから、 きびなごとなった。 その正体は、イワシの一種だ。 いかなごに比べると需要が高く、かなり人気の魚である。 元来、イワシは足が早く (傷むのが早いこと)、そうそう新鮮なものが店頭に並ぶことはない。 水揚げ量はあっても、地元で消費されるのがほとんどだ。 海の中では群れで行動するので、大型の魚の格好の餌食になる。 カツオ漁などで「ナブラが立つ」というが、これは小魚が群れていることを指し、そこには大型の魚がいるというサインでもある。 きびなごは、このカツオ漁の撒き餌にも使われる。 もちろん、食用としても一流で、値段は安いが色々な調理法が楽しめる。 身が柔らかく、骨が剥がしやすいので、指を使ってでも体が裂ける。 人気の料理は刺し身だが、天ぷらに良し、たたきにも良し、つみれにしても美味しい魚だ。 成魚でも10cmほどにしかならず、頭から尻尾の先まで食べられる。 新鮮なものなら臭みもなく、一夜干しともなればアジの開き以上に旨味がある。 一匹を丸ごと食べられるので、栄養面においても高い評価を受けている。 きびなごは、誰からも愛される隠れ人気キャラのような魚だった。 終わりに 魚か肉か、どちらが好きかと訊かれれば、個人的には肉が好きだ。 食べたいのは肉だが、サバやアジの干物もよく食べる。 特に、関サバの干し物にはちょっとうるさい。 いかなごを食べるならちりめんにしたようなものがよく、きびなごなら天ぷらがいい。 光物の刺し身には、どうも箸が伸びないが、タタキになれば結構行ける。 いかなごもきびなごも、安価で手に入る魚だが、鮮度を問うならマグロ以上だ。 これがなかなかバカにできない。 魚食離れが進む日本だが、たまには魚もいいものだ。 少なくとも、肉食よりは健康的といえるだろう。 太り難いのも魚食で、特にこの きびなごはおススメだ。 そういえば、肉食女子がいる一方で、そろそろ魚食女子が出て来てもいい頃だ。 どんなタイプの女性だか、想像するだけでも面白い。 wwptalk.

次の