外壁 塗装 近隣 挨拶 文。 外壁塗装をするのに近隣への挨拶は必要ですか?【A様の質問】

外壁塗装の近所挨拶の範囲は?持って行くものは?

外壁 塗装 近隣 挨拶 文

関連記事 1.なぜ、外壁工事前の挨拶は必要なのか? 自分の家の外壁工事をするのに、なぜ近所の人に挨拶をしなくてはいけいないのか、疑問に思う人は少なくないようです。 確かに、自分の家の外壁工事なので、他人の家をいじるわけではありません(敷地が狭い場合は、了解を得てから敷地内に入らせてもらう場合もある)。 しかし、そこで考えなくてはいけないのは、普段見ない人が出入りしたり、普段と違う音や臭いがするということなのです。 また、外壁工事をする際は、高いところで工事することも多く、近所の家の中が見えてしまうこともあります。 事前に伝えることで、近所の人の注意を促すことができるのです。 もし、近所の人が外壁工事を知らずにカーテンや窓を全開していたら、お互い気まずい思いをします。 プライバシーに配慮するためにも事前に伝えるということが大事なのです。 関連記事 2.いつ、何を持ってご近所挨拶に行くべきか? 近所挨拶は、一週間前位から始めたいものです。 留守のお宅もあると思いますので、少し余裕をもって回った方が良いかもしれません。 外壁工事の挨拶の場合は、何か手土産を持参するのが一般的です。 高価な物はお互い負担になってしまうので、以前近所の人に外壁工事の際の挨拶で頂いた物と同等か、500円前後の物が良いようです。 タオルや石鹸、お菓子などが一般的で、好みが心配な場合は、その地域で使われているゴミ袋も喜ばれるようです。 とにかく、こちら側の誠意が伝わるように気を使うべきで、ご近所の好みがわかる場合はそれを参考に選ぶと良いようです。 挨拶に回る範囲は、外壁工事の規模と家の密集具合などでも変わりますが、少なくても向え三軒と両隣、裏三軒は行くべきです。

次の

外壁塗装工事前のご近所挨拶は徹底しよう!

外壁 塗装 近隣 挨拶 文

リフォームで外壁などの塗装を行うと迷惑をかけるケースがあり、近隣住民と付き合いづらくなる場合もあります。 それを回避するには、近隣住民へ塗装前に挨拶状を配布することが重要です。 ただ、挨拶状にどのような内容を記載すればよいか分からない人もいるはず。 挨拶文のテンプレートもありますが、適用できるとは限りません。 本記事では、挨拶文のテンプレートを使うときの注意点・挨拶状を書くときに意識することを中心に紹介します。 近隣住民への挨拶状の出し方・タイミング 挨拶状は、塗装が始まる1週間以上前には近隣住民へ配布しましょう。 理由は塗装工事前に作業が発生する近隣住民がいるかもしれないためです。 例えば「洗濯物を部屋干しにするための準備」「庭付近の片付け」などが挙げられます。 また、挨拶状を持っていく際は茶封筒に入れて挨拶状を持っていくと丁寧な対応に見えて印象もよくなるでしょう。 挨拶状の中身を住民へ見せて外壁工事の期間・時間帯などの説明をしてください。 挨拶状を持っていったときの対応が悪いと、近隣住民からの評判が悪くなるため気をつけましょう。 挨拶状と一緒に謝礼品を持っていく場合は、洗剤など日常生活で利用できる消耗品を渡しましょう。 大事なのは「形として残らないもの」を謝礼品にすることです。 形に残るものだと、挨拶に来た人へ対して気を遣う人だと処分できないケースもあります。 ただ、形として残らないものでも「食べ物」を渡すことも、人によって味覚が異なるためおすすめできません。 日用雑貨品であれば多くの家庭で使われるため、感謝される可能性が高いでしょう。 挨拶文テンプレートの使い方 確かに、挨拶文テンプレートを利用するとワードで作成するときに入力する手間が省けるため便利です。 しかし、確認不足でテンプレート内で削除しなければいけない記号や文字を残したままにしたり、改行やスペース・余白が不自然に空いていたりすると、挨拶状の見栄えが悪くなります。 自身で確認するだけではなく、塗装業者の営業担当者へ確認してもらいましょう。 営業担当者であれば、数多くの挨拶状を見てきた可能性が高いため、適切なアドバイスをもらえる可能性が高いです。 挨拶状の出来栄えが悪い状態で配布すると、近隣住民から雑なイメージを持たれてあなたの印象が悪くなる恐れもあるため気をつけましょう。 もし、自身で挨拶状の作成ができない場合は専用の業者へ依頼する手もあります。 塗装業者へ依頼できない場合は、挨拶状を作成してもらえる業者へ依頼するとよいでしょう。 挨拶文のフォーマットはもちろんのこと、デザインも複数種類あるためおすすめです。 挨拶状を書くときの注意点 挨拶状を書くときは、挨拶状の序盤で挨拶文を記入した後に「工事の日時、自分と塗装業者の名前、連絡先、休日の工事有無、塗装内容(何色に塗装するか)」を記入することが一般的です。 記入漏れが生じると、近隣住民から塗装工事について質問される回数が増えるため気をつけましょう。 なかでも、工事期間は業者に確認したうえで書いてください。 工事期間がたった1日ずれても近隣住民の生活に迷惑がかかることもあります。 また、挨拶状の字の大きさ・フォントの注意も必要です。 字が小さかったり薄かったりすると、内容を読むことができず近隣住民の人を困らせる恐れがあります。 読みやすくするために、重要項目の部分を大きくする(例. 工事日時の記載部分を大きくするなど)ことも重要です。 近隣住民の読み漏れを防ぐための挨拶状を作成しましょう。 挨拶状作成後は、時間をかけて内容を確認しよう 挨拶状の作成完了後は、念入りに確認しましょう。 挨拶状の内容で、あなたのイメージが悪くなる恐れもあるので時間をかけて確認することが大事です。 施工業者などの第三者にもチェックしてもらいましょう。 さらに、挨拶状をキレイな状態で配布するのも重要です。 汚れている挨拶状の配布は、近隣住民へ不快感を与える恐れもあります。 挨拶状の保管時は、クリアファイルや封筒に入れて大事に保管してキレイな手で配布しましょう。

次の

外壁塗装工事前にご近所への挨拶は必要?不要?

外壁 塗装 近隣 挨拶 文

A:必ず必要になります。 挨拶の問題は最初の問題であり、一番大切な問題です。 工事を行えば日常が少し変化します。 外壁塗装の場合、足場を立てれば、隣のお家の方は日に当たりにくくなる。 機械を使う作業では、騒音も問題視される。 やはり、どんなカタチであれ、工事を行う以上最低近隣の方には挨拶は必要となります。 そこで、近隣の方と揉めない為にも、最低限お客様にしてもらう事があります。 今回は施工の際の挨拶について ポイントを詳しく説明します。 しかし、お客様もそれに合わせて挨拶をする、仕事で不在なら休みの日に行く等して下さい。 近年では近隣の方との付合いも少なくなっている方も多いと思います。 業者が挨拶に来たのに、お客様から挨拶が無い。 となれば近隣の方もあまり良い思いはしません。 また、ここでは、お客様側は 今度工事をしてもらう事になりました。 と軽く伝えてもらうだけで大丈夫です。 騒音、臭い等の問題のある日は、コチラ側が詳しく日程等を伝えるようにします。 この場合、何故必要なのか、どのくらいの期間、どの部分が必要なのか等専門的な事は 弊社側が伝えるようにしています。 しかし、他人の土地を利用する事は、かなり無理な注文にもなってしまいます。 この場合、不在だから良いや。 と言う訳ではなく、弊社側は工事の詳細を表記した手紙をポスティングするように致しています。 そして、私共よりも会える可能性のあるお客様に後日挨拶をしてもらいます。 私共も時間があり次第時間を変更しながら何度かチャレンジしてみますが、お家の方が帰宅するまで張込む事はとうてい出来ません。 また、夜遅すぎる訪問や、早すぎる訪問も迷惑になってしまいます。 出来る範囲で努力はしてみますが、日中どうしても会えない事もたまにあります。 しかし、業者でないお客様なら、多少遅くても会う事は可能になりますので、必ず先攻して挨拶だけはお願いしたいです。 以上、これら3つが最初にしてもらう大切な挨拶となります。 挨拶で始まり挨拶で終わるのは、何事にも重要ですが、工事の場合、多少なりとも近隣の方に迷惑をかけています。 必ず、業者任せにせず、挨拶を行うようにして下さい。 また、弊社の場合、近隣だけではなく、地域の皆様に迷惑をかけている事にもなりますので、細心の注意を払い、工事クレームが出ないように努力させて頂きます。 その為にも、少しご協力お願いします。

次の