サーフェス 充電 されない。 SurfaceBook(初代)で、タブレット側のバッテリーが0で、充電も取り外しができない時の対処方法

Surface Pro 4の電源に不具合が起きたときの対処のメモ

サーフェス 充電 されない

サーフェス3が充電されない サーフェス3を2年以上前から使用しているのですが、ここ3ヶ月くらいずっと充電されずに悩まされていました。 正規品の充電コードをさしても反応しないときもあれば、 充電マークはついているのに放電中になってちっとも充電しないのです。 充電コードのランプは付いているのに、、、。 私と同じような状態で困っている人が結構多いみたい。 あらゆる方法を試してみた 充電コードのランプはついているということは本体に何か問題があるのでは?? グーグル先生に頼りまくって色々試してみました。 1、強制終了 まず、公式サイトへアクセスして解決方法を探してみました。 公式サイトで勧められていた解決方法はまず強制終了。 サーフェス3はツーボタンと呼ばれる強制終了のやり方があります。 電源ボタンと音量の+ボタンを同時に30秒押し続けるという方法です。 早速試してみました、、、、が!! 強制終了したあと電源ボタンを入れて再度起動させるも、全く状態は変わらず。 電源を切った状態で1日放置しておけば充電はできる様子だったのでしばらくそれでしのいでいました。 それにしても使っている間は充電できないってものすごく不便です。 一晩充電しても、いざ作業をしてたら 3時間くらいですぐ電源落ちちゃうんです。 そしたら今日はもう使えない。 正規品の充電コードはランプは付くくせにうんともすんともいわないし、スマホ用の充電コードじゃ充電するのに時間がかかりすぎる。 こんなん、いくらアロマを焚いても効果ゼロです、 ストレスが爆発寸前です。 充電コードを2. 4Aのものに変えてみる そんなときを見つけました。 まさかと思い、充電コードを見比べてみました。 正規品の充電器は2. 私が代用していた スマホ用充電器は2A。 本体側の故障、バッテリーがいかれてるのかと思ってたけどもしかして原因って充電器なの??と疑い始め、さっそく2. 4Aの充電器を買ってきました。 早速挿し込んでみたら、 それにしても純正の充電器が壊れているとは思いもしませんでした まとめ もし私と同じようにサーフェスの純正の充電コードを挿していてランプは付くのに充電ができない場合は、まず充電器を買い替えたほうがいいかもしれません。 その際はアンペア数をしっかりチェックしてくださいね!! 私は2. 4Aで起動中でもしっかり充電できました。 電気機器に詳しくないのでサーフェスの充電器とスマホ用の充電器のアンペア数が違うことすら知らなかったよ。。 【追記】再び放電中に。 最終的にコレ買った こちらの記事を書いてから3か月が経ち、再び使用中に放電中になってしまいました。 充電器を変えても全然ダメ、再び放電中になってしまった方はこちらの記事を参考にしてください。

次の

【Surface】充電されないから解決方法を見つけて快適になった!

サーフェス 充電 されない

国内LTE版のSurface 3発売から一週間、全日本のSurface 3ユーザーが直面しているであろう問題について、ここで解決しておきましょう。 Surface3の充電器はシリーズとして初めて、専用端子ではなく一般的なmicroUSBを採用してます。 microUSB採用のWindowsタブレットは以前からいくつかありますが、Surface 3の注意点はココです。 ヒントは純正充電器にあり。 省電力CPU搭載だけあって、充電器は非常にコンパクト。 充電器の見た目は、スマホやAndroidタブレット並みの小ささですが、1つだけ小さくないというか可愛くないところがあってですね。 ここです。 出力が2. 通常タブレットは2A出力程度までの充電器が多いので、この+0. 5Aは結構高出力。 実際に使用し始めてみるとその理由はすぐにわかります。 消費電力の関係で、一般的なUSB充電アダプターだと十分に充電ができないんですよ。 それどころか、充電しながら使っているのにむしろバッテリーが少しずつ減っていってしまう。 これは困りました。 こっそり充電をサボっているところ。 コンセントマークは表示されるので騙されがち。 微量充電はされてるので、スリープ状態ならちびちびと補充はされます。 実用性なし。 それなら、どんな充電器なら純正並みに使えるのか、手元にあるUSB充電アダプターを並べてみました。 ということで、それぞれの充電器の出力アンペア数をまとめてみます。 アンペア数別 4種類の充電アダプターで試す ・アップル純正iPhone用 1A ・アップル純正iPad用 2. 1A ・ソニーエリクソン(現ソニーモバイル) 850mA(手持ちで一番古いもの) ・Anker PowerIQ 6ポート 2. 4A ・参考:Surface 3純正13W電源アダプター 2. 5A さて気になる充電結果から。 まずアップル純正のiPhone用充電器。 出力は1Aなので、昨今のスマホ用としてもごく一般的なもの。 さっそく挿す。 家に3、4個転がってるよって人も多いかもしれないiPhone純正。 何を隠そう我が家にも5個あります。 ……ですよねー。 わかってましたよ、さすがにダメだろうって。 純正の半分以下の出力ですからね。 さ、次行こう。 ソニエリ。 出力850mA。 おそらくXperia acro用の充電アダプターだったような気がします。 これで十分だったとは時代を感じますね。 だよねーーー知ってた。 それでは、iPad用のものならどうか?これは結構本命。 2Aを微妙にこえる2. これくらいあれば充電できるんじゃないかな? 2. 1Aあるので出力は割とあります。 Surface純正よりは出力が低いが、なんとか充電は可能。 よっしゃーー!!!! 2Aといえば、一般的なAndroidタブレットでも、もちろんiPadでも十分充電できる出力。 前世代のAtomタブレットもこれだけあれば充電は問題なかったはず。 Surface3でも、一応は充電はできているようです。 ( 6月25日追記 iPad用充電器では電源環境により充電されない場合があることを確認しました。 おそらく差し込んだ電源タップからの電源供給が不安定などの理由だと思われます。 つまり、環境によって充電できたりできなかったりします。 一方、同じタップでも純正ACでは問題なく給電します) さて、「充電されていない」と認識される1A出力程度の充電器の場合どうなるか。 わずか30分ほど使っただけでも微減していってるのがわかりますし、画面輝度をあげるとさらに勢いよく減る印象があります。 残酷です。 1Aでは動作すらままならないなんて。 iPad充電器の好結果をみると、気になるのはAnker。 1ポートあたり最大2. 4Aまで出力でき、全ポート総合で12Aというかなりの出力ができます。 ただし、出力しすぎると保護回路が働いてポートが通電しなくなるらしいので、純正充電器の2. 5Aより0. 1A少ないことの何かが起こるのかどうか。 ぶっちゃけ、フルフルの2. 4Aを出力するのは少々怖いんです。 でも、挿す。 仕事だから。 各ポート最大2. 4A出力。 トータル12Aと圧倒的な出力。 サイズは純正ACに比べれば少々大きいですが。 「!!!!!!!!!!!」いけてる! やるじゃないか、Anker。 数時間充電させたところでも、通電が切れるようなこともないし、ひとまずは充電に使える、と判断して良さそうです。 そのうえで大事なポイントですが、価格でいえば、Surface 3の純正ACアダプターは5162円。 一方のAnkerは6ポート各2. 4A出力(最大12A出力)なのに3600円ほど。 ずいぶんとお安く仕上がります。 Surface 3を充電しながら他のスマホやタブレットの充電もできるわけで、なかなかやるじゃないか(2回目)。 たとえば、Ankerは自宅やオフィス使い、出先などの持ち歩き用には純正ACを使う、というのが賢い選択な気がしますね。 今回の教訓は、「Surface 3に社外品のUSB充電器を使いたいときは、 出力2A程度が必要出力2A以上が必要。 電源環境によっては2. 1A出力でも充電されない」ということで。 みなさんご注意ください。 出張や出先作業用にテキトーなUSB充電器を持ち歩いてると涙目な事態になりますから。 3,239円• 2,500円.

次の

Surface の電池交換は自分でできないからバッテリー寿命を延ばして使いたい

サーフェス 充電 されない

半年以上使っていなかった知り合いのSurface Pro 4。 ひさしぶりに使おうとしたところ『電源に接続:充電していません』というメッセージが出てまったく充電されないと相談を受けました。 使っていない間はまったく充電しなかった。 電源ケーブルのランプは白点灯する。 でも充電されない。 電源ケーブルを外すとすぐに電源が落ちる。 という状態です。 「これは修理行き・・・?」なんて思いがちですが、 Microsoftサポートページにある対策を一通り試したあと、1日~2日充電しつづけたところ、 ぶじ充電できるようになったんです。 復活させるまでにおこなった対策をまとめましたので、良かったら参考にしてください。 クリックできる目次 【知識】リチウムイオン電池は「過放電」防止の安全装置がある Surface Proやノートパソコンのバッテリーは リチウムイオン電池です。 過放電停止の保護回路は、電子回路によってセルの電圧を計測し、電圧が一定値以下となった場合に放電を停止する。 過放電状態に近くなり安全装置が働いた電池は、過放電を避けるため「一定以上まで充電されないと安全装置を解除しない」という安全性重視の設計となっている。 一部のスマートフォンやタブレットPCでは、過剰に放電を行った場合に24時間もの長時間に渡って連続充電し、電圧を一定値以上まで高めない限り復帰しないといった安全装置を組み込んでいる事例がある。 引用元: この記事をみると、 リチウムイオン電池はバッテリー0の状態で放置すると過放電を防止するために安全装置が働くようです。 ここで注目したいのは 「 24時間もの長時間に渡って連続充電し、電圧を一定値以上まで高める」 という部分です。 ふつう、2~3時間もコンセントにつないで充電されないのはぜったい故障だと思ってしまいますよね・・・。 まずは、 1日~2日充電しつづけて様子をみてください。 初めから充電して直れば1番早いですよ ! これは後から知りました 【対策】Microsoftサポートページの対策手順をおこなう 長時間充電で復活しなければ対策手順を順番にやってみましょう。 電源ユニットのランプがちゃんと「白点灯」していれば、 にある「 Surface でバッテリー アイコンの状態を確認する」という手順が当てはまります。 デバイスマネージャの「バッテリ」から「Microsoft Surface ACPI-Compliant Control Method Battery」をダブルクリック。 「ドライバー」タブから「デバイスのアンインストール」を選びます。 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」には チェックを入れずにアンインストールしました。 ドライバーを削除したあとに「操作」メニューより「ハードウェア変更のスキャン」をえらぶと、画面が消えて再起動します。 再起動後にデバイスマネージャでふたたび確認すると、ドライバーが復活してインストール前と変わない状態になります。 コマンドプロンプトで以下のコマンドを打てばすぐに出すことができます。 html ちゃんと出力されるならバッテリー故障の可能性は低いと考えて良いでしょう。 順調にアップデートは行われるのですが、大きな問題が発生します。 大型のパッチになると十分なバッテリーが必要というメッセージが出て最新の更新プログラムが当たらなくなります。 (このときはWindows 10バージョン 1903 の機能更新プログラム) 手動でやってもダメでした。 進まなくなるまでアップデートしたら別の手段を試しましょう。 電源を落とした状態で、電源ボタンと音量の+ボタンを15秒同時に押し続けます。 起動ロゴが出ますが押し続けていると消えます。 15秒あたりで離すと起動しない状態になるので、10秒待ってから電源ボタンを押して起動させます。 タイミングによっては「Surface UEFI」の画面が出る場合もありますが、Exitを選べばそのまま立ち上がります。 ただ、今回のケースではここまでやっても充電できるようにはなりませんでした。

次の