木津いぶき 大学。 木津いぶきの父・母親の顔画像やFacebookは?なぜ犯行(動機や理由)

木津いぶきさんの父親は木津英喜!高校や自宅が特定!顔画像流出!?

木津いぶき 大学

和菓子店の冷蔵庫に女子大学生の遺体 父の行方わからず 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=荒川区東尾久8丁目=の遺体があるのを警視庁の捜査員が発見した。 そこには首を絞められた痕があった。 木津英喜容疑者はさいたま市の岩槻区の河川敷で自殺 6日午後6時35分にいぶきさんの弟が父が自殺しようとしていると110番している。 木津英喜容疑者の家族は 娘のいぶきさんと弟、妻の4人家族で木津英喜容疑者は6日午後4時半ごろには妻に仕事が終わったと連絡していたとのことです。 木津いぶきさん遺体発見現場 発見されたのは 菓匠 木津屋という和菓子屋です。 木津英喜容疑者は自ら経営する和菓子店で娘の木津いぶきさんの首を絞めて殺害し、娘を冷蔵庫に隠したことがわかります。 ちなみにシャッターは閉まり。 都合によりしばらくお休みいたしますと張り紙をしていたそうです。 ここか NHKで報道された店の画像と一致 冷蔵庫内で女子大学生死亡の和菓子店 東京 荒川 — 。• 。 どや顔でイヤァオ!! US1460B お店も人気店だったようです。 木津英喜容疑者の遺体が発見された自殺現場について 前述した通り さいたま市の岩槻区の河川敷で自殺をしています。 犯行現場からの距離は? 発見されてから4時間後、 犯行現場からは約30キロほど離れていて、高速道路を使うと30分、一般道なら1時間ほどの距離となっています。 木津英喜容疑者の顔画像 グーグルストリートビューに少し顔が映っています。 プロフィール 木津英喜容疑者はなぜ犯行に? 犯行動機は不明です。 家族に対して、店で娘を切った、死にたいと発言をしてしまっていることから 突発的にやってしまったのではないかと思います。 いぶきさんは「帰ったら父がいるから嫌だ」と話していることもあり、関係性はよくなかったのでしょう.

次の

木津いぶきさん顔画像,住所,木津屋情報あり!特定!犯人父親自殺

木津いぶき 大学

東京・荒川区の和菓子店「木津屋」の業務用冷蔵庫から、この店の長女で大学1年生の木津いぶきさんの遺体が発見され、その後さいたま市内の河川敷で木津いぶきさんを遺棄して行方をくらました父親の木津英喜(43)が首を吊った状態で見つかった事件で、今日放送された「グッディ」は木津いぶきさんの大学などについて報じた。 彼女は途中で看護ではなく一般の大学へ切り替えたと思います」 なお、大学名や学部などは現時点で報じられていない。 スポンサードリンク 木津いぶきさんと弟は母親の連れ子だった!?日常的に虐待を繰り返していた グッディより 友達には父親からの虐待を明かしていたが、教師には詳しく説明しなかった木津いぶきさん。 隣家の住人によると、木津いぶきさんと弟は母親の連れ子という(父親は初婚)。 実子ではないが、小学校の頃からクラシックバレーを習わせたり、私立の中学校に通わせるなど木津いぶきさんへの投資はとことんやり、教育費を稼ぐためか父親はピザ屋の配達アルバイトもかけもちしていた。 しかし父親は、木津いぶきさんが小学3年生の頃から勉強付けの毎日を強要し、テストの点数が悪いとけんかになることもあったそうだ。 そんな父親に木津いぶきさんは不満を抱いており、周囲に「家に帰ったらいるから嫌だ」などと愚痴っていたという。 反抗すれば暴力で従わせていたのか。 その際に母親は止めなかったのだろうか。 また弟の情報があまり出てこないが、弟も私立校に通っているという。

次の

和菓子屋殺人事件真相は?父親・英喜は実家絶縁の孤独!嘘の電話なぜ?|あんころりんく!!

木津いぶき 大学

そのことを木津英喜さんは妻に電話。 18:30頃 「手首を切った 川で〇ぬ」と妻に電話 18:34頃 妻と一緒にいた息子が110番通報。 同時刻頃 父親の所在確認するために自宅近くの和菓子店『木津屋』に 貼り紙『都合によりしばらくお休みします』の貼り紙と 木津英喜さんが愛用しているバイクは店先から消えていることを確認 その後 妻は行方不明者届けを提出するために警察署へ 同じ頃 父親、木津英喜さんから息子に電話 『娘(いぶきさん)を切った。 〇にたい』 妻と息子と警察官で、和菓子店『木津屋』へ 開いていた脇の窓から警察官が和菓子店に侵入。 冷蔵庫内でいぶきさんを発見 謎の動機は娘とのトラブル? 謎が深まる娘、木津いぶきさんの死と 父親の木津英喜さんの死。 仲が良く、トラブルの話が聞こえてこない親子ですが 一部情報で、父親木津英喜さんが 娘に暴行をしていたという情報があります。 木津いぶきさんは、弟と二人兄弟。 父親の木津英喜さんはとても教育熱心で 小学校から兄弟は私立に通学していたという情報もあります。 そんな教育熱心な父親がゆえに 少しの娘の違和感や勉強への不真面目さが分かると 暴行していたのでしょうか。 スポンサーリンク 母親連れ子と微妙な関係だった? 嫁と結婚したのは15年前? 近隣住民は、仲の良い親子と木津親子のことを 証言していますが、実は一部情報で、 木津いぶきさんは、母親の連れ子ではないかと いう情報があります。 もし『母親の連れ子』という情報が真実であっても 結婚を決意したのであれば、実の父親と変わらない愛情で 妻と子供を迎え入れたと思います。 木津いぶきさんの弟の父親が 木津英喜さんなのかどうかは不明ですが、 穿った見方をすれば、 いぶきさんと父親が微妙な関係だったのでは? という 考え方も出来ます。 いぶきさんの小学校の時の同級生によれば 父親とはいまくいっていないようなことを いぶきさんが話していたという証言もありますが 小学生の頃の感情と、現在18歳の時の感情は 全く同じではないと思います。 むしろ思春期真っただ中の現在の方が、 とり複雑に父親と娘という親子関係の均衡を 保っていたのではないでしょうか。 真相はまだ明らかになっていません。 引き続き犯人は誰か。 注目が集まる事件です。 最後までお読みいただき有難うございます。

次の