動画 アスペクト 比 変更。 AviUtlでアスペクト比を変更する手順【4:3→16:9】:とどろきのざったー

超カンタン!動画のアスペクト比を無劣化で変更する方法を紹介!16:9|4:3|1:1|3:2など

動画 アスペクト 比 変更

iPhoneのカメラアプリでアスペクト比を変更する iPhone 11シリーズでカメラアプリのアスペクト比を変更するために、カメラアプリ内で簡単に設定できます。 カメラアプリを開いたら画面のどこでも良いので指を置いて上側に引っ張り上げます。 すると下にメニューが現れますので「4:3」をタップ。 「16:9」をタップして設定完了です。 撮影できる範囲が左右に広くなりました。 ただし、実際は広くなったわけではなくて幅は変わらず、上下がカットされているだけなのでお気をつけください。 「4:3」の時と比べるとわかりやすいです。 幅は一緒ですが上下は「4:3」の方が広いです。 広い画角で撮影したい時に使うというよりは、シンプルにアスペクト比が「16:9」がいいと思った時に使ってください。 当ブログの場合はなるべく容量を削減するために高さのある「4:3」より、「3:2」や「16:9」でにして使うことが多いです。 そんなことが増えてきたらデフォルトの設定を「16:9」にしておいた方が便利かもしれないですね。 あと、動画撮影時には「16:9」の比率になりますので、動画とアスペクト比を揃えておきたいという場合には良いと思います。 写真アプリでアスペクト比変更 撮影した後に写真アプリでアスペクト比を変更することもできます。 写真アプリを開いたら右上の「編集」をタップします。 すると下にメニューが表示されるので右側のアイコンをタップ。 右上に出現したアイコンをタップします。 ここでアスペクト比を変更することができます。 こちらの写真の左側が「4:3」、右側が「16:9」です。 これくらい撮影される範囲が異なります。 写真アプリでのその他の加工について 写真アプリはiOS 13以降かなり編集しやすくなったので、色味などの調整についてはこちらの記事も参照してみてください。

次の

Premiere Pro での縦横比の操作

動画 アスペクト 比 変更

地デジ放送や衛星放送の16:9 のワイド放送を 4:3 でキャプチャーした場合、画像が縦に細長くなってしまう。 これを再エンコードせずに16:9 で見たいと言う案件である。 フリーソフトに、 と言うソフトがある。 これを使えば、簡単に MPG のアスペクト比情報だけを書き 換えて、16:9 で見る事が出来る。 ダウンロードするのは、ソフト名: ReAspect0. 94、ファイル: reaspect094. ダウンロードしたファイルを解凍して生成された、reaspect. exe を起動すると、下図が表示される。 尚、このソフトは、逆のばあいにも対応する。 4:3 の放送を 16:9 でキャプチャーすると、画像が横長になる。 変換が終わると、ファイルと同名の INI ファイルが出来ている。 変換後の MPG を再オーサリングすれば、 画像の縦伸びや横伸びのないDVDが出来上がる。

次の

大好評!動画サイズ・動画画面サイズを変更できるアプリ10選最新おすすめ!

動画 アスペクト 比 変更

iMovie アイムービー のアスペクト比を16:9、もしくは4:3に変更して動画を作成したいとお考えではないでしょうか。 しかし、iMovieのバージョンアップにより、「プロジェクト情報」自体がなくなったので、アスペクト比が変更できないようになっています。 そして、iMovieデフォルトで16:9で書き出される仕様となってしまったので困り者。 しかし、とある方法を使えば、別のアスペクト比っぽく見せて動画を書き出すことが可能です。 そこで本記事では、 iMovieのアスペクト比を変更する方法を徹底解説。 アスペクト比の変更ができないと悩んでいる方の参考になりましたら幸いです。 現在のアスペクト比を確認する方法はない 今のプロジェクトがどのアスペクト比になっているかを確認する方法はありません。 以前のiMovieでは、「プロジェクト情報」から16:9もしくは4:3を確認することができましたが、そもそも最新のiMovieにはプロジェクト情報がないため、アスペクト比を調べることができなくなりました。 基本的に16:9で動画が書き出しされるようになったいることが、アスペクト比の確認方法が消えた理由かもしれません。 【Mac】iMovieのアスペクト比を変更する裏技テクニック 例外的な方法で、iMovieのアスペクト比を16:9以外に見せるテクニックが存在します。 ただしここで気をつけてもらいたいのは、あくまでもアスペクト比を16:9以外のように見せるだけ、ということ。 実際に書き出されるのは16:9となりますが、見た目だけは別のアスペクト比にできるだけです。 実際にMac版のiMovieを使って、そのやり方をご紹介します。 準備するもの アスペクト比を変更するには、必要な素材があります。 それは、 アスペクト比の基準となる画像、もしくは動画です。 iMovieは、プロジェクトの最初に追加した画像や動画がアスペクト比の基準となる仕様があり、それを利用することで自在にアスペクト比を設定することが可能です。 例えば、4:3のアスペクト比にしたいのでしたら、タイムラインの冒頭に比率4:3の画像を挿入するだけでOKです。 16:9で設定されている画像や動画も、それに従ってクロップされるようになります。 アスペクト比を変更する手順 1. プロジェクト一覧画面を開く。 ここで気をつけてもらいたいのは、プロジェクト編集画面ではなく一覧画面を表示することです。 すると、新しくプロジェクト編集画面が立ち上がります。 アスペクト比の基準となる画像や動画を、タイムラインの先頭に追加。 今回は、4:3の画像を配置してみました。 プレビューを見るとわかりますが、本来16:9だと横のラインに隙間はありませんが、4:3の場合黒帯ができるようになります。 続けて動画や画像を追加していく。 基準となるアスペクト比の画像や動画を先頭に入れた以降、全ての基準が先頭の比率になっていることがわかります。 例えば、16:9の画像を挿入してみましたが、表示されているのは4:3。 部分的にクロップされるようになります。 おまけですが、最初に16:9の画像を挿入した後に4:3比率の画像を追加した場合は、下記のようになります。 4:3の画像が、16:9のアスペクト比に合わせて自動で調整されていることがわかります。 iPhone iOS アプリのiMovieではアスペクト比の変更ができない iPhoneやiPadで使えるiMovieアプリで同じようなことができないか試してみました。 しかし、アプリ版iMovieでは、アスペクト比の変更ができません。 iPhoneのスクリーンショットを先頭に入れてみましたが、後から追加した画像などはアスペクト比が16:9に固定されてしまいました。 ですので、今回紹介したテクニックを使えるのは、Mac版のiMovieだけになります。 ご参考になりましたら幸いです。

次の