膵臓 癌 ステージ 4。 癌ステージ4とは?癌ステージ分類一覧表での生存率や余命を調べてみると?

膵臓癌の生存率と余命(予後)ステージ1・2・3・4(4a・4b)完治が期待できるのは?

膵臓 癌 ステージ 4

苦しいでしょうねえ。 圧迫感が有るでしょう。 肝臓浮腫になってるのでしょう。 内臓が皆むくんでるのです。 食っても意味がない。 食うと苦しみますよねえ。 多分医者は利尿剤を処方したんですがもう受け付けないのでしょう。 膵臓がんではないですが心不全になって其のようにお腹が張りましたねえ。 もう医者には治せないのです。 医者が無理だから自分で膵臓がんを治すしか無いのです。 治せるかどうかかけに出るしか無いでしょう。 絶食しなさい。 それ以外ないでしょう。 医者にはもう治せません。 絶食で内蔵の中の水分を追い出すのです。 それで内臓の水分が消えたらゲルソン療法に移り癌を消すのです。 するしないは本人の自由です。 心不全で浮腫は消えました。 膵臓がんは分かりません。 どう見ても腹水が貯留しているように見えるんだけど。 BCAA与えてみたらどうかと。 本当に腹膜播種による腹水である場合は意味が無いのだけど、単純に血中のアルブミン低下によるものであれば少しだけど可能性があるかも。 膵臓がんなのでもしかすると膵液が減少してタンパクの分解能力が衰えている可能性があることと、転移などで肝機能が衰えている可能性があるので肝臓でアルブミンが必要量作られない。 もちろん食事量が減っていれば、経口から摂取するタンパクが減っているのも一因。 そうなったときに、筋肉がアルブミンを作るらしいんだけど、それにBCAAが必要。 BCAAは必須アミノ酸で体内では作られないから口から摂取するしか無い。 BCAAは本来日常の食事で取る物なんだけど、食事量の減少などで必要量が摂取できていない場合、足りない分を筋肉が自己のタンパク質を分解してBCAAを作って作業する。 その作用を筋肉が続けていくと筋肉が痩せるんで見た目も痩せる。 それも追いつかなくなると腹水が出たり、さらに進むと足にむくみがでてくる。 消化器や肝臓がきちんと機能していれば肉でも食べればいいのだけど、そうはならないと思うんで直接BCAAだけ摂取する。 もし摂取するならナトリウムを含まない(もしくは極微量な)もの。 たぶん医者は処方しないと思うけど、処方してくれるのならリーバクト、処方してくれないなら市販物(簡単に手に入るのならアミノバイタルゴールド)。 もう少し口に入れられそうだったら ビタミン(体の維持 ハウスの1日分のビタミンゼリーとか) カルシウム(骨折対策 ダノンデンシアとか) コラーゲン(褥瘡対策 1日5g程度) もね。 既に食事がとれない状態で、栄養点滴になっててアミノ酸製剤が含まれているなら既に摂取していることになるので口から摂取しても無意味かも。 最後に一言だけ。 やるとしても自己責任でお願いします。 パジャマのズボンのゴムはきつくないですか?? もしきつい様でしたら、看護師さんにゴムを切ってもらうのも一つの手かもしれません。 ご家族に言って、かなり大き目のネグリジェを買って来て貰うのもいいかも知れません。 ボタンで留めてもお腹に触らないくらい大き目のサイズが良いかも知れませんね。 出来れば肌触りのいい、涼しいものがいいでしょうか。 綿などお好みの素材のネグリジェだといいですね。 肌着も、ボタンで前開きタイプの、かなり大き目サイズでいかがでしょうか。 綿やシルクなど、肌に優しいものだといいと思います。 お尻のところがもし床ずれで痛いようでしたら、薄い座布団を敷くなどの方法も試してもいいかも知れません。 妊婦さんが良く入院中に使う様な、真ん中に穴が開いたタイプの座布団も売ってます。 西松屋さん(赤ちゃんや妊婦さんの衣料品の全国チェーン)とか、イトーヨーカドーとか、赤ちゃん本舗とかにご家族に頼んで電話で聞いてみて下さい。 もしかしたら病院の売店に売ってるケースも有ります。 或いは病院で貸してくれるところも有るかもしれません。 〇態勢や腹水の対処につきまして、こちらのサイトもご参考までに。 開けますでしょうか?? 一部抜粋します。 2.利尿剤 - 利尿剤は、腎臓から多くの水を尿として排出させるため、腹部に体液が蓄積することを遅らせることができます。 3.腹水穿刺術 - 腹水の蓄積が中度から重度の場合は、穿刺(せんし)と呼ばれる方法で液体を排出します。 穿刺は、チューブに取り付けられた針を腹腔内に挿入し、余分な流体をゆっくり排出します。 余分な液体を除去するのに必要な時間は、除去する必要量によって異なります。 少量の液体を排出するのであれば外来で処置できますが、大量の液体を除去する必要がある場合、入院する必要があります。 腹水穿刺術を受けると症状が一時的に改善することがありますが、腹部内に余分な体液が戻ってきて穿刺を繰り返さなければならないことがあります。 多量の液体蓄積が生じた患者の中には、腹水を連続的に排出する必要からカテーテルを留置することがあります。 しかし、腹水の蓄積は一般的によく再発することから、患者のケアは、主に腹水の排出を促進し、症状を緩和する措置に焦点を当てる必要があります。 再発性腹水のよくある問題は、脚の腫れ、呼吸困難、および腸閉塞です。 足を高くしてリクライニングした姿勢で休むことで、内臓の圧力が軽減され、下肢(脚)から戻る血流が改善され、体液排出が増加します。 液体は非常に重いので、腹水が蓄積すると腸の動きを損なう可能性があります。 したがって、特に疼痛管理のためにオピオイドを服用している患者、または他の便秘のリスクがある患者は、便秘をコントロールすることが重要です。 腹水は胃からでた食べ物の動きを遅らせるため、吐き気や嘔吐(おうと)を引き起こす可能性があります。 適切な体位は、胃からの食べ物の排出を促進します。 多くの患者は右側に横たわることで吐き気を起こしにくくなります。 また、上部消化管の蠕動(ぜんどう:筋肉の収縮運動)を促進する薬剤もこの問題を緩和するのに役立ちます。 腹水に関する症状の制御については、主治医にご相談ください。 緩和ケア専門医はそちらの病院にはいらっしゃいますでしょうか? 痛み止めも数種類有って、痛みの原因に合わせて痛み止めの種類を使い分ける 事も出来る様なのですが・・。

次の

膵臓癌の初期症状は血液検査にでる!生存率と余命は?

膵臓 癌 ステージ 4

スポンサーリンク ステージ4の膵臓がんの状態や余命・生存率はどれくらい? そもそも、ステージ4の膵臓がんとは、どんな状態のことを言うのでしょうか? Wikipediaの膵臓がんのページによると、ステージ4の膵臓がんがどのような状態なのかが分かります。 IV期 - がんが膵臓の周囲の臓器・器官を巻き込んでいるか、離れた臓器まで転移がある。 引用: 簡単に言うと、 膵臓だけでなく、胃や大腸などの他の臓器にガン細胞が転移している状態が、ステージ4となります。 ガン細胞の転移は、「リンパ管」と言う、血管のように全身を張り巡らされているチューブのようなものを通って、膵臓から他の臓器に転移していきます。 つまり、ステージ4の膵臓がんは「全身にガン細胞が巡っている可能性」があると言えるので、 治療はかなり困難を極めることになるのです。 引用: ステージ4の膵臓がんの最適な治療法とは? では、ステージ4の膵臓がんでは、どの治療法がベストかと言うと、• 化学療法(抗がん剤治療)• 放射線治療• 緩和治療 の3つの内のどれかになります。 「手術はできないの?」と思うかもしれませんが、手術は膵臓のみにガン細胞がある場合は有効な治療法ですが、 ガンが転移したステージ4では「ガンによる痛みを軽減するための目的」でしか行いません。 では、先ほど挙げた3つの治療法の特徴を、それぞれ詳しく見ていきましょう。 ステージ4の膵臓がんの抗がん剤治療 ステージ4の膵臓がんで使う抗がん剤には、• TS-1(飲み薬)• ジェムサール(点滴を使う薬)• エルロチニブ塩酸塩(点滴) の3つがあります。 この3つの薬の内、どの抗がん剤が膵臓がんに効果があるのか、2種類の薬を一緒に使った方が良いのか等は、医師の間でも意見が分かれています。 抗がん剤治療は、これからずっと抗がん剤の薬を使うわけではありません。 例えば、TS-1であれば、 28日間続けて投与した後は14日間抗がん剤を使うのを休む、と言うのを繰り返していきます。 また、抗がん剤治療では、「抜け毛、吐き気、だるさ」などの副作用が出てきますが、最近では「制吐剤」のような副作用を抑える薬も使いますし、それでも 副作用が辛い場合は医師に気軽に相談することもできますよ。 膵臓がんの抗がん剤治療については、以下の記事に詳しく書いているので参考にしてください。 参考記事: ステージ4の膵臓がんの放射線治療 ステージ4の膵臓がんでは、放射線治療はメインの治療法とはなりません。 ステージ4の膵臓がんになると、ガンが骨や皮膚に転移してしまい痛みを感じる場合があるので、その時に 放射線治療で痛みの原因となるガン細胞を一時的に除去する、と言う狙いで使われています。 ステージ4の膵臓がんの緩和ケア 緩和ケアとは、積極的にガンを完治することをせずに、 ガンが進行することで起こる肉体的な痛みや不安・恐怖を取り除くことをメインにした治療法です。 確かに、抗がん剤治療を頑張れば治る可能性はありますが、残酷な言い方をすれば、「 残りの人生をいかに幸福にするか」を考えても良い数字だと言えます。 緩和ケアでは、「モルヒネ」などの痛み止めを使ったり、心理学に詳しい専門家に心のケアを受けることができます。 また、 ガン治療の苦痛から解放されるので、趣味に没頭する方もいます。 確かに、最後まで治療をして完治・延命を目指すのが良いのか、緩和ケアで残りの人生を有意義にするのが良いのか、と言う問題はかなり難しい分野に違いありません。 しかし、唯一言えるのは、「 患者さん自身にとってどちらが悔いは残らないか?」を考えれば、おのずと最適な治療法が見えてくるはずです。 スポンサーリンク.

次の

サバイバーストーリー:アリソン・リップマン・クバン(ステージ4)

膵臓 癌 ステージ 4

阿保義久 [北青山Dクリニック院長] 東京大学医学部卒業。 腫瘍外科・血管外科医。 2000年に北青山Dクリニックを設立。 著書に『アンチ・エイジング革命(講談社)』、『下肢静脈瘤が消えていく食事(マキノ出版)』、『尊厳あるがん治療(医学舎)』などがある。 医師が教える!気になるあの病気の意外な真実 阿保義久 がん、心筋梗塞、脳卒中など、最悪の場合に死に至る「気になる病気」。 しかし、その実態を知らない人も多いのではないでしょうか。 この連載では、青山Dクリニックの阿保義久医師が、気になるあの病気の意外な真実について、詳しくわかりやすく解説します。 早期発見が難しい膵臓がんですが、決して克服できないがんではありません(写真はイメージです) Photo:PIXTA 克服が困難な膵臓がん ほとんどが発見時ステージ4 「なぜ神は膵臓という臓器を造ったのか?」 東京大学医学部名誉教授・癌研有明病院名誉院長の武藤徹一郎先生が、知人で東大教授だった膵臓がんの患者さんの手術を担当された時に発した言葉です。 当時私は医学部を卒業して3年ちょっとの駆け出しの外科医でしたが、病棟担当医としてその膵臓がん患者の受け持ちとなりました。 無論、執刀は武藤先生がされましたが、助手をしていた私から見ても相当に難しい手術でした。 がんは周囲組織にも浸潤しており、手術によって十分な切除を行うことは極めて厳しい状況でした。 ただ、手術に挑まないことはこの患者さんの死を意味します。 手術は敢行され、無事終了しました。 その後、患者さんは一旦快方へ向かったものの、残念ながら間もなくがんが再発。 結果、帰らぬ人となりました。 残された奥様や他のご家族に対して、患者さんを救えなかった無念とお悔やみの言葉を伝えられた後、武藤先生は部下である私たちに向かって冒頭の言葉を発したのでした。 そして、つい先日私は、高校時代の同期生を膵臓がんで失いました。 2年前に発見された時には既に手術ができる状況ではなかったといいます。 抗がん剤治療、重粒子線治療など、彼は果敢に膵臓がんと闘いました。 しかし、膵臓がんは無情にも進行しました。 今年初頭、彼が膵臓がんの闘病中であることを人づてに聞き、30年ぶりで私は彼と再会しました。 その際、何か他に有効な治療法はないかと相談を受けました。 極めて厳しい状況の中で私にできることは限られていました。 がんを克服したい、生き抜きたいという彼の強い気持ちに応えるために、私はできる限りの手を尽くしました。 しかし、病状の進行を止めることはできず、とうとう彼は息を引き取ったのでした。 「なぜ、神は膵臓という臓器を造ったのか?」その言葉が改めて脳裏をかすめました。 医療技術が進化し、がんと診断されても早期であれば救命できる確率が相当に高まってきた現代医療の技術をもってしても、膵臓がんは救命が極めて難しいがん。 膵臓がんに対して医療が無力ということではありませんが、十分に太刀打ちできていないのも事実です。 膵臓がんは極めて進行が速く、早期発見が難しいがん。 ほとんどが発見時にステージ4(多臓器に浸潤・転移を認め手術ができない末期状態)にいたっており、5年生存率は数%、不治の病と形容されても違和感がありません。

次の