愛人契約。 愛人契約の相場をご紹介!男性必見の支払い金額相場を徹底解説!

愛人契約で相手を見つける方法

愛人契約

Contents• お手当ては、所得税ではなく贈与税がかかる 毎月お手当てをもらっていると、一種のビジネスのような感覚になるので、所得税が必要になるのではと思う人も多いかと思います。 しかし、愛人契約は法的には無効なので、愛人契約で発生した収入については、報酬や給料という捉え方は税法上ではされません。 ですから、所得税を支払う義務はありません。 では、高額のお手当てをもらっていても、税金がかからないのかというと、そうではありません。 お手当ては個人の行為によって贈与されたお金とみなされるので、贈与税がかかります。 贈与税は、一年間に110万円の控除額がありますから、110万円を超えない場合は確定申告する必要はありませんが、愛人契約を長期で行っている場合は110万円を簡単に超えてしまうことも多いようです。 確定申告をする人は少ないのが現状 しかしながら、愛人契約でもらったお金について、確定申告をして納税している人は少ないのが現状でもあります。 愛人契約は法的な根拠がないので、税金を支払わなくてもばれないケースが多いため、申告しない人のほうが多いようです。 特に、現金でお手当てを受け取っている場合は、口座から調べられることもありませんから、受け取っていることすらもばれようがないという状況です。 税務署にばれないなら税金は払わなくてもいいと思う人は多いのではないでしょうか。 確定申告をしなくても大丈夫? 愛人契約を結んでいる男性は資産家が多く、お手当てとして渡したお金は資産のうち大した額にはなりませんから、問題とされることも少なく、お金をもらった側が申告をしなくてもばれる可能性は低いといえます。 お手当てとはいえ、それなりの現金をもらっているということで、納税義務はあります。 義務があるのに納めないのはモラル的に許せないという人は、きちんと納税するといいでしょう。 ただし、お手当てにかかる税金については、義務を全うする人よりも、免れている人のほうが多いということです。 自己責任の上、申告するかどうか決めましょう。

次の

愛人契約の相場をご紹介!男性必見の支払い金額相場を徹底解説!

愛人契約

愛人契約書の正しい書き方は? 1ヶ月間に数回のサイクルで定期的にパパと会い、お金を援助してもらったりプレゼントを買ってもらったりと愛人契約を結んでいる女性はいます。 その際に、「 相手が約束を守らないのではないか?」「 途中でお金を支払うのをやめるのではないか?」と不安を感じ、愛人契約書を作成しようと考えている女性は少なくありません。 「 身体を提供しているのにお金を貰えなくなるなんてアホらしい」と考えるのは当然です。 ビジネスにおいては口約束は通用しませんし、個人間よりも利害関係者が多く、多額の金銭が絡んでくるからこそ欠かせない存在となります。 お互いにメリットがあるからこそ愛人契約を結んでいるのであって、契約書の書き方に関して神経質にならなくても良いのです。 どうしても不安であれば自分の名前を自署して押す署名捺印をしましょう。 愛人契約書は契約として法律的に有効なの? 「今の愛人と契約書を交わしたから自分にお金を支払う義務がある」と考えている女性はいます。 しかし、結論から言うと愛人契約書は法律的な縛りがなく、どう体裁を取り繕っても基本的には無意味です。 具体的な愛人契約を例に挙げて見ていきましょう。 つまり、愛人契約は麻薬の売買契約や殺人の請負契約と全く同じで、契約書を作ろうが捺印を押していようが関係はありません。 一度支払った女性への報酬が男性へと返ってこないのは、法律上の原因なしに他人の財産や給付したものの返還を請求できないのが理由です。 ・今の関係を長く続けるには契約書を作らなくては・・・ ・正しい書き方で契約書を作成しなければ損をする このように考えている方は多いものの、不自然な贈与契約書の内容の履行を裁判所が認めることはないので注意してください。 無理に愛人契約書を作成するのではなく相手を信頼しよう 愛人という関係を築いているのにも関わらず、「契約書を作成して絶対にお金を貰えるように男性に促している」と他の人に知れ渡ったら「何を考えているんだ?」と思われます。 愛人契約が公序良俗違反で無効なら手切れ金を書いても無効ですし、どんな内容でも法律的な縛りがないのです。 そのため、無理に愛人契約書を作成するのではなく、もう少し相手を信頼してみてはいかがでしょうか。 ・女性は男性に対して食事の場所を提供したり身体を売ったりする ・男性はそのお返しとして一定額のお金を女性に対して支払う 上記のようにお互いのニーズに合致しているからこそ、長い期間に渡って愛人関係を続けられます。

次の

愛人契約の相場をご紹介!男性必見の支払い金額相場を徹底解説!

愛人契約

ページの目次• 愛人市場の相場とは? かつては50万円もザラだった愛人契約。 そんな時代もあったが、 現在は相場が下がっています。 現在、 月契約も10~20万円と落ちたこともさながら、 一発単価なるものが生まれてきました。 一発 3万円ぽっきり!など。 金額は一例ではあるものの、愛人契約を一人の人と結ばず、 複数人の愛人を囲うのが今のステイタス。 愛人事情も変化しつつあります! 価格が暴落しつつある愛人契約の相場 価格が下がりつつあり、形が変わってきた愛人契約。 では実際、どのくらい支払われているのでしょうか? 実際いくら払っていますか? 愛人を囲っている方々、女性に金銭支援している方々を対象に、独自のアンケートを実施! 結果、 定期で高額を支払っている強者のおかげで大きく平均が上がってしまい、一瞬、ん?という結果になったもの、強者を抜いたら以下の結果が出ました。 地域別の相場 それぞれの地域のだいたいの愛人契約相場はどのくらいなのでしょうか? 表にまとめてみました。 とはいえ、東京でも100万円を出せるようなVIPは一握り。 VIP以外は地方の単価とさほど変わらない感じはあります。 金額を下げることは可能? 男性達からしたら、 もっと安く抱けるようになったらいいなと思うのが本音。 しかし昔に比べて契約価格が落ちている現状、 更に金額ダウンも可能なのではないでしょうか?! 金額をダウンさせる方法に、 ・愛人女性の選定のし方 ・節約できる方法 をお伝えしていきます。 最後に、ローコストで愛人を複数囲っていた男性の体験談をお伝えしていきます。 相場より低めの金額設定が可能!狙い目の女性 金額ダウンに成功している男性はいない?など、アンケートをもとに更に深堀りしていきます。 契約金をそもそも低く設定することも相手によっては可能なんです。 こんな女性は狙い目!という項目を、男性達の経験談をもとにまとめました。 【こんな女性は狙い目】 ・実家暮らしの女性 ・安月給の女性 ・借金まみれの女性 ・写真を撮って欲しい女性 実家暮らしの女性 実家暮らしの女性が狙い目な理由は、 一人暮らしほど生活にかかるコストが少ないから。 1人暮らしだと家賃がかかり、3万円程度では家賃の足しにはなりません。 もっと欲しいと値段UPをせがまれる方が多くなるでしょう。 それに比べて実家暮らしは、 家賃がない分、少しの金額でも喜んでくれるという特徴があります。 ラブホ代数千円はかかりますが、かわいい金額に収まります。 安月給の女性 サービス業やブラックと呼ばれる職場で働く、低賃金重労働の女性達。 彼女たちはそんな職場で生き抜く頑張り屋さん。 でもその頑張りが賃金には反映されないのです。 だからこそ簡単に稼げちゃったお金に感謝します。 「重労働してないのに、 こんなにもらっていいの?」と喜ばれます。 ただし、ブラックに侵されて病んでいる女性を相手にするのは要注意!金銭的援助はしても精神的に支える関係ではないと割り切る場合、メンヘラは後々厄介です。 借金まみれの女性 ウシジマくんか!と、ツッコミを入れたくなりますが、 借金で苦しんでいる女性は多いのです。 なんでこんな所からお金借りちゃったの!と精神を疑うほど。 見た目は派手ではなくても案外金遣いは荒い、過去に男に貢いでしまった、などで利子がどんどん膨れ上がり、額が跳ね上がっている女性もいます。 闇金からお金を借りまくって返済が追いつかないので身体を売るしかない。 だからこそ、 いただける金額はなしよりある方が嬉しいに決まってる。 少額からでもお金を求めている子は多いです。 写真を撮って欲しい女性 いるんです、たまにこういう女性。 コスプレ姿やヌードなどを取って欲しい!それを見て自分が楽しみたいという女性が。 ですのでカメラマンは有利です。 コスプレやヌードからどんどんエスカレートして、ハメ撮りも撮らせてもらえちゃうまでに! 女性の趣味の範囲内なので、多くの額を貰おうとは望んでいません。 日によっては写真撮影だけしてお金は払わなくてもいいよという日もあります。 なかなか居ないですが、こういう女性がいたらタダでヤレちゃう可能性も大です。 高い金額を支払われていた女性 参考までにですが、こんな女性達は高い金額になりますよーって人を紹介します。 【こんな女性は高い】 ・モデルや芸能系 ・CA(客室乗務員) ・キャバ嬢 モデルや芸能系 彼女たちは自分自身を安いとは思っていません。 身体を差し出すあたりで十分安いんだけどな 芸能人の卵のため、まだ十分に稼げていない女性達。 お金がなければ生活ができません。 その上、プロポーションやお肌を保つためにエステに行かなければいけないし、レッスン代はかかるし、収入と支出が逆転状態。 その生活を支えるには愛人の助けが必要不可欠だというわけです。 VIPな愛人でないと捕まえても意味がない・・・これが彼女たちの本音です。 安く済ますことは出来そうにないです。 CA(客室乗務員) はい、出ました!プライドが高い女性の職業No. 1! 勝ち組負け組、常にマウンティング、フライトがない日は合コンかデート。 「私、腐ってもCA。 だから安くありません」これお決まりです。 常にワンランク上の男が大好きで、女の価値は男で決まるし、 値付けされるなら高値希望。 決して安めの金額では応じてくれないと経験者の男性は語ります。 笑顔の裏の彼女たちの本音はドス黒いです、心してかかってください。 キャバ嬢 もはやプロだろ! ただし、彼女たちの貢がせ方はやっぱり凄い。 キャバ嬢と月100万円契約したなんて人もおりました。 それくらい出さないと愛人にはなってくれないのだと。 そして高価なプレゼントは当たり前。 ブランドもののバックや靴。 月に貢いだ金額も30万円は余裕で超える。 更にお店に飲みに行けば、ピンドンだサロンだ大騒ぎ。 それでも可愛いからこそ、それだけ出資しちゃうし、周りの男性に対して権威を見せつけたい男性のプライドですね。 安く扱えない、というのが男性の本音でしょう。 愛人への出費節約術 狙い目の女性は分かった、でもそんな女性見つけるのは困難。 手っ取り早く価格を下げたいんだけど! まぁまぁお待ちくださいな。 そういった声にもお応えしていきます。 こちらを見てください。 [節約術] ・オンリーはつくらない ・値下げ交渉してみる ・高い金額の女性は切る勇気を持つ では詳しく見ていきましょう。 オンリーはつくらない オンリーより、2人または3人の愛人を囲う方がお得だと知っていましたか? オンリーだと月々安くても10万円。 男性達のアンケートを平均しても20万円強の契約になります。 月内に何度会っても合わなくても金額は変わりません。 忙しくてなかなか会えない月があるのも現状でしょう。 ただ、定期の愛人を作らず、会いたい時にだけ会う愛人を何人か作ると、 一人当たり会った回数に応じた成果報酬型。 どちらが適しているかは本人次第ですが、オンリーにしない方が経済的だと男性達は語っていました。 値下げ交渉してみる 始めはお金の関係という間柄が強かったでしょう。 しかし、 何度か会って身体を重ねていくうちに女性には情が沸いてきます。 気持ちが通ってきたら交渉のチャンス!すこし少ない額を提案してみましょう。 情が沸いているがゆえ、離れがたくて「いいよ」と応じてくれる女性もいます。 ただ、バッサリ「無理」と断る人が多いので凹まずにチャレンジしてみてください。 断られたら時間をおいていつかまた再交渉してみてくださいね。 高い金額の女性は切る勇気を持つ 値下げ交渉をしたものの応じてくれず、でも可愛いからなかなか切れずにいる関係だと話す男性もいます。 実際、金額面で負担になっているようなら、お別れを告げる覚悟を持った方がいいでしょう。 お金を貰えなくなるくらいなら金額が下がってもOKと応じてくれる可能性があります。 寂しがり屋の女性なら、離れがたいという情に訴えかけられる部分もあります。 また可愛くて良い子が見つかります。 むしろ 新規の方がはじめから低い金額で交渉可能です。 新規一転!新しい子と関係を育んでいくのも楽しいですよ。 値下げに成功した男の話 編集部は聞きました!愛人契約の金額の値下げに成功している男性がいる・・・! これは呼び出して真相を聞かなければいけないじゃないか!! ある日、都内某所に呼び出してお話しを聞きました。 愛人がいる歴十余年だそうで、何ともない普通の会社員。 御年53歳。 彼は語ります 「普通の会社員でも複数の愛人と付き合うことが出来る」と。 彼には常に2、3人の愛人がいる。 男「一時資金繰りが難しくなった時期に、愛人がいない時期もあったが、やはり愛人がいる生活が性に合っていた」 と言う。 男「今は愛人へ払う額は 1回10,000円~15,000円と決めている」 かなり安い! どうやってそんな低い金額設定にできたんですか? 男「はじめから低かったわけじゃないんですよね」 この男性もかつては月20万円程度支払っていた時期があったという。 ただ、優しく接していたら、その気持ちが彼女達にも伝わっていたのでしょうか。 たまにお金を貰うことに抵抗を覚える彼女達。 「今日はお金はいらないよ」と言ってくれる日も出てきたのだとか。 やはり、情が湧くんですかね。 そのタイミングで、一回の単価を落とす交渉をしたそうです。 男「15,000円で応じた人もいれば、10,000円まで下げれた人もいました。 金額が低くなったことで去っていった女性達もいました」 と言う。 ただ、去らずに「それでもいいよ」と応じてくれた女性達からは少なからず愛を感じているのだとか。 男「彼女たちが好いてくれるからこそ成り立っています」 一人暮らしの愛人の場合は、家へあがらせてもらい事を済ます関係になったそうです。 そうすることで ホテル代と彼女達に渡すタクシー代まで浮かせることができたと話してくれました。 一度家に行くというハードルを越えるまでに時間はかかるが、そのハードルを越えてさえすれば、頻繁に家を訪ねることに女性達は抵抗がなくなると言う。 たまに 手料理をご馳走になる機会もできて、食事代もかからない日までできたと話していた。 ここまで節約出来ていたら、かなりの上テクを何かしら使っているのかと思いきや、そんなことはないようです。 優しくせっしたことと、ゆる~い交渉が功を奏した結果なのでしょう。 交渉がうまくいかない時はサラっとその話はなかったかのように諦めるそうです。 男「このまま愛人契約という形はやめようと提案して時もあったんです。 でも、 0円はだめ!とバッサリ切られてしまいました 笑。 金額はどうであれ、お金は欲しいと言われることが100%です。 」 やはり、お金から始まった関係。 金額が発生することは彼女達の中で譲れない部分になるようですね。 しかし、ここまで愛人に費やす金額を下げれたのは、ある意味執念の賜物。 3人の愛人たちに支払う金額が食事代など入れて総額20万円くらいになったそうで、かつて1人に20万円払っていた金額で3人分を支払っています。 4人目の愛人を作るのですか?と尋ねたところ、 男「その予定はないそうです。 3人が限度でベストだ」と、男性は語ります。 女性達も一人のオンリーとして扱われるより、自由がきくこの関係がいいと話しているそうで、ストレスなく関係を維持できているそうです。 オンリーだと多額の金銭が発生しているため、なるべく予定を合わせなければいけなかった。 自分の予定をなかなか入れることができずにストレスがかかった。 でも単発の契約だと、 会える時に会うという選択ができるので精神的にも肉体的にも楽です。 と、女性側にも選ぶ選択に変化があるようです。 その心理をうまく突いた交渉だったのでしょう。 相場よりも安く愛人が探せる場所をご紹介! 「愛人が欲しい」そんな男の夢をかなえる方法をご紹介したい。 ネットの出会い系サイトから、おすすめの交際クラブまでランキング形式でまとめました。

次の