コロナ ウイルス 喘息 持ち。 喘息は新型コロナに感染しにくい?そんな事言われても安心出来ません!|ふくい情報かわら版

母子ともに呼吸器疾患持ち。コロナウイルスについて

コロナ ウイルス 喘息 持ち

当院には喘息の患者さんが多数お見えになります。 喘息の患者さんが今心配されていることは、 喘息で新型コロナウイルスにかかりやすくなるのか?重症化するのか?といったことだと思います。 現時点(2020年4月16日時点)では、 喘息があることで、または喘息の治療をしていることで新型コロナウイルスにかかりやすくなるというデータはありません。 また 感染した場合に重症な新型コロナウイルス肺炎になりやすくなるということに関しては否定的な論文が1本出ており、それ以外にはデータがありません。 (Clinical characteristics of 140 patients infected with SARS-CoV-2 in Wuhan, ChinaAllergy. 2020 Feb 19. ) つまり 現時点では、通常の喘息が新型コロナウイルスの感染や増悪に関与するとは言えないとは言えると思います。 ただし 、 喘息の調子が悪くなる原因として一番に挙げられるのは風邪を始めとする感染症です。 そして 喘息の増悪は治療が不十分だとより起こりやすくなり、その増悪もより重症となりやすいことは以前からわかっています。 新型コロナウイルスに感染し呼吸状態が悪化した時、 同時に喘息発作を起こしてしまうと更なる呼吸状態の悪化につながるリスクはあり得ると思います。 ですので、 喘息の方にとって、今回のことで一番のリスクになりうることは、治療が不十分であったり、中断されていたりで(一見症状がないとしても)しっかりとコントロールされていないこと、 ということになります。 では「喘息がコントロールされている」、とはどのような状態をいうのでしょうか。 よく 「時々咳が出たりヒューヒューしたりすることがあるけど、我慢できるから大丈夫」とか、 「苦しくなることがあるけど発作止めを使えば治まるから大丈夫」などという方がいらっしゃいます。 また 「吸入薬を使ったら治ったから吸入を止めた」というようにお話しになる方も実に多くいらっしゃいます (喘息は基本的に治る病気ではなく、見えなくても気道の炎症は常に起きており、常に炎症を抑え続ける必要がある病気です)。 これらは すべて治療が不十分な状態であり、今回の新型コロナ禍でも十分ハイリスクになりうる状態です。 喘息のコントロールを簡単に把握する質問票として「喘息コントロールテスト(ACT)」というものがあります。 これは普段の症状や生活状況に関する5項目の質問票に答えることで判断できるものです。 25点満点で評価しますが、 基本は一年中25点であることが必要です (1点でも減点があると完全なコントロールとは言えず、増悪のリスクは高まります)。 喘息コントロールテスト(ACT:アクト) また喘息の治療の基本薬は 吸入ステロイド薬です。 これに関しても時々「ステロイド」との響きで怖がる方がいらっしゃいますが、ステロイド薬の副作用は 主に体内のホルモンバランスを崩すことで起こるものであり、これは全身投与(内服や注射)を長期に(約2週間以上)続けることで出てくるものです。 吸入薬ではステロイドの量が内服に比べて非常に少ない上に、薬剤は肺でとどまりほとんど血中には届かないため、通常の使用でまず問題になることはありません。 指示通りにしっかりと吸入治療を続けましょう。 なお、吸入ステロイドの中で、シクレソニド(商品名:オルベスコ)という薬剤が新型コロナ肺炎3例に対して有効であったという報告が日本から出されており、これを確認する臨床試験が日本と韓国で始まっております。 ただ この薬剤に予防の効果は検討も検証もされていません。 この薬剤は粒子径が非常に小さく、肺の末梢に喘息の炎症が強い方や声枯れの出やすい方に非常に有用な選択肢として使用されています。 しかし もともとそれほど流通量のある薬剤ではなく、需要が高まると容易に供給不足に陥り、本来必要とされる患者さんに届かなくなる危険性が高くなると考えられるため、 医療側も患者側も安易な薬剤選択は厳に慎むべきです。 他に注意すべき点としては、 現在ネブライザー治療はエアロゾルを広げるリスクがあるため、感染が蔓延している現在ではやや感染の危険度が上がります。 ご自宅でネブライザーを使用されており多少でも感染が否定できない場合は、可能なら薬剤を変更するか、どうしても症状をコントロールするために使用しなければならないときは 窓を開け換気をよくしてなるべく空気の流れを作り、 使用する方以外はできるだけ離れていたほうがいいでしょう。 また重症な喘息の方で、 内服のステロイドを連日使用している方は免疫力の低下を来すので、感染を起こすリスクは高くなるかもしれません(数日など短期の使用はそこまでリスクにはならないと思います)。 吸入など通常の治療を 「正しく」治療を行っていても症状がコントロールできていない場合は、 生物学的製剤や気管支鏡を用いた治療もあるので、ステロイド連日内服の前に検討すべきかもしれません。 専門医に相談しましょう。 喘息の治療はここ数年も常に進化を続けており、新しい治療も多く出ております。 また他の疾患と違い、薬の使用法のコツをつかむことが治療結果に大きく影響します。 ACTが常に25点でない方は、 現状の治療のままでも、何かしらの改善点を知り実行することで状態が良くなることが少なくありません。 少しでも気になる方は主治医の先生や、より喘息に詳しい呼吸器、アレルギー専門医に相談してみましょう。 投稿者: 加藤医院 院長 浅井偉信.

次の

新型コロナ禍の中、重視される「咳エチケット」。喘息持ちや花粉症の人は困惑も

コロナ ウイルス 喘息 持ち

新型肺炎 コロナウイルス について。 37歳女性、10年前に自然気胸を一回経験 胸腔ドレナージで治りましたが、次に再発すると手術と言われています です。 子供は喘息持ちの7歳女児、親子ともに呼吸器が弱いので、新しい情報、確かな情報が欲しくて、ついつい度々こちらを覗きに来てしまいます。 先生方も、まだ中々情報に乏しいところがあるのかと思いますが、必要以上に過敏になったりも良くないので、どのくらい心配すればよいのか分かりかねています。 今日、あるところで、今回のウイルスはSARSとHIVのウイルスのハイブリッドではないかとの疑いがある、との記述を目にしました。 デマではないのか、と眉唾物なのですが、例えばHIVがくしゃみや咳の飛沫によって感染することなどは有り得るのでしょうか? 仮にそれでHIVウイルスに感染してしまったとすると、今回の肺炎症状が落ち着いたとしても、将来的にAIDSを発症する可能性があるということでしょうか。 とんでもない話だと思いますが…。 この話がデマであれば、私の質問自体がとても滑稽だろうなと思いますが、実際のところ現役の先生方であれば、どのように受け止められるのかと疑問に思いました。 確かなデータがまだ少ないのは承知しています。 とにかく、何でもいいので信じられる情報が少しでもあればと思います。 私達母子くらいの呼吸器疾患があって、どのくらいの危険があるか、おおよそで構いませんので、先生方のご見解をお聞かせいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。 コロナウイルスはもともと存在するウイルスですので新型といえどもといえども既知のウイルスの仲間です。 情報が不足してはいますが、潜伏期間は約5日、感染のしやすさはインフルエンザと同程度、基礎疾患のない人や若い人では重症化しにくいということは確かだと思います。 おそらく一見健康な感染者(不顕性感染者)がいること。 致死率は2%以下と考えられることも確からしいです。 やはりインフルと同様に予防が何より重要と思いますので、マスクと手洗いがすすめられます。

次の

喘息は新型コロナに感染しにくい?そんな事言われても安心出来ません!|ふくい情報かわら版

コロナ ウイルス 喘息 持ち

咳喘息は、だれもがなり得る病気! 咳喘息の原因は? 増加傾向をたどる咳喘息は、『ハウスダスト』『ダニ』『スギ花粉』などのアレルギーが原因となるようです。 そして『花粉症の人がまわりに多いこと』だけを見ても、『だれもがなり得る病気』です。 ちなみにわたし自身も『ハウスダストで鼻炎が発症した』こともあるので、『いつ咳喘息を発症してもおかしくない』といえる状況ですね。 咳喘息かな?と思ったら放置せず、はやめの受診を! 『咳喘息を放置すると、3~4割は喘息に移行する』と考えられています。 なので、乾いた咳が8週間以上続いた場合は、咳喘息を疑いましょう。 8週間様子見しなくても、自己判断で『はやめに受診すること』が重要です。 スポンサーリンク 咳喘息の特徴3つ 咳喘息は、意外とわかりやすい特徴があります。 主に3つの特徴がみられるので、自分の状態と照らし合わせてみましょう。 夜間寝る前に頻繁に咳が出る わたしの妻が咳喘息なのですが、就寝前(ベッドに横になった瞬間)にしつこいくらいの咳が出ています。 このタイミングで乾いた咳が頻回で出る人は、かなり咳喘息の可能性が高いと思います。 また、人によっては早朝にも同じような症状がみられるようです。 日によって調子が乱高下する まったく咳が出ない日もあれば、ずっと咳が出ることもあります。 『気圧』や『気温』『湿度』などの影響を受けやすいようです。 ほこりを吸うと悪化する ほこりを吸うと咳の回数が増したりします。 これらが当てはまると、咳喘息の可能性が高いはずです。 『咳喘息』は症状が重くなると『喘息』になってしまいます。 『咳喘息』から『喘息』になってしまう前に、なるべくはやく受診するようにしましょう! なお、喘息とのちがいとして、咳喘息は「ヒューヒュー」という音を伴う『喘鳴(ぜんめい)』は見られないようです。 咳喘息(せきぜんそく)は、気管支喘息のような喘鳴(ぜんめい)は見られない症状です。 その名前も咳を主症状とした喘息だからです。 気管支喘息の初期の症状と考えられています。 より引用 日常生活を意識して、咳喘息の予防を! 掃除機をかけるときは窓を開けて換気するなど、日常生活を意識することで咳喘息の予防になります。 以下の掃除術を実践して、『咳喘息』を予防しましょう!• なので、咳が出ているだけで『新型コロナウイルスに感染している』と思われてしまう傾向にあるように見受けられます。 実際のところ、先日ニュースで山手線が池袋付近を走行中、『車内で咳き込んだ女性』に対して向かいの席に座っていた男性が暴言を吐き、女性の隣に座っていた男性と大喧嘩になっている映像が流れていました。 女性の向かいに座っていた男性も、きっと『新型コロナウイルスに対する恐怖心が自制心を上回ってしまった』結果、そのような行動に出てしまったのだと思います。 わたしの妻も、数年前に『咳喘息』を患いました。 妻が『咳エチケット』として外出時にマスクをしっかりしていることを知っている私は、すれ違う人が逃げるように離れていくのを見て毎回『かわいそうだな~』と思ってしまいます。 たしかに日本国民全員が『せき』に対して敏感になっている時期ではありますが、疑心暗鬼になり『せき』をしている人全員が『新型コロナウイルス』に感染していると判断してしまうのはどうかと思ってしまいます。 もちろん、私も含めて皆が『せき』がこわい時期ではありますが、前述のとおり『せき喘息』は近年発症数が増加傾向にあるため、新型コロナウイルスに感染していると勘違いされるような『ある種の風評被害ともいえるもの』がかなり広がっているのではないでしょうか。 いまは『新型コロナウイルス』にばかり注目してしまいがちですが、その裏で悲しい思いをしている人がいることも理解してあげたいところです。 つらい思いをしている方々に対して『優しい気持ちを持つ』ためにも、『咳喘息』についてご紹介させていただきました! ちなみに、咳喘息もちの方で、なるべく外出したくないときは生協の宅配サービス『パルシステム』を利用すると便利です。 以下に『パルシステム』とその他の宅配サービスについて比較した記事がありますので、参考までに読んでみてください。 『パルシステム』は、宅配員さんにすら会う必要がないので、どうしても『咳』が出てしまって勘違いされるのが嫌な方におすすめです。 以上、「『咳喘息』の患者が増えるなか、新型コロナウイルスが流行。 」でした。 関連記事•

次の