常葉学園大学ポータルサイト。 常葉学園大学附属図書館、第13回「静岡県学校図書館報コンクール」の入賞校を発表

常葉大学/大学トップ|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

常葉学園大学ポータルサイト

- 常葉短大菊川高等学校第1回設立説明会• - 第1期工事起工式• - 常葉菊川高等学校設立。 常葉女子短期大学(菊川校舎)増設• - 第1回入学式(女子のみ・普通科220名・美術デザイン科18名)• - 短大菊川校舎と共に開学・開校式典挙行 創立記念日となる• - 第1回文化祭開催、菊陵祭と命名• - 体育館工事起工式• - 第1回卒業式、第1期卒業生(普通科218名・美術デザイン科16名)• - 体育館(菊川光葉館)落成式典挙行• 4月1日 - 美術科男子入学男女共学開始• 6月8日 - 創立5周年記念式典(新校舎落成・常葉美術館開館・校歌制定)• 4月1日 - 常葉学園菊川高等学校に改称• - 新校舎増築地鎮祭• 4月1日 - 普通科男子入学• - 新グランド起工式• - 総合グランド完成• - 自修館完成• 4月1日 - 学生会館完成• - に初出場• 6月8日 - 常葉学園創立50周年記念式典• - 中学校校舎建設地鎮祭• - に初出場• - 常葉学園菊川中学校開校式典• 4月1日 - 常葉学園菊川中学校設立。 中高一貫校となる• 4月1日 - 女子の制服が変更。 中高一貫教育のため特進Sクラス設立• - に出場、初優勝• - 不祥事 の責任を取りが野球部を辞任• - 日本学生野球憲章第13条に違反する特待生制度の存在をが公表• 6月 - 野球部部長を辞任した佐野心が再度部長就任• - への出場決定• - ()に3-4と敗退したが、夏の甲子園では初となるベスト4• - がでより1位指名を受ける• - 田中が横浜ベイスターズに入団決定。 本校から以来二人目のが誕生。 2008年• - に出場決定。 - 野球部監督 と選手・学校職員が・の記者に対しを行ったとの報道があった。 学校が事情聴取を行っており その際、監督は記者に謝罪した。 部員が卑猥な電話を掛けたとされる件も、校長は「部員も深く反省している」と述べた。 また校長は「女性記者に不快な思いをさせたのは事実。 大変申し訳ない」と謝罪した。 学校は森下を謹慎処分、部員を校長訓戒処分にした。 - に出場し、準優勝• 2017年• 校名を常葉大学附属菊川中学校・高等学校 へ変更 部活動成績 野球部 春4回 夏6回 神宮1回 計11回 全国高等学校野球選手権大会成績 1996年 (初出場)• この直後、第13条に違反する部員を多数在籍させていたことが発覚する 2004年 (初出場)• 2004年 - 3位• 2005年 - 準優勝• 2006年 - ベスト16• 2007年 - 1回戦• 2009年 - ベスト16• 2013年 - ベスト16 西部高校総体• 2005年 - ベスト16• 2008年 - 1回戦• 2010年 - 2回戦 陸上部 女子第19回全国高校駅伝競走大会• 2007年 - 28位(1時間11分54秒) 東海高校駅伝 2007年 - 女子4位 空手部• 2007年 - 出場 2007年第26回全国高校空手道選抜大会• 女子団体組手 - ベスト8• 男子団体組手 - ベスト8 2007年• 男子団体組手 - 優勝• 女子個人組手 - 優勝• 女子団体組手 - 準優勝 2017年 全国大会出場 不祥事 日本学生野球憲章違反 、常葉学園菊川高等学校野球部にて、第13条に違反し、制度を導入していたことが発覚した。 同日、この不祥事の責任を取り、が野球部のを辞任した。 翌日開催された静岡県春季野球大会の試合では、日本学生野球憲章第13条に抵触する特待生制度を利用していたが試合に出場することを回避するため、主力選手7名 を交代させて出場する事態となった。 翌月2日には、の吉村耕司が高野連に対し「野球部員17人が憲章に抵触すると判断した」 と報告し、校長自ら高野連に対して謝罪した。 性的嫌がらせ 野球部監督による性的嫌がらせ 2006年12月、取材に訪れたに対し、野球部監督のが「次はの日にを取ってから取材に来てよ」 と要求したうえで「野球部のパーティーがあるからそれに出て、その後二人で抜け出そう」 などと発言した。 記者が業務都合で無理だと繰り返し断り、自分には恋人がいるとも重ねて説明したが、森下は「静岡の男は俺に決まりだ」 「もう一度俺に恋をさせてくれ」 「仕事なんかいいじゃないか」 と繰り返し要求した。 さらに、森下は記者を飲食店やカラオケに誘い、記者に対して腕を組んだり手を握るなどの行為を行った。 記者に拒まれると、森下は「恥ずかしがり屋だなあ」 と述べた。 記者から相談を受けた毎日新聞社静岡支局の支局長は、森下に近づかないで取材を行うよう指示した。 記者はその後も菊川高等学校の担当を続けたが、森下の関係者側から「ちゃんと女性の武器を使って監督の近くに行って取材しなさい」 と要求された。 記者はその後も菊川高等学校の担当を続けたが、2007年春のののちに倒れ、1週間点滴を受ける状態となった。 その後、この記者は医師により鬱と診断され、2007年8月から休職した。 学校職員による性的嫌がらせ 2007年、のアルプススタンドにて、を取材していたに対し、常葉学園菊川高等学校の職員が「大阪で飲みに行こうよ」 と発言した。 さらに、「特待生問題」が発覚したことから、記者が学校職員を取材する機会が多くなったが、職員は頻繁に電話を掛け、記者に酒席をともにするよう繰り返し要求してきた。 野球部部員による性的嫌がらせ 2007年夏のに出場した際、野球部が宿泊したホテルに、菊川高等学校担当のも宿泊していた。 すると、部員の一人が、記者の部屋のドアをノックし、ドアを開けた記者に対して自らのを見せた。 恐怖を感じた記者は上司に報告し、上司が選手に対し「そんなことをしてると試合に出られなくなるぞ」 と一喝し、記者を別のホテルに移した。 しかし、大会終了後も同部員から記者に対し執拗に卑猥な電話が繰り返され、記者が着信拒否しても、同部員は公衆電話や他の電話を使うなどして電話を続けた。 記者は2007年秋から休職し、2008年現在も治療中である。 性的嫌がらせに関する報道への当初の反論 『』の取材に対し、野球部監督のは、毎日新聞記者の問題について「休職されたということは校長から聞いていますが、原因は思い当たらない。 酒席で一緒になることはあったと思うが、手を握ったり、セクハラしたことなど一切ありません」 と反論している。 また、朝日新聞記者の問題については「記者と選手のことなど全く知らない、寝耳に水」 と主張している。 (高野連)でを務めるは、これらの問題に対し「聞いていない」 としたうえで「事実じゃなければ名誉毀損じゃないですか」 と述べた。 性的嫌がらせに関する報道の波紋と社会への影響 2008年5月、『』が菊川高等学校における性的嫌がらせの問題を報じると、日本高等学校野球連盟理事の田名部和裕は静岡県高等学校野球連盟(静岡県高野連)に対し事情聴取を行うよう指示した。 それに対し、常葉学園菊川高等学校校長は「事実と違う部分もある。 高野連や学校本部の指示も仰ぎながら慎重に対応する」 とコメントした。 2008年、高野連は、静岡県高野連理事長、不祥事発生当時の校長(校長)、現校長から聴取を行った。 校長らの説明によると、2007年8月の時点で、学校が毎日新聞記者の問題について事情聴取を行っており、監督はその際「不快な思いをさせたとしたら大変申し訳ない」 と謝罪していた。 そのため、毎日新聞社静岡支局の支局長に対し、当時の校長が謝罪していた。 さらに、部員が朝日新聞社の記者に卑猥な電話を掛けた問題についても、学校側は事実関係を認めた。 事情聴取後の会見で、高野連会長のは「セクハラという言葉の解釈はあるが、迷惑をかけたということは確認した」 と述べた。 学校は監督を謹慎処分、部員を校長訓戒処分とすると報告したが 、脇村は「学校サイドの謹慎処分を了承した」 と語り、高野連としての追加処分は行わず学校側の処分を認めると決定した。 記者会見の席上、校長は監督の行為について「セクハラととられても仕方がない」 と述べ「女性記者に不快な思いをさせたのは事実。 大変申し訳ない」 と謝罪した。 また、部員の行為についても、校長は「不快を感じさせる電話を掛けた」 ことを認めたうえで「部員も深く反省している」 としたが、「この件は今回報道されるまで知らなかった」 としている。 森下の謹慎処分にともない、野球部部長のが臨時監督に就任した。 しかし、謹慎処分となっていた森下は同年中に復帰し、それにともない佐野は再び部長に就任した。 集団暴行事件 2010年5月、野球部の寮で、部員による集団暴行事件が発生した。 2年生部員複数名が、1年生部員を強制的に正座させたうえで繰り返し殴打するなど暴力を振るっていた。 また、2年生部員らは、この集団暴行を「ミーティング」 などと称していた。 捜査にあたったは、翌年9月に複数名の部員を浜松支部に書類送検した。 静岡地方検察庁は、複数名の部員を静岡家庭裁判所に送致した。 なお、常葉学園菊川高等学校は、2011年4月になるまで高野連に報告せずにいた。 この事件に対し、高野連は常葉学園菊川高等学校を2回にわたって注意処分とした。 2011年10月、教頭は「暴行は事実」 と発表した。 なお被害者はいじめにあったと訴えて不登校になったが 、教頭は「高野連から指導を受けたことは事実だが、いじめではない。 中身については答えられない」 と主張したうえで「生徒のプライバシーにかかわることなのでコメントできない」 と発言している。 特待生制度を利用し第13条に抵触するの出場を回避するため、静岡県春季野球大会試合前日に登録選手の半数近くを交代し、野球部部員への特待生制度が日本学生野球憲章第13条に違反• また本校から直にプロ野球選手になるのは初。 (門奈は大学経由)• 姉妹校のは選考にもれ、姉妹校での出場はならなかった。 森下知幸• 校長らの説明によると2007年8月の時点• 朝刊 東京: 日本経済新聞社 : p. 2008年5月14日• 朝刊 東京: 読売新聞社 : p. 31; 静岡地方面. 2008年5月14日• 常葉学園だより第222号(2016年7月11日付)• YOMIURI ONLINE 読売新聞. 2007年4月29日. 2007年4月29日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞. 2007年5月3日. 2007年5月3日閲覧。 asahi. com. 2007年5月2日. 2007年5月2日閲覧。 47NEWS 全国新聞ネット. 2008年5月13日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2008年8月19日. 2008年8月19日閲覧。 msn産経ニュース 産経新聞社. 2011年10月15日. 2011年10月15日閲覧。 CHUNICHI Web 中日新聞社. 2011年10月15日. 2011年10月15日閲覧。 毎日jp 毎日新聞社. 2011年10月15日閲覧。

次の

常葉大学/大学トップ|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

常葉学園大学ポータルサイト

概観 [ ] 大学全体 [ ] により、1980年(昭和55年)に常葉学園大学として開学した。 2013年4月、、を統合し名称を常葉大学へ改称した。 10学部19学科を擁する静岡県内最大の私立大学である。 常葉大学の常葉は、にあるの御製「橘は実さへ 花さへ その葉さへ 枝に霜ふれど いや常葉の樹」に因んでいる。 建学の精神 [ ] 「より高きを目指して~Learning for Life~」 常に青々とした葉を繁らせ、純白な花を咲かせて黄金の実を結ぶ橘こそ、常葉の象徴。 美しい心を持ち、より高い目標に向かってチャレンジし、学び続ける姿勢こそ、常葉の精神。 沿革 [ ] 略歴 [ ] 常葉大学は、で教授であったがに北回廊を仮校舎として創立した静岡女子高等学院を源流とする。 に常葉学園大学を存続大学とし、・の3大学の統合により、常葉大学と改称した。 年表 [ ]• 4月 - 木宮泰彦が北回廊を仮校舎として静岡女子高等学院を創立• 2月 - 財団法人常葉学園の設置を認可• 12月 - 財団法人常葉学園の学校法人への組織変更を認可• 1月8日 - 常葉学園大学が開学。 初等教育課程を開設• 4月 - 英米語学科、スペイン語学科を開設• 4月 - 常葉学園浜松大学が開学、経営情報学科を開設• 4月 - が開学、、を開設• 4月 - 常葉学園浜松大学に国際経済学科を開設• 4月 - 常葉学園大学大学院が開学、国際言語文化研究科英米言語文化専攻、国際教育専攻を開設。 常葉学園浜松大学大学院が開学、経営学専攻開設• 4月 - 常葉学園大学教育学部に生涯学習学科(昼夜開講制)を開設。 常葉学園浜松大学をへ改称• 4月 - 常葉学園富士短期大学を改組しを開学 、流通経済学部流通経済学科、環境防災学部環境防災学科を開設• 4月 - 浜松大学経営情報学部に情報ネットワーク学科を開設• 4月 - 常葉学園大学に造形学科を開設• 4月 - 常葉学園大学教育学部に心理教育学科を、外国語学部にスペイン語学科を改組しグローバルコミュニケーション学科を開設• 4月 - 浜松大学に健康栄養学科、こども健康学科、心身マネジメント学科を、別科に留学生別科を開設• 4月 - 富士常葉大学に保育学部保育学科を開設、流通経済学部流通経済学科の名称を総合経営学科へ変更、別科に留学生別科を開設。 富士常葉大学大学院を開学、環境防災専攻を開設• 4月 - 浜松大学経営情報学部、国際経済学部を改組し、経営情報学科、サービスと経営学科を開設• 4月 - 常葉学園大学大学院に初等教育高度実践研究科初等教育高度実践専攻を開設• 4月 - 浜松大学に保健医療学部理学療法学科、作業療法学科を開設。 浜松大学大学院に健康科学研究科健康栄養科学専攻、臨床心理学専攻を開設• 4月 - 浜松大学健康プロデュース学部に健康鍼灸学科、健康柔道整復学科を開設。 富士常葉大学環境防災学部環境防災学科を改組し社会環境学部社会環境学科を開設• 12月 - 浜松大学、富士常葉大学の学部の統合、新設学部設置を認可• 4月 - 浜松大学、富士常葉大学を常葉学園大学に統合し、名称を常葉大学に変更。 法律学科、看護学科、静岡理学療法学科を開設• 4月 - 法人名を「学校法人常葉学園」から「学校法人常葉大学」に変更• 4月 - 静岡草薙キャンパス開校。 富士キャンパス閉鎖 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 静岡瀬名キャンパス(静岡県静岡市葵区瀬名一丁目22番1号)• 静岡水落キャンパス(静岡県静岡市葵区水落町1番30号)• 静岡草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区弥生町6番1号)• 浜松キャンパス(静岡県浜松市北区都田町1230) 象徴 [ ] の木のつねに青々とした葉を象徴としている。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学部 [ ]• 初等教育課程• 生涯学習学科• 生涯スポーツ専攻• 心理教育学科• 教育カウセリング専攻• 心理発達専攻• 英米語学科• グローバルコミュニケーション学科• 造形学科• アート表現コース• ビジュアルデザインコース• デジタル表現デザインコース• 環境デザインコース• 法律学科• 看護学科• 静岡理学療法学科• 健康栄養学科• こども健康学科• 心身マネジメント学科• 健康鍼灸学科• 健康柔道整復学科• 理学療法学科• 作業療法学科• 経営学科• 社会環境学部• 社会環境学科• 保育学部• 保育学科 別科 [ ]• 留学生別科 大学院 [ ]• 英米言語文化専攻()• 国際教育専攻(修士課程)• 初等教育高度実践研究科• 初等教育高度実践専攻()• 健康栄養科学専攻(修士課程)• 臨床心理学専攻(修士課程)• 環境防災専攻(修士課程) 短期大学部 [ ]• 日本語日本文学科• 保育科• 音楽科 附属機関 [ ]• 附属図書館• 静岡瀬名図書館• 静岡水落図書館• 静岡草薙図書館• 浜松図書館• 学生支援機関• キャリアサポートセンター• 教職支援センター• 外国語学習支援センター• 学生生活支援センター• 基礎教育センター• とこは鍼灸接骨院• 臨床心理教育実践センター• 総合研究所• 社会災害研究センター• 地域法政策研究・実践センター• 社会貢献・ボランティアセンター「HUVOC」• 常葉リハビリテーション病院 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ]• 施設 [ ] キャンパス [ ] 静岡瀬名キャンパス [ ]• 使用学部:造形学部、短期大学部(音楽科)• 交通アクセス:からバス(休校日運休)で約15分。 ・(休校日運休) 「常葉大学静岡瀬名キャンパス入口」停留所から、徒歩5分 静岡水落キャンパス [ ] 浜松キャンパス• 使用学部:経営学部、健康プロデュース学部、保健医療学部• 使用研究科:健康科学研究科• 交通アクセス:から徒歩約7分、遠鉄バス 「常葉大学正門」停留所から、徒歩2分、浜松市内循環のスクールバス。 旧浜松大学のキャンパス 過去に存在したキャンパス [ ] 富士キャンパス [ ]• 使用学部:経営学部、社会環境学部、保育学部• 使用研究科:環境防災研究科 旧のキャンパスであり、富士市総合運動公園の一角に位置する。 校舎は、1990年(平成2年)に常葉学園短期大学が開学した当初からの1号館、2000年(平成12年)四年制大学に改組された時に新設された2号館、2005年(平成17年)保育学部設置に向けて建設された3号館からなる。 2018年3月、静岡草薙キャンパスに学部、研究科を移転し閉校。 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ]• 附属学校 [ ]• 常葉大学附属とこは幼稚園• 常葉大学附属たちばな幼稚園 脚注 [ ] [] 注釈• 留学生別科• 留学生別科日本語研修課程• 留学生別科]]• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 国際別科• 別科武道専修課程• 留学生別科• 留学生別科• 日本語・日本文化教育センター 別科• 留学生別科• 留学生別科日本語課程• 国際別科• 日本語予備教育課程• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生日本語別科• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生別科• 外国人留学生別科• 留学生別科• 別科日本語課程• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 留学生別科• 外国人留学生別科• 別科日本語課程• 留学生別科• 別科日本語研修課程• 留学生別科日本語専修課程• 留学生別科 短期大学.

次の

常葉大学附属菊川中学校・高等学校

常葉学園大学ポータルサイト

ジャンルで絞込• 詳細検索 ジャンル 体育会系? 文科系? ゴリゴリ体育会系• 体育会系• オールジャンル• 文化系• 机にかじりつくぐらいの文化系• こだわらない 男女比• 男だらけ• 女だらけ• 若干男だらけ• 若干女だらけ• こだわらない こだわり条件• 会費なし• いつでも新人大歓迎• 部屋あり• 初心者歓迎• 掛け持ちOK• インカレ• 仲良し• 飲み会いっぱい• 合コンいっぱい• サークル内恋愛さかん• 楽しむことが最優先• 完全プロ指向• 少数精鋭• イベント多数• ほぼ新設• 上下関係あまりなし• 実績がウリ• 就職に有利• 試験に強い• 機材・設備が充実• サークルバイトあり• プロの指導あり• 即レギュラー可能• 女子比率高い• 男子比率高い• 飲みに自信なし• 一気強制なし• 太い人脈ができる• こだわらない フリーワード 団体カテゴリ•

次の