アラジン ジャスミン 歌。 アラジンのジャスミン役ナオミスコットの歌が絶賛される理由!歌唱力の秘密についても

実写映画『アラジン』王女ジャスミン壮大な新曲「スピーチレス」MV公開

アラジン ジャスミン 歌

実写版「アラジン」の日本語吹き替えキャスト 今回は、2019年に公開されるディズニー映画 実写版「アラジン」の日本語吹き替え声優キャストの経歴や歌の実力について解説します。 特に、アラジン役の中村倫也。 そしてジャスミン役の木下晴香の経歴や、歌の実力についてミュージカルファン目線での解説をしたいと思います。 また、後半では、声優が発表される前のアラジン&ジャスミン声優の予想記事です。 こちらでは、井上芳雄、海宝直人といったミュージカルスターから、芸能界で活躍する竹内涼真。 ジャスミン役には元宝塚のトップ娘役など、様々な可能性を検証してみました。 アラジン役の声優は中村倫也 アラジンは中村倫也に決定しました!ファンってすごいですね、声だけで当ててしまう。 元々ミュージカルにも出演していましたが、 「ミュージカルでも歌を芝居として上手く消化できる」演技派の俳優さんです。 お披露目イベントでの歌唱は、正直不安が残る内容でしたが、「歌を芝居として上手に消化する」俳優ですので、劇中ではキャラクターの心情や雰囲気を上手に盛り上げ、表現してくれるでしょう。 経歴 1999年佐賀県出身。 さらに2018年には帝国劇場「モーツァルト! 」のコンスタンツェ(ヒロイン)にも抜擢されています。 2019年11月からは難易度の高い歌が多い「ファントム」にクリスティーヌ役として出演が予定されています。 ジーニー役は山寺宏一 ジーニー役はアニメ版に引き続き山寺宏一。 ディズニー映画では、• ドナルドダック• ラルフ• ムーシュー• スティッチ• 野獣 などのキャラクターの声を担当しており、レジェンドと言っても良いでしょう。 ジャファー役に北村一輝 1969年大阪出身の俳優。 「夜王〜YAOH〜」「ガリレオ」などテレビ番組でおなじみですね。 アニメ映画では2018年「プリキュアスーパースターズ! 」に続き、2作目の声優となります。 悪役やダーティな役を演じるのが上手だけに、ジャファー役にも期待がかかります。 イアーゴ役に多田野曜平 イアーゴはベテラン声優の多田野曜平。 ディズニーシリーズでは、• 「シュガーラッシュ」キャンディー大王• 「塔の上のラプンツェル」ショーティー(天使の格好をしている酒場の荒くれ者)• 「ファインディング・ドリー」ベイリー(シロイルカの雄)• 「メリダとおそろしの森」マーティン(ダンブロッホ王国の番人の一人)• 「リメンバー・ミー」パパ・フリオ など、脇役ですが重要なキャラクターの声を演じています。 ダリア役に沢城みゆき ダリアは実写版で新しく登場するジャスミンの一番親しい側近です。 「ルパン三世」シリーズで峰不二子や、「ゲゲゲの鬼太郎」鬼太郎の声優として活躍する沢城みゆきが抜擢されました。 ディズニー映画は初参加となります。 アンダース王子に平川大輔 ジャスミンに求婚するアンダース王子に抜擢された平川大輔。 「イタズラなKiss」入江直樹、「School Days」伊藤誠といったアニメ作品から、オーランド・ブルーム、トム・ヒドルストンの声優など、幅広く活躍されています。 【予想】アラジンは海宝直人の抜擢が有力か? まず主役のアラジンですが、30歳を迎え日本ミュージカルで今最も注目を浴びているといっても過言ではない 「海宝直人」の名前がパッと思いつく方も多かったのではないでしょうか。 劇団四季「アラジン」では外部出演ながら主人公アラジンに配役されています。 追い風として、ディズニーとのコラボレーションCDも発売されました。 実力的にはもちろんのこと、興行的にもディズニーから認められた存在になったとも考えられます。 私個人の意見としては、日本で最も人気の高いミュージカルスターの一人である井上芳雄の「井上芳雄 シングス ディズニー 〜ワン・ナイト・ドリーム!」、宝塚歌劇団とのコラボCD「TAKARAZUKA plays Disney」など、ある意味ディズニーとのコラボCD発売はその実力と、人気を持った者しか許されない特権なのではないかと思います。 そういう観点で考えると、海宝直人も実力・人気を客観的に認められた気がしていましたが、結果的には今回のアラジン役に名前は上がりませんでした。 その他の候補として考えていた方を以下に何名か挙げてみます、• 井上芳雄• 浦井健治• 城田優• 小池徹平• 柿澤勇人 2017年公開の実写版「美女と野獣」でビースト役に山崎育三郎が抜擢されました。 人気や実力から考えると、同じくStarSの二人が抜擢される可能性も考えられました。 また知名度を優先するという点では、城田優、小池徹平の抜擢がリアルな気もしました。 ただし、ここまでは「人気」「実力」という面からキャスティングを考えましたが、 全くの新人を起用するというケースもあり得ました。 今回の実写版「アラジン」でアラジンを演じるメナ・マスード、ナオミ・スコットも俳優経験はありますが、ほとんど新人といっても良い経歴です。 日本でもまだまだあまり知られていないミュージカル界・映画界の新人が大抜擢される。 こういったパターンもあると思っていました。 ただ、懸念点としては、直近のディズニー実写映画の興行成績が悪く、実写版「アラジン」は失敗できないという背景があるので、アメリカの次に興行成績を稼げるだろう日本では、人気を優先した、まさに「劇場にお客さまを運べる俳優」の優先順位が高くなると思います。 そうなると、ティーン向けの映画・ドラマの主役級、20〜30の子供の頃に「アラジン」を見て育った世代にも受け入れられ、そして歌唱力も素質がある若手俳優が配役されると予想していました。 ズバリ 竹内涼真です。 個人的には、海宝直人か、竹内涼真か。 全く異なるベクトルの方向性に見えて、どちらも人気にこれからの伸び代があって、話題性があるという点では同じだと思います。 また、知名度だけ考えると海宝直人を竹内涼真と比べるのはナンセンスかと思われる方もいると思います。 ただ、映画の興行収入は「どれだけリピーターを呼べるか」という点もとても重要なので、おそらく海宝直人が吹き替えだと英語版・日本語吹き替え版の両方を観に行くリピーターが多いと思います。 私見ではありますが、竹内涼真のファンは日本語吹き替え版しか観ない方が多いと思うのです。 一方で、全国のミュージカルファンはどちらも観に行きますよね。 完全なる私見ですが。 ミュージカル好きの方は、実写版「美女と野獣」も英語・日本語どっちも観にいった方が多いのではないのでしょうか? 【予想】宝塚歌劇元トップ娘役のジャスミン役もあると思います! ジャスミンは、正直さっぱり誰になるのか分からないです。 もちろん、 個人的な希望はあります。 元宝塚のトップ娘役です。 ただし、元宝塚歌劇の女優はディズニー映画の吹き替えをしているイメージがない。 パッと思いつくのはゴーテル(剣幸)ぐらいでしょうか。 ただ、宝塚歌劇ファンとしては、宝塚を引退したトップ娘役にディズニー映画の大役を担って欲しい。 では、元宝塚でもどの女優が抜擢されるのか。 現実的なのは、• 愛希れいか(元月組トップ娘役)• 実咲凜音(元宙組トップ娘役)• 咲妃みゆ(元雪組トップ娘役) 人気も、実力も高いこの3人かと思います。 人気と知名度が抜群の愛希れいか 6年7ヶ月トップ娘役として活躍した 愛希れいかは、娘役としては花總まり以来、異例の主演公演も上演されています。 ますます高まる宝塚歌劇の人気を考えると、ジャスミン役に愛希れいかが抜擢された際には、話題沸騰で、全国の宝塚ファンが映画館に押しかけ、その上DVD・CDなどのグッズも飛ぶように売れると思います。 ジャスミンのイメージにも合う実咲凜音 「みりおん」こと 実咲凜音も人気が高い元トップ娘役です。 、凛とした美しい姿が、ジャスミンのイメージにもマッチしていると思います。 オールマイティーになんでもできる咲妃みゆ そして、ユニバーサル・ミュージックに元宝塚で初めてアーティストとして専属契約された 咲妃みゆもあり得ると思います。 なんでも器用にこなす元トップ娘役です。 ディズニー愛のある妃海風もあり得る! あとは、愛希れいか、実咲凜音と同期の 妃海風の抜擢も期待されます。 ものすごいディズニーファンで、プリンセス志向の高さは芸能界で確実に1番。 生田絵梨花、平野綾はジャスミン役の可能性としてはかなり高いと思います。 ミュージカル女優の中では、 唯月ふうか、宮澤エマが来そうな気もしています。 ジーニーは山寺宏一に決定! 山寺さん一択では? 山寺さんの吹き替えるジーニーに匹敵する人がいないと思います。 もしくは、ウィル・スミスの吹き替え担当として 東地宏樹さんも。 可能性としては、 駒田一さんのように「レ・ミゼラブル」でテナルディエを演じるようなコメディもできて歌えるミュージカル俳優さん。 あと、 市村正親さんも面白そうかなと思いました。 他にもジャファーなど魅力的なキャラクターがたくさんいるのがアラジン。 日本語吹き替え版が誰になるのか?とても楽しみですね!!! 劇団四季も上演中であらゆる世代から知名度が高い作品です。 吹き替えキャストによっては「美女と野獣」を超える興行収入を記録するかもしれません。 アメリカでの公開は2019年5月24日、日本ではおそらく8月前半など夏休みのシーズンになると思います!.

次の

実写版アラジンの劇中でジャスミンが歌っていた曲「Speechless」を聴く方法

アラジン ジャスミン 歌

ディズニー 2019. 05 2020. 16 joukun アラジン実写版のサントラ曲まとめ!歌の歌詞や歌手を調べてみた 1992年に公開された 「アラジン」が、2019年に 「実写版アラジン」としてついに公開されました。 ディズニー映画は 歌、踊りが楽しめる映画なので、主題歌だけでなくサントラも注目してしまいますよね。 皆さんは、映画中の歌っている素敵な歌手は、キャストそれとも別の歌手かご存じでしょうか。 また、サントラの曲の歌詞もどんな内容か気によりませんか? ただ聴いているだけでは勿体ない! 今回は、「実写版アラジン」のサントラ曲を歌の歌詞と一緒に紹介していきます。 きっと「実写版アラジン」がさらに楽しくなりますよ! スポンサーリンク アラジン実写版のサントラ曲を紹介! 引用元: 2019年6月7日に発売された「実写版アラジン」のサントラ曲。 実は、注目されている理由があります。 それは、今回の映画で誰もが知っている 名曲「ホール・ニュー・ワールド」を作曲したアラン・メンケンが今回も加わっているんです。 これだけでもかなりの期待ですが、ここだけで終わらないのがディズニーの凄いところ。 なんと、「 ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のソングライター・コンビ、ベンジ・パセクとジャスティン・ポールも参加されているのです。 もう名曲しか生まれない! サントラ曲はこんな感じに収録されています。 引用元: では、この中から話題となった曲を紹介していきますね。 この曲は、アラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗って大空を飛ぶという名シーン。 魔法の絨毯にのって、広い世界を2人でみる場面で歌われる「ホール・ニュー・ワールド」が特にお気に入りで。 わたしもいつか今まで知らなかった世界を教えてくれるような素敵な人とわくわくしながら生きていきたいと思っていた。 最近も夜によく聴いてるんだ。 — ぽもぽむ pomu0u0gv9 皆さんこんな感想でした! とても ロマンチックなシーンなのでこのシーンが印象的だったという方がやはり多かったです。 スピーチレス(Speechless ジャスミンが歌う新曲。 この曲はアニメにはなかったので注目された方が多かったかと思います。 この曲は、大臣ジャファーの罠で閉じ込められそうになったジャスミンが、兵士の抵抗しているシーンです。 映画では、 女の人の社会性への訴えが強く感じられるのでインパクトのある曲でした。 力強く、多くの女性は勇気をもらったという感想が多く聞かれました。 アリ王子のお通り(Prince Ali) この曲はアラジンがジーニーの魔法で 「アリ王子」になって、ジャスミンに会いに行く重要なシーンです。 これからの苦難も知らず、 「ジャスミンに会える!」とドキドキしながら楽しく、歌って踊る曲。 アラジンがイメージしている王子像を歌詞にしているので内容がとっても愉快なんです。 とにかく、興奮したし、映画の中に引き込まれました。 ゾクゾクするし、ワクワクするし、この曲を聴くたびに 映画館でみたシーンが思い浮かびます。 — sanasanasanasan sanasanasanasa5 実は、吹き替え版では、 曲に華やかさや迫力を出すためにコーラスが24人もいるんです。 この曲は 「吹き替えがいい!」という感想が多かったです。 城から出ることが出来なかったジャスミンと貧しくて生きるために必死だったアラジンの世界が広がりました。 魔法の絨毯に乗って色々なところを飛んで回っていましたね。 そうなんです。 これは、大臣ジャファーがジャスミンに言った言葉をジャスミンは歌で表現していたのです! 「Woman should be seen, not heard」 女は意見を言う物ではなく、男の横で黙って見ていろって事ですね。 それに対して、 私は黙っていない!と強い意志を表現しています。 ジャスミンの立ち向かっていく力強さを感じられる曲でした! アリ王子のお通り(Prince Ali) Prince Ali! (アリ王子だ!) Amorous he! (魅力的なお方!) Ali Ababwa(アリ・アバウワ) Heard your princess was hot! Where is she? (姫は可愛い方だと聞いてます!彼女はどこ?) And that, good people, is why(だから皆さん) He got all cute and propped by(彼は着飾って立ち寄ったのです) 引用サイト: 今回は、吹き替え版をご覧になりました。 24人のコーラスを楽しんでいただけましたか? この曲は、 ジャスミンに会えることに浮かれている事が凄く伝わります。 王女のジャスミンに対して、貧しいアラジンは二度と会うことが出来ないと思っていたんですからね。 観客をニヤリとさせる楽しい曲でした! スポンサーリンク アラジン実写版の歌手は誰? 引用元: さて、サントラ曲がどんな曲か知ってもらうことが出来ましたが、この曲達は一体誰が歌っているのでしょうか。 ミュージカル映画の場合、歌は別の方が歌っている場合がありますのできになりますよね。 挿入歌もキャストが歌っている! なんと、 映画曲は字幕・吹き替え各キャストが歌っていらっしゃいました! キャラクターの再現率だけでなく、歌まで再現しているとはディズニー映画の凄さが分かります。 アラジン役の メナ・マスードと吹き替えの 中村倫也は 優しく明るい印象とあった優しい歌声。 勿論、聴いているとリラックスできますが、甘い歌声にドキドキしてしましますよね。 そして、ジャスミン役の ナオミ・スコットはミュージカル女優ではないのです。 実は、父が牧師だったことから昔から歌って踊る事が大好きだったそう。 美しい印象だけでなく、迫力のある歌声に魅了されました! 吹き替え版の 木下晴香はミュージカルで注目を集めている女優。 安定感があって、ナオミ・スコットの迫力と同様に 力強い歌声が印象的です。 ジーニー役の ウィル・スミス、吹き替えの 山寺宏一はアラジンの世界をぴったり表現していました。 彼らの歌は聴いていて陽気にさせてくれます。 彼らは演技だけで無く、歌でも素晴らしい実力を持っているので本当に良いキャスティングでした。 A Whole New World(エンドソング) 映画の中では、字幕・吹き替えキャストが歌っていらっしゃるのですが、エンドソングは他の方。 本作のエンドソング 「A Whole New World」では、 ZAYN&ジャヴァイア・ワードが歌われています。 キャストとはまた違った雰囲気を楽しめますね! 美しくて透き通った歌声 感動的な映画を見た後の余韻をゆっくり楽しめるのではないでしょうか。 ZAYNはソロ活動中の歌手。 はっきりとした顔立ちで世界中の女性を虜にしています。 彼の魅力は、 ワイルドな印象とは違って、とても甘い歌声と歌唱力の持ち主! 「見たことあるな」と感じた方もいらっしゃるでしょうが、実は 「One Direction」の元メンバーでした。 彼はメンバーだったときもダントツの歌唱力だったのですが、ソロとなるとより上手さが際立ちますね! ジャヴァイア・ワードは2018年に現れた、 美しい歌声と歌唱力で周りを熱狂させた歌手。 彼女は16歳の時にオーディション番組に出場し、その存在感を発揮し、アメリカ国民を圧倒させたと言われています。 デビュー前にも関わらず、映画「デッドプール2」のサウンドトラックにも起用されました。 新人とは思えないこの歌唱力は今後も期待が高まりますね!.

次の

実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

アラジン ジャスミン 歌

時代を超えて愛される名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生んだディズニー・アニメ映画『アラジン』、その不朽の名作からおよそ27年を経て実写版で現代に蘇る ディズニー最新作『アラジン』(原題:Aladdin)では、再びディズニー映画音楽の巨匠 アラン・メンケン(Alan Menken)が音楽を担当し、今回新たなオリジナル曲が加わります。 中でも注目を集めているのは 「Speechless」(スピーチレス)。 歌手で女優 ナオミ・スコット(Naomi Scott)演じるアグラバー王国の美しき王女ジャスミンの歌で、劇中の重要シーンで歌われ力強いメッセージが込められているといいます。 1991年『美女と野獣』、1992年『アラジン』でアカデミー賞歌曲賞及び作曲賞をそれぞれダブル受賞したアラン・メンケンが同曲を作曲し、作詞には映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞歌曲賞を受賞した『グレイテスト・ショーマン』の新進気鋭 ベンジ・パセック(Benj Pasek)と ジャスティン・ポール(Justin Paul)のチームPasek and Paul。 透明感のある美しさと芯の力強さを兼ね備える歌声でエモーショナルに歌い上げるナオミ・スコットは、「この物語は、彼女がどのようにして声に出す決意に至ったか、そしてどのようにして彼女が運命のリーダーになっていくかを描いています」。 本当にパワフルな歌だわ」、「とっても特別な瞬間になるわ」()。 すべての人には声がある。 あなたがたとえどんな人でも、どんな見かけでも、どんなジェンダーでも。 あなたの声が大切だわ。 不正義と戦うために声を上げることが大切、ただ見て見ぬふりをするのではなく」。 その「Speechless」の撮影を振り返り「とてもエモーショナルだったわ。 生身の感情を感じられるものにしたくて、まさにその瞬間彼女が乗り越えようとしているんだって、その姿を感じてもらえるようにしたかったからだわ」。 現在26歳ロンドン出身のナオミ・スコットは教会の牧師である両親のもとに生まれ、敬虔なクリスチャンである彼女は教会の聖歌隊でその歌声を磨いたといいます。 父はイギリス人、母はウガンダとインドにルーツをもつ移民。 女優としては、ディズニー・チャンネル2007年映画『レモネード・マウス』(原題:Lemonade Mouth)でブリジット・メンドラー(Bridgit Mendler)と共演、2017年映画『パワーレンジャー』(原題:Power Rangers)ではベッキー・G(Becky G)と共演、映画『アラジン』は彼女にとって初の大役。 歌手としてはEP『Invisible Division』(2014年)、EP『Promises』(2016年)をインディペンデント・リリース、2017年リリースの「Vows」では日本語歌詞付きでイギリスと日本を映し出したミュージック・ビデオを公開()。 歌手としてその注目を浴びるのも本作が初、ジャスティン・ポールは彼女の歌声に「信じられないくらい素晴らしい歌声」、賛辞を寄せます()。 プレッシャーもあったという「Speechless」、一方アラジンと魔法の絨毯に乗りデュエットで歌うロマンチックな劇中歌「ホール・ニュー・ワールド」(A Whole New World)は、自在に動くカーペットの上での撮影に苦労したものの「Speechless」ほどプレッシャーは感じなかったといい、「今までにない感覚と喜びに満ちた感じがその歌にあるわ」とナオミ。 アラジン役を演じた メナ・マスード(Mena Massoud、27歳)とデュエットで披露し、 ゼイン・マリク(Zayn Malik)と ジャヴァイア・ワード(Zhavia Ward)によるカバー()とは対照的に高揚感のあるみずみずしい歌に仕上がっています。 王女ジャスミンに憧れて育ったというナオミ・スコットは今回実写版『アラジン』でジャスミンを演じる上で「私が保ちたかったのは、8歳の時私が感じた王女ジャスミンの姿だわ。 そのイメージを保ちたかったわ。 ジャスミンは私が見て育った大好きなプリンセスの一人、彼女の中に自分を見出し、彼女に共感できたわ、そして彼女は私のなかに強さを感じさせてくれた。 そのフィーリングを大切にしたかったわ」。 一方「モダンなひねり」()を加えているという本作では「それと同時に、彼女をさらにいっそう野心的(ambitious)にしたかったわ」。 「オリジナルでは彼女は誰と結婚したいか、その権利のために戦っているけど、本作では彼女は自身の権利のためだけでなく、全ての人のために戦っている」。 「王国のことを考え、王国のあり方に関わりリーダーになることを望む。 私はそれがすごく大切なことだと考えているわ」()。 国内盤は、、その両者を一つにしたの3つのバージョンで6月5日(水)に発売。 監督にはガイ・リッチー、ランプの魔神ジーニー役にはウィル・スミス、そしてダイバーシティに富んだキャストを迎え待望の実写版ミュージカル映画『アラジン』はいよいよ再来週、2019年6月7日(金)より全国公開となります()。 サントラ『Aladdin』2019トラックリスト 1. Arabian Nights 2019 — ウィル・スミス 2. One Jump Ahead — Mena Massoud 3. One Jump Ahead Reprise — Mena Massoud 4. Speechless Part 1 — Naomi Scott 5. Friend Like Me — ウィル・スミス 6. Prince Ali — ウィル・スミス 7. One Jump Ahead Reprise 2 — Mena Massoud 9. Speechless Part 2 — Naomi Scott 10. ホール・ニュー・ワール. Friend Like Me End Title [feat. DJ Khaled] — ウィル・スミス 12. Speechless Full — Naomi Scott 13. The Big Ship — アラン・メンケン 14. Agrabah Marketplace — アラン・メンケン 15. Jasmine Meets Prince Anders — アラン・メンケン 17. Breaking In — アラン・メンケン 18. Returning the Bracelet — アラン・メンケン 19. The Dunes — アラン・メンケン 20. Simple Oil Lamp — アラン・メンケン 21. The Cave of Wonders — アラン・メンケン 22. The Basics — アラン・メンケン 23. Escape from the Cave — アラン・メンケン 24. Until Tomorrow — アラン・メンケン 26. Never Called a Master Friend — アラン・メンケン 28. Harvest Dance — アラン・メンケン 29. Jafar Becomes Sultan — アラン・メンケン 30. Most Powerful Sorcerer — アラン・メンケン 32. Carpet Chase — アラン・メンケン 33. Jafar Summons the Storm — アラン・メンケン 34. Genie Set Free — アラン・メンケン 36. The Wedding — アラン・メンケン 37. Frien.

次の