楽天モバイル 故障。 楽天モバイルのスマホ修理は高い?2種類ある保証をわかりやすく解説|楽スマ

楽天モバイル「スマホ交換保証プラス」を徹底解説【○○な方は不要】

楽天モバイル 故障

格安SIMで節約できることは興味があるけど、スマホ端末が壊れたときが心配という人は多いのではないでしょうか。 水に濡らしてしまったり落としてしまったり…スマホの故障は突然起こります。 突然の故障に備えておきたいという方へ、この記事では楽天モバイルの端末保証について解説していきます。 実は、楽天モバイルでは楽天モバイルで購入して契約した端末だけでなく、 手持ちの端末を持ち込んで契約した場合も修理サービスが利用できます。 押さえておくべきポイントは、端末を楽天モバイルで購入して契約するかどうかで保証の種類が変わるということです。 種類は違ってもどちらの保証も月額500円です。 スマホ修理・新機種交換 保証サービス 端末を楽天モバイルで購入し契約した場合 つながる端末保証 by 楽天モバイル 他の会社で購入した端末やSIMロック解除を行った端末で楽天モバイルを契約した場合 あらかじめ楽天モバイル契約時に上記の端末保証サービスに加入する必要があります。 楽天モバイルでスマホが故障したら修理は可能? 楽天モバイルでは月々の料金とは別に毎月500円の月額料金を払って端末保証サービスに加入すれば修理サービスを利用することができます。 注意点として、端末保証サービスは楽天モバイルに申し込むときに 同時申し込みをしておかなければ利用できませんので保証を受けたい方はあらかじめ申し込むようにしてください。 スマホが壊れてから修理サービスに加入するということはできません。 今まで使っていたスマホを楽天モバイルで使う場合は、つながる端末保証by楽天モバイルというサービスに加入すれば同様の修理サービスが利用できます。 楽天モバイルで端末を購入して楽天モバイルを使用する場合はスマホ修理・新機種交換サービスに加入しましょう。 繋がる端末保証と同様に月額500円で修理や端末交換の保証がついてきます。 もうひとつ、現在は新規受付は終了していますが、端末補償サービスに加入している場合も修理サービスを利用することができます。 ポイントまとめ つながる端末保証 by 楽天モバイル SIMのみ契約時に加入 スマホ修理・新機種交換保証サービス 端末同時購入時に加入 端末補償サービス 新規契約終了 注意:楽天モバイルでiPhone購入時は「つながる端末保証 by 楽天モバイル」との同時加入となり、スマホ修理・新機種交換保証には加入できません。 修理の対象になる故障について解説 スマホ修理・新機種交換保証サービスの場合に修理の対象になるのは、 故障、水没、破損、全損となります。 紛失して現物が無くなったりしない限りほとんど対象になるでしょう。 端末補償サービスも新規契約は受け付けていませんが、すでに加入済みの方はスマホ修理・新機種交換の場合と同じ故障、水没、破損、全損が保証の対象となります。 保証の対象になるか心配なときは修理や交換に関する問い合わせのための24時間コールセンターも用意されているので安心です。 対象となる故障にも差があるので保証内容の確認はしておきましょう! 保証未加入で1年以内の故障の場合 もしこれら3種類の保証オプションいずれも加入していないのに故障してしまった場合は、保証サービスに後から加入することはできないためスマホメーカーの問い合わせ窓口からメーカーの修理サービスを利用する必要があります。 スマホメーカーによっては1年など メーカー補償がありますので、対象となる場合は修理ができる場合があります。 ただしこの場合は楽天モバイルでは修理対応ができませんので、自分でメーカーとやり取りする必要があります。 ご使用の端末+修理で検索すればメーカーの修理ページを見ることができますので活用してくださいね。 楽天モバイルで修理に申し込みする方法 楽天モバイルで 端末保証サービスに加入していれば、インターネットまたは楽天モバイルのショップで修理の申し込みができます。 楽天モバイルは全国にショップがたくさんありますので、万が一のときも相談できるのが安心ですね。 スマホ修理・新機種交換の場合の修理申し込み方法 ショップでの申し込み ショップで修理を依頼したいときは、壊れたスマホを楽天モバイルをお店に持ち込んで修理の手続きをします。 Step1 ショップでスタッフに壊れたスマホを見てもらい、修理対応になるのか、交換になるのか判断してもらいます。 Step2• 修理:修理になった場合は壊れたスマホを預けますが、代替のスマホを無料で借りることができます。 修理完了後の引き取りに必要な控えをもらうので失くさないようにしましょう。 交換:その場で交換手続きを実施します。 交換機を購入する場合はクレジットカードが必要なので忘れずに持っていきましょう。 Step3• 修理:修理が完了したらメールが届きます。 修理申し込み時にもらった控えと借りた端末を持って行き修理した端末と交換します。 控えがないと交換してもらえないので注意してくださいね。 交換:端末を交換したら完了です。 インターネットでの申し込み インターネットで申し込むと、代替のスマホ借りる場合は宅配便で受け取ることになります。 修理の受付が午前10までに完了すれば最短翌日で届けてくれますので、スマホが使えない期間が最小限になります。 Step1 メンバーズステーションから修理依頼を申し込む まずはメンバーズステーションにログインしスマホ修理・新機種交換保証の部分をクリックします。 申し込み画面が開くので故障の状態を回答して受付完了です。 故障発生から30日以内に申し込んでくださいね。 Step2 楽天モバイルに登録した住所に代替機と交換キットが送られてくるので 必要書類を記入し故障した端末を入れて送付してください。 Step3 メールで故障機の診断結果が届きます。 もし修理ができない場合は交換の案内が届きます。 Step4• 修理:修理が完了次第メールで連絡が行きます。 修理した端末が郵送で届きます。 交換:診断結果のメールに交換機購入の専用ページが添付されているので、指定機種から選択します。 Step5• 修理:郵送で修理した端末を送付する際に同梱された封筒に代替機を入れて返送してください。 交換:修理機または交換機を受け取る際に同梱された封筒に代替機を入れ、配達事業者に渡すかすぐに渡せない場合は後からご自分で送付してください。 格安SIMなのにここまでしっかり対応してくれるのは安心ですね。 つながる端末保証by楽天モバイルの場合の修理申し込み方法 電話で申込 Step1 あらかじめ保証対象となる楽天モバイルのSIMを挿入した端末を専用ページで登録しておく Step2 登録した端末が故障した場合は故障した日から7日以内にコールセンターに連絡 Step3 故障した端末を指定された場所へ送付 ipadやiphoneの場合は楽天モバイルが指定した正規修理サービス店舗に持ち込んでの修理も可能 Step4 端末の状態により修理または交換 楽天モバイルの修理費用 楽天モバイルで 修理サービスが利用できるのは、端末保証サービスに加入している人だけです。 スマホ修理・新機種交換保証サービス• 修理なら0円 修理上限額24,000円 税込• 端末交換なら機種変更価格の20% 機種変更価格が90,000円以上の場合は20%以上の負担 つながる端末保証 by 楽天モバイル• 修理の場合0円• 端末保証サービスで月額500円を払っていますので、修理のときに支払いが発生することはありません。 楽天モバイルの料金と一緒に毎月払う端末保証サービスの月額500円に、もしものときの修理費用が含まれているということです。 月額500円、 年間6,000円を支払うことで以下の料金で修理・交換サービスを受けることができます。 故障の状況により修理不可のときは、楽天モバイルのスマホの中から割引価格で交換してもらうことができるので安心ですね。 まとめ 格安SIMではスマホが故障したら新しい端末を買うものだと思っている人もいるかもしれません。 しかし、楽天モバイルは保証サービスが充実していますので、 端末保証サービスに加入しておけばもしものときに無料修理や交換ができます。 端末保証サービスは楽天モバイルに契約するときにしか申し込みできませんので、加入するかどうかあらかじめ決めてから契約するようにしましょう。

次の

格安スマホに乗り換えた後故障したらどうすればいいの?

楽天モバイル 故障

去年、を使っていた友人の端末が故障しました。 その時の機種はarrows02という製の機種でしたが、ネットで口コミをみているとのため壊れやすいと書いてあるのを見て、「しまった」といっていました。 ちなみに、現行モデルのarrows03はIP液晶なので、耐久性がかなり向上したらしいです。 やはり過去モデルでクレームが多かったのかもしれませんね。 そしてその友人ですが、なんとの端末補償に入っていませんでした。 は月額500円の端末補償を用意しているのですが、二年間で12000円もかかるなら新しい端末買うわ!と言って入っていませんでした。 メーカー保証に頼らざるを得なかったので、( 050-3152-2799)に修理をお願いすることになりました。 ちゃんと時間通りに回収に来てくれて、そのまま三日後には修理されて戻ってきました。 想像以上に対応は早かったそうです。 そして・・・気になる料金はどうなったのでしょうか。 の修理センターの方も「メーカー保証外の場合は約3万円がかかります」と言っていたのですが、結果は無料。 友人も喜んでいましたが、よくよくネットを見ていると液晶そのものに割れなければ無料で修理されている事例がいくつも出てきました。 友人もその事例の一つとなりましたが、同じようにパネルのひび割れが起こった方の参考になれば幸いです。 rakutenmobilejsk.

次の

楽天モバイルのスマホ修理は高い?2種類ある保証をわかりやすく解説|楽スマ

楽天モバイル 故障

CHECK はキャンペーンや新規機種が豊富。 現在のキャンペーンはこちらをチェック。 端末が故障しても楽天モバイルなら安心のサポートがある 使っている端末が故障してしまったら、どこに修理を頼めばいいのか、お金はどれくらいかかるのかとても不安になりますよね。 しかし、もしあなたが楽天モバイルを利用しているなら、そのような心配は不要です。 楽天モバイルでは、万一端末が故障してしまったときの修理や交換のサポートが非常に充実しています。 もちろん費用はかかりますが、端末を買いなおすことを考えればとても安くつくはずです。 もしこれから楽天モバイルに加入するという人は、このあと紹介する「端末補償」か「つながる端末保証 by 楽天モバイル」に加入しておくことをおすすめします。 有料ですが、何かあったときのために入っておくと安心できるのではないでしょうか。 これから解説する「端末補償」と「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は、楽天モバイルの端末を購入したかどうかの違いです。 「端末補償」は楽天モバイルを新規購入した人向けの保証、「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は端末は自分で用意してSIMカードだけ楽天モバイルで契約したという人のための保証です。 楽天モバイルの端末補償は加入必須の優良サービス まずは楽天モバイルで端末を購入した人向けの「楽天モバイル端末補償」について解説をしていきます。 これから楽天モバイルで契約を考えている人も、今この瞬間に端末の故障で困っている人も、まずはこの保証について知っておくと良いかもしれません。 楽天モバイル端末補償とは 楽天モバイルの端末補償はいくつかの条件が合えば利用できるサービスで、使用している端末が故障した際に修理や交換をしてもらえます。 端末補償はスマートフォンだけではなく、タブレットやパソコンも対象となっており、加入していれば広く補償サービスを受けることができます。 当たり前ですが、楽天モバイルを利用していることが条件のひとつとなります。 条件や故障事由についてはのちほど解説しますが、普通に使っていて故障したということであれば、ほとんどの人が保証を受けることができます。 端末補償を利用するための条件 端末が故障した場合、すべての人が補償を受けられるわけではありません。 端末補償を受けるためにはどのようなことが条件になるのか、以下にまとめてみました。 楽天モバイル新規申込み時に「端末補償」へ加入していること 楽天モバイルの「端末購入」と「SIMカードの新規申込み」をし、同時に「端末補償」サービスに加入していることが条件です。 楽天モバイルで契約をしていても、途中から追加で端末補償サービスに加入することはできません。 補償の対象となる故障事由であること 故障の理由が、定められた故障事由以外の場合、補償を受けることはできません。 のちほど詳しく説明しますが、例えば自分で端末を改造したうえでの故障や、わざとぶつけて発生した故障は、補償の対象外です。 1年間に2回以上利用していないこと 過去に端末補償サービスを利用したことのある人は要注意です。 過去1年以内に端末補償を2回利用している人は、それ以上サービスを利用することはできません。 修理や交換が初めてという方は、問題なく利用できるので安心してください。 (年が明ければまた2回利用できます。 月額料金をきちんと支払っていること クレジットカードで端末やSIMカードの利用料金を引き落とししている人は、3回連続で支払いが滞ると、端末が故障しても補償してもらえない可能性があります。 支払いが滞っている場合、楽天モバイルから催告があるので、すみやかに支払いを済ませるようにしておきましょう。 契約の禁止事項に該当する行為をしていないこと 楽天モバイルでは、虚偽の登録や申し出、アカウントの貸し借り、営業妨害など、いくつかの禁止事項が定められています。 この禁止事項が発覚し、注意を受けているにもかかわらず改善が見られない場合、端末補償が受けられない可能性があります。 知らずに禁止事項に該当する行為をしていて、急に補償対象外となることはないので安心してください。 まず楽天モバイルから改善の催告があり、そのうえで改善が見られない場合に補償対象外となります。 端末の本体部分の故障であること 端末補償の対象は、楽天モバイルで購入した端末の本体部分のみです。 電池パック・電源コード・SIMカード・その他付属品は対象外となるので注意しましょう。 楽天モバイルの本体端末は、2015年6月10日以降に購入した端末であることもひとつの条件なので、古くに端末を購入していた人は改めて確認しておきましょう。 補償の対象となる故障事由 次にどのような理由で故障した端末が、補償の対象となるのかについて見ていきましょう。 楽天モバイルが定めている「対象となる故障事由」は以下の通りです。 水濡れ 多少の水濡れはもちろん、トイレやお風呂で落としてしまった場合の「水没」も対象です。 破損 何かの拍子にぶつけたり、落としてしまったときの破損も対象です。 一般的には少し割れた程度の「破損」が修理対象ですが、楽天モバイルなら完全に壊れてしまった「全損」でも補償の対象となります。 故障 「急にバッテリーが入らなくなった」「画面が動かなくなった」「どこを触っても反応しない」「すぐに電源が落ちる」など、原因不明の故障でも補償の対象となります。 端末補償でかかる費用 楽天モバイル端末補償は、月額500円(+消費税)の費用がかかります。 楽天モバイルを契約する際に加入している必要があり、サービスを解除するまで継続して支払う必要があります。 もちろん解除したあとは補償の対象外となるので注意してください。 端末補償はほとんどのケースで、修理ではなく端末交換となるようです。 この場合、機種の交換費用として4,000~7,000円がかかってしまいます。 少し費用はかかりますが、本体を新しく購入するよりは圧倒的に安く購入できるのではないでしょうか。 端末によって交換にかかる費用が決まっていますので、あらかじめ確認しておくと良いかもしれません。 ちなみに対象物がパソコンの場合は交換ではなく、修理での補償となります。 この場合の費用は一切かかりません。 端末補償の利用方法 利用方法はとても簡単です!使っている端末が故障などのトラブルが発生したら、まずは「楽天モバイル端末補償センター」に連絡をしましょう。 楽天モバイル端末補償センターの連絡先は、端末補償申込み後「メンバーズステーション」で確認できます。 連絡を入れた時点で受付は完了し、対象の端末を回収する手配が行われます。 受付時間にもよりますが、交換の場合はすぐに交換端末が送付されます。 受付当日に送付してほしい場合は、平日なら16:00まで、土日祝なら12:00までに申込みをしましょう。 早ければ次の日か、2日後には届くはずです。 地域によっても異なりますので、申込みの時点で確認しておくと良いでしょう。 利用の注意点は? 端末にどんなトラブルがあっても安心の端末補償ですが、注意点もあります。 いざというときに利用できないとまったく意味がありませんので、あらかじめしっかり確認しておきましょう。 補償の対象期間がある 端末補償サービスには、補償の対象となる期間が決まっています。 2017年1月4日以前に楽天モバイルで契約をした方は、契約した日から「2年間」が対象期間となり、2年を超えて使用している端末は補償の対象外となります。 2017年1月4日以降に契約をした人は、このような対象期間はないので安心してください。 カラーや機種が変わる可能性もある 端末の交換を申し込むと、基本的には同じ機種の同じカラーで対応してくれます。 ただし機種の在庫がない場合や、何か特別な事情がある場合はカラーや機種が変わる可能性もあります。 念のため、受付の際に確認しておくと良いでしょう。 紛失は対象外 端末の修理・交換は、自然損害に限ります。 交換してもらえるからとわざと壊したり、雑に扱っていると補償の対象外となる可能性もあります。 また、置き忘れや紛失も対象外なので注意しておきましょう。 -新品と交換になる 修理ではなく交換になった場合(ほとんどは交換対応です)、当たり前ですが新品の端末が送られてきます。 今まで使っていた端末のデータは入っていません。 あらかじめパソコンなどにバックアップを取っていれば問題ありませんが、そうでない場合すべてのデータがなくなってしまうことになります。 故障してからではバックアップは取れませんし、集荷の時点で端末を預けないといけません。 預けた端末は返ってこないので、写真を見ることも、電話帳のデータを確認することもできなくなってしまいます。 SIMカードのみ契約は「つながる端末保証 by 楽天モバイル」 楽天モバイルで契約をしているといっても、SIMカードのみ契約しているという人はたくさんいるのではないでしょうか。 先ほど紹介した端末補償は、楽天モバイルの契約と同時に端末も購入している必要がありました。 ここでは、SIMカードのみ契約している人を対象にした「つながる端末保証 by 楽天モバイル」について解説をしていきたいと思います。 つながる端末保証 by 楽天モバイルとは つながる端末保証 by 楽天モバイルとは、楽天モバイルでSIMカードの契約を結んでいる人が加入でき、使っている端末が故障した場合に修理・交換してもらえるサービスです。 端末がiPhoneでも楽天モバイル以外のAndroid端末でも、楽天モバイルのSIMカードを契約すればサービスに登録することができます。 交換の場合は有料になりますが、それでも新しい端末を購入することを考えると、とてもお得なサービスではないでしょうか。 つながる端末保証の利用条件 つながる端末保証サービスには、いくつか利用条件があります。 端末が故障した場合に修理・交換してもらえるかどうか、まずは以下の利用条件を確認しておきましょう。 楽天モバイルでSIMカードを契約していること たとえ楽天モバイルの端末を使っていたとしても、SIMカードを契約しなければ「つながる端末保証 by 楽天モバイル」に加入することはできません。 SIMカードを申し込む際にオプションとして選択できるので、見落としのないように注意しておきましょう。 つながる端末保証 by 楽天モバイルに加入していること 当たり前ですが、サービスを利用するには、あらかじめそのサービスに加入している必要があります。 楽天モバイルのSIMカードを利用しているだけで、無条件で利用できるわけではありませんので注意しましょう。 対象端末を登録していること サービスを利用するために、あらかじめ専用のWebサイトにて、対象となる端末を登録しておく必要があります。 端末に変更があれば、登録も変更しなければいけません。 月額料金を支払っていても、登録・変更を忘れていると保証を受けられない可能性もあります。 1年に2回以内であること 1年のあいだに修理・交換を2回している場合、3回目以降の故障は保証の対象外となってしまいます。 次の年にはまた2回まで修理・交換してもらえますので、丁寧に使っていれば心配する必要はないでしょう。 スマートフォン・タブレット端末・モバイルルータであること 楽天モバイルのSIMカードは、スマホ以外にも様々な場面で利用されます。 例えばノートパソコンやゲーム機でも、SIMカードを挿入すれば通信端末として使うことができます。 しかし「つながる端末保証」の対象機器は、スマートフォン・タブレット端末・モバイルルータ限定となります。 パソコンやフィーチャーフォンなどは対象外となるので、交換してもらえると勘違いしないようにしましょう。 つながる端末保証の対象期間 楽天モバイルの「つながる端末保証」では、基本的には保証の対象期間は定められていません。 ただし永久に保証を受けられるといえばそうではなく、細かい規定があったのでまとめておきます。 自然故障は3年ルール 破損や水没は関係ありませんが、自然故障の場合、その端末の発売日から3年以内であることが利用の条件となります。 発売日から3年以上経過している端末が自然故障によってトラブルが発生した場合は、修理・交換の対象外となります。 故障してから7日以内であること 修理や交換の申し出は、端末が故障してから7日以内にコールセンターに連絡をしなければいけません。 故障してから7日以上経った端末は「サービスの利用請求ができない」と規約にも書いてあるので、故障したらなるべく早くコールセンターに連絡するようにしましょう。 月額料金と修理や交換にかかる費用 つながる端末保証 by 楽天モバイルは、月額500円(+消費税)で利用することができます。 何かあったときの保険と思えば、とても安い金額ではないでしょうか。 修理の場合、基本的には無償交換となります。 ただし修理費用の上限は5万円となっているので、場合によっては修理費用を負担しなければいけないこともあります。 端末が交換になった場合、初めての交換で4,000円、2回目の交換で8,000円の負担です。 1年でリセットされますので、次の年はまた4,000円での交換となります。 端末や故障状況によっても異なりますので、コールセンターに電話した際に確認しておくと良いでしょう。 つながる端末保証への申込み方法 楽天モバイルの「つながる端末保証」では、SIMカードの新規契約と同時に申込みをする必要があります。 とても簡単な作業なので、忘れずにチェックしておきましょう。 まずはSIMカードの新規契約です。 申込画面で「SIMのみ購入」を選択して、画面を進めていきましょう。 SIMカードのタイプを選択したら、最後に「この内容で今すぐ申し込む!」を押します。 そのあとSIMの内容や月額プランを選択したら、「オプション選択へ進む」を押しましょう。 「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の選択にチェックを入れて次へ進み、画面の指示に従って申込みを完了させてください。 申込みをしてSIMカードが届いたら、専用サイトへの端末登録を忘れないようにしましょう。 SIMカードを入れて初期設定が完了したら、その端末で指定のページにアクセスします。 指定された「端末識別番号」「顧客識別情報」などを入力すると、端末の登録は完了です。 利用時の注意点 つながる端末保証は、何かトラブルがあったときの保険のようなサービスです。 いざというときにちゃんと利用できるよう、利用に関する注意点も抑えておきましょう。 非正規修理や改造品は対象外 つながる端末保証は、今まで使っていた端末で楽天モバイルとSIM契約をして、サービスに登録することで利用できます。 ただし、契約前・契約後にかかわらず非正規修理(正規店以外での修理)を行った場合や、改造された端末では保証の対象外となります。 一般的な使い方をしていれば問題なく利用できますが、自分で分解や中の部品を交換したことのある人はサービスを利用できません。 自分で改造したことがなくても、中古端末を使っている人は可能性があるので確認しておいた方が良いかもしれません。 海外で販売された端末は対象外 つながる端末保証サービスの対象は、日本国内で販売されている端末のみとなります。 海外で販売されている端末(日本で正規販売のないモデル)を使っている場合、保証の対象外となります。 iPhoneは海外で販売されている端末ですが、日本での正規販売もあるので安心してください。 もちろんiPadでも問題ありません。 端末識別番号の入力間違い 修理の申込みをした際に、故障した端末の識別番号と、登録した識別番号を照合します。 そのときに、番号に相違があれば保証の対象外事由となってしまいます。 端末登録する際は、番号に間違いがないかしっかりと確認しておきましょう。 本体のみが保証対象 はじめに解説した「端末補償」と同じように、登録した端末本体のみが保証の対象です。 付属のACアダプタ・充電器・ケーブル類などは保証の対象外となります。 新品と交換になる こちらも「端末補償」と同じで、万一端末の交換となった場合は新品が送られてくるので、今までのデータや設定はなくなってしまいます。 端末の不具合などはキレイに治りますが、今まで集めていたデータは戻ってこないので注意しましょう。 こればかりは故障してからではどうにもならないことなので、なるべくこまめにバックアップをとっておくようにしましょう。 端末保証に加入していない場合 これまで解説してきたのは、端末が故障した場合に楽天モバイルの「端末補償」や「つながる端末保証」で修理・交換してもらえるというお話でした。 しかし、万一そのサービスに加入していない場合はどうなるのでしょうか。 「壊れることはないだろう」「毎月500円はもったいない」と考えて加入しなかった人も多いはず。 そんな人は、端末を販売しているメーカーの保証を確認しましょう。 メーカーでは、端末を購入してから1年以内という制限つきで、修理・交換をするという保証を端末につけています。 もし端末が故障しても、購入してから1年以内であれば、メーカーに問い合わせて修理をお願いすると良いでしょう。 もし1年が過ぎていれば、自分で実費を出して修理に出すしか方法はありません。 楽天モバイルの端末が初期不良だった場合 楽天モバイルの端末は、基本的にはすべて動作チェックなどをしてから出荷されていますが、まれに初期不良の端末もあると報告があります。 もし楽天モバイルで購入した端末に初期不良が見られた場合、すぐにサポートに問い合わせてみましょう。 問い合わせてみると、何かの勘違いや設定ミスで解決することが意外と多いようです。 もし本当に初期不良ということがわかれば、すぐに新しい端末を送ってくれるそうです。 端末よりも、SIMカードの初期不良が確率は高いかもしれません。 もちろんその場合もすぐに新しいカードを送ってくれるので、すぐに連絡するようにしましょう。 セットでお得な端末補償・あんしんリモートサポートパックがおすすめ 端末の故障以外でも、設定やネットワーク機器の操作方法など、問い合わせをしたい場面は多々あるはずです。 そんなときに安心なのが、月額500円の「あんしんリモートサポート」です。 このオプションに加入していれば、パソコンやその周辺機器で何かわからないことがあったときに、電話やチャットですぐに質問ができます。 楽天モバイル以外で購入した端末(iPhoneなど)でも対応可能なので、すべての人が入って安心のサービスです。 そこでお得なのが、「端末補償」とセットになった「端末補償・あんしんリモートサポートパック(月額800円)」です。 SIMだけ契約をした人は別々でオプションに入る必要がありますが、端末購入をする人はお得なパックを利用することができます。 まとめ 使っている端末が急に使えなくなったら、とても困りますよね。 今回は万一の故障に備える保証について見てきました。 楽天モバイルにはこのような保証が充実していますので、サービスに入っているだけでも安心です。 楽天モバイルの端末を使っている方も、これから使う方も、またほかの端末を使っている方も、何かあったときの備えとして、トラブルの対応方法をしっかり確認しておきましょう。

次の