赤 クワガタ。 アカアシクワガタ

赤系ニジイロクワガタの子供の色を観察

赤 クワガタ

5mm (H24. 赤ヒラタと呼ぶには大げさかも知れませんが、地元で採集しているヒラタクワガタの中に時々「赤味を帯びた色」をした固体が採れます。 翅側はなんとなく赤っぽいかな?と言う程度なのですが、それでも上翅はおしりに近いほど赤味が強くなっており、腹側は一見して赤味が強く出ているのがわかります。 足も赤いです。 5月)してみました。 なかなかうまく色味を写真に表せないのですが、いかがでしょう。 その違いわかりますか!? 羽化した直後のヒラタクワガタは、赤い(オレンジ)色をしています。 その後、蛹室の中で2週間〜1ヶ月程度経過する頃までには黒くなる感じです。 この2頭は共に昨夏の採集個体なので、あれから9ヶ月経った今でも黒色化していないと言うことは赤味を帯びた固体といえそうです。 5mmを選びました。 21 菌糸ビンに交換〜• 25-001 H25. 15 -g H25. 25-002 H25. 15 -g H25. 25-003 H25. 04 -g H25. 25-004 H25. 04 -g H25. 25-005 No. 25-006 No. 25-007 No. 25-008 No. 25-009 No. 成虫となった3頭は赤系色にならず。。。

次の

“赤いクワガタ”に注意! 発見しても捕まえないで…ちょっとキケンな生態について聞いた

赤 クワガタ

特徴 [ ] を中心に分布し、各種の分布域が狭いことが特徴として挙げられる。 人気はあるものの成虫は短命なので長期飼育には向いていない。 また、種毎の差異が少なく、属内の分類は確定していない。 脚の脛節外側の棘は発達しない。 また眼縁突起も不発達、学名は「丸い目」を意味する。 の植物の新芽を傷つけ汁を吸うといわれている。 非常に華奢な体形をしており、特には大顎が体長の半分以上を占めることもある。 本属全般に共通の習性として、樹液に集まるのではなく、草本の花に集まることが知られている。 (飼育下では昆虫ゼリーや、果実、樹液も食する。 ) 華奢な体型と長大な雄の大顎は、太い木の幹でなく細い枝先や草本を生活の場として雌や餌場を巡って闘争する本属雄の習性に対応して進化したと考える研究者もいる。 長い大顎は一見するとのように、挟む力はそれほどでもないように見えるが、実際は挟む力は必ずしも弱くない。 僅かに頭循のようなものが発達する頭部、後半が細くなる前胸部、低温を好む部分がの性質と共通する。 種類 [ ] Cyclomatus metallifer 本属中では2番目に大きい種類である、最大個体は100mmに達する。 先端の内歯から外歯にかけて細かい内歯が並ぶ。 日本において最も普通に輸入・販売・飼育されているホソアカクワガタである。 大顎発達が著しい本属の中でも、特に大顎が発達する。 「メタリフェル」の名の通り、亜種間で差はあれど、オスの鞘翅はを有する。 原名亜種 C. metallifer C. finae ・。 青みがかかる個体も見られる。 金属光沢も強く人気がある。 isogaii C. aenomicans ・・カシルタ島等 C. otanii C. sangirensis。 最も金属光沢の強い亜種。 imperator コウテイホソアカクワガタともいう。 90mmにもなり、における最大のクワガタムシである。 原名亜種 C. imperator ニューギニア島東部 C. monguilloni C. siokurai 西イリアン。 ssp. splendidusのシノニム名。 arfakensis に生息する。 splendidus に生息する。 elaphus 大型のものでは100㎜を越える本属最大種である。 原名亜種 C. elaphus 南部 C. truncatus スマトラ島北部 C. kirchnei スマトラ島西部 C. alagari DeLisle, 1968 に生息する異色のホソアカクワガタ C. pulchellus C. margaritae Gestro, 1877 ニューギニア島 C. weinreichi Laxroix, 1972 ニューギニア島 C. kaupi Deyrolle, 1865 ニューギニア島 C. gestroi Nagel, 1931 ニューギニア島 スペキオススホソアカクワガタ C. speciosus 原名亜種 C. speciosus C. anepsius ・ C. chewi Mizunuma, 1994 ボルネオ島 C. murutiorum H. Ikeda et Katsura, 2001 ボルネオ島 C. tarandus Thunberg, 1806 ボルネオ島 C. lunifer Boileau, 1905 、、、南東部 ギラファホソアカクワガタ C. 全身が紅色で、大顎には内歯が殆ど見られない。 canaliculatus Ritsema, 1891 原名亜種 C. canaliculatus とその周辺 C. consanguineus 北部 C. infans C. freygesseneri C. ramlii ストリギケプスホソアカクワガタ C. strigiceps 原名亜種 C. strigiceps ・ C. assamensis 地方 C. ipseni C. laoticus アルペルスホソアカクワガタ C. albersi Kraatz, 1894 原名亜種 C. allbersi 、、、中国 C. pahagensis Nagel, 1936 、 ビコロールホソアカクワガタ C. bicolor 、、中国 トサカ(ムニスゼッチ)ホソアカクワガタ C. muniszechi 原名亜種 C. muniszechi Thomson, 1856 C. tonkinensis Didier, 1927 中国東南部、ベトナム北部 参考文献 [ ]• 「ホソアカクワガタ大特集!! 」『月刊むし』増刊号BEKUWA2006年春号(19号)、むし社。 「第6巻 世界のクワガタムシ大図鑑 」、 むし社。 外部リンク [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

赤いクワガタ?違う!毒持つ「ヒラズゲンセイ」ただいま近畿方面を北上中: J

赤 クワガタ

で、生まれてきた子は・・・ 今の所の体感ですけど3分の1くらいはノーマル。 この子は羽化後1か月以上経過し、早めの後食が始まりました。 カラーは親より赤味が薄い・・・というか、まんまノーマルカラーかなと。 頭部・胸部の淵のグリーンがノーマルを物語ってますね。 羽化後2,3日で頭の上翅の淵が緑に光ったらだいたいノーマルよりか、ノーマルになるようです。 羽化後二日目の子です。 内羽を仕舞ってこれからアゴをきれいにのばすってところですけど、この時点でノーマルカラーだったら頭と上翅の淵が緑に光るようです。 あとはこんな感じのダークレッドもでてくるようです。 この子は羽化後半月くらいの子です。 写真ではなかなか伝わりにくいですけど、頭、羽の淵がしっかり赤いです。 なんか足も紫の光沢あるし・・・ でも頭の色的にはしっかりダークレッドかなと。 これは僕の個人的な感想だし、チラっとそんな気がしただけですけどね!.

次の