異 世界 で どれ い に なり まし た が 3 巻。 【異世界はスマートフォンとともに】2期制作は絶望的?可能性を検証してみた

転生賢者の異世界ライフ5 ~第二の職業を得て、世界最強になりました~の電子書籍

異 世界 で どれ い に なり まし た が 3 巻

「異世界はスマートフォンとともに」の円盤売上から2期をみる まずは、円盤売上から異世界スマホの2期の可能性を検証していきます。 やはり、アニメは制作費や宣伝費が大きくかかるだけあって、その費用を回収する必要があるのです。 その利益を回収する一番大きな要素が 「円盤の売上」になってきます。 ほとんどのアニメ製作委員会は円盤の売上に大きな利益をおいていて、円盤が売れないと赤字になってしまいます。 製作委員会が赤字であれば、 続編が制作される可能性は大幅に減少。 逆に黒字化できていて初めて、 製作委員会が2期続編を作ろうかと相談し始めるのです。 こういった理由からアニメの続編を検証する際に、円盤の売上データが重要になってくるわけですね。 では、「異世界はスマートフォンとともに」の円盤売上はどうだったのか。 以下、異世界スマホの円盤売上データになります。 「異世界はスマートフォンとともに」の円盤売上データ• 結論からお話しますと、 「異世界はスマートフォンとともに」の2期制作の可能性は「限りなく0に近い」でしょう。 まず、円盤売上が1千枚台ということで、かなり厳しい状況となっています。 平均1千枚台で2期が制作される事例はほぼなく、 このままだと累計でも平均2千枚に達しない可能性が高いです。 この売上だとグッズ売り上げやイベント収入が好調でも、 ギリギリ黒字化できるレベルとなり、厳しい現状が続いているといえますね。 「異世界はスマートフォンとともに」の原作ストックから2期を見る 続いて、異世界スマホの原作ストックから2期制作の可能性を見ていきましょう。 円盤の売上で結論がほぼほぼ出てしまいましたが、もう少々お付き合いください。 異世界スマホの原作は、冒頭でも触れたように ラノベ小説となります。 現状、原作となるラノベ小説は 10巻まで発売されている状況です。 では、アニメでは何巻までの内容が放送されたのか。 「異世界はスマートフォンとともに」のアニメは だいたい3巻の冒頭辺りまでが放送されました。 つまり、 原作ストックはかなり残っている状況ですね。 この点では、アニメ2期へのプラス材料となりそうです。 「異世界はスマートフォンとともに」のアニメ人気から2期を見る 最後に異世界スマホのアニメの人気から2期を見ていきましょう。 アニメの人気に関しては、正直かなり微妙なラインとなっています。 まず、固定のファンからの信頼はかなり厚くなっており、 「ストレスフリーで見れた」「22分があっという間だった」などの好意的な感想が目立ちます。 実際、円盤売上の方も1巻〜2巻の間でほとんど落ちていないため、 固定のファンが一定数存在するようですね。 しかし、 「ぜんぜん面白くない」「クオリティが低い」といった新規勢からの不人気も当然あります。 また、「ラノベの悪いところを切り出した」などといった、原作ファンからも批判も相次ぎました。 実際、多数のキャラが登場し、印象の薄いキャラも多くなっています。 進むスピードも早く、 「内容が薄い」とも言われていますね。 こういった感想を見ると、やはり「人気は二分されている」という結論が出せそうです。 ただ、円盤の売上が1巻〜4巻まで大きく落ちないのであれば、 イベント収入やグッズ売り上げも期待できます。 そういった面では、固定のファンの頑張りが2期への大きな可能性となってきそうですね。 まとめ 今回は「異世界はスマートフォンとともに」の2期制作の可能性について検証していきました。 異世界スマホの2期制作の可能性は、これらの考察を踏まえて 「20%」程度だと言えそうです。 固定ファンの頑張りが、2期制作に大きなはずみをつけるであろう今作。 円盤売上は正直言ってかなり苦しい結果となりました。 2期はかなり厳しいですが、少しでもグッズ収入や円盤売上を伸ばせたら良いでしょう。

次の

リゼロ 21巻 あらすじ・感想・ネタバレあり発売日2019/9/25

異 世界 で どれ い に なり まし た が 3 巻

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)21巻(最新刊)あらすじ紹介 魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。 日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ。 魔獣の巣窟であり、濃密な瘴気の漂うアウグリア砂丘。 前人未踏の砂の海を越える鍵、それは囚われの『魔獣使い』--。 思い出を失った鬼の姉妹、『魔女』の名を名乗る人工精霊。 そして、『名前』を失った『最優の騎士』と共に、一行はプレアデス監視塔へと挑戦する! 「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。 --それはたぶん、俺のエゴなんだよ」 大人気Web小説、波乱と挑戦の第二十一幕。 --愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。 奪われたものを奪い返しにいくための旅 こうして並べてみると、その数と大切さがしみじみと分かりますね 『思い出』を失った『鬼の姉妹』(レム、ラム) 『名前』を失った『最優の騎士』( ユリウス・ユークリウス) 『記憶』を失った『王選候補者』(クルシュ・カルステン) どれもこれも、とても大事で、だからこそ、奪われたことが許せないもの それを取り戻すための旅となれば、熱くならないはずがない 何よりもすごいのはね、やっぱりこの表紙ですよ 手前の二人だけでもう、最高潮でお腹いっぱいになりそうですが… 車椅子の車輪あたりにも煙る砂が見えていますし、奥の建物も異国情緒あふれます 本当に、新ダンジョン&新領域到達感があふれるあたり、冒険の香りがしますね --愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。 もう、この単語だけでも不穏な空気しかしません 間違いなく、今回も今までと同じぐらいの地獄絵図となることでしょう でもね、ぜひとも今回はやりきってほしい かつてないほどのモチベーションで当たるだろうから、ぜひとも絶望せずに突破いただきたい 「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。 スバルを「お師様」と慕っているところ• とんでもない戦闘能力を持っているところ• かなり長い時間一人ぼっちだったところ(お師様不在時間が長かった) この三点は外せないですね 特に、一番のポイントは、スバルではない誰かがシャウラの師匠であること そして、その師匠とスバルは何かしらで似ていること (外見? 魔女因子? それとも他の点?) そして、師匠と呼ぶからには弟子に何かしらを教えていたということ その師匠こそが賢者なのか、彼女が賢者でいいのか もう一つ気になるのは、試練が始まりそうだということ そうか、塔に来るまでの冒険じゃ試練には足りなかったか… それと、試練といって思い出すのはこの人、エキドナさんです やっぱり、あのときみたいに過酷な試練があるのだろうか… そして、その試練の結果の報酬が一体何になるのだろうか? 序章であり、冒険のつかみ的な感じなのはわかりますが、気になる要素は盛りだくさん ここからまた、一つずつ解明されていくのを楽しみに追いかける流れとなりそうです 次巻の発売も楽しみに待ちたいと思います.

次の

【アニメ化】異世界漫画の人気作品おすすめランキング20選【完結】

異 世界 で どれ い に なり まし た が 3 巻

リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)21巻(最新刊)あらすじ紹介 魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。 日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ。 魔獣の巣窟であり、濃密な瘴気の漂うアウグリア砂丘。 前人未踏の砂の海を越える鍵、それは囚われの『魔獣使い』--。 思い出を失った鬼の姉妹、『魔女』の名を名乗る人工精霊。 そして、『名前』を失った『最優の騎士』と共に、一行はプレアデス監視塔へと挑戦する! 「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。 --それはたぶん、俺のエゴなんだよ」 大人気Web小説、波乱と挑戦の第二十一幕。 --愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。 奪われたものを奪い返しにいくための旅 こうして並べてみると、その数と大切さがしみじみと分かりますね 『思い出』を失った『鬼の姉妹』(レム、ラム) 『名前』を失った『最優の騎士』( ユリウス・ユークリウス) 『記憶』を失った『王選候補者』(クルシュ・カルステン) どれもこれも、とても大事で、だからこそ、奪われたことが許せないもの それを取り戻すための旅となれば、熱くならないはずがない 何よりもすごいのはね、やっぱりこの表紙ですよ 手前の二人だけでもう、最高潮でお腹いっぱいになりそうですが… 車椅子の車輪あたりにも煙る砂が見えていますし、奥の建物も異国情緒あふれます 本当に、新ダンジョン&新領域到達感があふれるあたり、冒険の香りがしますね --愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。 もう、この単語だけでも不穏な空気しかしません 間違いなく、今回も今までと同じぐらいの地獄絵図となることでしょう でもね、ぜひとも今回はやりきってほしい かつてないほどのモチベーションで当たるだろうから、ぜひとも絶望せずに突破いただきたい 「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。 スバルを「お師様」と慕っているところ• とんでもない戦闘能力を持っているところ• かなり長い時間一人ぼっちだったところ(お師様不在時間が長かった) この三点は外せないですね 特に、一番のポイントは、スバルではない誰かがシャウラの師匠であること そして、その師匠とスバルは何かしらで似ていること (外見? 魔女因子? それとも他の点?) そして、師匠と呼ぶからには弟子に何かしらを教えていたということ その師匠こそが賢者なのか、彼女が賢者でいいのか もう一つ気になるのは、試練が始まりそうだということ そうか、塔に来るまでの冒険じゃ試練には足りなかったか… それと、試練といって思い出すのはこの人、エキドナさんです やっぱり、あのときみたいに過酷な試練があるのだろうか… そして、その試練の結果の報酬が一体何になるのだろうか? 序章であり、冒険のつかみ的な感じなのはわかりますが、気になる要素は盛りだくさん ここからまた、一つずつ解明されていくのを楽しみに追いかける流れとなりそうです 次巻の発売も楽しみに待ちたいと思います.

次の