ヘッドホン ソニー。 ソニーのノイキャンヘッドホン、どれを買うべき? 超簡易ガイド

ソニーの重低音ノイキャンヘッドホンがリニューアル!フォルムを刷新し、音質・機能性も向上

ヘッドホン ソニー

9月10日、ソニーはBluetoothワイヤレスヘッドホン・イヤホンの新モデルを発表した。 重低音サウンドが特徴のソニー「EXTRA BASS」シリーズからは、ノイズキャンセリング機能を備えたアラウンドイヤータイプのヘッドホン「WH-XB900N」、オンイヤータイプの「WH-XB700」、ケーブル一体型イヤホン「WI-XB400」の3モデルが登場。 5,000円前後で買える最大35時間再生のエントリーヘッドホン「WH-CH510」もラインアップされる。 いずれも、10月5日発売。 「MDR-XB950N1」といえば、丸いハウジング形状と肉厚のイヤーパッドが特徴的だったが、「WH-XB900N」は本体デザインを刷新。 ハウジングが楕円形の形状に変更されたほか、イヤーパッドも厚みを抑えてより顔にフィットするように改良され、「WH-1000XM3」に通じるフォルムに生まれ変わっている。 MP3など圧縮音源をCD音源相当までアップスケーリングする「DSEE」をはじめ、専用アプリ「Headphones Connect」を使った重低音調整機能、ユーザーの行動を検出してノイズキャンセリング機能を自動で調整する「アダプティブサウンドコントロール」、GoogleアシスタントやAmazon Alexaといったボイスアシスタント対応など、機能面も大幅に強化されている。 タッチセンサーを新たに搭載し、タッチ操作で楽曲操作などをコントロールできる タッチセンサーに触れるだけで周囲の音を素早く確認できる「クイックアテンション」も新たに搭載 ドライバーユニットは「MDR-XB950N1」と同じ40mm径。 音作りは「MDR-XB950N1」のインパクトのある重低音から、ポップスのトレンド変化に合わせて迫力のあるビートとクリアな中高音メロディーを意識したチューニングに変更し、より幅広い重低音好きに好まれるように仕上げたという。 バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングONで最大30時間、ノイズキャンセリングOFFで最大35時間。 10分の充電で1時間再生可能なクイック充電にも対応する。 バッテリー切れ時の有線接続にも対応する。 カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色。 市場想定価格は27,000円前後(税別)となる。 「EXTRA BASS」シリーズのオンイヤーヘッドホン「WH-XB700」 ソニー「WH-XB700」。 ブラックとブルーの2色のカラバリを用意 「WH-XB700」は、「MDR-XB650BT」の後継モデルとなるオンイヤータイプのヘッドホン。 こちらも「WH-XB900N」同様に本体デザインが変更されており、これまでの重厚感のあるデザインから、「h. ear on 2 Mini Wireless」に近いフォルムへと変更されている。 ドライバーユニットは30mm径で、音作りの方向性は「WH-XB900N」と同じだ。 バッテリー駆動時間は最大30時間で、10分の充電で90分再生可能なクイック充電にも対応する。 バッテリー切れ時の有線接続にも対応する。 カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色。 市場想定価格は17,000円前後(税別)となる。 専用アプリ「Headphones Connect」を使った重低音調整機能も搭載 ケーブル一体型Bluetoothイヤホン「WI-XB400」 ソニー「WI-XB400」 「WI-XB400」は、アンダー1万円クラスに投入されるケーブル一体型イヤホンだ。 バッテリーボックスとコントロールボックスを左右均等に配置した本体形状や最大15時間のバッテリー性能などを、7月発売の「WI-C200」「WI-C310」と共通しつつ、「EXTRA BASS」シリーズならではの躍動感のあるサウンドをプラス。 エントリーモデルでも音質にこだわりたいという人をターゲットにしたモデルに仕上がっている。 対応コーデックはSBCとAAC。 カラーバリエーションは、ブラックとブルーの2色。 市場想定価格は8,000円前後(税別)だ。 オンイヤータイプのエントリーヘッドホン「WH-CH510」 ソニー「WH-CH510」。 「WH-CH500」もエントリーモデルながら最大20時間というバッテリー性能を備えていたが、新モデルの「WH-CH510」は、バッテリー性能をさらに強化。 エントリーモデルとは思えない最大35時間というスタミナバッテリーと、10分の充電で90分再生可能なクイック充電機能を新たに備え、さらに使いやすいモデルへと進化している。 対応コーデックはSBCとAAC。 市場想定価格は5,000円前後(税別)となる。

次の

ソニーのノイキャンヘッドホン、どれを買うべき? 超簡易ガイド

ヘッドホン ソニー

アップルは以前から噂されていた、オーバーイヤー型のヘッドホンを間もなくリリースする見通しだ。 ここ数年、アップルのオーディオ関連デバイスとしては、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンが注目を集めてきたが、イヤーパッドが耳をすっぽり覆うオーバーイヤー型のヘッドホンは、サウンドにこだわりを持つ人々から根強い人気を誇っている。 ニュースサイト9to5Macは、リリース前のiOS 14のコードの中に、オーバーイヤー型のヘッドホンを示すアイコンの画像が含まれているのを発見した。 このアイコンは、アップルがこれまで外部接続されたデバイスのボリュームやバッテリーレベルを表示する際に用いてきたものに類似している。 iOS 14は年内のリリースが予想されており、新型のヘッドホンもそれと同時期の発売が期待される。 アイコンに描かれたデバイスが、ブラックとホワイトの2色となっていることから、アップルのオーバーイヤー型ヘッドホンに黒と白のカラーが用意されることが予想できる。 さらに、これらのデバイスがAirPodシリーズの1つに位置づけられ、オートプレイや一時停止などの機能を備え、タッチ操作や音声アシスタントのSiriに対応することも予想できる。 しかし、発売時期が迫っているデバイスにしては、このヘッドホンに関する情報は現時点ではかなり限られている。 著名アナリストのミンチー・クオは以前に、新型ヘッドホンの発売が2020年になると述べていた。 さらに、ガジェット系ユーチューバーのJon Prosserは、量販店のターゲットの在庫管理システムに「Apple AirPods(X Generation)」というアイテムが、販売価格399ドルで登録されているのを発見していた。 399ドルという価格が正しいとすると、高音質のノイズキャンセリングヘッドホンとして評価が高い、ソニーの「WH-1000XM3」と同レベルのアイテムになることが予測される。 アップルがヘッドホン市場において、ソニーの強敵になり得るプロダクトを発売するというのは、非常に興味深い動きだ。 このカテゴリで、ソニーに対抗できるのはAirPodsでブランドを築きあげたアップルのみと言えそうだ。 イヤホン市場でアップルの競合製品を送り出したグーグルや、サムスンらがオーバーイヤー型ヘッドホンに進出するという情報は、現時点では確認できていない。 しかし、アップルはこの市場における競争で、さらにその先を見通しているようだ。 今年の新型iPhoneには大きな期待が注がれているが、ヘッドホン市場においてもアップルの新たなデバイスが注目を集めることは必至だ。

次の

ソニーの新型ワイヤレスヘッドホン「WH

ヘッドホン ソニー

お手頃バージョンが出てますます悩ましい今、どうする? ノイズキャンセリングヘッドホンって値段もけっこうするし、でも物欲を刺激してくるし、だからソニーの最新ヘッドホンたちはノイキャン推しなんでしょうね。 この2、3年、ソニーはかつてのノイキャンの覇者、Boseをもしのいでを実現しています。 ソニーの最高峰は350ドル(日本の実勢価格は3万2000円前後〜)の WH-1000XM3ですが、最近250ドル(約2万7000円、日本未発売)のと、230ドル(日本の実勢価格は2万6000円前後〜)の完全ワイヤレスイヤホン・が投入されて、選択肢が広がっています。 逆に言うと、 ソニーだけでも3つの素晴らしい選択肢ができてしまったってことですが、この中から どうやって選べばいいんでしょうか? まずワイヤレスノイキャンヘッドホンの世界でなぜソニーが熱いのか、考えてみましょう。 今あるノイキャンヘッドホンの原型を作ったのはBoseですが、ソニーは2016年にプレミアムなワイヤレスノイキャンヘッドホンを出して以来、粘り強く改善を重ねてきました。 第3世代となる1000XM3は、僕らとしてもお気に入りですが、 350ドルという価格に引いてしまう人もいます。 ソニーがもっと手ごろな選択肢を用意してきたのはそのせいだと思われます。 そして悩ましいのは、 WH-XB900Nはお手頃版といってもほんとにすごく良くできてることです。 なので以下、重視するポイントによってどれを選ぶべきかまとめていきます。 ノイキャンヘッドホン購入を検討している人、そしてノイキャンならソニーだよね、と思っている人のお買い物のお役に立てればうれしいです。 Video: とにかくベストなノイキャンが欲しい人 ノイキャンヘッドホンとしてベストなものを手に入れたい人は、1000XM3を買うべきです。 Image: Adam Clark Estes -Gizmodo US WH-1000XM3は、ノイキャンといっても。 搭載された「HDノイズキャンセリングプロセッサ・QN1」は、この長々しい名前から察することができる通り、 ノイキャンのために開発されたチップです。 1000XMでも第3世代だけに搭載されたこのチップのおかげで、1000XM3はベストなノイキャンヘッドホンの地位を獲得できました。 Bose QuietComfort 35 IIもそうですが、1000XM3は気圧に合わせて調整されるので、飛行機ではすごくありがたいです。 34,998円 コストパフォーマンスをMaxにしたい人 価格に対する価値の大きさにこだわる人は、XB900Nを選ぶべきです。 Image: Adam Clark Estes -Gizmodo US 価格は250ドル(約2万7000円)と、他のハイエンドなノイキャンヘッドホンより手ごろな設定です。 見た目は1000XM3に近いので、一見100ドルの価格差は何なんだろうと思われることでしょう。 価格差の主な理由と思われるのは、上に書いたノイキャン専用チップがXB900Nには入ってないこと。 そのためかやっぱり ノイキャンの威力は1000XM3に比べると劣ります。 作りも、あくまで1000XM3と比べればですが、若干チープな感じがします。 でもドライバーはXB900Nも1000XM3と同じようなセットアップになっているので、 音質は同等です。 それにXB900NはExtra Bassシリーズのモデルなので、 重低音はもっとずっしり来ます。 いや、イヤホンがほしいんだって人 オーバーイヤーじゃなくて イヤホンがほしいって人は、WF-1000XM3を買いましょう。 Image: Adam Clark Estes -Gizmodo US 上のふたつのノイキャンヘッドホンとWF-1000XM3は、どう違うんでしょうか? WH-1000XM3とWH-XB900Nはどちらも、カフェとかのガヤガヤした音を簡単に消せるんですが、 WF-1000XM3に関してはノイズアイソレーションがちゃんとできてません。 ノイズアイソレーションとは、ソフトウェアで処理されるノイキャンとは違い、物理的に外部の音をどれくらい遮断するかってことです。 WF-1000XM3はカナル型イヤホンですが、耳との密着度が十分でなく、外の音が多少入ってきてしまいます。 またその音を消せるほど、ノイズキャンセリングも強力じゃありません。 とはいえ、それでも十分しっかりした完全ワイヤレスイヤホンです。

次の