金 相場 予想。 金相場、1年後は1800ドルへ 換金売りいずれ和らぐ━ゴールドマン

【2019年金相場】今年の金の変動を徹底調査

金 相場 予想

サイト内検索 金相場・プラチナ相場動向分析• 金プラチナ国内価格リアルタイム予想• 金相場・プラチナ相場の推移• 情報ツール• データBOX• ピックアップ• 金プラチナ国内相場価格• 2020年8月13日 木 09:40更新• 2020年 高値• 金 :7,676円 8月7日 金• プラチナ:3,921円 1月16日 木• 2020年 安値• 金 :5,648円 3月17日 火• プラチナ:2,422円 3月23日 月• リンク•

次の

金相場を毎日予想するおすすめブログ [株・株式投資] All About

金 相場 予想

金とプラチナの関係 金相場よりもプラチナ相場が高いという状態が続いていましたが、現在ではプラチナ相場よりも金相場の方が高いという逆転状態が続いてます。 金相場が上がるとプラチナ相場が下がるという訳ではなく、金とプラチナそれぞれに変動要因があります。 金は個人買い、中央銀行の保有、宝飾品 半数以上 としての需要。 プラチナは宝飾品の他に工業用としての需要が半数以上を占めています。 金の弱材料はドル高 利上げムードの高まり 、インド 農作物価格低迷 による金買い消費の低迷。 強材料は中国 経済減速懸念 、ロシア 原油下落、経済不振 による金買い消費の増加。 プラチナの弱材料はドル高、米利上げによる世界経済の弱含み懸念、中国需要減少懸念、鉱山会社ロンミン 世界生産大3位 の事業閉鎖回避、フォルクスワーゲン問題。 強材料はジンバブエ 世界生産第3位 の電力供給制限からの供給減少懸念。 これらを比べてみると共通している部分もありますが、プラチナの方が弱材料が多いことが分かります。 金とドルと原油の関係 世界の基礎通貨はドルであり、世界経済もまたドルに依存しています。 ドル安になればドルの資産価値は減り、その他の通貨や資産に投資することになりますが、その選択肢の一つとして金があります。 金もドル建てで取引されている為、ドル安になれば金高になり、ドル高になれば金安になるという構図が一般的な解釈です。 米国経済の動向も金とドルに大きな影響を与えます。 米国経済指標である金利動向、消費者物価指数、鉱工業生産、失業率などの数値が好調なら、金が売られてドルが買われ、逆ならドルが売られて金が買われることになります。 原油においては、ドル安=原油高、ドル高=原油安という構図になり、有事の際には金と原油が上昇すると言われています。 しかし、最近ではこの構図に当てはまらないケースも多いです。 イエローゴールド YG とホワイトゴールド WG は定番の貴金属です。 パラジウムやニッケルなどの割り金で色を変えることができ、イエロー、ホワイト、ピンク、ローズ、グリーンとバリエーションも豊富です。 白金 プラチナ Pt 日本では通称白金 はっきん ですが、プラチナと呼ぶのが一般的です。 欧米のブライダルジュエリーで人気なのは金ですが、日本ではプラチナの方が人気が高い。 純プラチナは軟らかいので、パラジウムなどの割り金で品位の調整をしています。 銀 シルバー Ag シルバーはカジュアルに好まれている貴金属。 硫化により黒く変色してしまうのが難点ですが、磨き直しもできます。 宝飾品は925の品位が多い。 925の中でも銅のみを混ぜた合金であるスターリングシルバーは時効硬化に優れています。 パラジウム Pd 白金族に属する白色金属。 貴金属として宝飾品にも使われており、プラチナ850~950やホワイトゴールドの割り金として利用されています。 造幣局の貴金属品位証明制度において、金、プラチナ、銀の品位検定は行われていますが、パラジウムの品位検定は行っていません。 30 -93. 00 -41. 80 -9. 30 -13. 40 -0. 90 -1. 20 -12. 40 -31. 40 -43. 60 -45. 50 -27. 00 -7. 00 -6. 80 -26. 90 -1.

次の

金相場を毎日予想するおすすめブログ [株・株式投資] All About

金 相場 予想

2001年の米国同時多発テロ事件をきっかけに徐々に金価格が上昇しています。 ここ5年間の金相場のチャート 【引用元:日本マテリアル】 日本円での金相場のチャートです。 ご覧いただくとお分かりになると思いますが、金相場の価格は 4500円~5250円の間でここ5年間はおおむね安定しています。 円高や円安の影響があり、多少の上昇・下落はありますが、緩やかな世界全体の景気回復の傾向の影響を受けて、大幅な変動はありません。 ここ1カ月の金相場のチャート 【引用元:日本マテリアル】 こちらは2019年6月6日から7月5日のここ1カ月 の金相場の推移です。 6月の半ばを境に、高騰しています。 なぜ急に金相場の高騰が起こったのでしょうか? ~金相場の急激な高騰の理由~• 今月に予定されているFRBによる利下げ• 米中貿易問題の悪化による世界経済の悪化• トランプ政権による制裁に対するイランの報復 などが挙げられます。 米国政治の動向・世界経済、世界政治の不安などによって、世界各国で安全資産である金の需要が高まっているようです。 2019年、アナリストの金相場予想!円相場の動きにも注意! 金相場のアナリストの予想が3つあるのでご紹介します。 また、金相場は円相場ともかなり密接に関わっているので解説します。 2019年の金相場予想、アナリストのコメント RBCウェルスマネジメントのアナリストであるジョルジオ・ゲロ氏は、「ストラテジストは投資家に対して、貴金属の保有割合を増やすよう呼び掛けているため、金の価格は1300ドルを上回る水準まで押し上げているのだ」と述べている。 その場合、複数の専門家は金が短期間で最高値まで値を上げ、その後ある一定水準に落ち着くだろうと考えている。 RBCウェルス・マネジメント(NY)貴金属アナリストのジョージ・ゲロ氏は以下のようにコメントしている。 世界経済・政治への不安、米国政治の動向により、多くの国で金の買い需要が生まれているため、金価格の驚異的な上昇は続くとみられる。 南アメリカ、中国、中東、米国等見渡す限り政治的な争いを行っており、投資家はそのリスクヘッジが必要な状況になっている。 また、株式市場からのヘッジも必要だ。 複数のアナリストは、価格がさらに上昇するとみているのだ。 スタンダード・チャータード Standard Chartered LON: の貴金属アナリストであるスキ・クーパー氏はCNBCの取材に対して、金価格は今第4四半期には1325ドルで推移し、2020年には1400ドルを突破すると述べた。 金が1400ドルで取引されていたのは2013年9月ぶりである。 すべて【Investing. comより引用】 つまり、アメリカの政治や国際情勢によっても変わってきますが、おおむね 今の水準をキープ、またはもう少し金相場が上がるという予測になっているようです。 金相場と円相場の関係は? 世界市場だとドル建ての取引が基本ですが、日本の場合はドルを円にかえてからの取引となるので、円相場も金価格変動に大きく関係します。 そのため、世界市場とは別に、 ドル円相場も日本の金価格に影響を及ぼして、価格が決定されるというわけです。 そのため、ドル建てでの金相場は下がっているのに、日本においては円安のために金相場が上がるということは結構あります。 金を少しでも高く売りたい!ということならば、 円安のとき を 狙いましょう。 金相場と円相場、両方の動向を見極めよう いかがでしたか? 数グラム~数十グラムの金を売るなら、高騰中の今、金相場や円相場をチェックしながら、ポンと跳ね上がった日があったら売却してもいいかもしれませんね。 数百グラム~キロ単位で売る場合にはご自身でよく見定めてくださいね。 プラチナやパラジウムについてもまとめてあるので、是非併せてご覧ください。

次の