性病 種類。 【性病は完治する?】治る性病と治らない性病、治療期間を総まとめ!

尖圭コンジローマの解説 症状や感染経路・検査や治療について│STD研究所

性病 種類

セックスをした方は、性病(性感染症)になる可能性はあります。 しかしセックスしなくても性病になる方もいます。 性病になると、初期症状が出ます。 何かおかしいなと感じるときは性病を疑ったほうが早期発見、早期治療につながります。 性病の初期症状としては、男性の場合は、排尿痛や、かゆみ、尿道から膿が出るなど。 女性の場合は、おりものの量が増えたり、おりものの状態(臭い)が変わったりします。 ここでは性病の種類と症状。 そしてその性病を治療する治療薬をわかりやすく紹介しています。 性病治療は通常の病気の頭痛や風邪をひいて熱を出した等と違い非常にプライベートでデリケートな病気なので、恥ずかしい、人に知られたくない等の理由で治療しないでそのままにして、人にうつしてしまうなどの問題も出てきています。 さらに重大な感染症になってしまうなどの問題も深刻です。 かつては性感染症治療の処方せん薬は病院に行かなければ手に入りませんでしたが、現在は個人輸入のネット通販などで性病の症状に合わせた治療薬が手軽に入手できるようになりました。 人によって性病は健康保険に記載したくない、人目に触れられたくない、こっそり治したいといったデリケートな病気だけに、 個人輸入代行や通販は性感染症に悩む多くの方にとって重宝がられています。 性感染症治療の処方せん薬は種類も豊富ですし、ジェネリック薬品も数多くあります。 自身の病状に合った治療薬を、しっかり見極めたうえで利用してください。 主な性病の種類とその症状 主な性病の種類とその症状を表にしてみました。 また、オーラルセックスや、ディープキスなどで、口に感染する場合がある。 治療薬 、、 症状と治療薬 ヘルペス 男性の症状 亀頭、包皮、陰茎部分、お尻に水ぶくれ・赤いブツブツができる 発熱や太もものリンパ節の腫れや痛み。 水ぶくれや潰瘍(ただれたようなもの)ができます。 女性の症状 外陰、膣の入り口、お尻に水ぶくれ・赤いブツブツができる 発熱や太もものリンパ節の腫れや痛み。 水ぶくれや潰瘍(ただれたようなもの)ができます。 女性に関しては、排尿ができない位の痛み伴う。 放置しておくと子宮頚管炎が悪化して、不妊症の原因となる場合もあります。 また、オーラルセックスや、ディープキスなどで、口に感染する場合がある。 皮膚や粘膜から進入したトレポネーマ・パリダム菌が、全身に広がって症状が出ます。 主に性行為によって感染します。 治療法 ペニシリンの薬物療法が有効です。 現在は、第3期や第4期まで進行する事例はあまりありません。 梅毒とエイズは同時に感染することが多いので、いっしょに検査して早期発見することが重要です。 治療薬 、、 詳細 性病とは? 性病とは、医学的には英語の頭文字を取って STD(Sexually Transmitted Disease:セクシュアリー・トランスミテッド・ディジーズ)と呼ばれ、性行為などによって感染する病気の総称です。 一般的には性感染症とも呼ばれています。 性病の感染経路は性行為(SEX以外でもディープキス、ペッティング、フェラチオ、クンニ、アナルセックスなど、道具(玩具)を使った行為等も含める)によって感染する、全ての感染症を指します。 感染源は、体液(精液、膣分泌液、血液など)の中に含まれていて、主に人体の粘膜(陰茎、膣、肛門、尿路)を介して感染します。 また、口腔、喉、気道、眼からも感染します。 感染の経路は、それぞれの疾患によって異なりますが、いずれも接触感染を基本としています。 現在日本では若者を中心に 580万人以上もの性病感染者がいるといわれるくらいです。 具体的には、クラミジアやカンジダというのを聞いたことがあると思います。 またエイズもそのうちの一つ。 感染源(経路)は輸血や注射器による血液を媒介した感染などがあります。 大事なのは、各病気に合った対処法を行うことです。 性病は薬で治ります 性病や感染症はお薬で治療できますので、そのまま放置すると症状が悪化するだけでなく、パートナーに病気を感染させてしまうリスクがあります。 性病感染症は、早期に治療を開始することで短期間で治療ができます。 クラミジアや淋病などの感染症は、放置すると他の深刻な感染症のリスクが高まりますので、早期に治療することがすすめられます。 性病(性感染症)治療の治療薬の種類とはどのような選び方があるのか 性病にはいろいろな種類がありますので、その病気の種類によって性病治療薬の種類も選び方ひとつで病気の回復を長引かせることもあります。 性病治療薬には飲み薬と塗り薬があります。 おもに使用されるのは飲み薬ですが、場合によっては塗り薬を使用することもあります。 選び方については病気によってちがいます、飲み薬の場合、抗生物質は性器クラミジア、淋菌、梅毒におすすめです。 抗ウイルス剤はヘルペスウイルスの感染症に良く効きます。 あと抗菌剤や抗原虫剤、抗炎症剤、鎮痛剤とあります。 塗り薬は軟膏などでコンジローマまた抗真菌剤入りのクリームはカンジダにおすすめです。 これらの種類は適切な選び方が必要です、服用する飲み薬は種類や状況によって異なります。 性病治療薬は安心して飲めます。 おすすめの信頼できる正規品扱いの個人輸入代行 すでに性病の症状が出ている方はすぐに治療が必要ですが、疲れやストレス等で一過性の体調不良で急におりものが多くなったりするときもあります。 また性交渉はしていないが性感染症にかかっている場合がありますが、自分が本当に性病なのか確認したい方は、自宅で出来る性病検査キットがあります。 風俗店で遊んだけど、もし性病になりパートナーにうつしては大変だという方も心配なら性病検査キットがオススメです。 検査キットも多種ありますが、これらの検査キットの中で、医療業界で最もよく使われているのが の検査キットです。 多くの人が購入している信頼できるブランドです。 もし他のキットと迷うのでしたらこちらを購入しておけばまちがいないでしょう。 性病の種類によりキットが選べますので価格も非常に抑えられます。 病院での性病検査の価格 多少費用が掛かっても病院やクリニックに行き治療する。 どうしても病院に行くのは抵抗がある方。 こういう方は自宅で出来る検査キットで検査。 治療薬を購入して完治する方法。 パートナーから性感染症を告げられた時は、そのパートナーと同じ性病ですので治療薬を購入して完治する方法。 いずれにせよ性感染症を完治するのが重要です。 パートナーと一緒に治療しませんと再感染する場合があります。 しっかり治しましょう。

次の

性感染症

性病 種類

メ モ:• 性感染症は複数の感染を被ることがある。 またそのような時には、エイズのように免疫が低下する疾患に罹患しているかどうか念のためチェックする必要がある。 性感染症を思わせる症状があった時は、速やかに検査を行うことが望ましい。 しかし、無症状のことも多いため、性感染症に罹患した可能性を考えた場合には症状の有無にかかわらず受診・検査を受けるようにした方が良い。 ただし、HIV感染のように潜伏期間が長く、検査結果が陽性に出にくい時期のあるものもあり、検査結果が陰性であっても一定時間をおいて再検査を行った方が良い場合もある。 治療が中途半端になると再発を繰り返したり、悪化したりすることがあるので、自己判断で治療を中断したりしないようにする。 本人の検査結果が陽性の場合、できるだけパートナーの検査を行い、必要であればともに治療を行う。 各疾患の説明 梅毒 病原体 梅毒トレポネーマ 感染経路 性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触 潜伏期 約3週間 症 状 感染した部位(性器、口など)に赤色の堅いしこりやただれができ、近くのリンパ節が腫れる(第1期)。 その後3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠など全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れ(第2期)、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒される(第3、4期)。 診 断 病変部から病原体を確認(顕微鏡観察)、あるいは血液による抗体検査 治 療 抗菌薬(主としてペニシリン系) 放置 すると 第1期から2期、3・4期へと徐々に進展する。 精神神経異常、死に至ることもある。 母体の感染により、出生児が先天梅毒になることがある。 淋菌感染症 病原体 淋菌 感染経路 性的接触を介する粘膜との直接接触 潜伏期 2~7日 症 状 男性では排尿時痛と濃尿、女性ではおりものや不正出血あるいは症状が軽く気づかないことも多い。 咽頭や直腸の感染もあるが、自覚症状がなく気づきにくい。 診 断 性器、尿道からの分泌物や口腔などから病原体分離培養、あるいは核酸検査(PCR) 治 療 各種の抗菌薬に対して耐性率が高くなっているが、有効な抗菌薬もある 放置 すると 不妊の原因になることがある。 感染した母体より出産した新生児が淋菌性結膜炎になることがある。 性器クラミジア感染症 病原体 クラミジアトラコマティス 感染経路 性的接触を介する粘膜との直接接触 潜伏期 1~3週間 症 状 男性では排尿時痛や尿道掻痒感、女性では症状が軽く無症状のことも多い 診 断 性器、尿道からの分泌物や尿、口腔内から抗原検出や核酸検査(PCR 治 療 抗菌薬(マクロライド系、ニューキノロン系が中心) 放置 すると 不妊、流産・死産の原因になることがある。 性器ヘルペス 病原体 ヘルペスウイルス 感染経路 性的接触を介する皮膚・粘膜の病変との直接接触 潜伏期 2~10日 症 状 性器の掻痒、不快感ののち、水泡、びらん 診 断 病変部からウイルス分離、抗原検出や核酸検査(PCR) 治 療 抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル、バラシクロビルなど) 放置 すると 痛くて放置できるものではないが、放置しても2~4週間で自然に治る。 ただし再発を繰り返すことが多い。 尖圭コンジローマ 病原体 ヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い) 注: 子宮頸がんは16型、18型感染が多い 感染経路 性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触 潜伏期 3週間~8ヶ月 症 状 性器・肛門周囲などに鶏冠様の腫瘤 診 断 病変部の形態の観察、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 切除、レーザー、クリーム(イミキモドクリーム)など 放置 すると 20~30%は3ヶ月以内に自然治癒、悪性転化あり 腟トリコモナス症 病原体 腟トリコモナス原虫 感染経路 尿道や性器からの分泌物との接触 (性的接触のほかに、下着・タオルなどを介しての感染) 潜伏期 不定 症 状 男性は自覚症状のないことが多い 女性は自覚症状に乏しいが、おりものの増加、外陰・腟の刺激感やかゆみ 診 断 性器・尿道からの病原体検出、病変部の顕微鏡観察 治 療 メトロニダゾール 放置 すると 再発・再燃する。 放置しても治ることはない ケジラミ症 病原体 ケジラミ 感染経路 性的接触を介する陰股部、陰毛との直接接触 衣類・寝具などを介する間接的感染もある 潜伏期 不定(1~2ヶ月が多い) 症 状 寄生部位(主に陰股部)の掻痒 診 断 皮膚・陰部・毛髪などの虫体や卵の確認 治 療 剃毛、フェノトリンパウダーあるいはシャンプー 放置 すると 症状の継続あるいは悪化。 放置しても治ることはない 性器カンジダ症 病原体 カンジダ属の真菌 感染経路 性的接触を介して伝播しうるが、必ずしも発症しない 潜伏期 不定 症 状 男性では症状を呈することは少ない。 女性では外陰部の掻痒とおりものの増加。 カンジダを保有しているのみの場合もある。 診 断 顕微鏡観察等による病変部からの胞子や仮性菌糸の検出。 病原体の培養。 治 療 抗真菌剤の腟錠や軟膏・クリーム、経口薬 放置 すると 症状の継続、再発、再燃。 放置しても治ることはない B型肝炎 病原体 B型肝炎ウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 約3ヶ月 症 状 発熱や全身倦怠のあと、黄疸(1~2%で劇症肝炎)。 無症候の場合もある 診 断 血液中の抗原、抗体の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 予防にはワクチンが有効。 抗ウイルス薬・インターフェロンなどが用いられる場合もある 放置 すると キャリア化して、慢性肝炎、肝硬変、さらに肝癌へと進展することがある C型肝炎 病原体 C型肝炎ウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 2週間~6ヶ月 症 状 全身倦怠感、食欲不振、黄疸などが見られるが、症状は軽い 診 断 血液中の抗原、抗体の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 抗ウイルス薬とインターフェロン 放置 すると 多くがキャリア化して、慢性肝炎、肝硬変、さらに肝癌へと進展することがある 後天性免疫不全症候群(エイズ) 病原体 エイズウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 平均10年程度 症 状 感染成立の2~3週間後に発熱、頭痛などのかぜ様症状が数日から10週間程度続き、その後数年~10年間ほどの無症候期に入る。 放置すると、免疫不全が進行し種々の日和見感染症や悪性リンパ腫などを発症する 診 断 血液中の抗体、抗原、遺伝子の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 抗HIV薬 放置 すると 慢性的に進行し、死に至るが、近年治療による改善・延命が進んできている.

次の

性病の種類一覧|新橋・新宿の性病医院「あおぞらクリニック」

性病 種類

性病の症状 性病の症状は、男女によって違いがあります。 〇男性の場合 ・排尿痛がある。 白色~黄色っぽい膿や血尿が尿道からでる。 ・性器に痒みがあり、赤くなる。 ・性器や陰部に湿疹、水疱やイボの様なものが出来る。 ・リンパ節の腫れ、発熱、倦怠感、食欲不振など風邪のような症状がある。 〇女性の場合 ・おりものの量が多く、白色~黄色っぽいおりものがでる。 白いカス状(カッテージチーズの様な物)や泡状で臭いがキツくなる。 ・下腹部痛がある。 ・性器に痒みや痛みがある。 ・性器に湿疹、水疱やイボの様な物ができる。 ・喉の痛み、発熱がある。 ・リンパに腫れ、発熱、倦怠感、食欲不振など風邪のような症状がでる。 ・性交した時に、痛みや出血がある。 性病の種類によっては、自覚症状があまり出なく気がつきにくい事があります。 性病の種類 性行為感染症(STD)にはさまざまな種類があります。 ・淋病 ・梅毒 ・クラミジア ・陰部ヘルペス ・カンジタ症 ・尖圭コンジローム ・トリコモナス症 ・毛じらみ ・AIDS(エイズ)後天性免疫不全症候群 ・B型肝炎、C型肝炎 ・陰部伝染性軟属腫 これらを総称して性行為感染症といいます。 性病の予防方法 性病を予防する方法はいくつかあります。 ・コンドームを必ず着用すること。 コンドームは避妊する目的で使う人が多いですが、性病を予防する事も出来ます。 正しい着用方法で使用する様にしましょう。 普通の性行為以外でも性病は感染することがあります。 オーラルセックス(口腔性交)の際も着用する様にして下さい。 ただし、梅毒やヘルペス、コンジロームはコンドームだけでは予防できない場合もあります。 性行為する前に、性器や陰部周辺をチェックする様にして下さい。 ・決まったパートナーと性行為する。 不特定多数の性行為は性病に感染する可能性があります。 決まったパートナーと、定期的に性病の検査を受けていれば安心です。 ・女性が生理中は性行為しない。 生理の血液から感染する可能性があります。 女性の身体の負担が大きく衛生的にも良くないので、生理中は性行為をしない様にして下さい。 ・定期的に検査を受ける。 性病は自覚症状が出にくい場合もあります。 普段から不特定多数との性行為が多い場合は、病院を受診して検査する様にして下さい。 性病は自然治癒する? 性病のほとんどは自然治癒しません。 抗菌剤の服用、注射、軟膏塗布、レーザーでの切除など治療することが必要です。 この様な治療を受けるためには、病院を受診をして性病の検査を受けなければなりません。 治療は、症状が軽いものであれば外来でできる簡単なものが多いです。 性感染症の場合はパートナーと一緒に治療する事が必要です。 一人が治ったとしてもパートナーが感染していれば、また感染してしまう可能性があります(ピンポン感染)。 適切な治療を受けましょう。 性病検査キット 性病検査キットは自宅でカンタンに匿名受けることができます。 性病検査STDチェッカーは性病専門の検査キットで口コミもみることができます。 GME医学検査研究所は性病・がん検査キットを取り扱っています。 詳しくは各ホームページをご覧ください。 これら2つの検査キットは匿名ですので家族やパートナーに知られることなく結果を知ることができます。 性病になった場合は何科に受診すれば良いの? ・男性の場合 男性の場合、泌尿器科を受診して下さい。 保健所や自宅で検査キットを使用して検査する事も可能ではありますが、調べられない検査項目もあるので、もし陽性であればその後の治療が出来ません。 速やかに治療するためにも、出来れば医療機関を受診しましょう。 医師の問診や尿検査、綿棒で分泌物を拭うなど簡単な検査になります。 場合によっては血液検査や性器を診察する場合もあります。 専門医の医師やスタッフは、慣れているので恥ずかしがらなくても大丈夫です。 もし症状が言いにくい場合は、メモにして渡しても良いでしょう。 ・女性の場合 女性の場合、婦人科を受診して下さい。 産科と婦人科が一緒になってるクリニックでも良いのですが、婦人科メインで診察しているクリニックの方が良いでしょう。 医師の問診や、綿棒で膣の分泌物を拭い検査します。 必要時に血液検査をします。 女性の性病の場合、自覚症状が出にくい場合があります。 放置しておくと子宮頸管炎や卵管炎になり、将来的に不妊や流産の原因になる事があります。 少しでもおかしいなと思ったらすぐに受診して検査する様にして下さい。 カテゴリー•

次の