シャドウ (小説)。 小説を読もう!

シャドウハンター 骨の街 上 (創元推理文庫)

シャドウ (小説)

伝説の冒険者集団《七星旅団(セブンスターズ)》が、突然の解散を宣言してから約一年。 呪いにより魔力を制限されたルーン魔術師、元地球人の青年アスタは、解呪の方法を探し魔術の学院へと通っていた。 以前、冒険者として一線にいた経験を買われ、学生の選抜パーティとして迷宮に潜った彼は、そこで仕掛けられた陰謀の一端を垣間見る。 七星旅団の六番目。 《紫煙の記述師》の二つ名を持ち、最強の冒険者の一角とまで謳われた印刻使い。 彼が秤にかけるのは、かつての約束と新しい誓い。 異世界の秘密を前にして、アスタは戦いを決意する。 ダンジョン系異世界トリップ王道風ファンタジー。 【書籍化しました。 HJ文庫様より発売中!】 「伯爵令嬢ヒメリア・ルーイン。 貴様はこの国の面汚し、婚約はもちろん破棄、死んで詫びるがいいっ断罪だっ!」 「そんなっ! 一体、どうしてそんな酷いことを? いやぁっ」 ザシュッ! 婚約者である【王太子クルスペーラ】と彼の新たな恋人【聖女フィオナ】に断罪されるという恐怖の夢、息苦しさを覚えてヒメリアが目覚めると……そこは見慣れた自室だった。 「まさか時間が巻き戻っているの。 それとも同じ人生をもう一度繰り返してる……五回目よね」 これは清らかな伯爵令嬢ヒメリア・ルーインが、悲劇的なタイムリープの輪から抜け出すまでの物語。 * 小説家になろうさんとアルファポリスさんに投稿しております。 * 一話あたりの文字数は、1200〜2000文字前後で調整済みです。 * 2020年7月4日、全14話で作品完結です。 今回初めて挑戦した『ざまぁ系』作品ですが、最終話で伏線を回収して登場人物それぞれに救いのあるラストになっています。 ご覧くださった皆様、ありがとうございました! もしも。 受け入れるしかない。 なぜなら、一つ上の階層から来た人間たちは、一つ下の階層の存在を『当たり前』のように、蹴散らすからだ。 それはあたかも、ロールプレイングゲームでレベル上げのモンスター狩りのように『無慈悲』に行われる。 狩られる側が、無双状態の最強の存在に打ち勝つためにはどうすればいいのか。 簡単だ。 手段を選ばなければいい。 * * * * * とある村の少年ユーリィは、将来有望な兵士候補だ。 このまま頑張れば、王都リーバイン城の近衛騎士団試験にも受かるかもしれない。 それは村の中でも一番の出世頭だ。 試験に受かって高い給金をもらって、清楚可憐な幼馴染のシャルと、青春を謳歌し幸せに暮らす。 しかし、そんな彼の村が、突然辺り一面が火の海と化す。 自分の生まれ故郷が、燃えている! ユーリィが剣の鍛錬から急いで村に戻ると、その元凶と会敵した。 謎の『影』だった。 彼は理解する。 こいつが僕の家族を殺したと。 ユーリィは『影』に襲い掛かるも、奇妙で圧倒的な力の前に、まったく歯が立たない。 のちにわかることだが、この『影』たちは、『現代日本』という異世界から最強スペックボーナスを得て転生してきた無敵の存在だった。 どうにか九死に一生を得たユーリィは、謎の影を倒すために決意する。 この世界の深淵に潜む、闇の神の力を借りることを。 彼が闇の神から得たのは、『不老不死』。 何度死んでも蘇る力。 仇敵は、勇者と名乗る。 なら僕は、魔王と名乗ろう。 幼馴染のシャル、そして道中で明らかになる『新たなヒロイン』。 ユーリィは仲間を増やしながら勇者打倒へ邁進する。 ここに、復讐に燃える闇の王と、異世界から来たチートの王の対決が始まる。 TOブックスより1巻2巻発売中です。 「君には才能がある」 奴隷階級の少年リンは、旅の魔導師ユインからそう告げられる。 その日からリンの魔導師を目指す旅が始まった。 リンはユインに連れられて魔導師の街グィンガルドを訪れ、塔の学院に入学するための試験を受ける。 魔導師の塔はリンの想像を超える魔法の世界だったが、才能と財産、身分によって厳格に差別される階級社会でもあった。 ユインにも放置され、なんの後ろ盾もないリンは、しがない底辺魔導師として学院生活を送る日々を過ごす。 しかしある日、指輪魔法の授業で『ヴェスペの剣』を発現したことから彼を取り巻く世界は一変する。 有力なギルドから熱視線を注がれ勧誘されるようになり、異国のお姫様からも寵愛を受け、リンの前に偉大な魔導師への道が開かれていく。 主題は才能と財産。 この小説はnote、カクヨムにて重複投稿しております。 以下2chread対策。 一般の人は気にしないでください 天安門事件 趙王回車 夢雪 はい。 この作品は本当によく作られています。 内容としては、魔法をモチーフにした現代ファンタジーの学園モノといった感じです。 内容については他のレビューでも書かれていますので私は割愛いたします。 まずは舞台設定や世界観、細かい用語までとにかく作り込みが丁寧で、作者様がしっかりとプロットを組んで執筆されているのがよく伝わってきます。 しかも、それでいてしっかりと解説がされているので、途中でつまらなくなったり、用語が多すぎてよく分からなくなることもありません。 次に、バディものという設定の上手さ。 これによって主人公とパートナーの両方に視点を当てながら、その巧みな文章力によって個性豊かなキャラクター達が実に鮮やかに描かれています。 まあ百聞は一見にしかずです。 読んでみてください。 きっとあなたもこの作品の世界にのめり込むはずです。 書籍化されていてもおかしくないような、そんな作品です。 作品タイトルから溢れ出る異世界、転生、賢者、魔法などといった量産型なろう作品の風格とは裏腹に内容はそれらとは大きく違うストーリー性で作者さまの才能を賛美したいばかりであります。 冒頭でも言ったようにこの作品はタイトルで損をしているかのように思えます。 小説家になろうの仕様上タイトルで分かりやすくすることは定石とも言えますがこれでは同様のクソタイトル作品に埋もれてしまうと感じます。 これといった提案もできないのですが私としてはもっと短く、おお?と思わせるようなタイトルが良いです! この作品は更新が見られないので読み切りのようですかね... それは人の「夢」に入り、秘められた深層心理を解き明かす探偵兼、臨床心理士のような仕事です。 ただ「夢」は人の「心」そのものであり、難解で残酷で目にしたくなかった真実を突きつけるものでもあります。 交錯する想いは時に誰かを傷つけ、時に誰かを救いますが、「眠り屋」の主人公、矢島さんはそのどれもを否定せず、依頼人が答えを選ぶのを待ち続けます。 短編連作集であり、全編複雑でうつろいゆく人の内面を巧みにすくいあげ、決して予定調和で美しいだけの心の機微を描きません。 根底にあるのは作者さまが「人」を見つめる温かな眼差しです。 矛盾し、葛藤し、それでも愛を追わずにはいられない人間の姿が切々と描写されます。 さあ、心優しい「眠り屋」矢島さんと共に、誰かの夢へ一歩足をふみ入れてみませんか? 読み終えるころには、あなたの悩みさえも矢島さんが抱きしめてくれるかもしれません。 獣医師が異世界転移したついでに九尾の狐に憑依されてTSするところから始まるこの作品は、序盤は獣医師の経験を活かしつつ、異世界の住民(モンスターと表現される)の病の治療や予防をしていくお話だ。 ところが、その中で仲間を増やしていき、世の中の悪意と対峙して敵を倒し人を救う冒険ものの側面が強くなる。 ついには国を興し、モンスターが平和に暮らせる世界を目指すお話になっていく。 獣医師としての性質は随所に見せつつ、医療ドラマ的な物語ではない。 けれど、医師として病に立ち向かうことと、冒険家や国の指導者として悪に立ち向かうことは似ていると思った。 イーナはモンスターが平和に暮らす世界のために走り回る。 それは、病に苦しむ者を救う努力となんら変わらない。 医師も為政者も方向性は違えど、人の苦しみ悲しみを軽くさせる仕事と言える。 そしてイーナはその両方ができる。 だからやる。 イーナの姿が美しいと思えた。 『幸せを呼ぶビーズ宝飾』を紡ぐ女主人として評判になってしまった、主人公『時』と『青』のお話です。 誰もが幸せを求めて店の扉を開く物語の中で、 『幸せの形とは?』を静かに問いかけてきます。 幸福、成功、勝利、その結果にはハッキリとした形と得るものがあるのに対して、その道程には確かな形がありません。 100%を補償する努力などないのですから、不安になり、心細くなります。 だから人は幸福を呼ぶ、邪を払う、そういったアイテムに魅力を感じるのだと思います。 形ある安心のため、あるいは言い訳のため。 情景を心にふわりと置いていくような心地の良い描写、味わい深い装飾品の数々、そしてそこに宿る想い。 午後三時のティータイムに、幸せを呼ぶ『ビーズ宝飾創作茶話』をいかがでしょうか。

次の

小説家になろうおすすめ小説をシャドウバースしながら紹介!

シャドウ (小説)

その時に出てきたのが「ムーンライト・シャドウ」という吉本ばななさんの小説。 ホメホメ会で「いかに好きか!」ということを語ったのですが、思いのパワーだけが心の中でど~っと湧き上がって言葉になりませんでした。 話しているうちに泣きそうにもなりました。 それぐらい大好きで、私の心から消え去ることのない小説です。 吉本ばななさんとの出会い 私は社会に出るまでは、とにかく図書館に通って小説をメインとしていろんな作家さんを読みました。 その時に好きになった作家さんの一人が、吉本ばななさんでした。 私はスピリチュアル的なことにはとんと疎いのですが、ばななさんの小説にはそういうことが日常の隣にとんと存在する。 その存在の仕方があまりにも普通であることと、ばななさんの文体に心を惹かれて、読みまくりました。 同じ本を何回か時期を開けて読み返す、ということをしたのも、ばななさんの本が初めてだったように思います。 「ムーンライト・シャドウ」との出会い 「ムーンライト・シャドウ」という小説に出会ったのは、「キッチン」という小説を読みたくて借りたからでした。 初めて読んだときの「ムーンライト・シャドウ」の印象はあまりありません。 でも、この小説が「日英バイリンガル版」として朝日出版社からでると新聞の広告で見た時。 絶対に買おうと決めたのを覚えています。 当時、書店でアルバイトをしていたので客注台帳に自ら書いて予約したのを覚えています。 そしてその本は今も手元にあって、カバーはもう変色してしまっています。 時々猛烈に読みたくなるのです。 この「ムーンライト・シャドウ」という小説は。 「ムーンライト・シャドウ」の魅力は痛いほど伝わる思い 「ムーンライト・シャドウ」は愛する人との別れを乗り越えるまで、の短編小説です。 そう書くと、何の魅力もないかもしれません。 でも、私は圧倒的なパワーで引き込まれてしまいました。 それはまるで魔力のよう。 主人公の一人称が私の心にものすごくなじみました。 なじんで、主人公の心の機微が痛いほど伝わってくるのです。 何度も読みかえして、ある時、ふと「この小説、音読してみたいな」って思いました。 未だに私が音読したいと思った小説はこれだけ。 お風呂場に本を持ち込んで、湯船につかりながら声に出して読んでみました。 声に出して読み続けて、最後の最後。 主人公が愛する人へと語りかけるところで、涙がこぼれました。 身を切り刻まれるような主人公の痛みから、乗り越えていくと決めた時の凛とした言葉。 全てに同調したような気持になりました。 「ムーンライト・シャドウ」を読んで小説を書くのをあきらめた 小さいころから文章を書くのが好きで、いつか小説家になりたいと思っていました。 2次創作的なものも含めると、小学生から大学卒業ぐらいまでいろんなものを書きました。 書ききったものもあれば、イメージが先行しすぎて文章を書くスピードが間に合わずに未完で終わったものも。 大学生の時でしょうか、ある時何気なく、吉本ばななさんを調べて衝撃を受けました。 私が心を揺さぶられてやまない「ムーンライト・シャドウ」はばななさんの卒業制作だというのです。 「私と年で、こんなすごい小説を書いたのか!!」 自分にこんなパワーを持った小説をかけるのか。 人の心を動かすような言葉を持っているか、世界を持っているか。 無理だ、全く持って無理だ。 私は小説を書くのをあきらめました。 世界を創造するには、私の心はせますぎる。 ばななさんの小説はほかにも大好きなものや、忘れられないものがあります。 でも、この「ムーンライト・シャドウ」は格別。 ぜひ、読んでいない方には読んでいただきたいし、読んだことある人は読み返してほしい作品です。 ぜひ読んでみてください。

次の

第四第六世界資料室

シャドウ (小説)

シャドウ [ ]• - の。 - 他のレースに参戦したのコンストラクター。 - の。 - の。 - アクションゲーム『』などに登場するキャラクター。 シャドウ - コンピュータRPG『』に登場するキャラクター。 シャドウ - コンピュータRPG『』に登場する怪物。 シャドウ - 「」で登場する種族の一つ。 黒に近い灰褐色の肌と、暗闇を見通す第三の目を持つ。 シャドウ - 漫画『』に登場するキャラクター。 シャドウ(影道) - 漫画『』『』に登場する一族。 シャドウ - テレビアニメ『』に登場する秘密組織。 シャドウ - テレビアニメ『』に登場するキャラクター。 シャドウ丸 - テレビアニメ『』の登場キャラクター。 ロボット刑事チーム「ブレイブポリス」の一員。 ザ・シャドウ - プロレスラーのかつての。 ザ・シャドウ - アメリカのに登場するキャラクター。 の声優はが担当した。 シャドウ - ゲーム『』シリーズでパイロットが精神崩壊を引き起こして汚染されたバーチャロイドあるいはバーチャロイドがシャドウ化する原因。 シャドウ - ゲーム『』に登場するキャラクター。 を参照。 - ゲーム『』シリーズに登場するキャラクター。 シャドウと略されることがある。 シャドウ - ゲーム『』に登場するキャラクター。 シャドウ - の略称。 シャドウ - アクションドラマ『』に登場する秘密組織。 シャドウ - 劇場用アニメ『』に登場する悪人。 『』にも登場する。 カバーシャドウ- において、守備を行う選手が相手チームのボールホルダーとパスの受け手の間に入り、パスの受け手の選手を守備の選手の影に置くことによりパスを出しづらくしつつ、状況に応じてボールホルダーの選手に対して直接プレッシャーをしかけボールを奪いに行く守備戦術。 シャドウストライカ shadow striker - サッカーでのポジションの一種。 ともいわれる。 イナズマイレブンの登場人物、闇野カゲトのニックネーム。 シャドー [ ]• - 監督の。 - 主演のハリウッド。 上記のパルプコミックが原作。 シャドー - の略称。 シャドー - 『』に登場するモンスター。 を参照。 シャドー - 『』とその続編『』に登場する悪の組織。 シャドー - 『』に登場する敵キャラクター。 シャドー - 『』の登場人物。 シャドー - 『』の登場人物。 シャドー - 『』の登場人物。 シャドー - JOY の曲。 8thシングルに隠しトラックとして収録。 Shadow [ ]• - 日本の。 The Shadow - 日本の映像制作会社。 代表作品はThe Shadow's TV(略称:)• - 2018年の中国映画。 その他 [ ]• SHADO(Supreme Headquarters of Alien Defence Organisation、シャドー) - テレビドラマ『』に登場する架空の組織。 の略称。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の