オークマ 株価。 オークマ(株)【6103】:企業情報・会社概要・決算情報

オークマ (6103) : 株価/予想・目標株価 [OKUMA]

オークマ 株価

オークマのみんかぶ目標株価は「4,703円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 5,220円 、証券アナリストによる予想では【中立】 予想株価 4,981円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 3,235円 と判断されています。 オークマは、【工作機械、機械、日経中国関連株50】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

オークマ【6103】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

オークマ 株価

日本工作機械工業会(日工会)が9日に発表した5月の工作機械受注額(速報値)は前年同月比52. 8%減の512億円だった。 前年割れは20カ月連続で、下落率は4月(48. 3%)よりも広がった。 自動車や航空関連の需要が減り、日本や欧米での営業活動も滞り続けている。 工作機械受注は景気の先行指標となる。 1カ月の受注総額1千億円が好不況のラインとされるが、4月以降は500億円台に落ち込んでいる。 5月の受注で全体の6割を占める外需は前年比49. 8%減の330億円。 中国向けは回復傾向だが、感染終息に時間がかかっている欧米向けの不振を補えていないようだ。 オークマは「中国の顧客は投資に前向きで、受注は前年を上回り始めている。 足元では油圧機器向けが好調で、公共工事に使われる建機需要が伸びているとみられる」と話す。 ただし「欧州はまだ先が見えてこない状況」という。 ツガミも「欧米の受注の動きはかなり乏しい」という。 欧米では依然として顧客を訪ねる営業活動は難しい状況が続いているようだ。 内需は前年比57. 4%減の182億円だった。 自動車関連に強いジェイテクトは「顧客の計画変更が多発し、受注がずれ込んでいる」と明かす。 一方で、工作機械メーカー関係者は「東京エレクトロンに代表されるような半導体製造装置メーカーが投資を検討している」と話す。 コロナ後を見据えた投資計画も一部で進んでいるようだ。 今後の受注見通しについてDMG森精機の森雅彦社長は「3~5月が底になる」と、6月以降の回復に期待する。 ツガミの西嶋尚生会長は「底ばいの調整が長引いている。 政府の下支えで投資が活発にみえる中国も米中摩擦がくすぶり始めている。 欧米が徐々に回復し、一進一退の構図になりそうだ」とみている。 各社は米大統領選にも注目している。 大統領選は一般的には景気のプラス要因として働くが、トランプ大統領は新型コロナや香港を巡って中国と激しく対立する姿勢を示している。 工作機械業界は今後も米中に翻弄されることになりそうだ。 中部経済産業局が29日発表した主要8社の4月受注額は2010年1月以来、10年ぶりの低水準となった。 新型コロナウイルスのまん延で、納入先の設備投資需要が冷え込んだほか、国内外の外出制限で商談が進まなかった。 経済活動の再開で先行する中国では底入れの兆しもみられるが、先行きはなお不透明だ。 集計対象はオークマ、ヤマザキマザック、三菱電機、ジェイテクト、FUJIなど中部に生産拠点を持つ8社。 4月の受注額は前年同月比48%減の182億だった。 受注額は18カ月連続のマイナスで、08年のリーマン・ショック後の需要減で落ち込んだ10年1月(165億円)以来の低さだった。 顧客の設備投資の先送りなどで、自動車関連は前年比8割、一般機械や精密機械は5割も落ち込んだ。 個別企業ではオークマが4割減。 国内は緊急事態宣言が発令されたため「客の要望があっても商談で詰めきれなかった」という。 コロナ禍で当面は受注低迷が見込まれるが回復の兆しもある。 中部8社の4月受注額では中国が微増と、5カ月ぶりにプラスに転じた。 欧米でも都市封鎖(ロックダウン)の解除が進み、生産活動も戻り始めている。 ヤマザキマザックは「全体として投資マインドは低いが、次世代通信規格『5G』や半導体産業などからの引き合いは増えている」としている。 中国に強い警告を改めて発したものだ。 マクナニー米大統領報道官は26日の記者会見で「大統領は中国の試みを不快に思っている」と述べた。 トランプ氏は制裁を科すかどうかを問われ「いま取り組んでいるところだ。 週末までにとても強力な内容を知ることになるだろう」と語った。 詳細は明らかにしなかった。 米ブルームバーグ通信は26日、トランプ政権が中国の政府当局者や企業に制裁を検討していると報じた。 中国は開会中の全国人民代表大会で28日に制定方針を採択する運びだ。 トランプ氏は採択されれば制裁に動く可能性を示したものとみられる。 これに関連し、マクナニー氏は「もし中国が香港を乗っ取ることになれば、香港が金融のハブ(中核)の地位を維持するのは難しい」と指摘した。 2019年11月にトランプ氏が署名して成立した香港人権・民主主義法は、香港で人権弾圧があれば中国共産党の関係者らの米国内の資産を凍結したり、査証の発給を止めたりできる。 一方、マクナニー氏は6月下旬をめざす主要7カ国(G7)首脳会議を対面式で開く場合、場所はホワイトハウスになるとの見通しを示した。 837 ここが重要 米中摩擦の影響などで設備投資を先送りする企業が国内外で相次ぎ、金属を削ったり穴を開けたりするマシニングセンターなどの販売が落ち込んだ。 新型コロナの影響で春先から受注が低迷しており、4月以降の業績に大きな影響が出る。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う各国・地域の移動制限で営業活動の制約を受けるほか、企業の設備投資意欲の低下が響く。 営業利益ベースで前年同期に比べて9割を超える大幅な減益を見込んでいる。 21年3月期通期の業績見通しと年間配当予想は「未定」とした。 同社は受注から納品後の売り上げ計上までに半年ほどかかる。 20年3月期の受注高は36%減の1404億円。 3月末の受注残高は40%減の469億円まで落ち込んだ。 米中摩擦の影響などで設備投資を先送りする企業が国内外で相次ぎ、金属を削ったり穴を開けたりするマシニングセンターなどの販売が落ち込んだ。 新型コロナの影響で春先から受注が低迷しており、4月以降の業績に大きな影響が出る。 同日発表した20年3月期の連結決算は、純利益が前の期比42%減の107億円だった。 売上高は19%減の1720億円だった。

次の

【オークマ】[6103] 過去10年間の株価

オークマ 株価

今回は個別銘柄情報です。 オークマ株式会社という「工作機械」のメーカーです。 工作機械とは、「金属などの材料を切削、研削して必要な形状に作り上げる 機械部品を作る 機械」です。 機械を生み出す機械、ということで、別名「マザーマシン」とも呼ばれる産業で、日本の製造業の基盤です。 日本は工作機械の生産高で27年間連続世界第1位 1982~2008年 でしたが、これ以降は台頭する中国、ドイツに抜かれ世界第3位にとどまっています。 3位に転落したとは言え、日本が世界有数の工作機械メーカーを有する国であり、未だに高い競争力を持っているのは事実です。 その中でもオークマは割安と考えていますので、少し前に購入しました。 今回はこの会社を紹介したいと思います。 目次 1.株価 まずは株価です。 2018年1月直近高値7980円をつけていますが、その後、大した悪材料もなくダラダラと下がり続け、現在(2018. 18)は5860円です。 PERは10. 7倍です。 この会社の競争力を考えると「買い」と判断して購入しました。 ただし、工作機械メーカーの業績は、モロに景気に左右されるので、景気悪化時は株価はかなり下がります。 その場合は買い増せるような株数にしています。 2.事業および他社比較 オークマの売上げ高と内訳を下表に示します。 同業他社と比較しても、オークマが工作機械に特化していることが分かります(下表参照)。 表 工作機械メーカーの各種データ(2017年) 社名 売上高 経常利益 利益率 PER 工作機械 ロボット 他 ファナック 7266 2495 34. 9 31 57 12 DMG森精機 4297 248 5. 5 73 0 27 ジェイテクト 14412 826 5. 5 11 0 89 オークマ 1821 226 12. また、非上場なので、通常の方法では株式を買うことが出来ない(投資出来ない)。 また、この4社を比較すると、以下のことが分かります。 ただし、PERが高く、とても割安とは言えない。 ・DMG森精機はPERが低い。 ただし、利益率は5. ファナック、オークマと比較すると低い) ・ジェイテクトは売上高はダントツ高い。 ただし、利益率は低い。 工作機械以外の売上が多く、工作機械が業績に与える影響が小さい。 ・オークマは売上高では見劣りする。 7倍と低い。 というわけで、業績を見るとオークマが最も"買い"と考えています。 良い話ばかりして来ましたが、工作機械には懸念もあります。 このため、不景気になり機械部品の需要が少なくなると業績が悪化します。 今後、不景気によって、業績が悪化して株価が下がった場合は、私は株を買い増します。 なぜなら、今後も産業の発展にともなって、機械部品は数量が伸びると考えているからです。 また、部品に要求される精度もさらに高くなると考えられるため、一時的に業績が悪化したとしても、将来的には伸びると予想しています。 工作機械統計要覧2017を元に作成したみずほ銀行資料: 日本の自動車産業が高い加工精度を要求したため、工作機械のレベルが向上したとも言えます(事実、工作機械メーカーはトヨタのある愛知に集中しています)。 自動車用途で懸念されるのが、電気自動車の増加です。 これからガソリン車から電気自動車 EV への置換えがどんどん増えると思いますが、そうなると工作機械需要は減ると思います。 なぜならば、ガソリンエンジンは精巧な金属部品を多数組み合わせて作りますが、電気自動車用のモーターは、エンジンと比較して金属部品が少ないからです。 と、いうわけで自動車用途で需要が低下するため、今後は一時的に業績が下がると思っています(他の産業の数量や、要求精度が高まることで、いずれ回復すると思いますが)。 3.詳細な情報 詳細なデータを以下にまとめておきます。 ・各国の工作機械出荷数量 2009年に世界トップの座から日本が陥落しました。 経済産業省2011年版ものづくり白書 第4章 ものづくりの基盤を支える教育・研究開発 第3節 産業力強化のための研究開発の推進 第1部付論 主要製造業の課題と展望より: ・オークマ株式会社データ 社名 オークマ株式会社 経営者 花木 義麿 事業 NC工作機械(NC旋盤、複合加工機、マシニングセンタ、研削盤)、NC装置、FA製品、サーボモータ、その他、製造・販売 事業の優位性 工作機械に特化した事業で高収益。 中国の廉価品の工作機械の台頭が目覚ましいが、高級機へのシフトで競争を回避。 設立 1918年 売上高 1821億円 2017年 、1627億円 2016年 営業利益 226億円 2017年 、160億円 2016年 営業利益率 12. 7倍 2018. 6 会社予想 URL オークマの業績は年々伸びています。 特に利益率が伸びているのはいいですね。 オークマIR資料より 以上で、今回は終了です! M. この事業者は、ユーザーの興味に応じた商品・サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookieを使用しています。 Cookieには、氏名、住所、メール アドレス、電話番号の情報は含まれません。 当サイトを閲覧する場合はCookieの利用に同意していただいたものと見なしますので、ご了承下さい。 これらのツールはCookieを使用しています。 Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 なお、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 投資判断の最終決定は、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 masterk gmail. com.

次の