と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 9 話。 とある科学の超電磁砲 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

とある科学の超電磁砲T:第16話「天賦夢路」が7月24日に放送延期 9月まで放送延長 傑作選も

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 9 話

謎の少女を探っていた黒子が、ついにその正体を突き止める。 『書庫(バンク)』の管理センターで詳しく調べたところ、警策は死亡扱いになっていたものの、その記録にはあやしいところが散見される。 一方、事件の首謀者である木原幻生を追っていた美琴と食蜂は、彼が訪れている会議場に向かい、その身柄を確保しようとしていた。 それぞれの能力を活かして会議場内の探索を進めた美琴と食蜂。 美琴は「レールガン」を使い力技で建物に押し込みます(笑)。 でもあからさまに怪しい(!?)のに一応変装をしておくところはカワイイ。 そして何故か男物のスーツのサイズがぴったりと合うところは「ツッコミ無し」でお願いします(笑)。 一方の操祈は警備員の記憶をあらかじめ操作しておき正面からスマートに登場。 根回しというか段取りが流石。 しかし二人のターゲットである幻生はその一枚上を行っていて・・。 ミサカ妹が保護されている「エクステリア」は幻生の配下の部隊に急襲されることに!?。 操祈の動きは初めから幻生に読まれていたのであります。 ということで美琴と操祈コンビの動きはこんな感じなのですが、今回のエピソードでは佐天さんにもちょっとした、というかお話しに絡むのであろう大きな動きが。 例(?)の「借り物競争」で上条当麻と出会ったり、入り込んでしまった廃工場ではショチトルと再会したりでさすがは超電磁砲の裏ヒロイン(笑)。 何だかんだで誰とでも仲良くなってしまうという涙子さんの良いところではありますね。 『とある科学の超電磁砲T』twitterまとめ・関連グッズ 2020. 27 『とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲』&『とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ』のコミックス各巻が一挙重版決定しました! お手にとってくださった皆様、本当にありがとうございます!! ご注文はお近くの書店または各通販サイトよりお願いいたします。

次の

『とある科学の超電磁砲T』9話 動画 見逃し配信を無料視聴する裏技【VOD】📺

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 9 話

まずは第2期アニメである『とある科学の超電磁砲S』の最終回を振り返ってみましょう。 『とある科学の超電磁砲S』最終回ではまだ元気! 『とある科学の超電磁砲S』では前半が原作コミックの「妹達(シスターズ)」編アニメ化、そして後半がアニメオリジナルエピソードの「革命未明(サイレントパーティー)」編となっています。 「革命未明」編では謎の少女フェブリを巡り、学園都市研究発表会の当日を狙ったテロ行為を阻止し、フェブリを守るために美琴たちが活躍します。 第2期の最終回「Eternal Party」では黒子ら風紀委員(ジャッジメント)と黒幕である「STUDY」と呼ばれるチームとの決戦が描かれます。 STUDYが操作する戦闘用機械との激戦から、フィナーレである高度3万メートルでのミサイル破壊と、熾烈な連戦をくぐり抜けた黒子ですが、この最終回では大きな怪我をすることなく、ピンピンしています。 アニメ第2期ではまだ怪我を負っていなかったんですね! 「大覇星祭」直前では車椅子姿の黒子が! アニメ第2期で負った怪我ではないとしたら、アニメ第3期の前には何があったのでしょうか? 『とある科学の超電磁砲T』第1話では学園都市中の学校が参加する学校対抗の体育祭「大覇星祭」を目前に控え、その準備に奔走する生徒たちの様子が描かれます。 7日間に渡る「大覇星祭」が始まるのは「とある」シリーズの時系列で9月19日です。 『劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-』の冒頭、黒子は車椅子姿で登場しました。 この時初春は黒子に対して「黒子さん、入院していたはずじゃ?」と問いかけています。 インデックスに破壊された学園都市最高のスーパーコンピューター『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』の破片の中でも中枢となる部品が収められたキャリーケース「残骸(レムナント)」を巡る事件です。 「残骸(レムナント)」は学園都市にて保管されていましたが、学園都市の技術を狙う組織によって奪取されました。 「空間移動(テレポート)能力」を駆使した黒子は路地裏で黒服の集団からあっさり「残骸(レムナント)」を取り返しますが、その後美琴との通話が終わった所で別の人物から襲撃を受けます。 黒子を襲撃したのは結標 淡希(むすじめ あわき)。 能力は空間移動能力の一種「座標移動(ムーブポイント)」で、黒子と同じ「大能力者 レベル4 」の能力者です。 黒子の「空間移動」と違い、結標の「座標移動」は物体に手を触れる必要がないのが大きな特徴です。 同系統の能力者である黒子は結標の能力にも早々に気づき、「空間移動」を使って応戦しますが、結標が「座標移動」によって放った鉄芯で全身に怪我を負ってしまいます。 結標との再戦 路地裏での結標との戦いでの負傷はまだ軽度なもので、黒子は自身で治療して、不審な行動をする美琴の後を追います。 『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』が再構築されてしまうと「絶対能力進化」計画が再開されてしまい、一方通行による妹達の虐殺が再開される恐れがあるため、これを阻止するために美琴は「残骸(レムナント)」を狙う結標と対峙していました。 さらに美琴は、自分のせいで黒子が結標と戦い、負傷したことに怒っており、結標を攻撃します。 しかし、人の盾を使った結標に攻撃をしきれず、結標を逃がしてしまいます。 美琴と結標の戦いを陰から見ていた黒子は、「空間移動」で逃れた結標の後を追い、ビルの屋内に移動します。 ここで結標との再戦をした黒子は、先手を打って結標の全身にアイスピックを放ち、互角のコンディションに持ち込みます。 しかし、その後は結標の「座標移動」による攻撃を受け、上空から降り注ぐテーブルや椅子を避けきれず、下敷きになってしまいます。 テーブルや椅子を力づくで押しのけて反撃を試みた黒子でしたが、黒子の気迫と言葉に気おされた結標が咄嗟に拳銃の握り、黒子はさらに銃弾を受けて負傷を重ねてしまいます。 止めにビルごと崩壊させて黒子へぶつけようとした結標。 しかし、美琴の超電磁砲と上条 当麻の幻想殺しによって黒子は間一髪、ビルの崩壊から逃れられたのでした。 ちなみに崩壊するビルから離脱した結標の方は、計画を知る一方通行に遭遇。 弱体化したとは言え、学園都市No. 1の強烈な一撃を食らいボコボコにされ、キャリーケースも同時にバラバラに砕けました。 初春が原因で黒子が負傷したわけではなく、黒子の負傷に関して責任を感じているのは美琴でした。 じゃあ 『とある科学の超電磁砲T』で初春がなにやら責任を感じていた理由は何かというと、 「風紀委員(ジャッジメント)」としての責任からだと思われます。 元々真面目な性格の初春。 風紀委員としての職務にもいつも真剣に取り組んでいます。 その中で、同僚で頼りになる黒子が抜けた穴を埋めるためにも「自分が頑張らなければ」という気持ちがとても強いのだと思います。 そしてストーリー的な見方としては、初春の一生懸命な姿が「削板 軍覇(そぎいた ぐんは)」 の登場を演出する役目を負っていました。 そのため、「黒子のためにも私が頑張る」という色が強く出ていたのではないかと思います。 まとめ ということで、『とある科学の超電磁砲T』第1話で白井黒子が入院していた理由を解説しました。

次の

とある科学の超電磁砲 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 9 話

謎の少女を探っていた黒子が、ついにその正体を突き止める。 『書庫(バンク)』の管理センターで詳しく調べたところ、警策は死亡扱いになっていたものの、その記録にはあやしいところが散見される。 一方、事件の首謀者である木原幻生を追っていた美琴と食蜂は、彼が訪れている会議場に向かい、その身柄を確保しようとしていた。 それぞれの能力を活かして会議場内の探索を進めた美琴と食蜂。 美琴は「レールガン」を使い力技で建物に押し込みます(笑)。 でもあからさまに怪しい(!?)のに一応変装をしておくところはカワイイ。 そして何故か男物のスーツのサイズがぴったりと合うところは「ツッコミ無し」でお願いします(笑)。 一方の操祈は警備員の記憶をあらかじめ操作しておき正面からスマートに登場。 根回しというか段取りが流石。 しかし二人のターゲットである幻生はその一枚上を行っていて・・。 ミサカ妹が保護されている「エクステリア」は幻生の配下の部隊に急襲されることに!?。 操祈の動きは初めから幻生に読まれていたのであります。 ということで美琴と操祈コンビの動きはこんな感じなのですが、今回のエピソードでは佐天さんにもちょっとした、というかお話しに絡むのであろう大きな動きが。 例(?)の「借り物競争」で上条当麻と出会ったり、入り込んでしまった廃工場ではショチトルと再会したりでさすがは超電磁砲の裏ヒロイン(笑)。 何だかんだで誰とでも仲良くなってしまうという涙子さんの良いところではありますね。 『とある科学の超電磁砲T』twitterまとめ・関連グッズ 2020. 27 『とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲』&『とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ』のコミックス各巻が一挙重版決定しました! お手にとってくださった皆様、本当にありがとうございます!! ご注文はお近くの書店または各通販サイトよりお願いいたします。

次の