初穂料 封筒書き方。 初穂料の封筒の書き方。裏や金額の書き方を中袋なし、ありで解説。

安産祈願の初穂料の書き方で封筒が中袋なしの場合は?お金の入れ方も紹介!

初穂料 封筒書き方

神社でご祈祷を受けられる際、地鎮祭など出張祭典を受けられる際にご祈祷料をご用意いただきます。 このご祈祷料に関して、 「熨斗袋(のしぶくろ)の表書きは何て書けばいいのか?」というご質問をよくいただきます。 一般的にご祈祷料の表書きには 「初穂料」「玉串料」「祈祷料」「御礼」などお書き添えください。 ここでは分かるようで分かりにくい、「初穂料」と「玉串料」の意味と使い分けについてご説明します。 初穂の代わり 初穂料 初穂料の意味 「初穂」とはその年に初めて収穫されたお米のことです。 この初穂、まずご神前にお供えして収穫と豊作を神様に感謝する習慣があります。 それは広く農作物や魚類にも広がり、現在でも「初物」としてお供えされています。 現在でもこの習慣は受け継がれ、全国神社で秋に執り行われる「新嘗祭」や「秋祭り」「収穫祭」の名称でお祭りが行われています。 初穂、初物は神様にお供えし感謝の気持ちを表すのですが、生産者以外の方、また季節がずれると初穂・初物は手に入りません。 そこで初穂・初物の代わりとして「お金」が神様にお供えされるようになりました。 また初穂そのものも「神様にお供えするもの」という意味合いが強くなり、神前にお供えする金銭を「初穂料」と呼ぶようになりました。 初穂料とは初穂・初物に代わるものという意味• 初穂料とは神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料は様々な場面で使うことができます。 交通安全祈願、厄除祈願、安産祈願、初宮詣、七五三詣など神社で執り行うすべての祭事で使えます。 唯一使用を控えるべき場面は「神葬祭」、すなわり神道式のお葬式です。 「初穂料の意味」でも記載していますが、どちらかといえば「感謝の気持ち」を表す言葉ですので、 弔意を以て臨むお葬式には不向きといえます。 お葬式には「玉串料」または「御榊料」などを用いるとよろしいでしょう。 玉串の代わり 玉串料 玉串料の意味 「初穂料」が「初穂」の代わりですので、「玉串料」は「玉串」の代わりです。 「玉串」とは榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたものです。 玉串は米、酒、魚、野菜などの神饌(しんせん、神様のお食事物)と同様に神様にお供えするものです。 これら神饌と異なる点は、祭典のなかで「玉串拝礼」「玉串奉奠」の行事で、祈願者自らがお供えします。 この玉串の意味については別の機会にご紹介したいと思います。 初穂・初物と同様に、神様にお供えすべき玉串を用意できない代わりに「お金」をお供えすることになってきます。 また「初穂料」同様に「ご神前にお供えするもの」という意味から、神前にお供えするものを「玉串料」と呼ぶようになりました。 玉串料は玉串に代わるものという意味(玉串拝礼を行う場合でも)• 玉串料は神様にお供えするものという意味 使える場面、使えない場面 初穂料同様に様々な場面で使えます。 神社で執り行う各種ご祈祷、結婚式はもとより神葬祭、すなわち神道式のお葬式でも使えます。 ただし、御守・御札などを受ける際には玉串料はあまり使用しません。 この場合は初穂料を使います。 まとまりのない文章ですが、少しご理解いただけたでしょうか。 なお「初穂料」「玉串料」どちらもあくまで「神様へ捧げるもの」であります。 ですのでその取り扱いは大切にすることが必要です。 熨斗袋でご用意いただければ結構ですが、場合によっては封筒で代用される方もいらっしゃいます。 なかにはお財布から直接出される方もいらっしゃいます。 もちろん御守・御札などを受ける場合にはその方が合理的ではありますが、 ご祈祷やご祈願をされる場合など突発的な出来事ではないはずで、前以てご用意される時間もあろうかと思います。 お電話でご質問された方には「熨斗袋などに入れていただければ丁寧です」とお答えしております。 最後に・・・ 神社では 「お布施」は使えません! 「お布施」とは仏教用語で「他人に施しを与える」ことだそうです。 確かに祈祷料を受け取っているのは神職、つまり人間ですが、 先にも述べたとおり祈祷料は「神様への捧げもの」であり、「人が神様に施しを与える」などということはありません。 どうぞご注意ください。

次の

祈祷料の封筒の書き方やお札の入れ方!渡し方などのマナーもご紹介

初穂料 封筒書き方

玉串料とは? 玉串は神前に捧げる枝 玉串料の「玉串」とはいったい何なのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?玉串とは神前に捧げる枝のことです。 榊に紙垂を付けたもので、結婚式や祈願などでも欠かせません。 また、慶事だけではなく弔事でも神道では焼香の代わりに玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われています。 神前に備えるものとしては米や酒、果物をイメージする方が少なくないと思います。 特に玉串の場合は心を込めるという意味合いが強いようです。 玉串料とは神式でのし袋に書く表書きのこと 玉串料は神社でお金をお供えをするときや、神主にお礼を渡すときに使用するのし袋の表書きです。 表書きにはいくつか種類がありますが、玉串料という書き方は神道で使用すると覚えておきましょう。 神道のほかに仏堂やキリスト教など様々な宗教があり、同じ宗教でも宗派によって使用できる表書きが異なります。 宗派の違う家庭の結婚式や葬儀に参加する場合はその場に適した表書きを選ぶ必要があります。 下の関連記事では御霊前の書き方をご紹介しています。 詳しい書き方を確認して失礼のない振る舞いを心がけてください。 玉串料の書き方|弔事では黒白の水引と薄墨を使用する 玉串料という表書きは結婚式などのおめでたい慶事だけではなく、葬儀などの弔事でも使用します。 慶事の場合は濃い色の墨を使用しますが、弔事の場合は薄い色の墨で表書きを書いてください。 薄墨を使うのは涙で墨がにじんでしまったという意味で、悲しみの気持ちを表しているのです。 また、不幸の知らせは突然くるので、急いで駆け付けるために墨を満足にすれなかったという意味も込められています。 事前に用意ができないことなので、包むお札も新札は使用しません。 きれいなお札しかない場合は折り目を付けてから包みましょう。 そして、弔事では黒白の水引を使用します。 水引の種類は結び切のものを用意してください。 喪中の方は新年のあいさつを控えるようにします。 下の関連記事では新年のメールやはがきにかける文面をご紹介しているので、参考にしながら挨拶をしましょう。 正しいマナーを知っていればいざという時にも悩まずに済みます。 玉串料の書き方|名前・金額・住所も忘れずに書く 玉串料を書く際には名前・金額・住所も忘れずに書きましょう。 玉串料という文字は水引の上に書きますが、水引を挟んだ下の部分には名前を書きます。 夫婦の連名でのし袋を用意する場合は、夫の名前をフルネームで書き、妻は左側に名前だけを書きます。 2人の名前がバランスよく並ぶように意識してください。 また、中袋の表側中央には「金〇〇円」と書き、裏面の左下には住所と名前を書きます。 数字を書く際には漢数字を使用します。 漢数字も簡単なものではなく、難しい字を使用するのが一般的です。 4・6・9は「死」「無」「苦」を連想させるため、40,000円・60,000円・90,000円などは避けるましょう。 漢数字の書き方• ・1 壱• ・2 弐• ・3 参• ・5 伍• ・7 七• ・8 八• ・10 捨• ・1,000 仟• ・10,000 萬 玉串料の渡し方・作法は? 玉串料の渡し方・作法|袱紗に入れて持って行く 玉串料の渡し方・作法のポイントは、袱紗に包んで持って行くということです。 玉串料をそのまま持って行くと移動中に汚したり、折り曲げてしまうこともあります。 喪服のポケットに入れる方がいますが、基本的には袱紗に入れるのが正しい渡し方のマナーです。 きれいなままで相手に渡すためにも袱紗に包んでください。 また、使用する袱紗の色はシチュエーションによって選ぶ必要があります。 結婚式などの慶事であれば明るい色を選びますが、葬儀などの弔事では暗い色を選びます。 いくつも袱紗を買うのは大変だという方は、慶事にも弔事にも使える色のアイテムを持っておくと良いでしょう。 紫は慶事でも弔事でも使用できますが、薄紫は慶事でしか使用できないので気を付けてください。 突然の不幸の知らせで袱紗が用意できない場合は、ハンカチや風呂敷でも代用できます。 その際にも色には気を使います。 デザインも派手すぎるものは避け、シンプルで上品なものやワンポイントの袱紗を選びましょう。 袱紗の色 慶事 赤・ピンク・橙・黄色・薄紫・紫 弔事 黒・グレー・紺・緑・紫 玉串料の渡し方・作法|受付の人に正面を向けて封筒を渡す 玉串料の渡し方・作法では受付の人に正面を向けて封筒を渡すのもポイントです。 結婚式であれ葬儀であれ、初めに受付でのし袋を手渡します。 その際に、袱紗から出した時点では自分に正面が向いていて良いのですが、受付の人に正面が向くように回転させるのが渡し方のマナーです。 受付が並んでいると、その間に袱紗から出している方も多いのではないでしょうか?しかし、袱紗から出しておく必要はありません。 渡すときのタイミングが来てから袱紗から玉串料を取り出します。 また、袱紗の開き方にも作法があります。 慶事の場合は左手に袱紗を乗せた状態から右手で開きます。 閉じた袱紗の上にのし袋を乗せ、右回しで相手に正面を向けてください。 この渡し方は弔事の場合は逆になります。 包み方だけではなく、取り出し方にも作法があることを覚えておきましょう。 場合によってはセレモニーが終わってから渡すこともあるようです。 式場の進行に合わせて良いタイミングで渡してください。 初穂料との違いは? 初穂料は初穂を捧げていたことに由来する 初穂料は昔、神様に初穂を捧げていたことに由来します。 その年に初めて収穫できた米を捧げることで、神様に豊作への感謝の気持ちを伝えるという風習があったのです。 現在でも収穫祭などとして地域に根付いている場所もあります。 玉串料と初穂料の違いは無い 初穂料はその年に初めて収穫される米という意味ですが、現在では神前に捧げるという意味合いを残しています。 初穂が取れるのも限られた季節だけなので、代わりにお金を備えるようになったのです。 初穂料と玉串料は呼び名が違っても意味は同じです。 違いはありません。 ただし、シチュエーションによって使い分けなければならないこともあります。 初穂料という表書きは葬儀では使用できません。 玉串料も初穂料も神様にお金をお供えするという意味では同じなのですが、初穂料は感謝の気持ちを伝えるということに重点が置かれています。 なので、悲しみの気持ちを表すべきシチュエーションでは適していないのです。 同じ意味でも慶事なのか弔事なのかによって適した表書きを選ぶようにしてください。 お悔やみの言葉をメールで送る場合は下の関連記事もチェックしておきましょう。 メールでも相手に合わせて返信を考える必要があります。 玉串料の渡し方・書き方をマスターしよう 玉串料・初穂料は神道で使用する表書きなので、これまでなじみがなかった方もいるでしょう。 しかし、結婚式や葬儀に参加するとなるとほかの仏教の式に参加することにもなります。 その際にはマナー違反にならないように、作法を守って行動しましょう。 慶事であれば喜ばしいことを心から伝えたいものです。 逆に、弔事であれば大切な人を亡くした遺族と個人への心遣いが大切です。 シチュエーションに合わせて玉串料と初穂料を使い分け、相手の心に寄り添った言葉をかけてください。 メッセージを送るシチュエーションは弔事・弔事だけではありません。 社会に出れば送別のメッセージを送ることもあるでしょう。 あまり親しくない人に何と言って声をかければ良いのか悩む方も多いと思いますが、下の関連記事を参考にしながら素敵なメッセージを考えておきましょう。

次の

祈祷料の封筒の書き方やお札の入れ方!渡し方などのマナーもご紹介

初穂料 封筒書き方

スポンサーリンク 裏の書き方(中袋なし) 次は、初穂料ののし袋で、中袋がないときの裏書きの書き方です。 中袋の有無に関係なく、封筒の情報として必要なのは、 「金額、郵便番号・住所、名前」 になります。 中袋なしの場合は、表書きで、すでに名前は書いてあるはずですから、 裏書きには金額と郵便番号・住所を書きます。 封筒の左下の部分を使用し、右側が金額、左側が郵便番号・住所となります。 このとき、後から書き換えられないように、「大字(だいじ)」と呼ばれる漢数字を用いるのが一般的です。 以下に、漢数字と大字の対応関係を表でまとめておきます。 漢数字 大字 一 壱 二 弐 三 参 五 伍 十 拾 千 阡 万 萬 裏の書き方(中袋あり) 中袋があるタイプののし袋を使用するときは、金額や郵便番号・住所、名前は中袋に書きますので、 のし袋の裏には何も書く必要はありません。 このとき、大字を使って書くのは、中袋なしの場合と同様です。 次に、 裏書きの書き方ですが、 郵便番号・住所と名前を左下の部分に書きます。 市販ののし袋によっては、中袋の裏に住所や名前を書けるよう、あらかじめ記入欄が印刷されているものがあります。 その場合は、その枠内に収まる形で必要事項を記入されてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 中袋なし・あり、それぞれの場合で、のし袋の封筒の書き方についてご理解いただけたかと思います。 ちなみに、初穂料の お札の入れ方ですが、 人物の肖像が表向き・上方になるような向きで入れてください。 また、封筒を書く際に筆ペンを使用することになるかと思いますが、 筆ペンで文字を書くコツを紹介している動画がありましたので、この場で共有させていただきます。

次の