私たちはどうかしている 栞。 私たちはどうかしている 最新 32話 ネタバレ 感想 栞 VS 七桜

【私たちはどうかしている】45話 栞、妊娠…?!|ネタバレあらすじ|BE・LOVE|少女マンガVIPまとめ。

私たちはどうかしている 栞

私たちはどうかしている49話ネタバレ「勇気と罠」 「どうして…あなたがここに…」 病室に現れた七桜を見て取り乱す椿の母。 七桜は溝口議員は口が軽いと、信用第一の光月庵が議員との関係を知られたらどうなるのかと迫った。 椿の母は「もうすぐ長谷屋さんと親せきになるの」と言い、世の中には黒を白にできる人がいるのだと言い放った。 そして七桜は栞が妊娠したことを知る。 七桜は以前のことを思い出し過呼吸を起こす。 大旦那と椿の母は病室を出ようとしていた。 七桜は母からの手紙を思い出し、こう話した。 「私が光月庵の正式な後継ぎなのは変わらない…樹さんの本当の子供は私です」と。 その言葉に怒った椿の母は七桜のに唾を吐きかけ、七桜の顎を掴んだ。 「おまえもかならず、あの女と同じ目に合わせてやる」と言い、病室をあとにした。 母が大旦那を連れてきたことに椿は見舞いにも行っていなかったのにどうしたのかと疑問に思う。 情があるのだという母に椿は大旦那を見たがそれ以上何も聞かなかった。 七桜はここで怯んでは思うつぼだと、なんとかして大旦那に会おうと決心する。 光月案に電話をし、こみちのお菓子が出来たと告げ、向かうことに。 椿と厨房で作業をする七桜。 ふと椿の顔を見て、ここで色々なことがあったと思い出す。 そしてつい椿の母が言った「椿とのこどもよ」という言葉を思い出した。 椿と目があい、逸らしてしまう七桜。 そこへ椿へ大口の注文の電話が来ていると店の人が呼びにきた。 いいタイミングで来た電話で、厨房をあとにする七桜。 急いで母屋に向かい、大旦那を探す。 そこへ栞が通りかかった。 こみちの打ち合わせ来ていてトイレを借りに…と必死に誤魔化す七桜。 栞はお疲れ様ですと挨拶をして去ろうとするが、いきなり七桜は栞を引き留めた。 椿に目の治療をするように言ってほしいと栞にお願いしたのだ。 栞はなんのことかわからなかったが、ふと厨房での出来事を思い出し、目のことに気づいたのだった。 七桜は今すぐに治療をする必要があると訴え、椿との子供を産む栞になら説得できると強くお願いしたのだ。 しかし私にはそんなことできないと下を向く栞。 七桜は謝り、身体を大事にしてくださいと一言いいその場をあとにした。 栞はまだ七桜は椿のことを好きなのだと思ったのだった。 そこへ城島が来て栞に食べてほしいものがあると言ってきた。 おまんじゅうを渡されたが中には餡が入っていなかった。 中にどんな愛情がつまってても、外から見ただけじゃわからないのだと。 栞はこのことで思った。 「3年前のあの火事のとき、椿さんは七桜さんとの約束を守ろうとしたんです」と。 その頃、七桜は大旦那のいる部屋についた。 本当に樹のこどもなのかと問われた七桜だが、返事をする前に大旦那が倒れてしまう。 椿の母「あの女と同じ目にあわせてやる」という言葉が頭をよぎった。 最新話も気になるし…もしかしてお得に読む方法があったりして? 漫画をなるべくお得に漫画を読みたい!という時は、以下の動画配信サービスや電子書籍サービスを利用するのがおすすめです。 サービス名 特典・ポイント 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 電子書籍購入で20%のポイント還元。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 (動画は1500円分)10%のポイント還元。 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 継続で毎月1200円分のポイント付与。 最大40%ポイント還元。 会員登録無料で登録すると半額クーポンが必ずもらえる。 ポイント還元や来店ポイント付与あり。 期間限定で無料作品、特価作品が増えることも。 会員登録無料で半額クーポンがもらえる。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 期間限定で100%割引も。 動画配信サービスは月額制ですが、初回は無料でお試しができるので無料期間中に解約をすればお金はかかりません。 しかしポイントはそのままもらえるので、 もらったポイントを使って漫画を読むことができちゃいます。

次の

私たちはどうかしている10巻ネタバレ!栞の嘘と七桜が迫る真相

私たちはどうかしている 栞

・『 99. 9~刑事専門弁護士~』 ・『蜃気楼』 ・『汚れた舌』 などサスペンス系ドラマでよく使われている場所ですね! 気になる『私たちはどうかしている』の七桜の母親役についてはこちらの記事もおすすめですよ^^! Sponsored Link 私たちはどうかしているのロケ地は?橋の撮影場所なども! 次に今回の撮影では金沢の町並みが使われていると言う事で、目撃情報も上がってきていたのでそちらも少し紹介して行きたいと思います。 調べてみるとこんな情報が上がっていました! 3月31日、日テレの夏ドラマ「私たちはどうかしてる」のロケがあり、浜辺美波さんがこの主計町茶屋街や浅野川にかかっている橋(中の橋、梅の橋)金沢駅前で撮影していたそうです。 金沢の和菓子屋が舞台のミステリー漫画が原作です。 従来は橋の上に暖色系の眩しい照明があったけど今は欄干の下に白色系の照明が取り付けられました。 これにより橋とその周辺を照らしていたものが、橋と足元だけを照らすように改良され良い雰囲気に。 — 金沢まちゲーション kanazawacom どちらも木造風の橋で中の橋は泉鏡花の 「化鳥」「照葉狂言」の舞台にもなった橋です。 ちなみに梅ノ橋も 『義血侠血』の舞台になった橋として地元では知られています。 この橋も 『 99. 9~刑事専門弁護士~』の撮影で使われていました。 どういったシーンで使われるかは分かりませんが、序盤で使われると思われるのでチェックしてみて下さい。 最近の投稿• カテゴリー• 156• 146• 181• 110• 116• 132• 178• 2 お問い合わせ.

次の

実写ドラマ化!私たちはどうかしている10巻【感想・ネタバレ】(BE LOVEコミックス)

私たちはどうかしている 栞

もくじ• 「私たちはどうかしている」10巻のあらすじ 目に不調を抱えながら復活した椿。 そして光月庵に復讐を誓い「花がすみ」をオープンさせた七桜はライバル同士となった。 だが共同で観光地の和菓子を作ることになり温泉宿へ赴くことに。 金沢を離れ、熱い思いがよみがえる二人。 一方、追いつめられた栞は椿の子を妊娠していると女将に告げ、長谷屋と光月庵は喜びに沸く。 戸惑う椿になおも栞は情熱をぶつけるのだが、光月庵から椿を解放してあげたい七桜も多喜川と動き出し!? 「私たちはどうかしている」10巻46話のネタバレ 栞は椿の部屋で、 「妊娠している」 と告げると椿の母は大喜び。 光月庵の跡取りとなる子を身ごもっているのなら、すぐに結婚式を挙げなければと進言する。 嬉しそうに出て行く椿の母とは裏腹に、黒い気持ちでいっぱいになる栞。 もう2度と失いたくない・・・あきらめられないと強い思いを抱く。 和倉温泉では、椿の背に隠れるよう身を小さく屈める七桜。 今にものぼせそうなほど。 別の入浴客も出払ったため、椿が他の客が来ないようにするから、少ししたらおまえも出ろ・・・と勧める。 素直にお礼を言う七桜。 椿が出た後に、そっと露天風呂から出てくると、仲居が待っており、七桜が恐縮するほど謝り倒してくれる。 脇では本当に椿が見守っていてくれていた。 部屋に戻った七桜は、湯あたりのせいか椿のせいか身体がまだ熱くて落ち着かない。 場所を変え、夜の海が見えるところで涼むことにした。 すると女将さんが通りかかり、海について話し始める。 海は穏やかにみえても、数時間後には獣のようにうなり声をあげ、牙をむく。 そして自分の父は海で亡くなったことを告げる。 すると椿の 「海はやめたほうがいい」 という助言にハッとする七桜・・・。 部屋に戻ろうとすると、部屋の前に椿がいた。 ヘアピンが落ちていたのを拾ってくれていたのだ。 七桜は女将さんにもらった梅酒が、椿の分もあるからと渡す。 すると椿から部屋で一緒に飲むか?との提案される。 この思惑に何があるか解からないものの、七桜は提案を受け入れることにする。 部屋で飲み始めると、七桜は女将さんのお父さんのことを聞く。 すると椿は、女将の想いを知りたく旅館の歴史を調べたから知っていた・・・とのこと。 それでもやっぱり彼女たちの人生の一部となっている、海をモチーフにした和菓子を作りたい・・・と望む七桜。 七桜の思いを汲み取った椿は、どんな海がいいのか尋ねる。 「朝日も夕日も月光も、どれもいいけど・・・」 と悩んでいると、目の前の盃のお酒に月が写り込んでいた。 「こんな風に海を収められたらいいのに」 という七桜の一言で、2人はどんどんアイデアが出てきた。 盛り上がってハッと気付くと、七桜の目の前には椿の顔が! 急いで離れる七桜。 七桜は気まずくなった空気を変えようとするのが、椿から3年前の茶会の話しが持ち出された。 「あの夜も 嘘だったのか?」 そう聞くと、七桜の頬に手を当て、ジッと目を見つめてくる。 「確かめてみたら?」 という挑戦的な七桜。 椿はキスをしようとするが、唇が触れる直前で止めてしまう。 そして七桜に、 「部屋に戻って寝ろ」 と促すが、その直後、眩暈とともに膝から崩れてしまった。 目が見えないことを問う七桜、椿は誤魔化すが、選定会のときに出会っていたのに、七桜のことが見えていなかったことを追及する。 目の治療を促す七桜。 しかし椿は園遊会を無事に終わらせるまでは無理だ・・・と言う。 そのころ、多喜川は電話を受けていた。 相手は和倉温泉の仲居のよう。 多喜川が椿と七桜を2人きりにしてほしいと頼んでいたのだ。 お仏壇の前で手を合わす彼は、嬉しそうに 「さて、どんな答えを出すのかな。 七桜ちゃんは・・・」 と一人呟くのだった。 七桜は椿を襲うかのように押し倒す格好で 「私は光月庵を自分のものにすることをあきらめないから」 と椿に宣言する。 そしてそっとキスをする。 「椿を光月庵の呪いから解放する・・・」 と思う七桜だった。 「私たちはどうかしている」10巻47話のネタバレ キスをされた椿の第一声は 「ずいぶん冷たいキスだな」 七桜からキスされたのに、何にも気持ちの入っていない誰にでもできるようなキスだった。 「それが答えなのか」 と問う椿に、七桜は 「母の潔白を証明し、母の残したものを自分のものにすることが望みだ」 と言い切る。 七桜は椿の部屋を出て行ったあと、あふれ出てくる涙を押し込め、新たな決意をするのだった。 場所は代わり、長谷屋。 栞は椿の母と実家に報告に来ていた。 栞の父があらわれるのを待つ間、椿の母は両家にとっての初孫を迎えることが本当にうれしそうにしている。 そんな椿の母を目の前に、自分のついた嘘の本当の事が言えなくなってしまう栞。 そこへ栞の父が入室してきた。 冷たく怒っているのか、喜んでいるのかも解からない無表情な父に、栞の緊張が増す。 椿の母は、意気揚々に栞が妊娠したことを伝え、椿の嫁として高月家に迎えたいことを申し出る。 そして、昔のいざこざは水に流すようお願いした。 その報告を聞いた栞の父は、出て行った栞のことに口を出すつもりはないことだけ伝え、娘の栞に何も声をかけず、仕事があると退席してしまう。 栞はそんな父に失望しながらも帰り支度をしていると、母がやってくる。 母からは身体を気遣う言葉と、そしてくるみをもらった。 そのくるみは父が朝から市場に行って買ってきたものなのだそうだ。 実は、父は内心はうれしく、昨夜からそわそわしていたそうだと告げられる。 栞の父は照れながらも、子どもが生まれたら顔を見せるように言い、喜んでいる気持ちを見せるの。 一連のやりとりを見ていた椿の母は、 「子供ってほんとに偉大よね。 一瞬ですべてを変えてくれるの。 どんな状況でもね」 と栞を労う。 この言葉に決意を固める栞。 椿は昨夜の七桜の言葉が脳裏にこびり付き、18年前の出来事への疑心が募っていく・・・。 そこへ母がやってくると、仕事よりも栞との結婚への準備を進めるよう進言する。 何のことか分からない椿は淡々と相手をしていると、栞が妊娠していることを伝えられる。 多喜川が店に戻ると、七桜が帰ってきていた。 七桜は多喜川が調べた溝口議員の政務活動費の調査書を読んでいるところだった。 その中には異様に多い贈答品の項目があった。 しかも、ほとんどが光月庵で切られた領収書だったのだ。 七桜の様子から、何も気持ちが変わらなかったが、和倉温泉で何かあったことを言いあてる多喜川。 「力を貸すにはすべてを知らないと出来ない」 と言う多喜川に、七桜は椿の目のことを話す。 七桜が椿に一刻も早く治療をしてもらうために、光月庵を自分のものにするという意思を目の前に、多喜川は椿が羨ましくも思うのだった。 椿は部屋に戻り栞を探している。 部屋には誰もいる気配がなく、栞もいないのかと思っていた。 しかしその背後から、栞は着ている物を脱ぎ一糸まとわぬ姿で椿の目の前に現れ 「抱いて欲しい」 と願い出る。 どうしても椿との子が欲しいと、涙ながらにお願いするのだった。 「私たちはどうかしている」10巻48話のネタバレ 一糸まとわぬ姿で椿に抱きつき、ずっと好きだったと告白。 「お願いです・・・」 と捨て身の懇願をする栞に、椿はそっと栞の首元へ自分の手を添え 「俺のなにが好きなんだ?」 と冷たい目で栞を見つめる。 首元の手に力が入ってくるのを感じると、ふと思い出すのは 「見たことないだろ あんたには優しいもんな」 という城島の言葉。 椿の本性に触れた栞は、怖くなって思わず顔を背け、床に座り込んでしまう。 「以前の自分なら躊躇なく栞を抱けたかもしれない。 でもいまの俺は、絶対に無理です」 栞をはっきりと拒絶したのだった。 12月に入り、すでに雪がちらつき始めている。 一番助けられたくない人に助けられてしまったことに戸惑う栞。 裏で城島にお詫びをする。 すると城島からは妊娠している気遣いの言葉をかけられ、さらには以前に 「椿はあんたのものにはならない」 と言ったことに頭を下げるのだった。 深々と頭を下げる城島に、逆に恐縮してしまう栞は、張り詰めていた気持ちの糸が切れ、涙があふれ出てくる。 いつも姉妹でも自分だけが蔑ろにされ、ただ認められ、愛されたかっただけなのに・・・。 そして、自分が妊娠していないことを告白する。 多喜川家の茶会。 御茶菓子を担当した七桜もあいさつに出席している。 お茶会も無事に終わり、多喜川は先生に 「和菓子屋は道楽のつもりだったが、少し本気になってみようかと思う」 と話すのだった。 溝口の帰りを待ちぶせる七桜。 カバンにはボイスレコーダーを忍ばせ、光月庵と共謀している話しを聞きだそうとしている。 すると、逆に溝口は七桜と光月庵の関係を知りたがり、七桜の本心を探り出そうとしてくる。 さらに、光月庵の大旦那がもう長くないと口を滑らしてしまう。 溝口は七桜の腰に手を回し、下心をあらわにしたとき、いきなり水を浴びせかけられる。 多喜川はとぼけたフリをして謝り、七桜を助けたのだった。 椿の母は、溝口からの電話を受け、七桜が自分達のことを知っていることを聞かされる。 急いで大旦那の入院する病院へ向かうと、自分のしたことを大旦那が記憶を戻す前に、手元に置いておかなければならない・・・とすぐに退院させようとする。 まだ記憶の戻っていない、廃人のような義父を見てホッとする椿の母。 しかし、扉のむこうには七桜が・・・。 「私たちはどうかしている」10巻49話のネタバレ 大旦那のいる病室に来た七桜に驚く女将。 溝口議員との癒着をほのめかす七桜に動ぜず、女将は栞が妊娠したと話す。 これは長谷屋とより深い関係になれば、小さな噂などもみ消せる・・・と暗に示したかたちだ。 それでも七桜は自分が樹の本当の子どもだと言いのけると、女将に 「あの女と同じ目にあわせてやる」 とすごまれた。 光月庵で椿は、大旦那を急に連れ帰った女将に驚く。 昔の面影を感じられない大旦那の姿に、なにかを思う椿・・・。 七桜はなんとしてでも大旦那に会わないと、母親の夢も椿を自由にすることもかなわない・・・。 厨房の休みの日、光月庵に来た七桜は懐かしさに心が痛む。 お菓子の確認をする2人。 出来ばえは悪くなく、問題ないと判断すると、椿の元に電話がくる。 この電話は、多喜川が 「頃合いをみて電話をするから」 といったものだった。 帰るふりをして七桜は大旦那のいる母屋へと忍び込む。 そっと母屋へ入ると、新しくはなっているものの、間取りは以前と同じ。 大旦那と話しても解からないかもしれない・・・と不安を抱えながらも、急いで探しているところで、栞にバッタリと会ってしまった。 栞は特に何も疑問ももたず 「お疲れさまです」 と通り過ぎて行こうとするが、七桜は栞に椿に目の治療をするようにお願いする。 椿の目のことを知らなかった栞は、以前のおかしな振る舞いを思い出し、やっと気づくのだった。 「私じゃ無理なんです。 」 「でも栞さんなら、椿さんの子どもを産む栞さんが説得するなら、きっと聞いてくれる」 と必死にお願いする。 ウソを付いている身の栞は、 「無理です・・・」 としか七桜に答えられず、顔を背けるだけ。 それ以上は何も言えず、七桜も謝ってその場を去る。 栞は椿の目のことを気づいた七桜が、今でも椿を想っていることを感じ取るが、なぜなのかそれ以上のことは解からなかった。 すると、城島が栞に食べて欲しいものがある、とおまんじゅうを差し出す。 「そとから見ただけじゃわからないもんだよ。 中にどんな愛情がつまってても」 と言う城島の言葉に、七桜の必死な言葉を思い出す栞。 自分にもまだ好きな人のために出来ることがあるかもしれない・・・と、椿に3年前の火事のことを話す。 大旦那のいる部屋へたどり着いた七桜。 話しかけようと近寄ると、大旦那が口を開き 「さくらなのか?おまえが、ほんとう・・・に・・・樹の・・・子供なのか?」 と言い、倒れてしまう。 思わず大声で大旦那を呼びかけるが、大旦那はもう息をしていない・・・。 別の部屋では、女将が不敵な笑みをもらしていた・・・。

次の