扇原貴宏。 uk.mylively.com • トピック

扇原貴宏

扇原貴宏

2020年7月14日 15:50現在 フリガナ オウギハラ タカヒロ ポジション MF 背番号 6 生年月日 1991年10月5日 身長/体重 185cm/74kg 血液型 A 所属チーム 横浜F・マリノス 所属チーム履歴 堺北FC-セレッソ大阪U-15-セレッソ大阪U-18-セレッソ大阪-名古屋グランパス 主な経歴 12五輪 個人タイトル コメント 抜群の展開力を誇るゲームメイカーは、自慢の左足で試合を動かす力を持つ。 時には軌道の読めない強烈なロングシュートでゴールを脅かすなど、「アタッキングフットボール」に欠かせない重要なピースとなっている。 対人守備の能力をさらに向上させ、次なる高みを目指したい。 今シーズン各節成績 節 対戦相手 出場 出場時間 得点 シュート H 先発 90 0 0 H 先発 63 0 0 A 先発 90 0 1 H 先発 90 0 2 扇原 貴宏関連ニュース もっと読む 閉じる 2020年7月17日 11:20現在 ポジション 背番号 選手名 GK 1 GK 21 GK 31 GK 34 GK 50 DF 2 DF 5 DF 13 DF 15 DF 16 DF 19 DF 24 DF 25 DF 27 DF 29 DF 33 DF 44 DF 48 MF 6 MF 8 MF 11 MF 18 MF 20 MF 26 MF 39 MF 41 MF 49 FW 7 FW 9 FW 17 FW 23 FW 30 FW 45 FW 46• 最新スコア• 3月3日 火• JDT 試合終了 水原三星 2 - 1 3月4日 水• シドニーFC 試合終了 全北現代 2 - 2 9月14日 月• アルアハリ 試合前 アルショルタ 未定• アルワフダ 試合前 エステグラル 未定• アルアハリ 試合前 シャフリホドロ 未定• アルヒラル 試合前 パフタコール 未定 9月15日 火• ペルセポリス 試合前 アルタアーウン 未定• アルドゥハイル 試合前 シャールジャFC 未定• アルアイン 試合前 アルサッド 未定• セパハン 試合前 アルナスル 未定 10月22日 木• FCソウル 試合前 チェンライU 未定• 北京中赫国安 試合前 メルボルンV 未定• FC東京 試合前 上海緑地申花 未定• パースグローリー 試合前 蔚山 未定 10月23日 金• 広州恒大 試合前 神戸 未定• 上海上港 試合前 横浜FM 未定 7月18日 土• リオ・アヴェFC 試合前 CDサンタクララ 27:00• FCファマリカン 試合前 ボアヴィスタFC 29:15 7月19日 日• ベレネンセス 試合前 ジル・ヴィセンテFC 27:00• ヴィトリア 試合前 マリティモ 29:15 7月20日 月• FCパソス・デ・フェレイラ 試合前 ポルティモネンセ 25:00• CDトンデラ 試合前 ブラガ 27:15• ポルト 試合前 モレイレンセ 29:15 7月21日 火• スポルティング 試合前 ヴィトリア・セトゥバル 27:00• デスポルティーボ・アベス 試合前 ベンフィカ 29:15 順位表•

次の

扇原 貴宏

扇原貴宏

国内リーグ戦に限る。 2020年1月1日現在。 2013年7月25日現在。 ( ) 扇原 貴宏(おうぎはら たかひろ、 - )は、の。 ・所属。 ポジションは(ボランチ)および(センターバック・左サイドバック)。 来歴 [ ] プロ入り前 [ ] 小学3年生のときにのスクールに通い、4年生から地元の堺北FCに入る。 中学1年生のときにセレッソ大阪U-15に入団。 その後セレッソ大阪U-18に昇格し、各年代の代表にも選出された。 2009年11月18日に、セレッソ大阪U-18からと共に翌シーズンよりトップチームに昇格することが発表された。 ユース時代はセンターバックとしてプレーしていたが、トップチームでは監督のの判断によりボランチにポジションを移す。 セレッソ大阪 [ ] 1年目の2010年は、6月に右腓骨病的骨折と診断されて腫瘍掻爬摘出手術を受け 、残りシーズンをリハビリに費やす事となり出場記録なし。 2011年、背番号を24から2に変更。 5月3日に行われたの戦にてプロデビュー。 8月17日のJ1第9節戦にて欠場したに代わってリーグ戦初出場。 センターバックとボランチで併用され 、後半はボランチのレギュラーに定着。 公式戦13試合に出場し4得点を記録した。 名古屋グランパス [ ] 2016年、ポジション登録をDFからMFに変更した。 この年は新加入の、の控えにまわり 、同年7月1日に6年間在籍したセレッソからに完全移籍することが発表された。 しかし移籍から2試合目の戦で腰椎を骨折して長期離脱。 復帰後も出番はなく、リーグ戦2試合の出場にとどまった。 横浜F・マリノス [ ] 2017年1月7日、への完全移籍が発表された。 8月9日、第21節の戦で移籍後初得点を決めた。 日本代表 [ ] を目指すにも選出され、に出場。 2012年、に選出され、本大会では全6試合中5試合にボランチでスタメン出場した。 (結果は4位) 2013年7月、Jリーグに所属する選手のみで構成された日本代表に招集され、25日のオーストラリア戦で日本代表初出場を果たした。 エピソード [ ]• 2011年10月5日に行われた準々決勝の試合後、ピッチに投げ込まれたペットボトルをスタンドへ投げ返すという行為をし、クラブから公式戦2試合の出場停止(天皇杯、リーグ各1試合)、罰金および練習時間外の社会奉仕活動の実施という処分を科せられた。 本人は反省して頭髪を丸刈りにした。 所属クラブ [ ] ユース経歴• 2001年 - 2003年 堺北FC()• 2004年 - 2006年 セレッソ大阪U-15()• 2007年 - 2009年 セレッソ大阪U-18 プロ経歴• 2010年 - 2016年6月• 2016年7月 - 同年12月• 2017年 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 24 0 0 0 0 0 0 0 0 2 10 4 1 0 3 0 14 4 29 2 3 1 4 0 36 3 32 2 8 0 3 0 43 2 31 0 0 0 4 0 35 0 33 2 - 1 0 34 2 4 0 - - 4 0 31 J1 2 0 - 1 0 3 0 6 26 1 5 1 4 0 35 2 30 1 9 1 2 0 41 2 25 1 5 0 2 0 32 1 通算 日本 J1 185 11 31 3 23 0 239 14 日本 J2 37 2 - 1 0 38 2 総通算 222 14 31 3 24 0 277 16 その他の公式戦• 2015年• 1試合0得点• 2020年• 1試合1得点 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 2 3 0 7 0 6 通算 AFC 10 0 出場歴• 公式戦初出場 - 2011年5月3日 GL 戦• Jリーグ初出場 - 2011年8月17日 J1第9節 戦• Jリーグ初得点 - 2011年8月28日 J1第24節 戦 タイトル [ ] 横浜F・マリノス• () 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-16日本代表• U-17日本代表• U-18日本代表• U-22日本代表• ロンドンオリンピックアジア予選(2011年)• U-23日本代表• (2012年)• (2012年)• 日本代表• (2013年) 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 1試合 0得点(2013年) 年 出場 得点 1 0 通算 1 0 脚注 [ ]• 2017年12月7日閲覧。 プレスリリース , セレッソ大坂, 2009年11月18日 , 2017年12月7日閲覧。 サッカーキング 2013年4月18日. 2017年12月7日閲覧。 プレスリリース , セレッソ大阪, 2010年6月9日 , 2017年12月8日閲覧。 Number Web. 2017年12月7日閲覧。 ゲキサカ. 2011年8月17日. 2017年12月8日閲覧。 プレスリリース , 名古屋グランパス, 2016年7月1日 , 2016年7月1日閲覧。 中日スポーツ. 2016年11月27日. 2017年12月7日閲覧。 サッカーダイジェストWeb. 2017年1月7日. 2017年12月7日閲覧。 名古屋グランパス 2017年1月7日. 2017年1月11日閲覧。 横浜F・マリノス 2017年1月7日. 2017年1月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - による選手データ (日本語).

次の

扇原貴宏の彼女はだれ!?柏木由紀?【画像】日本代表に東アジアカップで選出!

扇原貴宏

マリノスケと、リアルマリノスケ。 カモメのマスコットとの競演は、彼の入団が決まった時に最も期待されたことだった。 そして程なく、実現。 確かに目付きや口元は似ているな。 加入時はプレーよりも、マリノスケの話題の方が注目されていた感じがする。 川崎戦、後半にウーゴ ヴィエイラが先制点を挙げる直前。 同じくウーゴに対して川崎の急所をつくスルーパスを出したあのプレーこそ扇原貴宏の可能性を物語る。 キーパーが先にボールに触り、得点にはならなかったが、惜しかった。 C大阪からの流出があるからば海外移籍だったはず。 もう5年になるのか。 ロンドン五輪の超主力。 山口蛍とのダブルボランチは、そのまま日本代表の未来をも予感させていた。 184センチの大型サイズと魅力的な長いパスが出せる左足。 1チームから3名までという五輪代表選出の規定があったために、他に山口、清武弘嗣と並んで扇原も絶対的な選手だったために杉本健勇がわざわざローン移籍を選んだほどだったっけ。 もう存在そのものが、希望だったと言っていい。 ただし、事実は小説よりも奇なり。 扇原が五輪後に、日本代表に選ばれたのは国内組オンリーでテストした時のたった1回。 五輪で彼がポジションを奪ったのは、予選では主将を務め、鳴り物入りで鹿島に入った山村和也。 何のご縁か、鹿島でCBのレギュラーを取れなかったが、扇原を輩出したセレッソで2列目で活躍している。 なお山村と言えば流経大では、比嘉さんの同期だったわけだが、おっと話が戻ってこられないほど脇道に逸れた。 あのロンドン五輪、メキシコに敗れた準決勝では扇原のミスがクローズアップされた。 自陣のエリア付近で後ろ向きに受けたパスを敵に2人がかりで奪われ、あっという間に失点。 ショートカウンターではない。 扇原はもちろんだが、パスをつけたGK権田もどうかしている。 このシーンで、ふと5月9日の鳥栖戦を思い出す人も多いのではないだろうか。 同じような扇原の不用意なロストだった。 彼にはこうした大きなポカが多いとは、五輪の例を出すまでもなく、よく言われてきたことではある。 五輪後に輝きがあせてしまい、さらにケガに泣かされて名古屋から横浜へ。 20歳の前途洋々たる五輪代表の中軸選手に用意されていた未来は、予想とはだいぶ異なっていたかもしれない。 けれども魅力がある。 左利きの大型ボランチにはロマンがある。 輝いていた頃に組んでいたのは1歳年上の山口。 輝きの片鱗を見せた川崎戦でもボランチに入り、隣にいたのは強かで頼れる中町公祐だった。 兄貴役がいた方が扇原は活きるのかも。 名古屋時代はサンプル数が少なすぎてよくわからないけれど。 25歳、まだまだ代表返り咲きも目指せる。 川崎戦の出来が良かったせいもあるが、中町と扇原はバランス面で一つの最適解を見せてくれた。 天野純も2列目の方がいいかも。 では喜田拓也が戻ってきたら?それもまた楽しみではある。 加入時には控えセンターバックのさらに控え扱いだった扇原が登ってきた。 このままどこまでも行け。 f-schale.

次の