パチンコ イス。 株式会社クオリ

会社概要・組織図|企業情報|株式会社フェイスグループ

パチンコ イス

私たちは、お使い戴くお客様の満足度を第一と考えています。 これからのパーラーチェアは、プレイヤーに、パチンコホールに、そして地球環境にどれだけ配慮できるかが問われています。 座り心地の良い椅子はプレイヤーに時を忘れさせます。 Tokaiのパーラーチェアは、人間工学に基いたエルゴノミクス・デザインでプレイ中の疲労感だけでなく、動作パターンや健康を維持する姿勢、体型の大小など様々な角度から研究された椅子です。 パチンコホールで、プレイヤーと最も多く接するのは椅子。 椅子が心地良いとホール全体が心地良い。 座り心地と居心地は、同時に進歩をしています。 パーラーチェアとして パーラーチェアは、私たちの日常生活にはない「夢の空間」…パーラーにしか存在しない特別な位置付けがあります。 その「夢の空間」では、夢を提供するためのアイデアや考え方がひしめき合ってパーラーを支えています。 そんな空間において、パーラーチェアとして何が理想的なのでしょうか。 私たちはお使い戴くお客様の満足度を第一と考えています。 新着情報•

次の

アミューズメント ホール パチンコ・スロット チェア 中部インテリア 商品紹介

パチンコ イス

TEL 0475-30-9251 FAX 0475-30-9259 メールでのお問い合わせ mail : 工事項目 施工の目的 メリット デメリット 張替え 現在使用している椅子の表面材を貼替えることにより新品同様に再生します。 安価に新品同様の椅子にすることができます。 ・張替工事期間が3〜4日必 要となり、ホールの営業を止めなければなりません。 ・機種によっては工事出来 ないものもあります。 ・ウレタンのヘタリまでは直すことが出来ません。 マット交換 現在使用している椅子の背及び座のマットを新しい物に替えることにより、快適な座り心地の良い椅子に再生することができます。 ・工事は閉店後から開始し、翌朝までに完了出来ます。 ・機種によっては工事出来ないものもあります。 ・カバーについた傷や汚れはそのまま残ります。 座交換 現在使用している椅子の脚部分をそのまま残し、座部分を新しいものに交換することにより、工事前と違った椅子に再生することが出来ます。 ・工事は閉店後から開始し、翌朝までに完了出来ます。 ・比較的安価に新しい椅子の導入が出来ます。 ・機種により従来の椅子と高さが異なる場合があります。 ・機種により通路幅や座前が狭くなる場合があります。 注 1 ベース残し 現在使用している椅子のアンカーベース部分だけを残し、脚部分、座部分を新しい物に交換することにより、全く新しい椅子に再生します。 ・全く新しい椅子を設置した場合と同等です。 ・機種により通路幅や座前が狭くなる場合があります。 注 1 新規工事 ホールに合った機種、寸法で椅子を設置します。 いろいろなタイプの椅子から選択できます。 特にありません。 中部インテリア,パチンコ椅子,パーラーチェア,パチンコ,椅子,中部インテリア,パーラーチェアー,ホールチェアー ,ホールチェア, 有限会社中部インテリア,パーラー,ホール,パチンコ椅子,店舗椅子,チェアー,イス,販売,遊技 ,チェア,p-world,有中部,インテリアホームページ,パチンコホール,パーラー椅子,パーラーチェアー,設置例 ,インテリア,取付工事,千葉, パチンコ・スロット,パチンコチェア取付アミューズメント,AMUSEMENT,Amusement,amusement,アミューズメント, パチンコ椅子,ホールチェア,椅子,イス,チェアー,Chair,ホール,遊技場,パチンコ,スロット,Pachinko,slot, 中部インテリア,千葉,取付工事,部品パーツ交換,店舗椅子,設計,製作,取付工事,既製,家具,販売,特注,製作 ようこそ、中部インテリアホームページへ,パチンコ椅子,ホールチェア 遊技場,店舗椅子,設計製作取付工事,既製家具販売,特注家具製作販売000.

次の

アミューズメント ホール パチンコ・スロット チェア 中部インテリア 商品紹介

パチンコ イス

ちょっとどうでもいい話、しかし私にとっては切実な話を。 いまさら言うまでもなく、パチンコ・パチスロは座ってプレイするものですね。 昭和30~40年代ころまでは立って打っていたようですが、現在はないですね。 でありながら、座るための「椅子」に神経を配っているホールは 意外に少ない、と感じています。 今回はこれについてちょっと書いてみます。 スポンサードリンク 「ゆったり」をアピールしているD店・・・ 低貸しかないのでめったに行かない、「ゆったり」をウリにしている巨大全国チェーンのD店、 と書けば誰でもわかると思いますが、 そのD店が先日、「設備をあたらしくしました!」と プチリニューアルを実施。 椅子を新しくしたとのことでした。 このホールは、「ゆったり」をアピールしているわりには遊戯環境は最悪のほうで (このチェーンはほかの店舗も全部そうなんでしょうか)、 メダルは汚いし、隣の人のタバコの煙はカオに直撃するし、 なにより椅子が良くなかった。 なにが良くなかったのかは後述しますが、 そういうわけなので椅子がどうなったのか見ておこうと思い、行ってみました。 最重要機能がない このホールの椅子のなにが良くなかったのかというと、 座面が固いとかいうのはやむをえないとしても、 「座面の高さが調整できない」というのが致命的でした。 私の地域のホールは、多くが椅子にこの機能を持たせていますが、 全国的にはどうなんでしょうか。 座面の下にレバーみたいのがあって、 それを引っ張ると座面が下がり、 席から立つと自動的にもとに戻る機能。 椅子メーカーのカタログではこの機能に「フルオートガス上下」という名前がつけられています。 この機能がついてくれれば、D店へ行く機会も少しは増えるかな・・ と思ったんですが、やっぱりついていませんでした。 ただ、椅子がキレイになっただけ。 椅子メーカーのカタログをみてみると、 この「フルオートガス上下」はだいたいがオプション扱いになっています。 つまり、この機能を椅子にもたせていないホールの店長、管理者は、 この機能の重要性を認識していないか、 それともカネをケチって(いくらかかるのか知らないけれども)いるか、 のどちらかと考えられます。 スポンサードリンク 椅子の高さが合わないと長時間プレイはキツイ まあ、昔のパチ屋の椅子などはただの丸椅子みたいなのだった記憶がありますから、 背もたれがついているだけいいのかもしれません。 しかし、パチ屋の椅子には老若男女が座るわけで、 高さ調整ができないと困る人はたくさんいるはずです。 高さ調整できない椅子は、いったい誰を基準に高さを決めているんでしょうか。 理想的な椅子の高さとは、ふくらはぎと大腿が直角、そして足の裏が地面につくくらい・・・ というのが一般的だそうです。 で、私はほとんどの場合、高すぎてダメ。 大腿の裏側がすぐに痛くなってくるし、とにかく疲れます。 医学的に詳しいことはよくわかりませんが、 腰や背骨などへの悪影響もあるでしょう。 なので、パチ屋に行って着席したら、 すぐに座面の下にあるレバーをまさぐって低く調整するのです。 が、この「ゆったり」をウリにしているホールではそれができない。 私がパチ屋に行くのはカネ目的なので、 勝てるホールであれば椅子がパイプ椅子だろうが タバコ臭かろうがトイレが公衆便所なみに汚かろうが ガマンして打ちます。 しかし、よくよく考えてみると、 椅子やタバコやトイレなど、遊戯環境や設備をおろそかにしているホールは、 そもそも勝ちにくいんじゃないか、という気がします。 少なからず売上や来客数に影響するのでは? ここから先はすべて私の推論ですが、 まず、椅子の高さ調節ができないとか、 もしくはタバコの煙が直撃するといった遊戯環境が劣悪さは、 ホールの売上に影響が必ずあるはずだ、ということ。 カネが目的で打っている私ですらも、 椅子の高さ調節ができないホールとできるホールが並んでいたら、 出玉期待度が同じくらいなら間違いなく いい椅子を使っているホールを優先するわけです。 「ゆったり」長時間楽しみたい・・という客なら、 快適に遊戯できるほうを選ぶ可能性はかなりあるでしょう。 これで来客数が減りますよね。 さらに、せっかく来た客も、粘ろうと思っても疲れちゃうのでやめちゃうかもしれない。 そうすると売上も減りますよね。 そんなやつそんなに多くいねえだろ・・というなかれ。 もっと懸念されるのは、 「椅子の高さが調節できない」ということを ホールの管理者がどのようにとらえているのか、という点です。 経営者、管理者の姿勢が疑問になってくる 考えられるケースはこんな感じでしょうか。 店長がつけたいと思っていても上司が許可しないとかいう場合もあるでしょう。 私もサラリーマン時代には不特定多数の客を相手にするお店の管理をしていましたので わかりますが、そういうところを客の目線にたって考えられない、見られない人が 運営している店というのは、いろんなところにほころびが出てくるものです。 さきに言ったように、快適じゃないから売上が減る。 だから、出玉で還元できない。 そして、快適設備にカネをかける体力がない、ということは、 つまり出玉を還元する体力もない、ということであり、 管理者が客の立場にたって考えてくれない、ということは、 客になるべく楽しんでもらおうとかいう考え方ではなく、 「客がいるところからできるだけ搾り取れ!」とばかりに、 ジャグラーやハナハナや海物語から抜きまくる営業をする、かもしれない可能性が高まる・・・ のではないか、と思うのです。 つまり、そういうホールでは勝てない、という方程式ができあがるんじゃないか。 考えすぎですかね。 でも、パチ屋の運営者は、椅子ひとつでこんなふうに考える人間もいる、 ということも知るべきだと思うのです。 まだまだパチ屋はクリーンで快適な遊戯空間になれていない なんだかんだ言いましたが、 昭和時代に比べればものすごく快適で明るくなったパチンコ店も、 まだまだ改善してほしい点はたくさんあるなあ、と思います。 個人的には業界が一丸となって全店禁煙化を実現してほしいですが、 まだ当分は無理そうですね。 とりあえずタバコは我慢するので、 ハナクソみたいな新台を買うおカネを少し減らして、 椅子だけはなんとかしてほしいなあ~という願いを込めて記事にしました。 スポンサードリンク おすすめ記事:.

次の