首都 高速 渋滞。 首都高C2全通でC1が有利に? 想定される渋滞ポイントと賢い使い方とは

首都高の渋滞の原因とは!? なぜいつまでも解消されない?

首都 高速 渋滞

tags: , , , 3月7日に全線開通する首都高中央環状線。 多くの場所で渋滞緩和が予想されている便利な道路ですが、実は渋滞が悪化する場所もありそうです。 どの場所でどんなことが予測されるのか、また渋滞を回避するにはどうしたらいいのか、考察しました。 開通により都心部の渋滞は4割も減少 2015年3月7日(土)に首都高中央環状(C2)品川線が開通し、江戸川区の葛西JCTと品川区の大井JCTを結ぶC2は全線が開通します。 圏央道、外環道、中央環状からなる「首都圏三環状」で、初の全線開通です。 これによって、具体的にはどのような効果があるのでしょう。 ネットワークが充実すれば、それだけ便利になるのは当然ですね。 たとえば3号渋谷線、4号新宿線、5号池袋線沿道から羽田空港へ行く際には、都心環状線(C1)を通らずにC2で近道できるようになります。 中央環状線C2。 この全通によって環七通りや、環八通りの渋滞緩和も予想される(画像提供:首都高速道路)。

次の

プレスリリース|企業情報|首都高速道路株式会社

首都 高速 渋滞

スポンサーリンク ニュースなどで見ると、首都高はいつでもどこでも渋滞している、 そんなイメージはありませんか? 確かに、首都高は日本でも人口が集中している東京都を中心に 走っている高速道路ですので、交通量も日本有数であるのは間違いありません。 しかし、 時間帯を選べば意外とスムーズに首都高を走ることができることもありますよ。 せっかくの旅行なのに渋滞のせいで楽しむ時間が無くなってしまう、 なんてことはなるべく避けたいですよね。 今回は、 平日・休日の時間帯による首都高の渋滞を分析し、 渋滞を予測して運転するテクニックを紹介いたします。 ぜひ参考にして、首都高を賢くスムーズに走りましょう。 スポンサーリンク Contents• 首都高の渋滞予測!平日朝夕方の混雑する時間帯は? 首都高は通勤や営業、輸送、観光客の移動などで、あらゆる人が使っています。 そのため、常に一定量の交通量があり、全く空いているという時間帯はほとんどありません。 また、もちろん特に渋滞しやすいという時間帯もあります。 まず、 午前6時から午前11時くらいまでの朝の時間です。 この時間帯は、通勤に首都高を使用している人たちが一気になだれ込む時間帯になります。 正午あたりからは交通量も減り始め、午後2時ごろまでは割と渋滞も落ち着きます。 しかし、 午後4時頃から午後6時台までにかけて、 今度は通勤に利用している人たちの帰宅ラッシュの時間帯になりますので、 再び交通量が増加し、渋滞ができやすくなります。 日が落ちると交通量も落ち着き、日中のような渋滞ができることはほとんどありません。 このように、平日の渋滞は基本的に通勤で使用している人たちによる交通量増加が 主な原因になりますので、朝の出勤時間帯や夕方の帰宅時間帯を避けることで、 大きな渋滞は避けることができるでしょう。 また、通勤によるものということは、曜日、月によらずに見られる傾向だと予測されます。 レジャーなどで平日に休みを取って首都高を使用する場合には、 以上のことに気をつけて移動のスケジュールを組みましょう。 可能ならば、朝なら5時台を目指して移動、 また午後の移動はなるべく避けるか、あるいは日が落ちてからが良いでしょう。 スポンサーリンク 関連記事: 土曜・日曜の首都高の混雑する時間帯は? 普段首都高を使用しない人からすると意外かもしれませんが、 休日の方が首都高は空いています。 もちろん、GWやお盆などの大型連休では平日以上の混雑になりますが、 一般的な土曜・日曜では比較的渋滞は出来づらい傾向にあります。 ただ、もちろん混みやすい時間帯はあります。 土曜・日曜の首都高は、 平日と異なり主にレジャー目的での移動者が交通量のメインを占めます。 そのため、混雑は 午前8時ごろから始まり午前10時をピークとして、 正午を目安に減っていきます。 土曜・日曜の首都高では、 レジャー施設の開場時間に合わせた移動の波があることを念頭におきましょう。 平日と異なり夕方の帰宅ラッシュもほとんどありませんので、 夕方に渋滞ができることはあまりありません。 基本的には日中が渋滞のピークと考えて良いので、 移動するときは朝早くか夕方以降の時間を利用するのがおすすめです。 スポンサーリンク 関連記事: 予測不可能な渋滞もある 首都高では、時間帯や平日・休日というだけでは 予測できない渋滞が発生することがあります。 一つは、 事故や故障車による渋滞です。 事故があると、安全に通過するためや事故車を見たい野次馬精神などから、 どうしても通行スピードが遅くなります。 車線も減り、交通量の密度も高まりますので、 あっという間に渋滞が発生してしまいます。 また、事故などが起こらずとも、 道路工事などが入ることによっても車線が減り、渋滞の原因になることもあります。 しかし、首都高の工事は渋滞を考慮して、原則1路線1方向あたり週3日、 しかも大きな音の出る工事以外は深夜に実施されているので、 工事による渋滞は渋滞全体の数パーセント程度に留まっています。 また、 金曜日は原則「ノー工事デー」としており、 緊急時以外の工事が行われない日になっているので、 平日でも金曜日は工事による渋滞はほとんど見られません。 しかし、これらの渋滞はいざ発生するとなると予測が大変難しく、 しかもいきなり発生してしまうものです。 このような渋滞を避けるためには、 リアルタイムの渋滞情報をネットなどで取得することをおすすめします。 ここで、渋滞情報を取得できるおすすめサイトを紹介します。 ・ 非常に見やすく工夫されたサイトで、誰でも簡単に渋滞情報を獲得することができます。 工事の着工予定なども見ることができるので、 首都高で発生する渋滞の全てに対応できると思います。 それだけでなく、首都高についての講座や渋滞のメカニズムまで、 勉強になる情報が沢山用意されています。 ドライブガイドやSA情報も豊富なので、 渋滞にはまってしまったときの時間潰しの方法も多く用意されています。 ・ 首都高だけでなく全国の高速道路に対応しており、 使用する日時や道路を指定するだけで渋滞情報を取得することができる 渋滞予測カレンダーが最大の魅力です。 首都高だけでなく、高速道路で県をまたいで移動するというときには、 特に効果を発揮してくれるでしょう。 5分おきに道路情報が更新され、常に最新の渋滞情報が見られるのも嬉しいですね。 最近では、カーナビを付けずにスマホのナビで代用している方も多いですよね。 でも、スマホは画面が小さいし、きちんと置く場所を用意しないと いちいち確認するときに手間がかかり、 運転への注意が散漫になってしまうこともあると思います。 そんな方におすすめしたいのが、こちらの商品です。 画面もクリアなので視界を遮るようなこともなく、 iPhoneやAndroidなどさまざまなスマートフォンに対応しているのも安心感があります。 カーナビに比べて値段が安価なのも、嬉しいですね。 渋滞にはまったときに困るのが、トイレです。 小さなお子様などが一緒の場合なら、さらに深刻な問題になります。 特に首都高の渋滞は、一度大きなものにはまると 何時間も次のトイレに入ることができない、なんてこともあり得ます。 首都高を利用した旅行を計画しているときには、 このような簡易トイレを車に積んでおくことをおすすめします。 この商品はその中でも非常にコンパクトなものなので、 車に積んでおいてもほとんど邪魔にはなりません。 しかも男女兼用で、すぐに固まってにおいも気にならない工夫が施されています。 大型連休など、渋滞が出来やすいタイミングを避けたとしても、 事故による渋滞などが全く予測できないタイミングで起こる可能性もありますから、 いざと言うときのために用意しておくとよいでしょう。 スポンサーリンク 関連記事: 最後に 首都高の渋滞は、周りの人と移動のタイミングをずらすことで避けることができます。 少し朝早く起きて移動したり、深夜のうちに移動を済ませておくなどの工夫が、 その後の予定を十二分に楽しむコツになります。 特に、あまり普段首都高を利用しない人は、 早め早めの行動を心掛けることで安全に首都高を通過できると思います。 ぜひ今回の記事を参考にして、快適な首都高の運転を目指してください。 スポンサーリンク.

次の

首都高C2全通でC1が有利に? 想定される渋滞ポイントと賢い使い方とは

首都 高速 渋滞

山手トンネルの開通による効果 当コラムの最終回は、首都高の渋滞について述べてみたいと思います。 2010年3月28日、首都高中央環状線・山手トンネルが、大橋ジャンクションを介して首都高3号線と接続されました。 以来、首都高の渋滞パターンが、大きく変わっています。 変化は2年半前の山手トンネル開通時から徐々に表れていましたが、2010年の開通でそれが決定的になったと言えます。 具体的には 変化その1 夕方から夜にかけて、3号線・4号線の下り渋滞が大幅に悪化した。 変化その2 午前中より、夕方から夜にかけての渋滞の方が、はるかにひどくなった。 変化その3 渋滞する日としない日の差が、非常に激しくなった。 全体としては、首都高の渋滞は減少傾向にありますが、混む日・混む時は集中豪雨的に渋滞するので、そこに注意が必要なのです。 かつて首都高と言えば、渋滞のほとんどは上り線で、下り線が混むことは一部を除いてほとんどありませんでした。 それは、首都高の構造に問題があったからです。 首都高は、都心環状線を通過しなければ、都心を横切れない構造でした。 しかし10本の環状線が集中する都心環状線は常に容量不足で、横切りたくてもなかなか横切れない。 おかげで都心環状線との接合点を先頭に常に渋滞していて、それがダムの役割を果たし、反対側の下り線には、常にちょうどいいくらいのクルマしか流れなかった。 それが原因で、首都高の渋滞と言えば「上り線だけ」と言ってもよかったのです。 しかし、中央環状線が約4分の3完成したことで、その迂回路が整備されました。 今や都心環状線を迂回して下り線に向かえるようになり、夕方からのピーク時、一気に下り線、特に3号線と4号線が渋滞するようになったのです。 首都高での渋滞回避策 この現象について、不満に思われている方も多いかと思いますが、これは首都高がまともなネットワークになってきたからこそで、決して「前の方がよかった」わけではありません。 全体としては渋滞は減少しているが、夕方から夜にかけては集中豪雨的に渋滞するので、そこに注意が必要なのです。 対策としては、「夕方から夜にかけて(主に午後5時~7時)は首都高を使わない」こと。 これが最大にして最善の策です。 この時間帯は、首都高と一般街路との所要時間がほとんど同じになっています。 同じ時間かかるのに、わざわざお金を払って首都高の乗る必要はありませんよね? しかしそれでも、多くの人は首都高に乗っています。 それは多くの場合、「それしか道を知らないから」、「一度乗ってしまったら、降りて乗り直す時にまた料金を取られるから」、あるいは「一般道は交差点が多くて面倒くさいから」です。 もちろん、一般道を走るのが面倒くさいと言うなら、首都高を走るしかありません。 ただ言えるのは、夕方から夜にかけては、首都高は決して速くないのです。 首都高か一般道か? 昔は、どんなに混んでいても、一般道よりは首都高が速いというのが定説でした。 しかし、路上駐車取り締まりが強化されてから、一般道の流れは非常によくなりました。 また、一般道の渋滞は現在でも午前8時から11時が一日のピークで、夕方から夜にかけては、午前中ほどではありません。 つまり、首都高が最も混む夕方から夜の時間帯に関しては、所要時間にほとんど差がないので、一般道を走った方がいいのです。 「それでも首都高が速い」は、夕方から夜にかけてはもう過去のものです。 この時間帯だけは発想を転換して、最初から一般道を走ることを考えてみてください。 そういうドライバーが全体の5%いれば、首都高の渋滞そのものがなくなる、という副産物もあります。 次に渋滞する日と渋滞しない日の判断の一つとして、月や曜日でみてみるのはいかがでしょうか。 まずは「 月」を見てみましょう。 次に「 曜日 」を見ます。 首都高に限らず、渋滞対策は「混んでいる時を避ける」のが最も効果的です。 では気をつけて行ってらっしゃい。

次の