チンパンジー。 チンパンジーについて

チンパンジーはヒトとどこまで近い?

チンパンジー

チンパンジーの生態• 学名:Pan troglodytes• 分類:霊長目ヒト科チンパンジー属• 分布:セネガル、ウガンダ、ルワンダ、コンゴ、タンザニア• 子どもの頃の顔は肌色をしていますが、大人になるにつれて黒く変化していきます。 全身は黒い体毛で覆われ、オスの場合は成長に伴い頭部が禿げていきます。 チンパンジーの最もよく知られていることとしては「人間に近い生物」ということです。 ヒトとチンパンジーの DNA構成が98. ヒトの新生児の脳の容積が約400ccに対して、チンパンジーは397ccと、ヒト以外の動物としては かなり脳が大きいです。 そのためチンパンジーは 知能が高く、道具の使用が見受けられます。 また、地域ごとに道具の用途や道具自体が異なるため、地域ごとの「文化」のようなものも認められています。 さらに実験によって短い文章の作成に成功していたり、「じゃんけん」のルールを理解したりできています。 このように高い知能を持ったチンパンジーの生活ですが、夜は樹上に木の枝や葉を折って寝床を作り、昼は四足歩行、通称ナックルウォークをしながら広いフィールドを移動します。 食に関しては雑食で、木の実や草、昆虫類だけでなく小動物や魚に到るまで幅広く捕食します。 寿命は約50年前後で、複数のオスとそれ以上の数のメスとそのメスとの間にできた子供からなる 群れを作って生活しています。 チンパンジーは凶暴な猛獣? テレビや動物園などでもチンパンジーが芸をしたり、他の動物と一緒にじゃれ合っているのはよく見かけます。 しかし、愛くるしい見た目とは裏腹に、内に持つ「野生の本性」は注意しなければなりません。 この章ではチンパンジーが高い知能とともに併せ持つ危険性についてご紹介してきます。 チンパンジーの握力 チンパンジーは主に樹上生活をしており、木から木へ飛び移りながら移動したり、地上ではナックルウォークをしながら移動しています。 そのため、チンパンジーの握力や腕の筋力は大変強く、 大人のチンパンジーの握力に至っては300kg以上にもなります。 また、これに道具が加わるとさらに威力は増し、中国の動物園ではチンパンジーが投げた石で強化ガラスが割れたという事態も起こっています。 チンパンジーの凶暴性 チンパンジーは身体能力が高いだけでなく、我々人間からすると残酷とも思える習性を持っています。 その一つが 「子殺し」です。 「子殺し」自体の目的は未だ解明はされてはいませんが、他の群のオスによって主に子供(主にオス)が食い殺される、同じ群れの中で子供が食い殺されるなど、様々なパターンで子供が食い殺されています。 さらに 人間を襲うケースもあり、動物園の飼育員が指や体の一部を噛みちぎられたり、野生のチンパンジーが人間の赤ん坊をさらい食べたという事件もあります。 あのマイケル・ジャクソンが飼っていた「パブルス」というチンパンジーも、大人になるにつれて飼育が困難、そして危険性が示唆されたため、施設で隔離ということになりました。 チンパンジーは確かに愛くるしい姿を我々に見せてくれますが、あくまで野生動物であり、「あんなに可愛いのに」という固定概念は捨てたほうがいいかもしれませんね。 チンパンジーは共食いをする!? チンパンジーの残酷性として語られることとして、 「共食い」があります。 「子殺し」と似ていますが、群れのボスであるチンパンジーが殺され、その肉を同じ群れのチンパンジーによって食べられていたという光景が目撃されています。 野生動物の中「狩り」として他の動物を殺害することは往往にしてあることですが、チンパンジーの「共食い」や「同種殺し」については、空腹が起因することではありません。 共食いの理由 チンパンジーによる「共食い」をはじめとする同種殺しの原因として、京都大学の研究によると2つあるとされています。 一つめは縄張り争いや群れの中での 抗争など、野生動物の群れ内部で見られる自らの遺伝子を残さんとする殺害です。 もう一つは 人間による環境変化による混乱です。 人間による森林伐採や開拓によってチンパンジーの群れの中で混乱が生じ、抗争へと発展し殺害に至るというものです。 またチンパンジーの中には「復讐」にも似たものが存在していると考えれています。 人間によって森が囲まれ、チンパンジーによって形作られた 群の社会構造が乱されたこで、 秩序が乱れ、 争いに発展しているのです。 まとめ テレビやメディアで取り上げられているチンパンジーの愛くるしい姿は、あくまで人間によって躾けられて、「芸」として形作られているものということは忘れてはいけません。 野生動物として、 相応の警戒と距離感をもって接する必要があるのかもしれません。

次の

チンパンジー

チンパンジー

【目次】チンパンジーは飼える?意外と知らないチンパンジーの生態や特徴とは 驚くべき賢さを持つチンパンジー やイルカは人間の1~2歳児くらいの知能を持つと言われているのをご存知でしょうか? なんとチンパンジーはさらにそれより賢く、人間の3歳児くらいの知能を持つと言われています。 子どもの発達にもよりますが、3歳児といえば簡単なパズルはこなせるし、ゲームの理解をすることも、電話でお話しすることもできる年齢。 言葉と手の構造により人間のようにはいかないものの、それだけのことができるポテンシャルを持つということです。 かなり知能が高いことがお分かりいただけるでしょう。 バラエティ番組などでもその賢さが取り上げられ、話題となりました。 中には、そんなチンパンジーを「飼ってみたい」と思ったことがある人はいるのではないでしょうか。 ここでは、チンパンジーの生態や特徴、飼育できるのかなどについてまとめました。 チンパンジーの特徴 チンパンジーは、霊長目オランウータン科の動物。 大きな耳、立ったとき膝まで達する長い手を持ちます。 移動するときは手を握り指の第2関節を地面につけるナックルウォーク歩行。 数頭から20頭ほどのグループで行動し、リーダー格がこれを率いて群れをつくっているとされます。 昼間活動性で夜は樹上につくった小枝の巣で寝ます。 握力が非常に強く200~300Kgほどあります。 脚力も発達しており、垂直に飛べば3. 5~4m近くジャンプすることができるほど。 雑食性で、植物、昆虫、小型の哺乳類などを食べて暮らしています。 ・大きさ 頭胴長は雄80~90cm、雌70~80cm。 立ち上がると身長 1. 5mをこえます。 体重は野生の状態で30~50kg。 動物園で飼育されている個体は60~80kgになることも。 ゴリラ、オランウータンと並ぶ大型のサルであり、この3種の中で最も小さい種です。 ・生息地 チンパンジーの生息地はアフリカ大陸。 セネガルやコンゴ共和国、ウガンダ、ルワンダ、タンザニアなどで野生のチンパンジーがみられます。 赤道付近の熱帯雨林から、雨季と乾季の差が激しいサバンナまで様々な環境に適応し、生息しています。 広いエリアに生息しているチンパンジーは、全て同じ種類のチンパンジーではなく、数種類の異なるものが現存。 ・知能 チンパンジーは、人に近い遺伝子を持ち、非常に賢いことで知られています。 その遺伝子構成は98%であり、ヒトとチンパンジーは同じ哺乳生物を先祖に持つとされています。 チンパンジーは色々な道具を利用して生活の中で使用することができ、道具を用いた高度な問題を解くこともできます。 人間でいう3歳児ほどの知能を持つとされており、訓練すると様々な芸を覚えることが可能。 緊張をやわらげるための挨拶行動など、人間のような社会的な行動を見せることも多々あります。 性行動についても人間と非常に類似した面を見せます。 ・寿命 野生のチンパンジーの新生児の平均余命は15年、成熟した後の平均余命は15年。 より命を落としやすい新生児から平均的に生きられるのが15年、成獣になることに成功したチンパンジーの平均余命15年ということです。 動物園で暮らすチンパンジーの平均寿命は40〜50年。 長寿の個体は60年生きることもあります。 チンパンジーの種類 チンパンジーの種類は1種類ではなく、チンパンジーは、大きくチンパンジー(コモンチンパンジー)属とボノボ(ピグミーチンパンジー)属に分かれます。 また、4種類の亜種が存在。 前述した通り、チンパンジーの生息地はいくつかの異なる天候や地形を持つ地域に点在しており、山脈や大河で地理的に隔離され、それぞれの地域で交わることなく独自に進化を遂げたチンパンジーがいるのです。 たとえば、ザイール北東部からウガンダやタンザニアなど7カ国に生息する「ヒガシチンパンジー」。 中央アフリカのカメルーンからコンゴや中央アフリカ共和国にかけて7カ国に生息する「チュウオウチンパンジー」。 ナイジェリアやカメルーンの北部に生息するのは、「ナイジェリアチンパンジー」。 西アフリカのセネガルからガーナにかけての10カ国に生息する「ニシチンパンジー」などが亜種とされます。 実は凶暴なチンパンジー チンパンジーは賢く、人に似た表情を見せることから人気の高い動物。 テレビ番組でも服を着せて人間顔負けの賢さを披露させ、「ヒトのような行動」「人懐っこさ」を売り出すことも少なくありません。 しかし、チンパンジーは、実は人や動物に危害を加える可能性を持つ危険な動物でもあります。 その証拠に、野生のチンパンジーは「猛獣」に分類されます。 むしろ、ゴリラよりも気性が激しいとも言われているのです。 特に、オスのチンパンジーは、繁殖期を迎える頃になると攻撃的な行動を取ることが増えます。 子どものときは大人しくて可愛くても、6〜7歳になると高ぶる感情を抑えられなくなるとのこと。 相手が自分より強いか弱いかを判断し、弱いと判断されると襲われる可能性もあるのです。 例えば、他の群れの子どもを襲うことで、社会的な地位の確立やメスへのアピールを行うという事例は多々報告されています。 また、人を襲うチンパンジーの報告もあります。 アフリカ西部のタクガマ動物保護区域に住むオスのチンパンジー・ブルーノは、保護区に入った車からドライバーを引きずり出し、殺しています。 このブルーノはその残忍な行動から「殺人チンパンジー」と呼ばれました。 チンパンジーブームの火付け役!パンくん パンくんは、熊本県の阿蘇カドリー・ドミニオンで現在飼育されているオスのチンパンジー。 2004年から2012年にかけて、ブルドッグの「ジェームズ」とともに『天才! 志村どうぶつ園』に出演し、その賢さを披露しました。 「天才チンパンジー」と呼ばれて人気を博し、日本にチンパンジーの可愛さを知らしめることに一役買いました。 2001年、宮崎市フェニックス自然動物園生まれ。 生まれた頃から人間と共に生活し、人間の生活を教えられたため、人間のような行動をとり、趣味を持っていました。 ジェームズのリードをひいて散歩させる、はしやスプーンを使って食事する、カメラで写真撮影するなどの行動を見せています。 志村けんに非常によくなついており、志村けんとパンくんのツーショットが同番組の象徴ともなりました。 ところが、2012年9月、パンくんが出演する動物ショー『みやざわ劇場』公演終了直後、舞台袖にいた女性研修員がパンくんに噛み付かれるという事故が起こります。 これにより、パンくんはテレビやショーなどに出演することはなくなりました。 同年10月に志村けんはパンくんを訪ねています。 一般見学者としてガラス越しに対面した際、パンくんはしきりに番組で習った技を披露。 志村は「パンくん、ごめんね。 褒めてやりたいけど…」と言葉を濁すシーンが放送されました。 彼は事故に際して、「私達のなかでは パン君、大好き、いい子です。 放送しなくてもパン君に会いに行きます」とコメントしています。 チンパンジーは飼える? コミカルな可愛らしさや賢さから、チンパンジーを「ペットにしたい」という人も多いようです。 しかし、残念ながらチンパンジーをペットにすることはできません。 まず、チンパンジーは絶滅危惧種としてワシントン条約で保護されている動物であること。 将来において最も絶滅する可能性が高い動物という位置づけでレッドリストにも掲載。 そのため、繁殖を目的とした輸入以外の取引に関しては厳しい制限があります。 例えば、商取引上の価格は付けられず、繁殖用に輸入するときのみ当時国間で適切な条件の下、値段が決められます。 つまり、ペットとしてチンパンジーを個人で正規に輸入したり購入したりすることはできないということです。 また、日本ではチンパンジーは「環境省によって動物愛護管理法で人間に何らかの危害を加える可能性がある動物」つまり、特定指定動物に指定されています。 飼育するには各自治体の長(都道府県知事)の許可が必要となりますが、チンパンジーに関しては前述の通り、一般家庭で飼育を許可されることはあり得ません。 それでも飼いたい!という人間の横暴 ワシントン条約に守られているとはいえ、チンパンジーをどうしても手に入れたいという者が密輸業者を通じてペットとして飼うということも起こっています。 しかし、そんなチンパンジーの飼育は難しいもの。 まず、賢い動物なので逃げ出したりしないような頑丈で広大な環境整備が必要です。 学習能力が高いため、人間をだまして逃げ出すということも考えられます。 そして、子どものころは大人しくても、だんだん希少が荒くて手に負えないようになり、ときには飼い主も襲ってしまうことも。 チンパンジーの力はとても強く、握力は200kgから300kgほど。 掴まれれば人間は逃げることはできず、襲われれば命の危険にさらされることになるでしょう。 そんなチンパンジーを無理に手に入れて飼育すれば、どうなるでしょうか。 飼い主は手に負えずにそのチンパンジーを手放すことになります。 突然捨てられても、そのチンパンジーは野生の生き方を知らず、そのまま死んでしまうでしょう。 実際、各国の動物保護施設には、多額の金でチンパンジーを手に入れるものの、飼育しきれずに捨てるという身勝手な飼い主のペットだったチンパンジーがたくさんいます。 チンパンジーグッズを手に入れよう! チンパンジーを飼うのが無理なら、グッズを購入して愛でるのはいかがでしょうか。 愛らしい表情が印象的なチンパンジーのグッズがたくさん販売されています。 ここで、その一部をご紹介しましょう。 AQUAぬいぐるみ サファリチンパンジー パーティーグッズにぴったりなチンパンジーのマスク。 チンパンジーを飼えないなら、なりきってしまってはいかがでしょうか? ヒトと似た遺伝子を持つ分、人間が付けるとフィット感がありますね。 パーティーを盛り上げたいとき、ハロウィンや肝試しの仮装、ドッキリをしこみたいときに使ってみてください。 チンパンジーの基本データ 名称: チンパンジー(コモンチンパンジー) 毛色: 種類による 生息地: アフリカ大陸 寿命: 40〜50年 知能: 非常に賢く、道具を使った作業、学習が可能 性質: 繁殖期になると非常に獰猛 チンパンジーのまとめ チンパンジーは残念ながら飼育の難しさからも、法においてもペットにできない動物です。 しかし、ペットとして飼えないといっても、テレビや動物園などで可愛い姿をおがむ機会がたくさんあります。 チンパンジーの可愛さをお茶の間に広めた『天才!志村どうぶつ園』でも、パンくんの後任となる新たなチンパンジーが可愛い姿を見せてくれています。 いまだにチンパンジーの賢さは底が知れません。 個体によってまだまだ引き出せる能力がありそうです。 ぜひ、動物園などで実際に見て、新たなチンパンジーのすごさを発見してくださいね!.

次の

チンパンジー・猿の握力はどれくらいなの?

チンパンジー

野生の彼らは、アフリカ大陸の 一部地域に群れで生息していています。 体の大きさは、 種類によってもそれほど変わらず オスで 体長は80~100cm、 体重は40~60kg でメスは一回り小さいです。 寿命は非常に長く、 平均 50年程度だと言われています。 食性は雑食で、木の実から昆虫、 脊椎動物まで幅広く食します。 驚くべき知能 また、当然チンパンジーは知能も非常に高いです。 他の動物と違って木の枝や石を利用して シロアリを食べたり、木の実を割ったりします。 木の葉を利用して水を飲んだり、 その環境にあるものを道具として 利用するという知能と順応力を備えています。 もちろん、これは遺伝子的に 組み込まれているわけではありません。 知能だけでなく手が発達していて起用であることは、 こうした行動ができる一つの大きな理由に挙げられますね。 しかしこれなんかは、本当に驚きです。 数字の小さい順に押さないと 餌がもらえないゲームで、 途中で数字が見えなくなっているのですが しっかりと記憶して、順番にボタンを押しています。 明らかに、人間でも簡単には できないレベルで記憶しているのです。 いやこの動画を観ると、記憶力に関しては 人間以上であると言えるかも知れませんね。 ともかくこうして特徴を挙げていっても、 チンパンジーは非常に人間に近い存在なんだな、という印象を受けます。 :頭悪いと思われてて実は賢いんじゃないかという意外性の動物 ・ Sponsored Link 握力凄くて凶暴? が、チンパンジーは本質的に凶暴な動物なのです。 猛獣指定もされているほどです。 猛獣指定されているくらいですから、 人間にとって大変危険な生物であるということで 当然その戦闘能力も非常に高いのです。 まず、その握力は 200kgあると言われています。 しかし人間で最高レベルの人が200kg程度で、 チンパンジーの体のサイズ、そして 野生動物のリミッターの外れ具合を考えると 決して非現実的な数字ではありません。 プラス、人間よりも腕の腱が 圧倒的に太いことも理由なようです。 またチンパンジーは握力だけでなく、 総合的に筋肉が人間を上回ると言われています。 あまり毛の生えていないチンパンジーを見れば、 その体がどれだけ締まっているかが伺えますが。 ちょっと太っていますが、 十分に筋肉のすごさがわかります。 しかしそれは人間と大して 変わらないサイズであるのにも関わらず あれだけ樹上で素早く動けるところを 見ても理解できると思います。 さらにここは人間とは違うところですが、 牙が発達していてたいへん鋭いです。 従って、噛まれたら致命傷は免れません。 加えて、チンパンジーがダッシュをするときは ナックルウォークで四足歩行をします。 従って走るのはそれほど速くないのですが、 これは非常に瞬発性を秘めていて、 一気に最高速へ持っていくことができます。 そして彼らは、その戦闘力のポテンシャルを 兼ね備えていながら大変凶暴なのです。 敵、あるいは獲物と判断した相手に対しては 一気に感情を爆発させて襲い掛かります。 その際にはまず、目玉を潰しに掛かったり、爪を剥がしに掛かるのです。 同時に、指や耳など、体からやや独立した部分を食べ、顔を食べるのです。 こちらの動画では、 そんなチンパンジーの凶暴性が垣間見えます。 チンパンジーが起こした有名な事件 過去には、チンパンジーに襲われて 目を潰され顔や指を食べ尽くされ、 滅茶苦茶にされてしまった人がいます。 その犠牲者は友人の家に訪れていたのですが、 その友人はチンパンジーを ペットとして飼っていました。 しかし飼い主である友人が目を離した隙に チンパンジーは犠牲者に襲い掛かったのです。 しばらく攻撃を続けていたのですが、 飼い主にはそれを止めることができなかった。 つまり、そのくらい 興奮していたということです。 怯えていたのか、それとも何か 目に触るものがあったのかわかりませんが いずれにしても言えるのは 一歩間違うと全くコントロールが効かず、 人間に大変な危険を及ぼす可能性がある、ということです。 もはや猛獣以外の何者でもありません。 ただ猛獣なだけで、 それがただ獲物を得るだとか そういう純粋な動機であれば まだ可愛さもあるのですが・・・ 実際は、そうとも思えないような行動を 残虐な行動を取ることも頻繁に確認されているのです。 その辺りはこちらの記事をご参照下さい。 Sponsored Link カテゴリー•

次の