アサリ 酒 蒸し。 あさりの酒蒸しのレシピ/作り方:白ごはん.com

酒蒸しの作り方

アサリ 酒 蒸し

酒蒸しの作り方 蒸し物は材料の新鮮さが大切です。 下ごしらえも無く、味付けもほとんどせず、蒸気で火を入れる単純な料理だけに、材料が悪いと食べられる料理になりません。 しかし、単純なだけに材料の栄養を逃がさず、旨味のある食材ならその美味さをよく引き出してくれる調理方法です。 アワビの酒蒸し アワビは蒸す事で非常に柔らかくなり、旨味も増します。 「蒸しアワビ」は、黒や青ではなくオレンジっぽい「メカイ」を使用します。 湯が無くならないように気をつけて。 なくなれば水ではなくお湯を足します。 その場合、魚を強火で10分くらい蒸した後、それらの食材を横に入れて5分くらい蒸す。 いずれの場合も蒸し碗に昆布を敷いて材料を置き、たっぷりと酒を振りかけて蒸します。 仕上げに青味(野菜)を加えて、ポン酢や柚子の絞り汁ですすめましょう。 また、目的によって「だし・酒・塩」を振りかけて蒸す時もあります。

次の

あさりの酒蒸しのレシピ/作り方:白ごはん.com

アサリ 酒 蒸し

飲酒運転とアルコール検知について質問です。 アサリの酒蒸しの残ったお出汁、美味しいので私は絶対に飲みます。 加熱した後のお酒だし大丈夫だろうと思いつつアルコールセンサーでチェックしたら数値出てしまいました 今日は純米酒の量を多めで作ったのでわりとたくさん飲みました。 加熱調理したお酒でも、しばらくの間は車の運転はしないほうがいいってことでしょうか? 買い物に行く予定がありましたが念のために先延ばしにしました。 1時間後に再度、計測したら数値0でした。 飲んですぐに計測したから数値出てしまったのでしょうか。 タニタ製でセンサー異常ではないと思います。 ためしに飲んでない主人とかで計測したら0で、私だけが数値出てました。 料理酒とかワインって普通に料理に使うことあると思いますが加熱調理しても アルコール消えないんでしょうかね。 今日のアサリの酒蒸しの調理時間は加熱して沸騰してから5分ほどです。 口中にアルコール分を含む飲料や食品の残留物があれば、検知されやすくなります。 また、体内のアルコールの濃度は本人の分解能力次第です。 個人差は大きく異なります(普通に飲酒した場合と一緒です)。 加熱するとアルコール分は飛びますが、時間と量次第では、完全にゼロにはなりません。 長時間、鍋で煮込み続けるか、オーブンで焼くような料理では結構、減りますが、フライパンなどで短時間の調理をするものでは残ります。 フレンチで行なわれるフランベのように、一気に飛ばすような手法を使えば、かなり減らせますが煮る・蒸すといった調理法の場合には、案外残るものです。 仮に使うアルコール飲料(日本酒でもワインでも全部です)の度数が20度だとすると、100mlの酒類を使ったら、最低でも80mlになるまで煮詰めないとアルコールが抜けていないことになります(実際は水も減っているので、更に量は減る)。

次の

酒蒸しの作り方

アサリ 酒 蒸し

こんばんは。 アサリ自体しょっぱいものが在るんですよね。 砂抜きするときに海水より若干薄めの塩水でふたをして暗くしておきましょう。 そして料理する前に必ず水で洗います。 作り方は質問者様や他の回答者様の方法で良いでしょう。 後はどうしてもしょっぱくなってしまった時の対処法ですがこれは薄めるしか有りません。 アサリが開いた順に皿等に取り固くなるのを防ぎます。 そして蒸し汁の半分を捨て水や酒を加えて味を整えます。 当然、旨味は薄くなりますがしょっぱいと健康を損なうことになりますから。 それにアサリの出しは結構強いので半分ぐらいなら大丈夫。 最後にアサリを戻して、サッと煮ます。 蛇足ですがベトナム人のチャンさんから教わったベトナム風のアサリの酒蒸しはベトナムのネプモイというもち米から作った焼酎をワインや酒のかわりに入れるものでした。 ネプモイは高いので普通の安い焼酎でも甘めのやさしい味にできます。 安いワインなどは酸味があるのでアサリが固くなってしまうので(^^:.

次の