島田 紳助 会見。 (2ページ目)島田紳助が激白「松本の発言は別問題やから。でも大崎クビにしたら会社潰れんで」

島田紳助は今どこで何をしている?今の写真と職業を調査!引退会見動画も!

島田 紳助 会見

活動期間:1974年〜2011年 元所属事務所:吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー) 多くの人に知られている知名度の高いタレントですね。 そんな島田紳助の芸能界での経歴について紹介していきます。 18歳時に芸能界入り、同期には明石家さんま・オール巨人・桂小枝などがいます。 1977年にお笑いコンビ「紳助・竜介」を結成、1980年代には漫才ブームにも乗り人気を博しましたが、1985年に解散。 以降は、芸人としてだけではなく司会 バラエティ〜情報番組など多彩 、プロデュース業などもしていくようになり、2000年代以降は業界の大物タレントとしての地位を確立しています。 島田紳助さんが司会を務めた番組は、最後やめる前段階だけでも6本。 ヘキサゴンII 数々の番組を持ち、そこでの独特の発言やキャラクターで多くの人を魅了してきた島田紳助ですね。 そこでの島田紳助の数々の 名言 は引退後も多くの人の心に多大なる影響を与えています。 そんな島田紳助はテレビの司会や進行をさせれば島田紳助の右に出る人はいないといういうくらいの圧倒的実力の持ち主でした。 そんな島田紳助ですが、2011年に芸能界を引退しています。 ここからは島田紳助の芸能界引退理由について調べていきます。 島田紳助の引退理由と噂される黒い繋がりを示すメールについて考察! 島田紳助の引退理由とされていることについて紹介していくいきます。 島田紳助さんは「開運!なんでも鑑定団」の放送終了直後の2011年8月23日に吉本興業の取締役や弁護士と共に記者会見を開き、暴力団関係者と黒い交際があったこと理由に引退を宣言しました。 50分にも及ぶ引退記者会見の中で島田紳助さんは、2005年6月から2007年6月までの間で、暴力団関係者と親密な関係があるようなメールのやり取りをしていたことが発覚し、所属している吉本興業から事情を聞かれたため関係を認め引退を決意したとのこと。 暴力団関係者とは親密な関係ではなく「十数年間で5回程度」とし、暴力団関係者と付き合うことで利益を得ることはなかったと会見内でコメントをしていますが、反社会的勢力である暴力団関係者とつながりを持つことは芸能界ではタブーであり、島田紳助さんは社会的責任を取るという形で引退を発表しました。 ちなみにこの時の島田紳助のコメントについてはこのような感じです。 島田紳助さんは、暴力団関係者と関係はあったものの、それが親密な付き合いと呼べるほどのものだったとは思っていなかったことが間違いだったと語っています。 暴力関係者と一切付き合ってはいけないという芸能界のルールに違反していることが引退を決める決定打になりました。 関係を持った理由について島田紳助さんは、過去に窮地を暴力団関係者に救ってもらったことがきっかけだったとのこと。 そのことの延長で付き合っていたのかもしれませんね。 とはいうものの実は交際は親しかったんじゃないかとも言われています。 10数年前なのですが、解決できないトラブル、どうしようもないことが起こったので、事務所を辞めよう、芸能界を去ろうと決意しました。 その時、昔からの友人であるAさん、ひっきりなしに会っているわけでは全然なく数年に1回会うペースでしたが、僕が非常に悩んでいるという話を聞いて、「どうしたんだ」と自宅に電話してくれました。 そしてAさんに話したら、Aさんは組織のBさんにその話をして、僕の悩みを解決していただきました。 このような話もあるので実は親密な関係で困ったときには助けてもらっていたのかもしれませんね。 それを紹介します。 島田紳助さんは大阪のローカルTVで1991年4月から2002年3月まで放送されていた「紳助の人間マンダラ」という番組の司会をしていました。 1998年その番組の中で、収録前に黒塗りのワゴン車に「何トロトロはしっとんねん」と怒鳴ったところ、いかつい男がぞろぞろと出てきて、「菊の御門がみえへんのか?」といわれ、「菊の御門ならワシのケツにもついとる!」と反論したエピソードを語りました。 その黒塗りの車が右翼団体だったんですね。 その放送を見た右翼団体が激怒しテレビ局に連日抗議活動を受ける事態に発展したとのこと。 ちなみに島田紳助と渡辺次郎の関係についてはこのような感じです。 島田紳助は自分がボクシングの経験もあり、そのことで渡辺二郎と知り合ったようです。 そしてそんな二人の仲は親しかったようで、 1999年に渡辺二郎さんが銃刀法違反で逮捕された時には、島田紳助さんが情状証人として出廷するほどの関係だったようです。 ちなみに、2007年6月30日に羽賀研二さんの未公開株詐欺事件に渡辺二郎さんも共謀していたとして逮捕された際、渡辺二郎さんが山口組極心連合会の関係者であることが判明しています。 この逮捕で、警察に押収された渡辺二郎さんの携帯電話を解析したところ、島田紳助さんと暴力団関係者をつなぐ大量のメールが出てきたとのこと。 ちなみに島田紳助が送ったメールの一部を紹介します。 このようなメールが出回るということはやはり黒い噂や繋がりがあったのではないか?と考えられますね。 以下のような情報があります。 こないだ会長の顔みて、ほっとしました。 縁あって知り合い、ほんま心ある関係にさしてもらいうれしいです。 会長に心配していましたと言う前に、紳助、心配しとったんやといわれました!すごい方ですね。 ありがとうございます!感謝です。 二郎さんと(橋本)会長に守られていると思うと心強いです!これからもずっとがんばります (05年6月10日) なんか凹みますわ!気よわいですわ!あまり上いくとあきませんね。 なんやかんや言われて、ヤカラですわ!今日は大阪の自宅です。 秋から寿司屋やろうと、昼から会議です。 二郎さんは今日は大阪ですか? (05年6月14日) ほんまええ人ですよね。 熱い熱い人ですから。 次郎さんがいてすべてが成り立っています。 しかし実際は引退理由はこれだけではないようです。 これが表向きのことなら、表があるなら裏がある。 それが世の中です!ということでここからは裏情報について調べていきます。 島田紳助の引退理由の真相は女性マネージャーへとのトラブル?! 島田紳助は現役中に女性マネージャーとトラブルを起こしたことがあります。 そのことを紹介します。 2004年10月25日、大阪・朝日放送のロビーで島田紳助さんがコラムニストで写真家・勝谷誠彦さんの女性マネージャーに対して傷害事件を起こしました。 女性マネージャーは、紳助さんから「あいさつの仕方が悪い」「俺を誰だと思ってるんだ」と詰め寄られ、控え室に連れ込まれ怒鳴り散らされたあげく複数回にわたって暴行を受けたという。 この記事だけですと女性マネージャーが被害者のようですが、実はこの女性マネージャーは日頃から態度が悪かったとも言われているので、正直分かりません。 しかし先に手を出してしまったことから島田紳助が悪いということになります。 島田紳助さんは大阪区検から傷害罪で略式起訴され、大阪簡裁に罰金30万円を全額納付しました。 女性マネージャーは島田紳助さんの芸能界引退を要求していましたが、わずか2ヶ月の謹慎で島田紳助さんが芸能活動復帰したことと、吉本興業を解雇されたことを不服として、島田紳助さんと吉本を相手取り東京地裁に4400万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしました。 裁判は女性マネージャーの勝利で、東京地裁は島田紳助さんと吉本に対し1045万円の治療費などを支払いを命じたのですが、それでもまだ不服として控訴。 被告も控訴しています。 最終的に2011年9月22日に東京高等裁判所で和解が成立しましたが、吉本興業は内容を明かにしませんでした。 おそらく、女性マネージャーに有利な内容であるために、公表したくなかったのでしょう。 この事件の真相というか女性マネージャーの真意も分からないので何とも言えませんが、普通はタレントがマネージャーに暴力ってないでしょうから普通は一緒に頑張っていく仲間なはずですからね・・・。 真相不明ですが一応は解決したんですね。 そしてここから話はさらに奥へと入っていきます。 世の中で実は男性が失敗していくことの多くの要因は以下のような3つよいうことがよく言われています。 男がダメになるのは女・酒・ギャンブルの3つの要素のどれかが絡んでいるという僕の信念があります。 いくら金持ちでも有名人でもそのことは当てはまるということですね!!!ここからはそんなことについて書いていきます。 島田紳助の引退理由の真相は女がらみ? 島田紳助は芸能活動の現役時代にはさまざまな女性問題が上がっていました。 美女と関係があって羨ましいなって僕は思います(笑) 以下のような人と関係が噂されていました。 いろいろと調べてみましたが、他の人とはガセの可能性が高いですね。 そしてここから核心に迫っていきます。 島田紳助と飯島愛の関係とは?! まずは飯島愛について紹介します。 飯島愛さんはタレントでしたが、元セクシー女優という異色の経歴を持っていました。 自分の意見をしっかりと持ち、人の相談にのってあげる心の優しい女性だと記憶しています。 残念ながら2008年3月31日の芸能界引退後、1年も経過しないうちに2008年12月24日、自宅で亡くなっているのを親戚の女性に発見されました。 警察の調査で死後1週間ほど経過しているということから、死亡推定日は2008年12月17日前後。 肺炎が原因とされていますが、飯島愛さんは36歳と若く、亡くなる病名とは考えにくいことから他の原因ではないかと言われています。 そしてこの飯島愛の死に島田紳助が関わっているという都市伝説があります。 そのことを紹介します。 京都・清水寺に「三年坂(産寧坂)」と呼ばれる「登る途中で転ぶと三年以内に亡くなる」といわく付きの坂があります。 京都をめぐるテレビ番組のロケ中に、三年坂で島田紳助さんが飯島愛さんをわざと転んでみせろと仕向けたために、飯島愛さんが転んだふりをしました。 ふりと言っても転んだことに違いはありません。 それが飯島愛さんが亡くなった原因で、三年坂で無理やり転ばされた飯島愛さんの怨念が島田紳助さんを引退に追い込んだという噂があるのです。 このようなことを信じるか信じないかは人次第ですが、若くして亡くなった飯島愛の亡くなった原因が明確でない以上はこのようなことが噂されてしまうということもあるということですね。 実際は島田紳助と飯島愛は男女の中ではないが、とても仲良しだったと言われています。 そして島田紳助と関係が噂されている女優についてさらに調べていきます。 島田紳助と上原美優との関係とは? 島田紳助は女優の上原美優をとても気に入っていたといわれています。 ちなみに上原美優も2010年3月29日に母親が心筋梗塞のため65歳で他界したころから上原美優さんの様子が変わり、残念ながら2011年5月12日24歳という若さでに自らの命を絶ちました。 島田紳助が上原美優を気に入っていたというエピソードについて紹介します。 島田紳助さんは上原美優さんを気に入っていて、番組にも積極的に登用していたんですよ。 例えば、2009年4月4日放送のオールスター感謝祭のゲストで上原美優さんは出演しています。 それが島田紳助さんと上原美優さんの間に男女の関係があったのではないかと噂されることになりました。 さらに上原美優さんの父親は島田紳助さんから高級腕時計をプレゼントされていたとの情報もあり、上原美優さんを可愛い後輩として見ていたと考えられます。 この上原美優の死に島田紳助が関わっているという情報があるようですが、それは全くのガセネタですね。 上原美優の亡くなった直前に男性との関係が出ていますが、それは島田紳助ではなく 関東連合 の石元太一です。 よってこの上原美優の亡くなった件について島田紳助は無関係でしょうし、正直上原美優を娘のように可愛がっていたという感じだと僕は思います。 そして最後に気になる島田紳助の芸能界復帰について調べていきたいと思います。 島田紳助の芸能界復帰を望む声は多数ありますが、実際復帰する可能性はあるのでしょうか? 島田紳助は芸能界に復帰する可能性はあるのか? 今現在島田紳助は仕事をしていないという情報もあります。 しかし一生お金に困らないくらいの貯金があるといわれていて、現在は悠々自適な生活を送っているみたいですね。 そんな島田紳助の芸能界への復帰ですが可能性が低いということですね、 週刊文春で、島田紳助さんは芸能界復帰をハッキリと否定しています。 もともとの友人や、引退後に新たにできた友人たちとともに「クソガキみたいに遊んで過ごす毎日」を送る紳助氏。 いまだ囁かれ続ける芸能界復帰説については、「芸能界でやり残したことはありません」とはっきり否定する。 島田紳助本人的には芸能界に復帰するつもりはないようですね。 でも島田紳助の復帰を期待している人は多いと思いますね。 また何かの機会に島田紳助の切れのあるトークが見れたら嬉しいななんて僕も思っています。 ということで今回の記事はここで終わりです。 長文を最後までご覧いただきましてありがとうございました。

次の

(2ページ目)島田紳助が激白「松本の発言は別問題やから。でも大崎クビにしたら会社潰れんで」

島田 紳助 会見

2011年、島田紳助の引退会見は世間を賑わした。 あの会見で紳助が一番最初に芸能人の名前を出したのは「 松本人志」だ。 前もって引退を伝えたのは「ダウンタウンの松本だけです」と。 記者はすかさず「松本さんはなんと?」 やっぱ辞めないでください と言うのだ。 これは紳助が会見で言及した内容。 松本「いい加減にしてほしいわ、あのオッサン」 その後、松本人志が他の件で会見をした時の話。 当時は、なぜか紳助の引退に関してはあまり触れてはいけないような空気が流れていたそうだ。 にもかかわらず松本は紳助の引退に触れたのだ。 そして特に 紳助とはやり取りをしていないという旨をあえて自分の言葉で伝えた。 これは松本の気持ちとしては、 いつもいつもオレと同等みたいな扱いにするなということなのだろう。 何でいつもオレも巻き込むねん、と。 実際、関係者の間では紳助が引退会見で松本人志の名前を上げられたことに対して不快に思っていたという。 そもそも、松本は「辞めないでください」とは 言ってないそうだ。 つまり、松本は紳助のカッコつけた飾りたい引退会見のために松本ブランドを利用されたということだ。 だから「いい加減にしてほしいわ、あのオッサン」と言っていたそうだ。 松本は紳助が「一緒やわ」と言う同類にされることを嫌がっている 『松紳』を見ていてもこれはわかることだが、紳助は松本に対して敬意を払っているし才能を認めている。 そして何よりも好意をよせていることがわかる。 紳助は地位や権力などに対して興味のある人なので、 「天才松本人志はオレを認めていた。 」というようなことを利用して、 同類項にしようとしている節は確かにあるなと感じる。 それによって自分の 株価をつり上げて、 自分にも才能があるようなアピールをしているように見える。 おそらく紳助は無意識のうちにそういう言動をしているのだろう。 けどそういうやり方をして彼はそこまで上がってきた人でもある。 それが紳助の戦い方と言えば戦い方。 しかし、その辺の戦い方はぜんぜん違う松本は「一緒にしないでくれ」という怒りはあるのだろう。 紳助が松本の名前を使ったのは引退会見だけではなかった 実は、紳助が松本人志の名前を使ったのは引退会見だけではない。 2006年に紳竜として紳助の漫才の相方であった竜介が亡くなった。 その竜介の追悼特番で「松本も竜介の葬式にきて泣いてくれた」というような旨の発言をしたのだ。 しかし、松本はいちいちそんなもので自分の名前を上げているところに腹を立てていたようだ。 確かに、紳竜を解散したきっかけになったのはダウンタウンかもしれないが、 いっつもいっつも松本の名前を上げて自分のポジションを確立しようとしている姿に松本人志はウンザリしていることは確かなのだ。 それが紳助という男かもしれない。

次の

島田紳助の愛人だった芸能人美女7人がテレビから姿を消してしまった・・・。

島田 紳助 会見

宮迫博之(雨上がり決死隊)ら吉本興業のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題は、事態が収まる気配がない。 宮迫と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は7月20日に自前で記者会見を開き、「会見したらおまえら全員クビにするからな」といった吉本興業・岡本昭彦社長の冷徹な対応を涙ながらに訴えた。 22日にはその岡本社長が5時間半にも及ぶ会見を開く事態に発展したが、的外れな受け答えに終始。 宮迫と田村の契約解除処分は白紙に戻したが、当事者能力のない経営陣の態度に所属芸人たちも不満の態度を隠さず、事態は「事務所vs. 芸人」の全面戦争の様相を呈している。 黒のポロシャツ姿で、ロードバイクに乗っていた島田氏は、取材班の問いかけにバイクを止め、胸の内を語り始めた。 「辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん」 島田氏は今回の事態が起こる直前、じつは宮迫と会っていたという。 「宮迫はすごい仲良しやし。 辞めるって言ったとき、まじで凹んだもんなあ。 トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。 遊びに来て、みんなで。 (宮迫には)絶対辞めんなよと。 絶対に辞めんなって。 辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん。 ほんで、吉本に対して、腹立つこともあるやろし、ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きやと。 先輩たちも心配して動いてるんやから、宮迫も意地を張るなと。 わかるけどね、気持ちはわかるし腹立つこともあるけど、元々はお前やぞ。 もういっぺん冷静になろうぜと。 元々はお前が悪いと。 腹立つこともいっぱいあると、だからもっと偉なってから言えと。 偉くなってもういっぺん喧嘩せいと」.

次の