ビーム エイト スタークル ゾル。 ビームエイトEXゾル│クミアイ化学工業株式会社

【農薬通販.jp】 農薬・肥料専門店_安心価格です

ビーム エイト スタークル ゾル

使用上の注意• 使用の前に容器をよく振ってから使用してください。 本剤の所要量を所定量の水にうすめ、よくかき混ぜてから散布してください。 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。 本剤を稲に対して希釈倍数500倍で散布する場合は、所定量を均一に散布できる乗用型の速度連動式地上液剤少量散布装置を使用してください。 本剤を無人航空機による散布に使用する場合は、次の注意事項を守ってください。 散布は各散布機種の散布基準にしたがって実施してください。 散布機種に適合した散布装置を使用してください。 散布中、薬液が漏れないように機体の散布配管その他散布装置の十分な点検を行ってください。 散布薬液の飛散によって動植物の被害や自動車の塗装などに被害を与える恐れがあるなど、各分野に影響があるので、散布区域内の諸条件に十分留意してください。 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。 ミツバチに対して影響があるので、以下の事に注意してください。 ミツバチの巣箱及びその周辺に飛散する恐れがある場合には使用しないでください。 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体など)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。 散布器具及び容器の洗浄水などは河川などに流さないでください。 また、空容器などは環境に影響を与えないように適切に処理してください。 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所など関係機関の指導を受けてください。

次の

ムッシュボルドーDF【有機JAS適合】

ビーム エイト スタークル ゾル

北転純有機 ホクトぼかし 化成肥料 10aあたり2袋使用しています。 秋の稲の収穫後に散布して、田んぼは秋起こししています。 殺虫剤 プリンス粒剤 殺虫在 キラップフロアブル 殺虫・殺菌剤 カスラブスタークルフロアブル 籾播きの時に、播種機で苗箱に同時施用します。 5月中旬の田植えから7月中旬まで、長く効いていて他の農薬は使用しません。 イネミズゾウムシ ヒメトビウンカ ドロオイムシ に効果があります 稲の穂が出て、籾の中に実が入る頃に、使用します。 アカヒゲホソミドリミクラガメの殺虫に効果があります。 稲の穂が出始めた頃に使用します。 いもち病と言う病気とアカヒゲホソミドリミクラガメの殺虫に効果があります。 下の表は、農薬の使用成分の一覧表になります。 防除内容 JA東神楽一般栽培 田中農園 農薬名 成分数 農薬名 成分数 3月 種子消毒 モミガード C・DF 2 温湯処理により 使用せず 0 4月 苗立枯病 タチガレエース 液剤 2 タチガレエース 液剤 2 4月 殺虫剤 不要 0 プリンス粒剤 1 5月中 殺虫剤 アドマイヤー顆粒水和剤 1 不要 0 5月上 除草剤田植前 ユニハーブフロアブル 2 使用せず 0 5月下 除草剤田植後 スマートフロア ブル 3 スマートフロア ブル 3 7月中 いもち病の予防と殺虫 ビーエムエイト トレボン 2 使用せず 0 7月下 いもち病の予防と殺虫 ビーエムエイト スタークルゾル 2 ビーエムエイト スタークルゾル 2 8月上 殺虫剤 キラップフロアブル 1 キラップフロアブル 1 農薬成分の合計 15 農薬成分の合計 9.

次の

ビームエイトEXゾル│クミアイ化学工業株式会社

ビーム エイト スタークル ゾル

使用上の注意• 使用の前に容器をよく振ってから使用してください。 本剤の所要量を所定量の水にうすめ、よくかき混ぜてから散布してください。 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。 本剤を稲に対して希釈倍数500倍で散布する場合は、所定量を均一に散布できる乗用型の速度連動式地上液剤少量散布装置を使用してください。 本剤を無人航空機による散布に使用する場合は、次の注意事項を守ってください。 散布は各散布機種の散布基準にしたがって実施してください。 散布機種に適合した散布装置を使用してください。 散布中、薬液が漏れないように機体の散布配管その他散布装置の十分な点検を行ってください。 散布薬液の飛散によって動植物の被害や自動車の塗装などに被害を与える恐れがあるなど、各分野に影響があるので、散布区域内の諸条件に十分留意してください。 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。 ミツバチに対して影響があるので、以下の事に注意してください。 ミツバチの巣箱及びその周辺に飛散する恐れがある場合には使用しないでください。 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体など)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。 散布器具及び容器の洗浄水などは河川などに流さないでください。 また、空容器などは環境に影響を与えないように適切に処理してください。 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所など関係機関の指導を受けてください。

次の